2018.06.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ682日目

 

 

おはようございます!

6月も中旬ですが、

たまに税理士試験受験生だった頃を

思い出します。

国家試験はだいたい夏に行われるのですが、

税理士試験は8月の初旬なんですね。

そして、

6月の第3日曜辺りになると、

大手の予備校が主催する全答練という

全国統一模試が行われます。

そろそろ、そんな時期になるんですね。

 

税理士試験 

 

受験生の全答練に対する思いは、

結構熱いんですよね。

最初のピークをの全答練に持ってくる

受験生がたくさんいます。

さすがに長丁場の国家試験です。

ずっと神経を張り詰めるのは

難しいので、

定期的な目標を定めて、

そこに向かって頑張るんです。

その途中の大きな目標が全答練なのです。

 

 

ゴールデンウィーク明けから

毎週毎週、答案練習といって模擬試験を受けるんです。

本試験のように2時間の時間を計り

行われます。

しかし、毎週の答練は出題範囲が予告されてます。

だから、毎週その範囲について

一生懸命頑張ればある程度点数が取れます。

この繰り返しで本番まで進めていくのですが、

全答練だけは出題範囲が発表されず、

しかも本試験向けに難易度も高いのです。

 

 

そして、

多くの受験生は思うように点数が取れず、

ショックを受けるんですよね~。

でもね、

大事なことを言います。

ここでいい点数を取ることが

目的ではありません。

できなくてもいいんです、

本番で解ければ良いわけですからね!

 

 

受験生あるあるですが、

予備校での成績が素晴らしいほど、

本試験では合格できない。

いや、実際には成績が良いほうが合格に近いのでしょうが、

本試験のための予備校なのに、

予備校での成績上位という優越感のために

勉強しているような受験生が

いるのも事実なのです。

何の目的で勉強しているのかを

よくよく考えてみてください。

 

 

また、

今回の全答練での成績が

思うようにならなくても、

本番で同じミスをしなければいいだけなんです。

落ち込む暇があったら、

さっさと勉強に取り掛かってくださいね!

まだまだ勝機は十分にありますから。

最後まで諦めないことが、

税理士試験の合格のコツです。

頑張る受験生を応援してます(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030