2017.12.31更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ517日目

 

 

 

おはようございます!

今年も今日で最後です。

今日はセルフイメージの話をします。

 

 

あなたは自分のことが好きですか?

セルフイメージを高めることが

大事だと言われますが、

まずは自分のことが好きになること。

ここが原点なのです。

 

 

自分のことが嫌いな人は

意外にも

結構たくさんいらっしゃると思います。

過去の失敗など、

辛いことを経験したことで

自己嫌悪が続き、

自分のことが嫌いになってしまう。

 

 

 

本当はあなたはダイヤの原石のように

可能性を秘めています。

でもね、

自分がダイヤの原石だと

信じている人。

そうじゃない、

自分はその辺の石ころだと

信じている人。

この二人の人が、

将来どう成長すると思いますか?

 

 

 

当然、

自分のことを原石だと信じて

頑張った人が輝きを見せ始めると

思うんですよ。

自分を石ころだと思っている人が、

自分を磨くことをするでしょうか?

だから、

まずは自分を信じること。

つまり、

自信を持つことが大切なんですね。

 

 

 

ちなみに、

「セルフイメージを上げるため」

と言いながら、

高級なことやものを好む人がいます。

お金を使うことの言い訳に

してる人をたまに見かけますが、

そんなタイプの人には

ある特徴があると感じます。

セルフイメージを上げると言ってますが、

自分のやりたい事に向けての

行動が伴っていないんです。

 

 

セルフイメージというのは、

言葉の通りイメージなんです。

人生で言う設計図みたいなもの。

その設計図を少しでもいいものを

描こうとすることは必要です。

でも、その設計図をもとに

理想の家を建築し始めないと

何も始まりませんし、

成功することはできません。

 

 

 

設計図を描くことと、

その設計に基づいて

建築すること。

この両輪がなければ、

セルフイメージを上げると

勝手に成功するという勘違いに陥ります。

しかも、

この勘違いループにはまると、

どんどんお金を使うし、

仕事は上手くいかないの悪循環になるから怖い。

地に足をつけた行動は

基本中の基本ですからね。

 

 

来年は、

セルフイメージを高めながら

確実に一歩ずつ実践していく行動を

意識していきたいですね♬

スタッフやクライアント様も巻き込んで

より発展させていきたいです。

 

 

 

来年1月にアチーブメントの

講座に参加するために、

代表の青木社長の

「目標達成の技術」

を読んでいます。

年末年始にはちょうど良い書籍でした。

ご興味があればぜひ!

おススメですよ。

目標達成の技術

 

今年もお世話になりました。

良いお年をお迎えください。

来年も、よろしくお願いいたします(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ509日目

 

 

 

おはようございます!

あっという間の土曜日ですね(^o^)

巷ではクリスマスなのですね〜

なんだか縁遠くなってしまってます(^^;;

 

 

昨日は、

セミナーに来ていただいた方への

特典の個別相談に行ってきました。

セミナー参加者の方と

多くお会いしてきて

感じるところは、

人それぞれお悩みポイントが

違うということです。

 

 

以前参加された方は

数字やお金のことは上手くいっていて、

組織のことが問題だと

仰いました。

昨日お会いした方は、

ビジョンが見えなくて

不安だと仰っていました。

 

 

会社の規模や業種によって

抱える悩みはいろいろですが、

経営者のタイプによっても

悩みは違ってくるんですね。

 

 

私が以前からお伝えしている

効き脳診断でも

人の思考スタイルは

皆違うんですよ。

ちなみに私はこんな感じでした。down arrow

 効き脳診断

AB優勢のこの形は

分析や数字が得意で、

計画立てたり実行することが

長けています。

その反面、

コミニケーションが苦手で

アイデアや想像力は

とても弱いタイプです。

と、まぁこんな感じに

診断結果が出るんですね。

 

 

つまり、

効き脳診断でAが強い経営者は

数字で示されると

納得感が強いので、

ビジョンも数値計画などが

理解しやすいのです。

逆に数字的な根拠が薄いと

ピンとこないんです。

 

 

Bが強い人は

プロセスや実行することが

得意なんです。

だから、計画を描いてもらえれば

それを着実に達成しようと

頑張れるのです。

逆に、何年後かのゴールが

描かれていても、

どういう内容でそこに行き着くのか

明確になっていないと、

そのゴールを想像できません。

 

 

Cが強い経営者の方は

みんなと楽しくしているイメージで

感情などにフォーカスします。

だから、

数字的根拠やプロセスに

説得力がありません。

 

Dが強い経営者の方は

先のビジョンが映像で見えるそうです。

私がDが弱いので想像できませんが、

結果、そうなればいいんでしょ?

で感じだそうです。

この場合もそこに行き着くプロセスは

弱いんですね。

 

 

と、それぞれ強み弱みがあるので

経営者さまごとに

悩みは別れるんです。

サポートのしかたも違うということです。

そういう見方ができるようになってから、

目の前の相手の方が

どこに不安を感じているのだろうと

予測をしながら話を聞くことが

できるようになりました。

 

 

相手の立場に立つにしても

この効き脳の区分を知っているかどうかで

立ち方も変わりますよね。

だから最近では個別相談が

楽しいんですよ。

いろいろヒアリングして

その悩みや問題をお聞きします。

その解決すべき課題が

明確になるだけで

解決の糸口が見えてきます。

 

 

個別相談から先は、

実際にコンサルの提供になってくるのですが

個別相談をすること自体が

楽しく感じます♬

というわけで、

ぜひあなたの個別相談をさせてください(笑

機会を作って

たくさんの方のビジョンを

聞いていきます。

そこからが始まりですから!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ508日目

 

 

 

おはようございます!

ちょっと体調を崩してしまい、

昨日の午後はダウンしてました。

健康のときほど、

感謝しなきゃいけませんね~(^^ゞ

 

 

 

少し前の話をします。

定期的に訪問させていただいている

あるクライアント様との面談なのですが、

いつもはお父様である経営者と

その奥様、そして後継者の息子さんの

3人とお話をさせていただきます。

 

 

息子さんはその会社に戻って来られて

まだ2年経っていません。

だから、まだまだトップのお父様が

リーダーシップをとって

仕事をされているんです。

 

 

でね、

訪問してお話をしていても、

その息子さんはあまり話をされません。

むしろ、表情は硬くて

私との関係性も全く築けていないように

感じることも。

 

 

そんな中で、

将来に向けて店舗を

建て直す話が出てきてるんです。

当然、後継者の方が安心して経営を続けるための

拠点となる建物です。

それで私はこんな提案をしました。

「次は○○さんに、

 うちの事務所にお越しいただいて

 次の展開についてお話をお聞かせ願えませんか?」

そう、息子さんとマンツーマンで

将来のビジョンについて

お聞きしようと考えたんです。

 

 

息子さんとは関係性は

不安でしたが、

私はあることを感じていました。

それは何かというと、

いつもお会いする場所が、

「不安危険ネガティブな場」に

なっているのでは?

ということでした。

不安とは、

自分の考えを話せる雰囲気ではないこと。

危険とは、

自分の考えを話すと否定され怒られるような

雰囲気の場になっていること。

ネガティブとは、

話し体験が否定されてしまうということ。

不安危険ネガティブな場では、

建設的な意見は出てきません。

 

 

 

ではどうしたらいいかというと、

安心安全ポジティブな場を

提供することです。

先ほどの場の逆ですね。

この「安心安全ポジティブな場づくり」というのは、

私が所属する日本キャッシュフローコーチ協会の

コミュニティの基本理念なのです。

場づくりが上手くいけば

どんどんアイデアが出てきます。

本音で自分が考えていることを

お話ししていただけます。

 

 

だから、

あえて私はうちの事務所で

お話しすることを提案し、

その意図はドンピシャでした!

息子さんはこんなに色々考えていたんだと

驚くほど多くの話しが聞けました。

今不安に感じていることや、

仕事に対する考え方など、

お互い関係性が深められたと感じられました。

 

 

 

安心安全ポジティブな場づくりができれば、

どんな打合せも上手くいきます。

その場づくりにもコツが沢山ありますが、

こんな缶バッジもあるんですよ。down arrow

 安心安全ポジティブ

 

あなたも、

安心安全ポジティブな場をつくって

会社内の話し合いや

お客様との会話を

価値の高いものに変えていきましょう!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ507日目

 

 

おはようございます!

寒くなりましたね。

朝のワンコの散歩が

辛い季節になりましたね(^^)

 

 

さて、

昨日は毎月恒例の

事務所主催セミナーでした。

通算17回目?かな?

ずいぶん続けてきたものです。

未来会計セミナー

 

私がセミナーでお話ししていることは、

会社のお金の流れがわかる

ブロックパズルの話しです。

でもね、

お金の話しをする前に

いつも必ず話すことがあるんです。

 

 

 

それは、

理念の話しです。

ビジョナリープランといって、

私のコンサルの師匠の和仁達也先生から

学んだ理念の話しです。

お金は手段であって、

目的ではありません。

だから理念が大切なのです。

 ビジョナリープラン

 

 

事業を経営している人に

「そもそも何でその仕事をしているの?」

って聞いてみると、

いろいろな話しが出てきます。

その中に理念のヒントが隠されています。

 

 

 

理念というと小難しく聞こえますが、

簡単にいうと

「やりたいこと」

なんです。

そのやりたいことを叶えるために

頑張って仕事してるんです。

やりたいことが、

明確に言語化されると、

行動が加速するんですよ!

そして、

それを叶えるためには

必ずお金が必要になります。

全ての経済活動には

お金の出入りを伴いますからね。

 

 

 

つまり、

お金と理念は車の両輪だということ。

お金だけでもいけない。

理念だけでもいけない。

両方の車輪があるから

バランスが取れているんですね。

片方だけでは前に進まず、

ずっと同じところを回転し続けてしまいます。

繰り返しますが、

お金と理念は両輪です。

 

 

理念の話しは奥が深くて

面白いので興味があれば

お声がけください!

うちの事務所では

自分たちで作り上げたクレドを

毎朝、朝礼で使っています。

クレドとは、

ミッション(使命)

ビジョン(将来の叶えたい夢)

バリュー(行動指針)

の三つからなるものです。

理念の浸透のための工夫を凝らしています。

うちでも作ってみたい思われたら

個別の御相談に乗りますよ!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ505日目

 

 

おはようございます!

12月も後半に入りました。

いよいよ一年が終わりに向かいますね。

 

 

私はアマゾンでも本は買いますが、

基本的には書店で買うことにしています。

欲しい本が決まっていればアマゾンでも

問題ありません。

ただ、それだと自分が知ってる本しか

買うことがありません。

書店に行けばいろいろな本を見ることができます。

つまり、たまたま開いた本が

なにか気になるようだったら

出来るだけ買うようにしているんです。

こんな買い方はアマゾンでは

できません。

とは言え、

すぐに自宅に届くアマゾンは便利なので

うまく使い分けが必要ですね。

 

 

さて、

最近気がついたことですが、

タイトルにPDCAと書いてある書籍が

増えたと感じました。

PDCA書籍

流行りだと思いますが、

私は好きなので何冊か

読みました。

特に新しい技術ではないんですけどね。

 

PDCAサイクル

 

ちなみに簡単に説明すると、

Pプラン 計画する

Dドゥ 実行する

Cチェック 検証する

Aアクション 次の行動につなげる

このサイクルを回すことで

目標を達成していくという考え方です。

 

 

 

しかし、

実際にはなかなか

できないと聞きます。

PDCAって上手くできないんですよ。

それには理由があって、

大企業と違って中小企業には

余裕がないんです!

だからじっくりと

時間と予算をかけて

計画することが難しいんです。

 

 

ではどうするか?

いきなりDの行動をするんです。

回す順番は、

DCAPの順番ということです。

 

 

たとえ話ですが、

戦場の話になりますが、

ライフルで相手を

じっくり狙っていては

こちらが撃たれてしまいます。

だから、とにかく撃ってみる。

そしてその弾道が

標的からどれだけズレてるか確認して、

再度撃つわけです。

その方がじっくり狙うより

速いというわけ。

まさにDCAPなんです。

 

 

 

中小企業の経営も同じ。

まず、やってみる。

これは何のためにやるのか?

とか、難しいことは後にして、

直感でやった方がいいと思ったら、

とにかくやってみること。

私のコンサル師匠の和仁達也先生もこう言います。

「アウトプットが先!」

知識をインプットするまで

待ってから仕事を始めるのではなくて、

仕事を取ってきてから

知識を埋めなさいという教えです。

それが成功者の共通点なのです。

 

 

 

目標達成のためにPDCAを

回すと習った人がほとんどでしょうが、

それでは回りません。

まずは行動からです。

DCAPで回してみましょう!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ504日目

 

 

 

おはようございます!

今年もあと2週間ですね。

自分が主導権をもっていないと

生活に流されているだけの

生活になってしまうんですよね。

あなたは、どうですか?

 

 

自分が今年何をしたかったのか。

何を成し遂げたかったのか。

今月のやるべきことは何だったか。

やりたいことを成し遂げた時の

ワクワクするビジョンは何なのか。

これらの質問に

明確に答えられる人は

どれだけいるでしょうか?

 

 

時間の流れは止めることはできません。

あっという間に1年が過ぎていきます。

気が付いたらこんな年になってしまった!

なんて10年後に思いたくありませんよね。

そうならないためには、

どうしたらいいでしょうか。

 

 

 

そう、やりたいことを

明確にしていくしかありません。

「明確さは力なり」

ジェームススキナー氏が

セミナーでこう話しました。

何をどうしたいのかを明確に定義しないと、

絶対にそうならないんです。

ぼんやりと周りに流されて

生きていても、

自分のやりたいことは達成できませんよ。

未来へ

 

 

私は、

税理士になると決めてから

10年かかりました。

要領が悪くて時間がかかっただけですが、

何とかあきらめずに続けたことで

合格にたどり着けました。

もう7年も前のことです。

長くかかった分、

試験勉強については

合格のしかたを身に着けました。

税理士取得後には、

2年で中小企業診断士の資格を

取得しましたが、

これは税理士試験で身に着けた

受験ノウハウがあったからです。

 

 

目標を達成するためのノウハウは

とても大事です。

でも、

その前にどうしてその目標を

達成したいのかを考えることが

もっと重要です。

目標が大きければ大きいほど、

その意志が固くないと

達成できないからです。

 

 

私の周りには

税理士受験生の仲間は

沢山いましたし、

元同僚の人たちで

税理士を目指していた人は

沢山いました。

しかし、

実際に税理士になった人は

ほんの一握りです。

私の元職場、現職場で、

試験合格した税理士は

私以外に誰もいません。

それだけ大変だということです。

大きな犠牲も伴いますから、

周りの協力なしには

叶えられません。

そして、

それ以上に、

達成したいという自分の気持ちが

とても重要なのです。

 

 

 

話しは戻りますが、

今年の目標は達成できましたか?

また、

来年はどんな目標をたてますか?

既に経営計画を立てた人も

結構いらっしゃるでしょう。

来年の年初に作る人も

たくさんいらっしゃいます。

ぜひ、年末年始に時間を取って

来年一年の計画を

じっくり作ってみてください。

正月はそのためにあるんですよ。

目標設定

 

ちなみに、

私の毎月開催しているセミナーでも、

経営計画を作るヒントを

お伝えしています。

ご興味がおありの人は

ぜひ申し込みくださいね!

【岐阜】未来会計セミナー

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.15更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ502日目

 

 

おはようございます!

今日は金曜日です。

年末の忘年会シーズンでも

一番街に人が溢れるのではないでしょうか。

活気があるのは街に出ても楽しいですよね。

 

 

 

来年までの日数が

少なくなり、

来年の目標を考えるタイミングだと

思いませんか?

 

 

会社の根拠がある目標設定は

私のセミナーで毎回お伝えしているところです。

今月も来週の12月19日(火)に

セミナーを開催します。

定員まであと2名となりましたので、

ご興味がある方は

早めにお申し込みくださいね!

【岐阜】未来会計セミナー

未来会計セミナー

 

 

うちの事務所では

来年に向けての

個人目標を設定します。

その目標設定でポイントとなるのが

SMARTです。

S 明確かつ具体的な表現

M 誰でも確認できる具体的な数字

A 達成可能である

R 成果に基づいている

T 期限がある

この頭の文字を取って、

SMARTな目標設定と言います。

 SMARTな目標設定

 

 

これらの5つのポイントの

一つでも外れていると

それは目標とは言えないものとなります。

達成できないものは

目標ではないからです。

 

 

 ちなみに、

上から順にSから考えていくのでは

ありませんのでご注意を。

実はRを先に決めるのがポイントです。

Rは成果も基づいているということですが、

ビジョンや目的がここに入ってきます。

ここが決まってから、

具体的な内容、数値を決めていくと

スムーズに目標を決めることができるんです。

 

 

うちの事務所でも

それぞれの目標をスタッフと一緒に

決めていく予定です。

今日の個人面談の中で

個人目標を考える時間にするつもりですが、

それぞれのレベルに応じた目標を

自分たちで上手く設定できるかどうか、

少し不安も残ります。

とにかく社員育成目的ではありますが、

個人目標を一緒に考え、

それを来年一年かけて

追いかけていきたいです。

 

 

あなたは目標を決めましたか?

うちのセミナーに参加いただければ、

そのヒントが手に入ります。

【岐阜】未来会計セミナー

是非お申し込みくださいね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ497日目

 

 

おはようございます!

昨日は岐阜県中小企業診断士協会の研修でした。

3時間にわたり、

3部構成でなかなか面白かったです。

最近では協会内で勉強会がたくさん立ち上がり、

その活動報告が興味深くて、

時間が許せば参加してみたいと思いました。

診断士協会研修

 

 

その研修会の後は

忘年会になります。

こじんまりとした忘年会ですが、

ベテランの先生方の話しが聞けたり、

今年も収穫がありました。

 

 

中小企業診断士の仕事には、

補助金の申請業務もあるんですよ。

私は時間がなくてほとんどできていませんが、

製造業などは採択されれば1千万円とかの

補助金がもらえたりするんですね。

 

 

その申請手数料も、

人それぞれなのです。

東京では補助金の20%が成功報酬として

収入になるなんて話も聞きました。

岐阜では高くても10%くらいだそうですよ。

得意な先生方がたくさんいらっしゃるので、

もしご興味がある人がいたら、

直接ご紹介させていただきますよ。

 

 

 

その申請にも

それぞれノウハウがあるんだと思いますが、

ベテランの先生は、

「申請書は素人が読んでも分かるくらい、

 簡単に書かなきゃいけないんだ。」

と仰っていました。

他の先生は、

「ついつい専門用語を使ってしまいます。」

とのことでした。

「その世界だけで仕事をしてると、

 専門用語が当たり前になっちゃうんだよな。」

ベテランの先生は、

こう言われました。

 

 

 

まさに税理士の世界でもそうです。

決算報告でいろいろ説明していても、

中小企業の社長は良く分かってないと思われます。

こんな話を聞いたことがあります。

「うちの税理士さんに、

 『決算書の見方がよく分からないんですよ』

 と話したら、

 さらに分厚い資料を持ってこられました。

 本当は専門的すぎて分からないんだけど、

 そうとは言えなくて、

 分厚い資料を

 『ありがとうございます』

 と言って受け取りました。

 もちろん分からないから見てませんけどね。

 それからは、

 その税理士には何も聞かないことにしました。」

こんな会話が、

巷では交わされているそうです。

とても悲しいですよ・・・

決算書

 

 

診断士が作る補助金の申請書でも、

税理士が経営者に話すときでも、

誰に対して話しているのかを

ちゃんと意識できていないと、

ただの自己満足になってしまっています。

 

 

補助金申請では審査員が理解できなければ、

採択されませんから、

結局仕事に繋がらないですよね。

税理士の会話でも、

相手に伝わることを意識しないと、

上記の会話のようになってしまいます。

 

 

また、

経営者とスタッフの会話にも

同様のことが言えます。

経営者がいろいろ話しても、

スタッフの立場では、

「はい、分かりました。」

としか言えないことがあります。

分かってなくてもね。

だから、

相手に伝わったかどうか、

丁寧に会話をしていかないと

ダメなんですね。

実は私もここはできていません(^^;)

 

 

誰に伝わるためなのか、

意識して話すようにしましょうね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.05更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ491日目

 

 

おはようございます!

12月を師走と言いますが、

本当に行事ごとが多くありますね。

自分の都合で動かせないものが

結構あることに気がつきました。

 

 

例えば今週というと、

月曜は税理士会の仕事で

国税局に行きました。

今日は午後から高校で租税教室。

木曜も税理士会の関連で終日名古屋。

12月は忙しいです!

 

 

最近ではapplewatchとiPhoneで

ライフログを取ってくれる

アプリを入れてます。

ほとんど電池の消費もなく、

半自動で記録取ってくれるので、

とても便利です。

約1ヶ月記録して

自分の時間の使われ方を

円グラフで見てみます。down arrow

ライフログ

まず気がついたのは、

移動の時間が

いかに多いかということです。

東京や大阪に行くことも

ありましたけれど、

結構名古屋に出かけることも

多いんですね。

この移動時間を結構無駄に過ごしてるので、

ブログ書くとか、

オーディオブック聴くとか、

目的を持って使わないと

いけないと気がつきました!

 

 

時間をどう使うかを計画する時、

ある程度まとまった時間があると

ついつい細かい予定を

入れていってしまいます。

しかし、

計画を立てるには順番があって、

実は大事なことを考える時間を

まとまって確保しておかないと

いけないのです。

細切れでできる仕事と、

まとまった時間でこなす仕事、

内容によって予定の組み方を

変えなきゃいけない。

でも、大きな予定を計画するのを忘れていると、

細かいスケジュールが

どんどん入ってしまい、

その結果、

大きな時間を取れなくなって

しまうんですね。

 

 

相手任せでスケジュールを

埋めて行くと、

自分が効果的に生きれなく

なってしまいます。

予定表が空白でも、

自分の大事なことをする時間として

確保しておくように

してくださいね。

 

 

あなたはクオリティタイム

という言葉をご存知ですか?

直訳すると質の高い時間です。

事業の将来について

考える時間など、

緊急ではないけれど、

とても重要なことを

決める時間をそう呼びます。

 

 

1ヶ月に1日くらい、

将来のために

時間を確保したら、

来年の今頃は

今までと違う未来に

なっていると思いませんか?

キャッシュフローコーチの仕事は、

クライアントさまのクオリティタイムを

確保させるという効果が

あるんですよ。

一緒に未来の計画を

立ててみませんか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.04更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ490日目

 

 

 

おはようございます!

新しい1週間が始まりましたね(^o^)

今週も目一杯やり切りましょう!

 

 

昨日のことをお伝えしますね。

昨日は名古屋で

歯医者さんと歯科衛生士さん向けの

セミナーに参加してきました。

歯医者でもない私が、

どうして行ってきたの?

って思いますよね!

セルフケアセミナー

 

 

実は、主催しているプラネットという会社の

ご好意でオブザーバーとして

参加させていただきました。

プラネットさんは、

歯科医院向けの患者データ管理、カルテなどの

ソフトウェアを開発、販売している会社なんです。

患者さまに歯の状態を

説明するためのツールの提供もしているんです。

このソフトを使うことで、

予防医療に積極的に取り組むことが

できるようになるんです。

プラネット 

 

 

 

そして、私が所属する、

日本キャッシュフローコーチ協会と、

プラネットさんがジョイントで

歯科医院さんの発展のために

活動をしているんです。

この関係性の中で、

セミナーを聴きに行くことができました。

 

 

その内容は専門用語が多く出てきて

素人の私には分からない部分がありました。

しかし、全体を通したテーマは、

ちゃんと理解できましたよ。

1.患者さんに伝わるような説明をすること

2.受け身の治療スタイルではなくて、

 セルフケアを医院側でしっかりコントロールできれば

 理想の医療が提供できる

3.そのためには歯科衛生士が知識を持って

 患者の状況に合わせてプラン、ツールを提供すること

4.歯科衛生士だけじゃなく、

 院長も理解してないといけないこと

5.歯科医院のこれからの経営のあり方

など、いろいろありました。

 

 

 

私がお客様と接するときにも

同じことが言えると感じながら

話しを聞いてました。

例えば、

歯の治療って、

基本的に歯医者さんにお任せなのですが、

歯医者さんから、

「現状がこうで、

 治療としてはこうやって、

 結果がこうなるようにしますね」

という説明を聞いて治療を受けたことって

今までほとんどありません。

この会話がされるかどうかで、

信頼関係が大きく関わってくるんですよね。

説明がないと、

ときには不信感にもつながります。

 

 

個人的には、

最近通い始めた歯医者さんが

いろいろ説明をくれるので

信頼できると感じられます。

ちなみにそこは、

プラネットさんのユーザーの

歯科医院さんです♬

 

 

 

私たち税理士やコンサルタントの仕事も、

目に見えるものではないので、

口頭でお客様が気になることを伝えること、

あえて紙で印刷してみたり、

ブロックパズルを描いたりと、

現状と将来を見えるようにすることが

とても納得感を生むんだろうと

再認識しました。

 

 

 

歯科医院でも税理士事務所でも、

他のサービス業でも、

お客様との信頼関係を生むためには

しっかり相手の立場で話すことが

ポイントになりますね。

ついつい省略してしまうときもあり、

私も意識しないといけないと反省です。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030