2019.07.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1081日目

 

 

おはようございます!

昨日は午後から名古屋にて

コンサル→勉強会→税理士会会合

でした。

うまく名古屋の仕事が重なると

効率が良くていい感じです♬

 

 

さて、

昨日のコンサルは

ご夫婦で受けていただいています。

一緒にランチを取りながら、

私の以前書いたブログの話になりました。

実はクライアント様の奥様は元銀行員さん。

税務署が銀行に口座の照会をかけてくる話に

「本当にしょっちゅう税務署から

 照会依頼が来ていました」

と銀行員時代を振り返っておられました(^^

 

 

照会をかけるとは、

口座の取引明細を取り寄せることを言います。

つまり、

税務署が税務調査の準備として、

これから調査をする相手とその家族の銀行口座を

調べているというわけ。

同じ銀行の別支店も同時に調べられますし、

家族名義のものも全部調べられます。

過去10年にわたり銀行には

データが残っていますので、

かなり古いものも調べられるのです。

 

 

 

でもね、

銀行はそんなこと教えてくれません。

税務署から連絡があっても

淡々と取引明細を作って送るだけです。

わざわざお客さんに

「税務署がお宅の口座を調べてましたよ」

なんて言ってくれません。

 

 

相続税の仕事を受けたときは

過去の銀行預金の通帳を見せていただきます。

多くの人は亡くなられた日の残高が

申告に使われると思っています。

それは間違いないのですが、

当然過去の動きも見せていただきます。

それは亡くなる直前に

お金を引き出している場合が多くあるからです。

葬式費用を支払わなければいけないから

という理由はよくわかります。

なので、

その引き出した現金は

「現金」という財産を相続財産として計上します。

たまにあるのは、

「預金が残っていると、

 全部相続税で持っていかれるから

 できるだけ引き出してしまったほうがいい」

と適当なことを吹き込む輩がいるんです。

大した知識もないのに、

それらしく伝えるので、

相続人が信じてしまうんですよ。

引き出したお金は「現金」という財産ですから、

税金が少なくできるなんて

大きな間違いですからね。

注意してください(^^

 

 

また、

生前贈与をしたときに、

自分の預金から子供の預金へ

お金を振り替えたとします。

贈与税がかからない110万円を超えて

お金を動かしていても

税務署から連絡がないから

バレずに済んだと考えている人が

結構いらっしゃるみたいです。

一度大きく動かしても

税務署が何も言ってこないので

さらに大きくお金を動かすんです。

でも連絡は来ない。

バレずに済んだと思う。

さらにお金を動かす。。。

この繰り返しでお金を動かす人が

たくさんいるんですね。

 

預金通帳

 

これだけは覚えておいてください。

税務署は常に口座を照会かけているのではありません。

相続が発生したときに調べるのです。

だから贈与をした時には

税務署は何も言ってきません。

後になって相続税の調査の時に

照会をかけるんです。

だから、

贈与があったときには

ちゃんと申告をしないと、

後から延滞税や加算税がかかりますからね。

税務署が見逃しているのではありませんから

注意をしてくださいね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.07.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1074日目

 

 

おはようございます!

今月も3分の1が経過します。

弊所では明日が賞与です。

喜ぶ顔を見るのが楽しみです。

 

 

さて、

相続の申告や相談を受けていると

必ず出てくるこの財産。

名義預金です!

今日は名義預金について

お話しますよ(^^)

 

 

でね、

名義預金なんていう財産、

聞いたことないっていう人も

多いと思います。

いや、

知ってる人のほうが稀ですよ。

 

 

なぜ知らないかって、

相続税務でしか使わないのかもしれない。

だから普通にしていたら

聞くことがない言葉ですね。

 

 

名義預金とは、

他人の名義を借りている口座預金です。

つまり、

自分の預金だけど

名義が他人になっている状態です。

「そんな預金できるの?」

という質問を受けそうですが、

最近では本人しか口座を作れません。

だからずいぶん昔に口座を開設したものが

多いのではないかな。

 

 

どんなケースがあるかというと、

お爺さんが孫のために

孫名義の口座に貯金をしてあげているとき、

その口座の管理がお爺さんのままになっていると

それは名義預金なのです。

お孫さんにあげるためかもしれませんが、

実際にはまだあげていませんよね。

だって通帳も渡してないし、

印鑑も渡していません。

さらに言うと、

その口座の存在すら教えていませんよね。

これでは贈与は成立しません。

贈与はあげる側ともらう側が

お互い了承しているときに

贈与が成立するのです。

だから名義は他人でも、

それはお爺さんの財産なのです。

 

名義預金

 

それでね、

名義預金がどんな問題があるかというと、

税務調査で見つかるんです。

財産の申告漏れとして見つかるんです。

黙っていたら分からないと思ったら

大間違いです。

印鑑の管理や通帳の管理を

確認していくと

けっこう分かってしまうのです。

だってその印鑑は

お爺さんのほかの口座にも

使われているので、

お孫さんには印鑑を渡せませんよね。

つまり、

相手に渡していないということ。

 

 

申告前に私は相続人の方に

名義預金のことを聞くんです。

でもほとんどは

「ありません。」

と言われます。

でも税務署は調べてくるんですね。

 

 

税務調査官は、

通帳の動きを10年分遡って

調べてくるんですよ。

しかも、

亡くなった人だけじゃなくて

親族の預金を全部10年分調べます。

お金が動いていると

バレちゃうんですね。

周りの知ったかぶりをする人を信じて、

お金を動かしたりはしないでくださいね。

後で困るのはあなたですからね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030