2017.11.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ480日目

 

 

 

おはようございます!

今日は勤労感謝の日です。

日本の憲法では三つの義務を掲げていますね。

あなたは三つとも言えますか?(^^)

一つ、勤労の義務

二つ、教育を受けさせる義務

三つ、納税の義務

ということで義務と言われるとなんですが、

いつもお仕事お疲れ様です(^^)/

 

 

 

さて、

昨日は午後から名古屋税理士会の部会に

参加してきました。

部会というのは税理士会の運営の中の

一つの部署の会議です。

業務対策部というところで、

今は書面添付制度について

担当しています。

 

 

この書面添付制度というのは、

税理士だけに与えられた権利について

定められた制度です。

会社の法人税の申告や、

相続税の申告のときに、

税理士が意見書のようなものを

提出できるという制度です。

 

書面添付制度パンフレット

 

意見書をつけるのは

どんな意味があるのかというと、

税理士がちゃんとチェックしているのであれば、

税務調査をする前に

税理士に話を聞いてみよう

という制度なのです。

話を聞いて疑問が解明できれば、

税務調査は省略されることに

なるんです。

 

 

実際に私も今年の始めに

税務署から意見を聞かせてくれと連絡があり、

そこで疑問が解明したため

税務調査が省略されることになりました。

その時はお客様からとても感謝されましたよ(^^)

 

 

お客様との信頼関係がなければ

この書面は提出できませんし、

書類を作成するのも時間がかかります。

そして意見書として提出するからには

責任が生じます。

だから全部の申告に付けて提出することは

とてもできません。

 

 

私が聞いたところ、

この制度を活用されている割合は

まだまだとても低いそうです。

一度も書類を出したことがない

税理士もたくさんいるそうです。

せっかく税理士に与えられた権利です。

はじめは大変ですが、

しっかり活用していきたいものですね。

 

 

来月は県内の税理士会支部で

この書面添付制度の研修講師を

することになりました。

まだまだ人に説明するほど

この制度に長けてないので、

当日までにしっかり勉強しなければなりません(^^;

 

書面添付制度

 

どんな制度なのか知りたい人が

いらっしゃいましたら、

ぜひお声がけください(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ479日目

 

 

 

おはようございます!

昨日の夜から食事制限です。

というのは、

今日は朝から人間ドック。

朝食も無しなので辛いです(^^;;

 

人間ドック 

 

去年の人間ドックでは

体重を1年で12キロ近く

落としていたので、

さぞかし良い結果になるだろう

と、とても楽しみでしたよ(^o^)

 

 

 

しかーし、

結果が送られてきたら

見てびっくり‼️

悪い検査結果

肝機能は今まで以上に悪い数値になり、

要再検査と書かれていました、、、

そして家内から、

「だから糖質制限なんて

 勝手にするから

 こんな結果になるんだよ!!」

と相当怒られました(ToT)

たしかに家で食べる食事は

家内に無理を言ってましたから、

怒られて当然。

 

 

でね、翌月にあらためて再検査したんですよ。

そうしたら悪い結果は何も検出されず、

逆に今まだ見たことがないくらいの

良い数値になっているではありませんか!

なんでこんなに乱高下するんだろう??

と振り返って見たら、

人間ドックの前の日に

フルマラソンを走っていたんですよ。

マラソンでは体内で

代謝が異常に起こります。

フルマラソンともなれば

当然に肝臓に負担をかけると

考えられるわけです。

だから、しばらく時間を置いたので

本来の数値に戻った

ということだったのでしょう。

 

 

そして今年の人間ドック、

フルマラソンから10日しか経っていませんが、

果たして結果に反映されるのか?

ちょっと微妙な感じですね。

また再検査はしたくないですけど、

正しい数値は知りたい。

お金出して検査するのに異常値では

意味がありませんからね。

どんな結果か楽しみですよ(^o^)

 

 

 

さて、

話は会社の話に移ります。

実は会社にも健康診断があるんですよ。

ただし、

そんな言い方はしません。

一般的にはこう呼ばれています。

 

 

税務調査です。

 

税務調査

 

「は?!

  何言ってるの?」

と言いたくなるかもしれませんが、

実際の効果は健康診断と同じなんです。

調査官たちは同業の様子も知ってますし、

アドバイスをしてくれることがあります。

経費の内容を詳しく調べてくれます。

特に素晴らしいのは、

内部で不正が行われていた時に、

それを見つけてくれることです。

内部での不正などは

当然あってはいけないものですが、

実際に経営者が気がつかないことも

あるんですよ。

そう言ったことも

税務調査で調べてくれるんです。

国のお金でやってくれると考えたら、

ありがたいことですよ。

 

 

脱税とかは論外ですから、

そんな発想をしている時点で

会社は発展しませんからね。

利益が出て税金が課税されている状態が、

理想的なのですから。

赤字で税金がかからなくても、

それを喜んでいてはいけないのです。

たまに勘違いしている経営者の方が

いらっしゃいます。

税金を払うくらいだったら、

交際費、外車などに

お金を使ってしまう人です。

これをやったら、

儲けたお金がなくなってしまいますよ。

何のために頑張って

利益を上げたのでしょうね(^^;;

 

 

そしてこの健康診断は、

よくない結果になると

再検査の代わりに修正申告をします。

申告をやり直して

正しい税金を支払うことになりますね。

 

 

定期的に税務調査はやってきます。

今まで一度もきたことがないからといって

安心してはいけませんよ。

個人事業主に対しては、

そうそう来ませんが、

一生に一度や二度は

来ると思ってください。

自分だけは大丈夫と思って

適当に申告していると

後で痛い目にあいますからね。

 

 

会社の健康診断に、

合格点がもらえるよう、

しっかり財務内容を整えていきましょうね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030