2016.09.27更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

先日は、脳の記憶のしくみを

利用することで、

勉強の効果を上げる方法を

お伝えしました。

エビングハウスの忘却曲線です。

詳しくは、

【税理士試験理論暗記:忘れてもいいんですよ】

をご覧ください。

 

脳のしくみには、

他にもお伝えしたいことが

ありますので、

今日は第2弾です。

その名も、

プラトー

といいます。

 

 

プラトーとは、

主にトレーニングの

成果のことで

使用される言葉です。

 

例えば、陸上競技で、

ずっとトレーニングをしてきて、

ずっとタイムが伸びてきた。

トレーニングの量に比例して

成績が良くなってきたが、

突然、伸びなくなってしまった。

 

手を抜いている訳でもないのに、

タイムが伸びない。

それでも頑張る。

でも伸びない・・・

 

その時、諦めてしまう人と、

それでも頑張る人に

分かれると思います。

 

頑張って継続した人は、

さらにさらに頑張りました。

すると、またタイムが伸び始めるんです。

この停滞期を、プラトーというんです。

階段の踊り場をイメージしていただけると

分かりやすいでしょうか。

 

プラトーイメージ

 

このプラトーという現象は、

運動だけに限らず、

勉強や、仕事、

ダイエットまで、

当てはまります。

ダイエットなど、

心当たりがある人が

多いと思います。

丁度今の私がそうですし(^^;

 

ダイエット・プラトー

 

諦めずに継続するためのコツは、

まず、自分がプラトーにいることを

自覚することです。

「あ、今プラトーに入ってる」と、

分かっていれば、

しばらく頑張ろうという気に

なれるでしょう。

 

また、停滞し始めたら、

今までと同じ方法とは

違う方法も試してみましょう。

工夫することで、

比較的簡単に

プラトーを脱出できる

かもしれません。

 

 

今、思うようにいかなくて、

諦めそうになってたなら、

あなたはプラトーに入っています。

だから、もう少し、

諦めずに続けてみましょう。

きっと、そこから抜け出せますよ。

 

 

 

 

藤垣会計事務所では、

11月16日に岐阜駅周辺にて

未来会計セミナーを開催します。

今回は特別に未来会計セミナーの前に、

コピーライターでベストセラー作家の

野崎美夫先生にも

パーソナルブランディングセミナーを

していただきます。

詳細と申し込みは下記まで。

2017未来会計実現セミナー

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.09.24更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

頭の使い方について、

効率という視点から

考えたりします。

やることが増えてくると、

頭の中を整理しないと

ミスが増えてきますからね。

 

 

例えば、

スケジュール管理。

アナログ、デジタルの双方に

利点はありますが、

今現在はデジタルのみで

管理してます。

これはどちらでもよいのですが、

スマホに新しい予定を入力したら、

基本的には忘れます。

脳の中から、日時に関することは

消去です。

 

 

あ、予定があったことすら

忘れてしまうわけではありません。

要するに、細々としたことを、

常に頭の中に置いておくほど、

脳には余裕がありません。

だから、日時や事前にやるべきことは、

予定の中に登録してしまう。

後は、予定を見れば、

その日にやることをやるだけ。

 

 

机まわりも整理したいところです。

目のまわりに気が散るものが

あるだけで、

集中力が削がれます。

気が散るんですね。

そういう私の机まわりは、

雑然としているので、

これらを整理するのが

課題ですね。

 

 

集中できる環境をつくれば、

試験勉強もはかどりますよね。

脳のスペースをできるだけ空けて、

集中できる環境の中で、

集中して勉強する。

人の集中できる時間の

限度は2時間です。

これは、税理士試験の

試験時間と同じです。

私はこの2時間は

集中できましたから、

少なくとも2時間までは

集中できるわけです。

 

 

 

前日に覚えたことを、

あなたはどれだけ覚えていますか?

実に74%忘れてるそうですよ。

人の記憶なんて、そんなもんです。

 

忘却曲線

 

だから、復習します。

効率よく記憶するためには、

一定の周期で覚えなおすことが

大切なんです。

記憶には短期記憶と長期記憶があり、

繰り返し暗記することで、

短期から長期の記憶に

変わっていくのです。

 

覚えなおす周期は、

人それぞれですが、

イメージとしてはこんな感じです。

忘却曲線と復習

 

覚えなおすごとに、

復習の時間が短く済むのです。

私の税理士試験の理論暗記は、

2度目も3度目も時間かかりました。

少しずつは短くなったでしょうが、

大変なことには変わりありません。

 

まず、ゴールを設定する。

試験日までにどれだけの理論を

どれだけ覚えなおすか決める。

ちなみに、理論を回すと言います。

計画的に勉強しなければ、

試験前日に全ての理論を回すことは

できませんからね。

試験にもっていく理論を決めて、

それらを試験前日に全て回せるよう、

逆算して計画を立てる。

これが税理士試験の

理論暗記の私の攻略法です。

 

 

暗記の仕方については、

ひとそれぞれなので、

工夫して編み出してください。

試験勉強について、

次はプラトーについて

お話ししますね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.09.18更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

仕事や受験勉強、スポーツなど

いい結果を出そうとすると、

モチベーションが高い

状態を維持したい!

と思いますよね。

「常にいい状態が続く」

そんな理想の状態は

どうやったら続くんでしょうか。

 

 

以前は、私は朝起きると、

「あー、今日も一日始まった・・・」

と、なかなか布団から出られない

なんてことがよくありました。

一日の始めからモチベーションが

下がった状態でしたね。

そうすると、一日全体も

調子が良くないんです。

 

 

でも、最近は少し違うんですよ。

毎朝いい状態で出勤できてます。

もう5年になりますが、

犬を飼い始めたことで、

毎朝欠かさず散歩に行くんです。

 

そう、最初のコツは

体を動かすことなんです。

体を動かして脈をあげたりすると

脳に新鮮な血液が流れます。

だから、調子が上がらない時、

不安に感じたりするときは、

軽い運動をするとよいのです。

 犬の散歩

 

 

 

二つ目のコツです。

「作業興奮」という

言葉をご存知ですか?

まず、ちょっとだけ行動してみること。

そうすることで、脳がやる気になってくるんです。

 

 

例えば、私のこのブログ。

毎日、何を書こうかな~と考えてて、

取り掛かるまで時間がかかります。

しかし、PCを開いて、ヘッダーをコピペして、

ちょっとだけ書き始めます。

その状態でいったん保存します。

その後、時間があれば書き続けるし、

他の仕事があれば中断して、

また後で書き始めます。

最初に少しだけ書き始めてるので、

後の行動に惰性が働くんですね。

転がりだしたら止まらない、みたいな。

こういったことを作業興奮と言います。

この状態を意識して作れば、

少ないモチベーションでも、

ちゃんと行動できるんですよ。

 

 

 

三つ目は、環境を変えること。

以前の記事で関連したことを書きました。

資格試験合格のコツ:勉強法を研究する

ここでは勉強のことで

環境について触れました。

仕事でも同じです。

環境を変えることで、

モチベーションが上がります。

やる気のある人が

集まるところに行ってみるとか。

仲間がいると初心に帰れたりします。

カフェ

 

 

個人的には、

モチベーションに左右されずに

やりたいことに取り組めるのが

理想だと思っています。

そのためのコツもあるんです。

習慣化がポイント。

習慣化については、

また別の記事で

お話ししたいと思います。

 

 

モチベーションを

上げるには、

まず体を動かせ!

でした。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.09.16更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 先日参加した懇親会で、

ドキッとしたことをお伝えします。

 

その方はセミナー講師をしているので、

受講者のセミナー後の行動について

日常的に向き合っています。

その受講者との会話の中で、

受講者の方が、

「では、頑張ります!!」

と言われたそうです。

 

頑張る子供

 

おそらくその受講者は、

返事は良いのだが、

なかなか結果が出ない。

なぜ結果が出ないのか

考えてみると、

行動していないんです。

 

だから、こう言ったそうです。

「何を頑張るの?」

 

そうなんですね、

具体的にやることが

明確になってないのに、

頑張りますって言われても・・・

 

 

頑張ろうと思うのは、

一生懸命やろうとか、

気合い入れてやろうとか、

精神的なレベルの話です。

だから、漠然と頑張ると言うのは、

ある意味、社交辞令みたいに

なっちゃってますね。

 

私自身も、

この「頑張る」という言葉は、

よく使いますので、

あらためて振り返ってみて、

行動できていたかな?と

心配になりましたよ。

 

 

 

相手の成果や努力を

評価するときの、

「頑張ったね♪」

や、

具体的な行動の結果、

その行動について、

「頑張った!」

はありです。

 

でも、

「頑張ろう!」と

未来形で言うときは、

「何を?」と、

自分に投げかけてみると

行動につながりやすく

なりそうですね。

 

 

今日のキーワードは、

「で、何を?」

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.09.09更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

8月には多くの国家試験が終わります。

そろそろ新たな講義が始まるころ。

税理士試験もそうでした。

9月から講義が始まるので、

気持ちをリセットして、

フレッシュな気持ちになってたのを

思い出します。

せっかく勉強するんです。

合格できるように勉強してもらいたい。

今日は、そのためのヒントをお伝えします。

 

 

受験の予備校に通う人と、

独学で勉強する人と、

予備校の通信教育の人。

人によってそれぞれ自分に合う

勉強の方法を取っていると思います。

 

大原 

 

ここで考えてみてください。

その勉強方法で、

合格はできますか?

その方法は、

どんな基準で選びましたか?

 

まさか、金額が安いからなんて

理由ではありませんよね。

自分に合ったというのは、

自分が合格するために

最適な方法なのかという基準

じゃないんですか?

 

 

独学でやっても勉強できて、

合格までたどり着く人も

もちろんいます。

 

通信教育でも、

自分を規律して

講義についていける人は

合格していくでしょう。

 

しかし、

単に時間の都合がつくから

とか、

お金が安く済むから

なんて理由で選んでいたら、

合格できる確率は

当然下がりますよね。

 

 

何をお伝えしたいかというと、

勉強する前から、

合格できるかできないかの

確率が決まってきてしまう!

ということです。

 

人は根性や気合いなどの

精神論だけでは動けません。

だから、合格確率が上がるために

何ができるかを研究すべきです。

本人の能力を上げるより、

環境を変えるのが簡単なので、

自分の置かれる環境で変えられるものを

考えてみましょう。

 

先の例で挙げた予備校との関わり方。

遠くても通った方が会うという人だと、

そこで勉強仲間ができて、

モチベーションが上がったり、

通う時間を暗記する時間に充てたりと、

工夫すれば色々考えられます。

 

自宅で勉強できない人は、

外で勉強できないか考えてみる。

会社、図書館、予備校自習室、

カフェ、ファミレスなどなど。

私は図書館と自習室を

フル活用してました。

 

 

また、勉強方法について

ネットや書籍でかなり調べました。

どうせやるなら、

少しの努力で最大の効果を

上げられるようにしたいですよ。 

 

暗記の仕方や、復習のタイミング、

管理表を作ってみたり、

勉強アイテムにこだわったり、

できることは何でもしようと思いました。

 

アイテムも、特に筆記用具には

こだわりましたよ。

試験では、書く量が半端ないのと、

そのスピードが問われるので、

書きやすく、疲れにくいものはないか、

考えました。

 

結果、万年筆にたどり着いたのですが、

万年筆も、値段も幅があり、

メーカーも国内外と色々あります。

また、インク選びが非常に重要で、

答案用にに滲むものは最悪でした。

滲まないものを探すのにも、

インクを買い集め、試してみたりしました。

 万年筆

 

試行錯誤してるのも、

それはそれで楽しかったです。

それぞれ自分に合う勉強法を

追求しながら、

貴重な勉強時間を

しっかり集中する。

もちろん、計画的に戦略を練って

取り組むのは言うまでもありません。

 

これらをこなせば、

誰でもが合格できます。

これから資格取得を目指す人、

今頑張って取り組んでいる人は、

まず自分の環境を見直してみましょう。

 

 

あ、最後に大事なこと。

最愛の家族や職場の仲間に

感謝すること!

人間関係という環境が

整わないと合格はキビシイです。

あなたが頑張れるのは、

だれかの助けがあるからですよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030