2019.11.14更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1198日目

 

 

おはようございます!

今朝は滋賀県の琵琶湖畔からの

スタートになります!

事務所から場所を変えて

考える時間をとることで

いつもと違う思考が生まれますね!

 

 

さて、

熟成された牛肉のステーキって

食べたことありますか?

ギリギリまで肉を熟成させると

赤身が柔らかくなったり、

味が変化していくので

近年で結構流行っていますね。

たまに食べる機会がありますが、

私は味覚があまり敏感じゃないので、

美味しかったという感想しか

残りません(^^;

 

熟成肉

 

でね、

今日のブログのタイトルは

「思考を寝かせる」

です。

どういう意味かというと、

そのままの意味で、

私はブログの文章を

毎日寝かせています。

熟成させるという意味に近いですね~

 

 

というのも、

毎日のこのブログは

前日に文章を書き切ります。

そして投稿の設定を

翌日に設定しています。

なぜ前日に書くのかって

先日お会いした方に聞かれました。

いろいろ理由はありますが、

私のブログ師匠の板坂裕治郎さんから

前日に書くことを勧められた記憶があります。

 

 

そのメリットを

いくつかご紹介しましょう。

 

・思考が練られる

思考を寝かせるということは、

書いてからしばらく置いてあるということです。

前日に書いたものを

翌日に見直してからアップすると、

思わぬ気づきがあったり、

文章の流れが修正できたり、

もちろん誤字脱字も見つけることができます。

と言っても、

最近はあまり投稿時には

細かいチェックができていませんが、

寝かせることによって

文章がより一層磨かれる効果があるのですね。

 

 

ブログを書く人の話を聞くと、

バーーーって書いて、

書き切った解放感で

そのまま公開!

そんな勢いを感じますが、

読み返すことで

見えてくるものがあるのでしょうかね。

 

 

 

・時間管理

毎日書くと決めた以上、

何かあったときには

更新が止まってしまいます。

必ず前日に書くという習慣にすることで、

急遽体の調子が悪くても

当日書くことで継続することができます。

事前対応として

毎日前日に書くと決めていると

それが習慣になりました。

 

 

頭は一度考え始めると

ずっと働き続けます。

その習性をうまく使って

思考を寝かせてあげると、

さらなるアイデアや発見が

現れることがあります。

ぜひ少しだけ時間を取ってあげることを

意識してみましょう。

もちろんブログを書くことだけでなく、

仕事においても、

少し始めてから

そのあとで思考を寝かせるのは

効果があると言われていますよ(^^

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.11.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1197日目

 

 

おはようございます!

秋の行楽シーズンです。

今日明日と琵琶湖方面に泊まりで出かけます。

行楽だといいのですが、

今回は事務所の構想を考える時間として

二日間みっちり濃密な時間を過ごしてきます!

 

 

さて、

今日はアウトプットの話をしますね。

あなたは、

ノウハウコレクター

という言葉をご存じですか?

 

 

あちこち勉強したり

資格を取るのだけれど、

一向に仕事に使わない。

つまり、

学ぶのに実践しない人のことを

残念な人という嫌味を含めた

言葉として使われることがあります。

 

 

特に我々のような士業と呼ばれる

税理士や行政書士などは、

いわゆる先生と呼ばれています。

いろいろ聞かれるから

心配なので勉強しておこう!

という人がとても多くいます。

また、

士業の先生方は

頭はいいので、

どうしたらいいのかと勉強するのですが、

いざ取り組むときに

躊躇してしまう人も多いのです。

先生などと呼ばれている分、

失敗するとかっこ悪いと

思ってるからかもしれません。

 

 

いろいろな学びは、

実践することで消化されていきます。

やってみて、

上手くいかない。

次はちょっと変化させてみる。

また上手くいかない。

こういうプロセスの中で、

さらなる学びを得ることで

実を結んでいくのですよね。

学んでみて

でも自分にはできないなんて

言っていたら、

永久に学びに投資しているだけです。

人生は短い。

迷っている暇はありません。

実践あるのみです。

 

アウトプット

 

でね、

今日のタイトルの意味は、

アウトプットにあります。

実践ともいいます。

私の場合のアウトプットは

二種類ありまして、

実際の現場で学びを生かすこと。

もう一つは、

ブログを通して発信することです。

 

 

 

私にとってのブログとは、

読んでくださっている人に

何か変われるキッカケを与えたい。

そんなテーマをもって書いています。

そのために様々な学びから得たことを

ブログで発信しています。

この発信するということも

アウトプットなので、

私はあちこちで講演を聞いたり、

書籍を読んだり、

人と会って話を聞きます。

それぞれが気づきであり、

自分にとっての気づきは

読者の方にとっても

気づきに違いありません。

 

 

そんな目的をもって

行動しているから、

それぞれの場が学びであり、

役立てられないかということを

いつも考えています。

 

 

あなたも、

ぜひアウトプットを前提に

行動することを意識してみてください。

ブログを書いていなくても

SNSで発信できます。

人に伝えることもできます。

会社の同僚や先輩や後輩、お客様に、

聞いた話をしてみてください。

良質な情報は、

人の行動変容のきっかけになります。

ぜひアウトプットを前提に

出かけていきましょう!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.11.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1194日目

 

 

おはようございます^_^

今日は一日ゆっくり過ごすつもりでしたが、

会社にノートパソコンを

置いてきてしまったので、

結局会社に出社する羽目に^^;

 

 

さて、

自分の家族以外の人と

一緒に事業を経営するのって

とても難しいのですね。

今までに

何社も見てきましたが、

大半の会社はうまくいかなくなり、

別れてしまうことになりました。

 

共同経営

 

税理士の世界でも、

税理士法人を複数名で設立し、

途中で別れていくのは

何度も見てますので、

なかなか難しいのだろうと思います。

 

 

赤の他人と一緒に経営するのって、

お互いに配慮が必要です。

遠慮はしなくていいのですが、

配慮は忘れてはいけません。

だいたい自分というものを

押さえきれなくなり、

相手の意見より自分の意見を

通したくなってしまうわけです。

 

 

また、

組織の中で

トップが二人もいると

社員がどちらに聞けばいいのか

分からなくなるともいいます。

稟議を通すのに、

毎回二人の経営者に

話を通すのは大変です。

ましてや、

意見がそれぞれ違おうものなら

どちらの方に従おうか、

社員は迷いますよ。

だから共同経営というのは

長く続けるのが難しいのです。

 

 

でも、

うまく続けておられる会社も

存在しています。

私が感じる共同経営継続の秘訣は

相手を気遣う言葉です。

そんな経営者のお二人と

食事をご一緒する機会がたまにあるのですが、

いつもそう感じます。

片方の方が何か話をされると、

もう片方の方が、

「そうそう、そうなんやて」

って必ずフォローされるのです。

本当にその話が合ってるのかどうか

分からなくても、

常に片方の方の話を

正解に持っていかれます。

このお互いを助け合う気持ちが

長年継続される秘訣なのだと

分かりました。

 

 

 共同経営は、

夫婦関係にも重なりますね。

自分の事ばかり考えて行動してると

夫婦関係は悪くなります。

一方、

相手のために声をかけたり

相手のために行動してあげれば、

喜んでくれますよ。

その積み重ねができている夫婦と

ずっと喧嘩ばかりしてきて

積み重ねてこなかった夫婦では、

関係性が全然違いますよ。

 

 

夫婦はお互い赤の他人が

婚姻という手続きで繋がっているだけです。

だからこそ、

お互いを気遣う配慮が必要なんだと思います。

たまの週末は家族サービスをして

普段のお返しをしようと思います!

ぜひ、あなたも^_^

 

 

藤垣会計トップページへ

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.11.09更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1193日目

 

 

おはようございます!

いい天気の日が続きますが、

寒くなってきました。

風邪も流行っているようで

咳をする人が多くいらっしゃいますね。

くれぐれもお身体には

お気を付けくださいね(^^)

 

 

さて、

先日学びの仲間と話をしていて、

あらためて気づきをいただきました。

「決める」ことが幸せにつながるという話です。

今日は、その話をシェアしますね。

 

 

私たちの学びの先輩に

障害を持ったお子様がいらっしゃる方が

いらっしゃいますが、

その方からの話が

本当にその通りだなって共感しました。

その方は、

自分の子供が生まれたとき、

障害を持って生まれてきたことが分かってから、

「なんでうちの子が・・・」

「どうしてうちの子は

 他の子のようにできないんだ」

いつもそんな感情に包まれていたそうです。

期待して生まれてきた二人目のお子様も

同じ障害を持っていたんだそうです。

「またか・・・・」

「なんで自分がこんな思いを・・・」

とても辛い毎日だったそうです。

 

 

でもね、

学びを通してその考え方が

変わったそうなんです。

自分が幸せかどうかは、

自分で決められます。

だって、

どう考えるか

それだけだからです。

その方は、

考え方を変えることを決めたんだそうです。

「うちの子に生まれてきてくれて、ありがとう」

 

 

今までは自分のことを被害者だという

価値観で生きていたのは、

自分でその選択をしていた。

感謝の気持ちをもって生きていくことも

自分で選択したんだそうです。

つまり、

どう考えるかは自分で決められるということです。

その方は自分は子供たちに

感謝していることを選択したのです。

 

 

とは言っても、

いつでもそんな気持ちでいられるかというと、

感情は振り子のように動かされるものです。

以前のような感情に戻されることが

あったとしても、

自分が戻るべき考え方が決まっていることで、

ブレることなく感謝の考え方に

戻れるのだそうです。

 

決める

 

悲劇のヒロイン症候群という

話を聞いたことがあります。

自分が不幸だということを選択することで、

周りからの同情をもらおうという

本能的な行動のことです。

無意識に自分が被害者で不幸であることを

選択してしまうのです。

これでは幸せになれませんね。

 

 

どう生きるか。

どう考えるか。

その選択は自分でできるのです。

あなたは自分の選択を決めていますか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.11.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1192日目

 

 

おはようございます!

今週もあっという間に週末になりますよ。

金曜の今日を精一杯過ごして

気分よくお休みに入りましょうね(^^)/

 

 

さて、

よく聞く言葉です。

「自分の給料の3倍の粗利を稼ぎなさい」

「手取りの5倍を売り上げてきなさい」

こういう言葉を社長や上司から言われても、

その意味の根拠については

よく分からない人が大半だと思います。

 

 

そればかりか、

自分の金銭感覚が変わらないので、

例えば税理士事務所の月額報酬が、

5万円だった時に、

5万円も自分は支払えない!と感じてしまい

高いと信じ込んでしまうパターンです。

これは、

サラリーマンとしての自分の金銭感覚では

高いのかもしれません。

でもね、

会社の経営者が何かあったときに

すぐに経営の相談ができることや、

それに対する安心感が得られるコストとして

5万円だとすると、

逆に安いと思われることが結構あります。

 

 

自分は何を売っているのか?

という観点で仕事をすることが

とても重要な意味を持ちます。

会計事務所は、

お客様に安心を与えることが

仕事ですね。

ただ単に会計データを

入力しているだけではありません。

その数値をどう読むかで

経営方針が変わることもあるのです。

だから仕事の価値をしっかり理解して

仕事に取り組むことが大切ですね。

 

草原と空

 

話を元に戻すと、

会社組織は直接顧客と接する社員と、

間接的に業務に取り組む社員がいます。

直接関わるのは、営業社員ですね。

では間接的というと

総務や経理、製造部門もそうかもしれません。

そして役員という会社の経営をする仕事も

間接的な業務と言えます。

そう考えると、

直接お客様に接する営業社員の

粗利の目標は、

自分の給料分だけ稼いでも足りませんね。

だって間接部門の人の分まで

稼いでこなければいけませんから。

 

 

また、

それ以上に固定費というものがかかります。

会社の維持費として、

家賃や光熱費、設備の費用など

これらの費用も営業の社員が

稼いでこなければなりません。

 

 

売り上げを直接担当する人は

自分の給料分の3倍~5倍の粗利を

稼いできてくれるから

会社のお金は回るのですね。

ただし、

決して間接部門がお荷物だとか

いう意味ではありません。

これは単に役割の差だからです。

それぞれの役割を果たすことが

重要なのですね。

 

 

まだ新しく参入した事業部門では、

売り上げも少なかったりして

会社としては赤字部門かもしれません。

事実として赤字なわけですが、

それは将来を見越して

会社がこれからの拡大を信じて

取り組むと決めたわけですから、

一生懸命に取り組んでいくことが

その部門の社員の役割ですよね。

ただし、

ほかのメンバーに助けられていることは

素直に感謝して、

自分ができることは

返していこうという姿勢は必要ですよね。

将来、自分が仲間の協力も得やすくなるでしょう。

決して自分だけで仕事をしていませんから、

周りの状況にも臨機応変に対応できるといいですね。

 

 

自分の役割を果たすことで

組織の中での存在意義が生まれます。

あなたの役割とは

どんな役割でしょうか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.11.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1191日目

 

 

おはようございます!

今週は外食続きですが、

体調を崩さないように気を付けます!

 

 

さて、

昨日の午後はスタッフたちと

今月の仕事のプランニングの時間でした。

一人で仕事を進められる部分と、

周りのメンバーと協調して進める部分と、

そのスタッフ間の連絡のための

貴重な時間でした。

 

 

でね、

プランニング時間の冒頭に

昨日の時間の使い方を

質問してみました。

少し時間をとって

あなたも振り返ってみてください。

 

仕事の時間  ○○時間

食事の時間  ○○時間(3食分)

睡眠の時間  ○○時間

(    ) ○○時間

(    ) ○○時間

(    ) ○○時間

 合計    ○○時間

 

 

合計を出してみてください。

括弧の部分は行を追加しても構いません。

思い出しながら実際に書いてみると、

一日24時間あるはずなのに、

22.5時間とか、

少し時間が足りなくなるんです。

 

time

 

どういうことかと言うと、

人は必ずどこかに隙間時間があるということ。

知らない間に毎日数時間がこぼれています。

これが休んでいる時間と

ご自身で認識していれば

それはそれで問題ないと思うのです。

 

 

そして、

意外と抜け落ちているのは

実際に自分が動ける時間の総和です。

例えば藤垣会計では、

11月の稼働営業日は20日です。

ここに研修旅行で2日減りますから、

18日しかありません。

18日×営業時間で、

実際に稼働できる時間が見えてきます。

ミーティングや勉強会の時間を

ここから引いていくと、

本当に動ける時間って

少ないことが分かりますね。

つまり、

1時間の時間価値が

貴重なものだという価値観を

持てているかどうか。

 

 

この認識の上で

仕事を進めているのか、

なんとなく言われたことや、

目の前にあることを

順番に取り組んでいるだけなのかで、

その人の生産性は大きく異なるのは

分かっていただけるでしょうか?

 

 

自分の時間価値は

大いに高いものだという意識があると

集中力も違いますし、

段取りも変わってくるものです。

誰もが時間だけは平等に与えられ、

取り返すことができません。

貴重な時間を

大切に使っていきましょうね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.11.06更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1190日目

 

 

おはようございます!

昨日はうちのワンコの9歳の誕生日でした(^^)

オヤツとオモチャをプレゼントしましたよ。

最近はオモチャもすぐに飽きてしまうので、

好みを考えて選んできましたが

今回のはどうかな~

 

 

さて、

年末が近づくと、

今年の振り返りや

来年の計画のことを

考える時期になってきます。

 

 

でも、

たぶん考える時期と言いつつ、

振り返りも計画もできていない人が

全体の90%だと思っています。

そう、

こういうことを考える時間が

第二象限であり、

重要だけど緊急性がないので

後回しになってしまいます。

いつかはやろうと思っていても、

結局やらずに過ぎていってしまう。

これが成功しない人のパターンなのです。

常に次のことを考えて行動することが

物事がうまくいく人のパターンです。

 

 

ちなみに、

コンビニなどの駐車場に

車を停めるとき、

どっち向きに停めますか?

ほとんどの人は頭から停めています。

出る時にバックで出にくそうに発車してますが、

私は意識してませんでしたが、

必ずバックで停めます。

出る時が楽だからね。

こういった考え方を持つことが

最初の一歩ではないかと思うのです。

 

 

でね、

普段の仕事でも同じです。

例えをうちの事務所の仕事を例に出します。

毎月、企業の決算の仕事があります。

決算日から2か月以内に

税務申告と納税をしなければなりません。

その期限の中で仕事を進めるのですが、

先を読みながら計画的に進める人と、

場当たり的に進める人には、

大きな差が生まれます。

 

 

仕事を上手く進められるのは

経験者だったりします。

経験者はなぜ仕事が速いのか?

それは手順や進捗状態が頭に入っているからです。

全体を俯瞰してみる力、

常に全体と部分の視点を

繰り返して確認できる力があるのですね。

決算の流れをざっとお伝えすると、

 

・資料の収集リストをお客様に渡す

・資料を回収する

・一年分の総勘定元帳の内容を精査する

 消費税、科目、摘要などチェック

・科目毎の残高を集計

・勘定科目内訳書を作る

・決算書の注記

・法人税申告書の作成

・税額控除など確認、資料作成

・申告書完成

・お客様と面談

・電子申告

といった流れですが、

随所にお客様への質問があり、

随所に上司や私への取扱いの確認があります。

また、

科目毎の残高を集計するときは、

数多くの科目があり、

順番に進めていきます。

 

俯瞰する

 

この流れを

その都度場当たり的に進めていくと、

まずうまく進みません。

しょっちゅう中断があり、

手戻りがあり、

訂正が入ります。

どれだけ全体の流れの中で

うまくお客様に質問をするのか。

うまく上司と打合せをするのか。

勝手に好きなように進めていって、

間違っているからやり直しっていうパターンは、

初心者に良くあることです。

時間がどれだけあっても足りませんね。

 

 

 

うちの事務所でも、

ベテランだったら2時間かからない申告書作成が、

初心者だと2日以上かかったりしています。

どこに何の時間を使っているかが

見えていないと、

何が分からないのかも分かりません。

 

 

とにかく必死でやったら、

何とかできました!

と言われても、

次から何をどうしたら

もっと良くなるかがわかりませんね。

 

 

決算という一つのプロジェクトでも、

どんな工程があって、

どこに時間をかけていて、

想定より早くできたこと、

想定より時間がかかったこと、

それらを見えるようにすることが

仕事ができるようになるポイントです。

いつまでも変われない人は、

自分の時間の使い方を

もっともっと詳細に把握してみましょう。

人よりどこに時間をかけているかが

分かるだけで、

大きな改善ができていきますよ。

 

 

あのPFドラッカーも、

自分の時間を詳細に分析することが

時間管理の最初のステップだと言っています。

30分ごとに何をしていたか

一日の時間の使い方を

書き出してみてください。

ドラッカーも書きだすことが

最初のステップだと言っていました。

大切な時間が

もっと大切なことに使えるようになりますよ(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.11.05更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1189日目

 

 

おはようございます!

連休明けて、

ようやく11月が始まる感じですね。

今朝は朝から勉強会です。

事務所で有志にて学びます!

 

 

さて、

昨日はお休みでしたが、

来年以降のことを話し合うため

幹部メンバーにも出社してきてもらって

一緒に考える一日でした!

昨日打ち合わせたことは、

・来年以降のCFシート

・クレドの改定

・コーポレートスタンダードの内容の一部

・人事評価シート

・グレード制のスキルの階段

でした。

想像以上にいろいろ捗りました!

 

経営計画

 

一昨年までは

私が一人で経営数字を把握しながら

翌年の数値の予測をしていました。

その目的は、

翌年の資金繰りなどが

間違いなく回っていくのかという

確認のための資料作成をしていました。

安心して終わってしまうんですよ。

 

 

でもね、

今年からは事務所の方針を変えました。

年初に私と幹部たちで作った経営計画書を

発表会という場にしました。

その時に幹部メンバーたちと

一緒に考えることをしました。

 

 

基本的に事務所の方針や理念は

ある程度が経営者の頭にあるものを

言語化したものになります。

だから、

経営者ありきで作成するのですが、

それだと社員たちは

やらされている感が発生してしまい、

モチベーションにおいては

微妙な感じになってしまいます。

自分で考えたことは

やり遂げたいと思うものですが、

人から与えられた目標などは

余程上司や社長のことが

大好きで期待に応えたいと思っていない限り

積極的に行動はしてくれませんね。

 

 

そういった意味において、

経営者一人だけで作るのではなく、

周りを巻き込んで作ることを

おススメします。

もちろん経営者が決めなければ

ならないところはあります。

大事なのは、

一緒に作りこむこと。

周りを巻き込むこと。

それによって、

スタッフ自身の想いが反映され、

やる気が違ってくるのです。

 

 

弊所は個人事務所ですから

12月が締めになります。

今年も残りもあとわずかですから、

今年の振り返りと

来年の目標設定をしました。

来春までに人の補充が

大きく進みます。

そういう意味で組織の基盤が整ってきます。

その後はその仕組みの中に

仕事をどんどん落とし込んでいきます。

新規のお客様をどんどんこなしていけるような

組織の基盤を作っていきます。

絶対に今より残業を減らしますし、

仕事が楽しくなる仕組みも

作っていきたいです!

 

 

そう、

昨日の打合せの中で

「仕事を楽しむ」という

観点の話が出ました。

最近はうちのスタッフたちは

仕事に疲れている感じがするんですよね。

それには私に責任があるのですが、

何かスイッチが変わるだけで

仕事が楽しくなるような、

そんな職場にしていきたいです。

あなたは仕事が楽しいですか?

どんな時に楽しいと感じますか?

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.11.04更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1188日目

 

 

おはようございます!

今日は連休三日目ですね。

と言っても、

今日は一日かけて

幹部スタッフ達と来年の計画など

重要なことを確認していく時間を

とることにしています。

合宿のように

どこかの旅館でも取ればよかったんですが、

今回は事務所の会議室で

じっくり話し合っていこうと思います。

 

 

さて、

人って本当は変われるけど

変わることって大変ですよね。

易きに流れるといいますが、

無意識でいると人は変化できません。

無意識下では、

同じ状態を維持しようという本能が働いています。

だから頑張ろうと思っていても、

思っただけで終わってしまったり、

思ったことさえも忘れてしまう(笑

 

 

幸いにも私のこのブログを書くことは

毎日継続できていますが、

これも同じ状態を維持しているだけ。

ある意味進歩がありませんね~。

いつかは出版という夢があるのですが、

今の時間の使い方をしている限り、

出版など夢のまた夢ですね(^-^;

 

 

何かを大きく変えようと思ったら、

一番いい方法があります。

私のこのブログを習慣にしてくれた

とっておきの方法です。

ではなぜ人は新しいことを

続けられないのか?

それが自分の使命や目的レベルに

働きかけてくれることであれば

一生懸命やり切れそうです。

でもそんな大きなことって

そうそうありません。

ダイエットでもいいし、

早起きでもいいし、

勉強でもいいと思います。

人は無意識で95%を生きているので、

ほとんど自動操縦の状態です。

新しい習慣を身につけようとしたら、

あえてその都度、

手動運転に切り替えなければならないのです。

その負荷が大きすぎて

結局続かないのですね。

 

継続する

 

では、

どうしたら継続できるのか?

それは仲間を作ることです。

これが最強です。

受験勉強を一人でやるより、

ライバルのような仲間がいると

燃えませんか?

私の税理士受験の時は

勝手に特定の人をライバルということにして

その人を目指して勉強していたことが

ありましたね。

ブログを継続できたのも、

一緒に始めたブログ仲間がいて、

お互い毎日投稿しあっていたから

継続できたのですね。

 

 

選択理論心理学では

人は内側から動機づけられて

行動するといいます。

でも、

無理やりでも変わりたいと思ったら、

自分から周りに働きかけて

外側から刺激をもらえるようにすると

効果的です。

内発的に外的コントロールを活用する?

変な話ですが、

究極に成長しようとしているときには

効果的なのかもしれませんね。

・仲間に伝えて引くに引けない環境を作る。

・先を行ってるライバルを作る。

・家族などサポートしてくれる環境を作る。

これらの3つが揃えば

たぶん習慣化はできますよ。

後は自分次第ですね。

 

 

私にも継続したいと思っていて

出来てないことが山ほどあります。

出来ていないことばかりです。

その中でも絶対にやりたいことだけ

優先順位をつけているだけです。

つまり、

出来ていないというより、

やらないという選択をしているのです。

絶対にやらなければいけないことに、

やらない選択をしたことはありません。

 

 

まずは第一歩を進める。

実際に進めてみること。

最初ができないと先もできません、

絶対にね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030