2018.09.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ783日目

 

 

おはようございます!

三連休に入りましたね。

明日は快晴だと聞きましたが、

今日は微妙な天気のようです。

私は朝一で初めて通う動物病院へ

ワンコを連れていく予定です。

どんな獣医さんか合うのが楽しみです♪

 

 

一昨日のチョイスというゲーム研修の話しを

もう少し続けますね。

スタッフ達の反応を

ゲームが始まってから

ずっと観察していました。

ルールはよく分からないけれど

楽しんでいこうとしている人、

ルール説明の話しを必死に聞いている人、

それでも先のイメージが分からず

「まったくわからん。」

と繰り返し言う人。

 

 

ゴールのイメージが湧かないと

不安になる気持ちは分かります。

しかしその不安が強すぎると

正常な判断ができなくなり、

今の時間の使い方が

雑になってしまいます。

 

 

不安というのは

感染するもので、

表情や言葉が周りに

伝わるものです。

一人が不安になると

場の全体の空気が重くなります。

不安・危険・ネガティブ

この三つのワードの要素が

場の中にあるだけで、

その場の生産性は一気に下がります。

 

 

逆に、

安心・安全・ポジティブ

この三つが満たされた場では、

次々と建設的な意見やアイデアが

生まれるのです。

安心安全ポジティブ

 

ミーティング、

会議や朝礼、

打合せや面談、

商談やコンサルの現場、

全てにおいてこの安心安全ポジティブな場を

作ることが大事だと教わりました。

これはコンサルの師匠の

和仁達也先生から学びました。

 

 

チョイスのゲームでは、

不安を感じる人がいましたが、

それ以上に安心安全ポジティブな人が

多くいたため、

場の空気は悪くならずに済みました。

やはりいつものメンバーの

安心感というのは違いますね。

 

 

あなたの会社でも、

安心な言葉で会話されていますか?

安全なルールが守られていますか?

ネガティブな感情に支配されていませんか?

生産性が高い組織の基本は、

安心・安全・ポジティブな場づくりを

意識してください!

ここからスタートなのです。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.21更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ782日目

 

 

おはようございます!

昨日から雨模様ですが、

事務所にずっといたので

気になりませんでした。

ちなみに午後からは、

チョイスというゲーム研修でした。

チョイス

 

このチョイスというゲームは、

人生ゲームみたいなボードゲームです。

でもただのゲームではありません。

選択理論心理学を学びながら、

アチーブメントテクノロジーも学び、

かつ、それが実践できているかが

ゲームを通して現れるというもの。

ゲームの結果も大事なのですが、

それ以上にその過程での

コミュニケーションが重要なんですね。

昨日はアチーブメント名古屋営業所の

前田奨さんにファシリテートしていただきました。down arrow

前田奨さん

説明、進行から始まり、

振り返りまで終始分かりやすく話をされ、

また実務との関連を上手く解説していただけました。

さすが20回以上のファシリ経験でした!

ありがとうございました(^^)/

 

 

ゲームの詳細はネタバレになるので

書けません。

しかし、

このゲームでは、

パワーパートナーという自分以外のメンバーを

成功させることも重要になってきます。

自分がまだ集めなければならないときに、

周りの状況を見て相手に譲ってあげたりと、

自分中心のプレイはほとんどありませんでした。

 

 

ただ、

気になったことがいくつかありました。

私も反省してますが、

自分のゴールの達成をどれだけ真剣に取り組んだか。

その意志の強さが

結果にも大きく影響していたと感じました。

相手との関係性を意識しすぎて、

相手に譲り過ぎて、

その結果自分も相手もゴールできなければ

それではダメなんです。

自分がゴールに近づくことで

相手に貢献できることがあるんです。

現実の社会でもそうですね。

人に与えられる人は、

与えられるだけのものを持っているのです。

与えるためには、

まずは自分が成功する必要があるのです。

 

 

ゲームの中では、

遠慮という感情が自分のゴールを

遠ざけている人もいたように感じました。

でね、遠慮という気持ちが強くて、

自分が助けてほしいのに、

それを伝えられないという状況が

よく見られました。

自分が〇〇を揃えたくても、

それが欲しいって

なかなか言えませんよね。

その気持ちは分かるのですが、

実務の中でその遠慮が出てしまうと、

後で大迷惑をかけることにも

つながりかねません。

早めに周りの助けをもらって、

確実に安全に仕事をこなすことも

重要なのですね。

経営者やリーダーがスタッフのことは

気が付かなければいけないのですが、

なかなか全員の状況を把握することは難しいです。

大変なとき、

苦しいとき、

自分では無理だと感じた時は、

誰かに相談してみてください。

ただし、

自分でできることを

安易に人にやらせることでは

ありませんからね。

 

チョイス 

 

それにしても、

にぎやかで楽しかったです。

弊所ではチョイスが2セットありますので、

クライアント先や企業内でのゲーム研修に

使っていこうと思っています。

興味がある人はぜひお声がけください。

ゲームを持って駆け付けますよ!(^^)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ781日目

 

 

おはようございます!

天気は下り坂です。

以前は天気が崩れると

片頭痛を頻発してましたが、

ある頃から気にならなくなりました。

それは何がキッカケかというと、

マラソンなんです。

 

 

片頭痛をお持ちの人って、

もしかしたら運動を

意識して控えているかもしれません。

私がそうでしたからね。

脳の血流が激しくなると、

血管が拡張して周りの神経を刺激します。

それが片頭痛の原因だと言われています。

以前の私は、

ランニングをして心拍数が上がると、

決まって頭が痛くなりました。

だから、

「私は激しい運動はできないんだな」

って諦めていました。

せいぜい河川敷をウォーキングすることが

苦痛がなくできる範囲かと思っていました。

片頭痛

 

 

しかし、

あるランニングクラブに入って、

いきなり5キロ走る経験をしました。

あまりに一気に走ったせいか、

心拍数は想像異常に上がりましたが

頭痛にはならなかったんです。

その後も恐る恐る走ってみましたが、

なんとか頭痛にまでならずに済みました。

たまに痛くなる時がありましたが、

なんとなく予兆があるんですよね。

片頭痛持ちの人には予兆のイメージが

分かると思うんですけど。

 

 

走れないと思い込んでいただけで、

とにかく実際に走ってみたら

マラソンを走れるようになってました。

でも頭痛が治った理由は

いまでもよく分かりませんので、

参考にはなりませんね(^^;

 

 

 

 

でね、

今年もいびがわマラソンでフルを走ります。

そのために今年は、

シューズを新調しました!

一番新しいアシックスのGT2000を準備しました。down arrow

GT2000

ランニングシューズには、

脚の幅も選べるんです。

スリム、レギュラー、ワイド、スーパーワイドとね。

Eと表記されているのがワイドで、

4Eはスーパーワイドです。

Eの意味はよく分かりません(^^ゞ

以前よく知らずに買ってしまったGT2000は4Eでした。

履いてみると幅が広すぎてしわが寄るんです。down arrow

GT20004E

なんとなく幅広なのが分かりますかね

それでも走ってましたが、

そのシューズは今はワンコの散歩シューズと

変わりましたね。

ちなみにGT2000は、

初心者向けのシューズで、

クッション性が高く故障しにくいんです。

少し重めですが、

マラソン初心者は筋力が弱いので、

その分シューズでクッションを必要とします。

ランニングするときには、

必ずランニングシューズは履いてくださいね!

すぐに故障しますから気を付けてください。

 

 

そして、

もう一つ新調したグッズが、

YURENIKUI

というもの。

読みかたは「ゆれにくい」。

そう、ポーチに入れたボトルの水が

揺れにくい構造をしているんです。

5年くらい前に買ったモデルを使ってましたが、

ひもが切れそうになり、

大きなスマホを入れずらいので買い換えました。

気分一新で練習できます♬

YURENIKUI

 

まずは道具から。

賛否あるかと思いますが、

楽しく取り組めるのであれば、

道具から揃えるのはアリです☆彡

みなさんも何か新しいグッズを手に入れてみてください!

楽しかったことが、

より一層楽しくなりますよ(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ780日目

 

 

おはようございます!

9月なのに暑い日が続きます。

今日も良い天気になりそうですよ(^^)

 

 

この数年はお客様の関係する葬儀に

出かけることが多くなりました。

独立してからは、

できる限り参列するようにしています。

こういう事こそ、

私が動かなければいけません。

 

お葬式

 

先日も葬儀に参列していると、

お経を聞きながら

昔を思い出してしまいました。

小学生低学年の頃、

私の母方の実家に毎年一週間ほど

お泊りしていました。

その時には近所にあるお寺さんで、

毎日お経を習っていたのを思い出します。

習うといっても小学生ですから、

一緒にお経を読むだけです。

ラジオ体操のように、

出席したらハンコを

押してもらっていた記憶がありますね。

 

 

その後、

中学生の時に祖父が亡くなりました。

それ以後は正月やお盆に実家に親族が集まると

毎回みんなでお経を読みました。

今となっては、

祖母も二人の伯父も亡くなり、

みんなで集まってお経を読むことが

無くなってしまいました。

 

 

祖母と生前にもっと話をしておけばよかった。

伯父とも一緒に話す時間がほしかった。

やれなかった想いだけが残ります。

 

 

でも、私にはまだ両親が健在です。

今月の始めに父の誕生日でしたが、

忙しくて電話しかできていません。

今週末はお酒でも持って遊びに行くことにします。

今できることを、

ちゃんとする。

仕事も大切。

お客様も大切。

スタッフも大切。

家族も大切。

そして自分が大切。

どれか欠けてもダメ。

でも時間がどれだけあっても足りません。

うまく自分の資源である時間を

有効に使っていきましょう。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ779日目

 

 

おはようございます!

今週来週と三連休なので

ウィークデーの仕事ができる日が

4日しかありません。

まったくやりたいことが収まらない(^^;

ちなみに仕事とプライベートを

オンとオフと言って

使い分けることがよくありますね。

 

 

私にはオンもオフも区別していません。

なぜなら、

全部の時間がオンだからです。

仕事もオン、

プライベートもオン。

休んでいる時もオンですから、

全力で休みたいです。

でも休日だからと言って

丸一日仕事のことを考えないという人がいますが、

私は違いますね。

一日の途中で仕事が入っても、

午前は家族サービスをしっかりする。

午後は仕事でしっかりする。

これで両方ともオンですよね。

一日の朝から晩まで休まないといけないというのは

人間関係に問題を持っている場合や、

他に悩む原因を持っているんだと思います。

健康的に生きていられたら、

仕事もプライベートもどちらも一緒に

楽しめばいいと考えています。

 

 

ただし、

私みたいに自分で仕事をしていれば

自由がききますから好きに仕事をしています。

オンもオフも関係ありませんが、

サラリーマンの人にとっては、

自分でコントロールできる領域が

かなり狭くなりますよね。

つまり仕事においては自由度が低く、

それがストレスになることは

間違いありません。

自分でコントロールできないことは

考えないことが正解です。

こうあるべきだと思い込んでしまうと、

誰か他人を悪ものにして責めてしまいます。

解釈の問題ですから、

もっと柔軟に考えていきましょう。

 

 

 

さて、

人は良い習慣を身に着けたいと

考える傾向が強くありますよね。

でもね、

実はそれは難しくないんですよ。

習慣を身に着けることなんて。

問題はそこではありません。

一番難しいことは何かといえば、

それは悪い習慣をやめることです。

無意識に知らないうちに、

悪い習慣を身に着けてしまっていませんか?

それは行動パターンかもしれないし、

考え方かもしれません。

悪い習慣をやめることで、

よい方向に舵を切り直しましょう。

 

 

よい習慣のひとつに

アファメーションというものがあります。

いわゆる自己暗示というものです。

自分に良い言葉を投げかけるのです。

自分に肯定的な言葉を

かけ続けることで、

脳の原始的な構造の本能に近いところは、

それが現実かどうか分からなくなると

言われています。

だから言葉を言い続けることで、

それが現実化すると言われています。

アファメーション

 

間違えやすいアファメーションを

お教えします。

例えば、

「いつか大金持ちになりたい!」

というアファメーションをしたとした時、

これは有効なアファメーションでしょうか?

実は、この『いつか』は危険なのです!

この『いつか』という言葉は、

その裏に隠れている『今は違う』という

前提があることを同時に言っているのです。

『いつか大金持ちになりたいけれど、今は違う』

こんなアファメーションでは

うまくイメージができませんよね。

実現するのが困難な感じがします。

 

 

ほかには、

古い脳が理解できないお金の単位で

願ったりしないことです。

『年収1億円になる』

とアファメーションしても効果は薄いんです。

古い脳には数字のイメージが理解できません。

だからその年収になったときに

どんな生活を送っているか、

まさに今その生活をしているかの如く

詳細をイメージしてアファメーションするのがコツだそうです。

 

 

今日はオンとオフの話しと

アファメーションの話しでした(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ778日目

 

 

 

おはようございます。

三連休はいかがお過ごしでしょうか。

天候も回復してきて、

昨日のゴルフは気持ちよかったです♬

雨だと思っていたので、

ホントに助かりました。

また今朝はマラソンの練習会で

いびがわマラソンの現地を走ります。

一昨日のボウリングの筋肉痛か、

昨日のゴルフの疲労か、

身体のあちこちが痛いです(^^;)

今月の後半は、

マラソンに力を入れていきます!

 

 

 

さて、

頭で考えるな!

というタイトルは、

左脳型のタイプの人に

特にお伝えしたいことがあります。

とにかく、

やってみなさい。

とお伝えしたいのです。

 

 

人は何かしようとした時に、

はじめに頭で理解しようとします。

いきなり行動する人は

どんどん行動していってください。

しかし、

知っているだけで

やったつもりになっている人が

あまりにも多いのです。

 

 

 

以前にもお伝えしましたが、

『ホメオスタシスの壁』

という言葉があるのです。down arrow

ホメオスタシス

何かをしているという状態になるには、

大きな壁をいくつも

超えなければなりません。

そして多くの人は、

知っているという知識レベルまでで

終わっているのです。

それは知ってるだけで、

あなたがしていることではありません。

知っている

down arrow

やってみる

down arrow

分かる

down arrow

できる

down arrow

そして「している」

です。

やってみてから気づくことが

いかに多いことか。

だから分かるんです。

分かるとそれを自分でできるようになります。

できたものを、

習慣のようにそれを

いつでもできるようになると、

それをしていると言えると思うんです。

 

 

私もやっていなかったことを

一つずつ経験してます。

昨日はゴルフのコースデビューでした。

なんとなく避けていたゴルフでしたが、

始めて見ると奥深さに引き込まれます。

次のコースの予定はありませんが、

早めに再度コースに出たいです。

やってみて初めて分かることって

絶対にあるんですよ。

やらずに食わず嫌いなんて

もったいないです。

ぜひいろいろな経験をしてください。

始めることに

遅いなんてことはありません!

 

 

私は税理士受験時代に、

本試験会場で見かける

60代の受験生の姿を見て、

とても勇気づけられました。

あんな高齢(失礼とは思いますが)でも、

受験勉強を重ねてきているんだったら、

私なんてまだまだ若いんだから

頑張らねば!とね。

 

 

ぜひ、

第一歩を始めましょう。

頭だけで判断しないでくださいね!

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.16更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ777日目

 

 

おはようございます!

今日のブログは777日目です!

スリーセブンなので

みなさんラッキーな日になるといいですね♬

ちなみに私はゴルフのコースデビューなので

楽しんできますね(^^)

 

 

さて、

今日は仕事の話しです。

私が税理士として仕事をする以上に

やりたい仕事はコンサルティングの仕事です。

税理士でもありますが、

中小企業診断士の資格も持ってます。

経営についての専門家でもあるのですが、

やはり財務が私の土台です。

 

 

社長にはやりたいことが

あるはずですね。

その会社のミッション、ビジョンを

明確にしていくことのサポート。

そして、

それを実現するために

お金が回り続ける必要があります。

将来にわたってお金が回るかを

財務の視点から見える化します。

 

 

この理念とお金について

取り扱うのが、

私の事務所のコンサルティングの特徴です。

 

 

と言って、

私が独自に編み出したコンサル手法が

あるというわけではありません。

私の基本には、

和仁達也先生から学んだ、

キャッシュフローコーチのノウハウが

中心になっています。down arrow

キャッシュフローコーチ

そのうえで、

社長と組織を成長させるために、

幹部研修などを行っています。

それはチームビルディングといって、

効き脳診断やゲーム体験をさせることで

気づきを与える研修です。

 

 

社長にコンサルをしていると、

凄いやる気になってもらえるのですが、

それが社員さんにまで伝わらなくて、

社長一人だけが

先に突っ走っていくケースがありました。

そんな時に組織の研修をすると、

その組織の問題点が明らかになったりするんですよ。

組織がついて行けるように、

整えてあげることが必要なときがあるんです。

 

 

コンサルティングに入ったときに

社長に先に言っておかなければならないことが

一つあるんです。

とても大事なことです。

それは、

社長がミッションやビジョンを

明確にしていくと、

退職していく社員が現れるということです。

特に重要なポストにいる人に

多いんですよ。

それまでは何となく

社長に付いてきた社員さんは、

明確にこっちの方向に行くんだ!と、

社長に言われたときに

はじめて気が付くんですよ。

自分はそれは嫌だとね。

だから退職していくんです。

 

 

でも退職されても

それはそれでいいんです。

もし会社にその幹部が残り、

いやいや働いていたり、

社長の悪口を言いふらしていたとしたら、

怖いですよね。

そんなことになる前に

自ら退職していかれるのですから、

温かく見送ってあげましょう。

 

 

そんなコンサルティングも

最近では時間の制約があり、

大変申し訳ないのですが、

新規ではなかなか受けられなくなりました。

紹介と言いながらこんなことで

申し訳ないです。

弊所には、

私以外のコンサルタントが

二人おります。

ご興味がありましたら

お問合せください。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.15更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ776日目

 

 

おはようございます!

三連休は天候が不安定のようですね。

いかがお過ごしの予定ですか?

初日の今日は事務所のイベントの予定があります。

毎年開催しているボウリング大会!!

私は下手なので毎年筋肉痛になります。

明日が初のゴルフコースデビューなのに

雨っぽいし、

さらに筋肉痛では

よけいに不安がよぎりますね(^-^;

 

 

さて、

藤垣会計ではいわゆる経営理念というものを

クレドという形に変えて

・ミッション(使命)

・ビジョン(大きな目標)

・バリュー(大切にする価値観・行動指針)

を決めています。

これらのクレドの中身を

スタッフ達と一緒に作り上げ、

毎年少しずつ内容を更新しているんですね。

 

 

でね、

毎朝の朝礼でこのクレドを唱和しているんです。

少しでも浸透するためと思って読んでいます。

なぜ浸透させたいかというと、

組織は異なる価値観のメンバーで構成されています。

無理やり力で強制して働かせるのではなく、

自らが誰かのために働こうと自発的に思えるような

そんな組織でありたいと考えています。

そのためには、皆が異なる価値観の中でも

共通する部分というものがあるはずです。

その共通する価値観こそが経営理念なのです。

本来は共通しているはずだった価値観も、

仕事という現実の中では見えにくくなるものです。

 

 

また、

毎朝の日課でクレドを読んだだけで

理念が浸透するわけではありません。

頭ではわかっていても、

自分が経験したことでないと、

実際にどう行動すればいいかが

分からないんですよね。

だから結局いつもの通りにしか

行動できないんです。

スタッフたちの経験の量によっても

それぞれの理解度というのが

違ってきます。

だから経営理念の浸透というのは

一朝一夕にできるわけではないし、

浸透の度合いも人それぞれなんですよね。

 

 

ちなみに朝礼では

いろいろな取り組みをしてきました。

毎朝一人がクレドの項目について

ショートスピーチをしていたことがあります。

できるだけ自分の体験を話してもらうように

続けていました。

少しワンパターン化してきたので

最近は少しやり方を変えています。

今の朝礼では、

この本を毎日読んでいます。down arrow

殻を破れば

「殻を破れば生まれ変われるかもしれない」

50のテーマで書かれています。

1テーマが見開き2ページ程度なので、

朝読んでもらうのには丁度いいんですよ(^^)

事例が豊富で、

スタッフ達が聞いても理解できるくらい

分かりやすく書かれています。

 

 

でもね、

これだけでは私の想いって

スタッフの皆には伝わらないんですよね。

数週間前から新たに始めたことがあります。

せっかく私が毎日ブログを書いているのに、

スタッフ達が読んでいてくれるかというと、

多分誰も読んでくれてなかったんですよね。

今までもスタッフに向けて書いたブログも

数多くありました。

でも読まれないって、

ちょっと寂しいなと感じていました。

 

 

そこでスタッフの皆にお願いしました。

「Facebookでグループを作って、

 毎日そこにブログ記事を投稿するので、

 一言コメントを入れてください!」

とお願いをしました。

ブログは休みなく書き続けているので、

スタッフ達には負担もあるかと思いました。

しかし彼らのために想って書く記事もあるので、

コメントをお願いしました。

すると、みんな、

ブログを読んでくれたんです(^^♪

毎日コメントをくれます。

たまに「いいね」も押してくれます。

ありがたいですね。

理念浸透グループ

 

毎日こうやって書いているブログが、

ちゃんとスタッフ達が読んでくれてると思うと、

疲れていても手を抜けません。

だからちゃんと書くことができます!

続ける理由がまた一つできました。

 

 

あなたも誰かに

何かを伝えたいことがあれば、

手紙を書いたり、

メールを送ったり、

なにか文章で伝えることを

おススメします。

面と向かって言うより、

間接的に柔らかく伝えることが

できますからね(^^)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.14更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ775日目

 

 

おはようございます!

昨日は情報収集のために

セミナーに参加してきました。

M&Aセンターさんの話しでしたが、

絶対的な件数をこなしてきた安心感が

魅力の会社さんだと感じました。

 

 

近年では新たに事業を始める開業数より、

事業所を閉める廃業数のほうが

上回っています。

この廃業の大きな理由の一つが

事業承継で後継者が見つからずに

廃業されていくというのです。

 

 

親族内の承継ができる会社は、

事業承継が課題の会社のうち

3割程度しかないと聞いたことがあります。

残りの7割は、

従業員に承継するか、

社外へM&Aで承継するか、

廃業するということになるのです。

 

 

廃業の道をたどれば、

そこに勤める従業員の生活、

その従業員の家族の生活が

危険にさらされることになります。

再就職が上手くいく保証はありません。

住宅ローンなど抱えている人は、

途方に暮れてしまいますね。

だから廃業の道をたどらないように

する必要があるのです。

 

 

とは言っても、

会社を経営している社長が高齢になり、

サポートしてくれる後継者がいない。

家族のサポートも、

社内のナンバー2となる人もいない。

そうなると、

社長の相談相手って誰だと思いますか?

統計では、

「相談相手がいない」が一番多く、

2番目、3番目はほぼ同じ数値で、

「親族に相談する」、

「税理士に相談する」、

でした。

 

 

そうなのです!

税理士がしっかりしないといけないのです!

M&Aセンターの講師の方が

こんな話をされていました。

ある会社様がM&Aセンターさんに

相談に来られたそうです。

事業承継先が見つからず、

依頼に来られたそうでした。

ところが、

この会社の顧問税理士の先生は、

M&Aセンターさんの会員の先生でした。

その先生に依頼されればいいのに、

あえて直接M&Aセンターさんに来られたのです。

その講師の方は社長に

「社長が相談に来られた話を

 〇〇先生にしてもいいですか?」

と聞きました。

すると社長は、

「私は何度も何度も会計事務所の担当者に

 M&Aに興味があるんだと言ったのに、

 何も対応してくれなかったんだ。

 言っても無駄だよ。」

と言われたそうでした。

社長さんには税理士さんに話をすることを

何とか了解をもらってこの話をしたそうです。

すると税理士さんは、

「ぜんぜん知らなかったよ。

 担当者に聞いてみたら、

 『そういえば社長はそんな話を

 していたかもしれませんね。』

 なんて言っていたよ。」

あやうく大事なお客様を

手放すことになるところでした。

 

 

簡単に言うと、

その会計事務所のスタッフは

日常の仕事が忙しいし、

M&Aなんて言われても

自分の手に負えないから、

社長の話を聞き流していたんですね。

M&Aの仕事は担当者が片手間で

できる仕事ではありませんが、

会計事務所として対応できない仕事ではありません。

M&Aなんていうと難しく聞こえますが、

実際には株式の譲渡で終わる仕事です。

それまでのお互いの関係を

うまく契約締結まで進めることが

とても時間がかかり難しいんですね。

どれだけ急いでも半年くらいかかります。

だから、

そんな時には、

M&Aセンターさんのような

専門機関にお任せすればいいのです。

 

 

 

自分で抱え込まずに、

餅は餅屋に頼んで、

お客様のニーズをしっかり

拾い上げることが大事ですね。

自分にできそうにないことを、

うまくごまかして

聞かなかったことにする技術を身に着けて

しまっている会計事務所の担当者って

いるような気がします。

ベテランになればなるほどね(^^;

 

 

うちの事務所でもしっかり

教育をしていきます。

M&Aの勉強も大事ですけど、

事実をそのままちゃんと伝える

ホウレンソウを徹底します。

ホウレンソウ

事実をその通りに伝えるのも

意識していないとできないんですよ。

人は自分の解釈に変えてから

報告する傾向が強いですからね。 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ774日目

 

 

おはようございます!

二日続けて講師の仕事をしたら

喉が疲れました(^^;)

喉って鍛えられるのでしょうかね。

毎日研修講師をしておられる人を

尊敬します(^^)

 

 

 

先日あるコミュニティーで

経営の大先輩が話されたことが

とても記憶に残りました。

その一部をご紹介します。

 

 

営利目的の会社は

時代に付いていかなければならないので

絶えず変化を求められます。

進化論ではありませんが、

変わらないものは

滅びていくのです。

 

 

しかし、

何でも変化を求められているかといえば、

そうでもありません。

営利目的で存在している組織とは異なる、

ボランティア組織や民間の組織があったとします。

仕事のしがらみもなく、

何かの理念や考え方に共感して

人が集まる組織だとしましょう。

そんな組織では

どこまで変化を求めるのでしょうか?

 

変化する、しない

 

会社のような組織では、

社長はずっと社長でしょうし、

時代に沿って社長が会社の方向を決めていけば

社員はそこに従って向かっていくものです。

 

 

しかし、

皆が対等の組織というのは

会社と大きく違う点があります。

それは、定期的にトップが変わるということ。

役回りでどんどんトップが変わる組織だと、

その都度新しいことを取り入れても、

次のトップは元の方針に戻したり、

さらに違う方針に変わったりするんです。

すると、

そんなにコロコロ変わると、

組織のメンバーはついていけなくなってしまいます。

だから、

組織によっては、

変化を求められるし、

変化をしてはいけない。

変化をしないというと、

語弊がありますね。

言い方を変えると、

守るべきことを

愚直に行うことです。

【愚直】とは、

・正直すぎて気が利かないこと。

・馬鹿正直

「愚か」と書くので悪い意味かと思われがちですが、

そうではありません。

他のことを考えずに、

一つのことを馬鹿みたいに

真剣に取り組むさまをいいます。

 

 

愚直に守り続けなければ

ならないものもあるんです。

あなたが愚直に取り組んでいることは

何でしょうか?

それはあなたの強みかもしれませんね。

私?

このブログを書き続けていることでしょうかね(^^)

愚直に毎日書き続ける。

読者の方に勇気やヒントを与えるために!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030