2018.12.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ880日目

 

 

おはようございます!

いよいよ年の瀬、

弊所では今日が仕事納めです。

来年の仕事は1月7日から

営業を始めます。

本年はブログ記事をお読みいただき、

ありがとうございました。

来年は4月に1000日を迎えます。

引き続き、

よろしくお願いいたします。

 

 

さて、

最近では相続の相談やご依頼が

毎日のように続き、

本当にさまざまなケースの

お話をお聞きする機会を

いただきます。

 

 

そんな中で、

本当によくある質問について

お答えしますね。

「親から生前にお金を贈与してもらいましたが、

 特に申告などしていません。

 税務署からも何も言ってこないので、

 バレなかったんですよね。」

いや、これはダメなパターンです。

税務署は基本的に

生前の動きは監視していません。

亡くなられた後で、

10年分を遡って調べるんです。

亡くなった人と、

その家族の預金口座をね。

あとでバレる仕組みになってるので、

簡単にお金を移動させてはいけないということです。

贈与だと少ない額でも

税率が高いんです。

亡くなる3年前までなら、

相続税で計算し直しますが、

その前だと贈与税で課税されてしまいます。

気をつけましょう!

相続税

 

 

とても残念なニュースを見ましたので、

これもご紹介します。

大阪の調査案件です。

平成27年から相続税の基礎控除が

下がるという改正がありました。

そのニュースをテレビで見て、

「これはあかん!」

お父さんの預金口座から

自分の預金口座に、

せっせとお金を移動させました。

なんと、

約9か月間で200回におよび、

その結果預金残高が基礎控除額を

下回ったそうです。

税務署はお父さんが亡くなった後、

無申告が想定されたため

簡易な接触から実地調査になりました。

その結果、

相続税を回避するため

意図的に資金移動を行ったと認め、

重加算税を含む追徴税額は

約3200万円だったそうです。

 

 

預金の動きは

ガラス張りです。

亡くなる直前にお金を引き出す人も

たくさんいらっしゃいます。

もちろん、

葬儀費用を支払うために

口座が凍結される前に引き出されるのは

理解できます。

でも、

引き出すことで相続税が

かからなくなると、

勘違いされている人が

いまだに多くいらっしゃいます。

 

 

預金はガラス張りです。

引き出したことも

見られてますし、

引き出したら

現金という相続財産が

増えるだけです。

その現金で葬式費用を支払うのであれば、

その葬式費用は財産から

引くことができるので、

何も問題ありません。

繰り返しますが、

引き出した分は現金が増えるのです。

 

 

ちなみに、

民法改正により、

葬式費用分程度は預金口座から

引き出しができるようになるようです。

だから焦って引き出す必要は

なくなりますので、

覚えておいてくださいね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.02更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ854日目

 

 

おはようございます!

12月に入りましたが

暖かい日が続きます。

2週間ほど前にぶつけられた車が

修理から戻ってきましたが、

ついでにスタッドレスタイヤに

履き替えておきました。

暖冬の今年は

いつ役に立つのだろうか。

 

 

昨日はうちの優秀な行政書士の川島と

相続診断士会のシンポジウムが名古屋で開催されました。

午前中が笑顔相続落語でした。

「天国からのメッセージ」

というタイトルで、

桂ひな太郎さんが話をされました。

落語を聞くのは初めてでして、

とても引き込まれました(^^)

一人で何役もこなされるのですが、

メリハリがあり、

テンポもよく、

ちゃんと落ちがありました。

何事もプロはさすがだと感じますね。

 

笑顔相続落語

 

落語の後は、

相続診断士会の代表理事であり、

税理士の業界でも相続で有名な小川実税理士の

相続落語の簡単解説でした。

桂ひな太郎さんと二人で

うまく話をしながら解説をされていました。

 

 

途中、小川代表の個人的な相続の話しもあり、

興味深い話も聴けました。

小川代表にはお年頃のお嬢さまが

いらっしゃるとのこと。

その年齢はいろいろ難しいんだそうで、

お嬢様なりにいろいろな悩みがあるんですね。

でね、

とてもいい話を聞きましたので

シェアしますね。

小川代表はお嬢様と約束を

されているとのことでした。

どんな約束かというと、

「行ってらっしゃい」

「おかえりなさい」

の挨拶は必ず笑顔でするというもの。

 

 

どんな意味があると思いますか?

それは笑顔相続にも通じると思うのです。

例えば、

万が一のことですが、

行ってきますと言って出かけました。

その後の通勤の途中で事故にあい、

そのまま帰らぬ人となってしまったとします。

そうなると、

最後の会話って、

「行ってきます」

「行ってらっしゃい」

ですよね。

もし、この会話が笑顔ではなく、

嫌々話していたとしたら、

その嫌な顔が残された遺族が見た

最後の姿だということです。

そのときの表情が

ずっと記憶に残り続けるとしたら、

死んでいった身としても

嫌じゃないですか?

どうせなら笑顔の記憶を

残しておいてもらいたいですよね。

そんな理由で、

この挨拶を笑顔ですると

決めているそうでした。

 

 

私の家でも、

出掛ける時はいつも笑顔ですが、

そんな家庭が増えると

社会はもっと明るくなるような気がしますね♬

 

良い一日をお過ごしください(^^)

 

相続診断士会シンポジウム

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030