2017.07.21更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

金曜の21日ですね。

今日は税理士会の岐阜南支部集会があります。

税務署幹部の人事異動後なので、

税務署幹部との意見交換会があります。

意見といってもご挨拶ですけどね。

新メンバー楽しみです(^^♪

 

 

 

先日のことですが、

同じ税理士でありコンサルもしている友人に、

過去に開催したセミナーの話を聞いていました。

始めてセミナーをやったときはどうだったかを聞いたんです。

 

 

私も含めて税理士という職種は仕事柄なのか、

けっこう完璧主義な人が多いんです。

細かい制度や数字を合わせなければいけませんからね。

だから、セミナーをやるにもガチガチに準備をします。

彼も初めてのセミナーではかなり気合入れて準備したそうです。

 

セミナールーム

 

 

ちなみに、私と彼の共通の師匠がコンサルタントの和仁達也先生

和仁先生からはコンサルタントとしての在り方を

徹底的に学びます。

その中で、

「脱完璧主義」

という言葉があります。

「100%の準備をしていると、

 結局時間がなくてやらずに終わってしまうので、

 完成度が低くてもとにかくやることが大事だ。」

こんな教えをいただきました。

同じく師匠の遠藤晃先生も同じことを言われます。

「30%の完成度でいいから、やれ!」

といわれました。

 

 

 

この言葉とは裏腹に、

実際に和仁先生のセミナーの準備は完璧です!

何度もリハを行い、

自分でしゃべったものを録音・録画し、

完成度を上げていきます。

完全に準備ができた状態でセミナーを行うので、

もの凄く余裕を感じるし、

話しが横にそれてもちゃんと軌道修正されますよ。

時間配分、突発的な出来事にも、

全くぶれることはありません。

その理由は、ただ一つ。

圧倒的な練習量があるから。

 

 

この練習のことを知っていた友人は、

セミナー前一週間は練習しまくったそうです。

録音もしたそうです。

そして迎えた本番では参加者から顧客獲得に成功し、

たまたま参加していたセミナーのプロからも褒められたそうでした。

この成果は圧倒的に練習したことがあってのことですよね。

 

 

 

脱完璧主義と圧倒的練習量、

真逆のようですが、

私はどっちでもいいと思います。

本人のその時の状況で変わってくるからです。

 

 

例えば、

独立したてのコンサルタントで、

仕事もまだない人がいたとします。

そんな人がセミナーを開催することになりました。

当然時間はあります。

というか、仕事がないので暇でした。

そんな彼が、脱完璧主義でいいのでしょうか?

ちがいますよね、時間あるという強みを生かすしかないでしょ。

圧倒的な練習量をこなして本番に臨めば、

講師としての余裕も見せることができるかもしれませんよ。

だから、この人の場合は練習あるのみですよね(^-^)

 

 

 

自分がどのステージにいて、

どんな環境に身を置いているかによって、

「脱完璧主義でいいからとにかくやってみる」か、

「圧倒的練習量をこなして万全を期す」かが分かれるのです。

だから、どちらかを選ぶのではなく、

その人の環境によってあなたが選ぶべき選択肢は決まっているということですね!

さぁ、あなたはどちらでしょうか!?

今日は圧倒的練習量の話でしたが、

今後、脱完璧主義の話をしますね(^^)/ 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

今週は月曜が祝日でしたから、

一週間の進みが早いですね!

もう木曜ですよ。

梅雨明けしましたし、

夏本番ですね。

一気に駆け抜けましょう!

 

 

 

さて、このブログでは効き脳診断の話をよくします。

効き脳のことをご存じない人はコチラをご覧ください。down arrow

頭の使い方にはタイプがあります

簡単に説明すると、

脳の使い方のタイプを診断できるんです。

 効き脳診断

 

 

効き脳診断によって、

まずは自分の頭の使い方の特徴を知ること。

次に、周りの人たちの頭の使い方を知る。

自分と相手が違うということを知ることで、

相手に合わせたアプローチができることと、

そもそも相手と自分は違うんだと認識することができるんです。

 

 

 

相手とどう違うのかということを理解しようにも、

効き脳診断書の結果を見せてもらって、

相手の得意不得意を知ることはできます。

でも、実際に相手の頭の中ではどうなってるのか、

自分にない効きについては、

実際問題、分からないんですよね。

 

 

でね、チームビルディングの仲間との会話での気づきをシェアしますね。

例えば、私はAが高いのですが、

Aが高い私の頭の中でどんな事が起きているのか。

昨日の講義の中で講師の先生が説明した話の中で、

理屈が理解できないことがあると思考が止まってしまいます。

ロジックが崩れたままだと気になって仕方がないのです。

これは私がAの分析の部分で物事を捉えるからだと思うのです。

 

 

では、Dの想像力が高い人の場合はどうでしょう。

私にはDの部分がないので分からないのですが、

Dが高い人から聞いたことをお伝えします。

Dの想像力が高い人は、

物事を映像や写真のような絵がどんどん浮かんでくるそうです。

どこかの会社の事例を聞いているときに、

Dが高いとその情景を映像で思い描くのだそうです。

Aが強い私は映像が浮かばないので、

代わりによく似た事例に置き換えてイメージしています。

 

 

 

じゃあ、Cの人間関係が高い人はどう?

Cが高い人のことも私には分かりませんが、

こんな風に聞きました。

Cが高い人は、物事を人の気持ちを考えたりすることで捉えるそうです。

この話題だったら○○さんはどんな気持ちになるだろうか。

◆◆さんは怒るかな。喜ぶかな。

みんなは喜ぶかな。

なんて考えてるそうです。

 

 

最後にBが高い人ですが、

昨日はBが高い人がいませんでした。

わたしもBは高いほうなので想像するのですが、

仕事の指示を受けたときに、

Bが高い人は1の業務と2の業務では、

どちらを先にやるべきなのか。

そもそも1と2で全部なのか?

どんな順序でやれば一番いいのかな。

なんて考えてそうです。

 

 

 

ということで、

自分にない効きの人の頭の中で考えていることは、

それぞれ全然違っていたりすることを学びました。

Dの高い人と話していると、

私がこれまで発想したことがないイメージで思考をしていることを聞き、

本当に人それぞれ頭の使い方に違いがあるのだと感心しました。

 

 

 

だからね、仕事をしてると、

「何であの人には何度言っても分かってくれないんだろうか。」

「どうしてこんなに簡単なことを、あの人はできないのだろうか。」

こんなことを思うことって結構あると思うんですよ。

効き脳診断をしていると、

人は違ってて当たり前と思えるようになります。

自分が得意な部分が他人も得意だとは限りませんよね。

 

 

効き脳診断のよいのは、

相手との違いを知ることで

人間関係が少し円滑になったことです。

診断に興味がある人は、

ぜひご連絡ください。

まずは自分を知るところから始めてみませんか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

連休明けですね(^^♪

体調は崩してませんか?

連休モードを一新して、

今週も一気に駆け抜けましょう(^^)/

 

 

 

さて、この毎日ブログですが、

あと2週間で連続365日達成となります!

まだあと2週間あるのか、という感じと、

もう351日目なのかぁという感じでは、

後者の方が強いですね。

 

 

 

まだ1年には到達していませんが、

去年の7月からは他にも新しい取り組みを始めました。

毎月、自主開催のセミナーを行っています。

去年8月のみ開催しませんでしたが、

それ以外は毎月連続開催中です。

そのためにFB広告を出したり、

ファックスDMを1万枚配信したりしました。

また、毎日のブログをFacebookに掲載してます。

FBの友達申請を増やして、

ようやく1000人を超えました。

 

 

どんな変化があったのか、

これは1年経ったときにこのブログでお話しするつもりですが、

今日のブログでは露出を上げることをお伝えします。

個人的に私のことをご存知の方は、

私が自己表現が低いことを知っていると思います。

仕事以外の時には自らのことを話したり伝えたりすることはしません。

だから、セミナーで話すとか、

毎日自分の考えをブログで伝えるなんて、

私の中ではあり得ないことでした(^^;

 

 

 

でもね、

あなたも、とりあえず何かやってみてください。

やってみたら何てことないですから。

人からの視線や評価を気にしすぎると、

外に向けて表現することを躊躇してしまいますよね。

私はそんなタイプですよ。

でも、やってみると何てことないんですよ。

慣れだと思ってください。

仕事だと思えば、大したことありません。

 

 

 

でも、やっぱり人からどう言われるか気になる!って人には、

この言葉をお伝えします。

『誰もあなたの事なんて気にしてませんから。

 みな自分のことしか頭にないんですよ。

 ちょうど今のあなたのようにね。』

だから、気にせず自己表現してください。

このフレーズは私の読書ノートのメモにある言葉です。

ロジャーローゼンブラト著

「だれもあなたのことなんか考えていない。

 他人にしばられずに長生きするための58条」

という書籍に書いてある言葉です。

この読書ノートを10年以上前に書いていて、

最近あらためてノートを読み返してます。

読書ノート

 

 

あまり考えすぎず、自己表現してみてください。

自分の考えを表に出すことは気持ちがいいですよ(*^^*)

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.16更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

連休の中日ですね。

楽しんでますか?

昨日は大阪まで本田健さんのセミナーに行ってきました!

本を読んだりポッドキャストを聞いたりしてましたが、

直接話を聞くのは初めてでした。

将来のビジョンが具体的に見えてきました(*^^*)

 

本田健セミナー

 

昨日のセミナー中に面白い質疑応答がありました。

「趣味を仕事にしてはいけないと、

 小さい頃から親に言われてきました。

 本田健さんは好きなことをして経済的自由を手に入れると言われます。

 この違いをどう整理したらいいでしょうか?」

という質問でした。

確かに趣味で好きなことでも、

それで食っていけなければ困ります。

 

 

 

健さんはドラえもんのジャイアンを例えに出されました。

ジャイアンは歌が好きですよね。

のび太はよく歌を聴かされます。

ジャイアンリサイタルの話はよく出てきましたね。

問題はジャイアンは歌が超音痴なことです。

「お~れ~はジャイア~ン♬」

って自分だけ気持ちよさそうに歌うんですが、

周りは耳を塞いで耐えています。

こんな趣味だったら仕事にできるでしょうか?

 

ジャイアンリサイタル 

 

大切なのは、

好きなことが人に喜ばれることであること。

それができないのであれば、

趣味は仕事にしてはならない。

料理好きだけど、

美味しくできない。

そんな人も飲食店を開いても、

お客さんが定着しなさそうでしょ。

 

 

 

だから、趣味じゃなくても仕事が好きだったらいいんじゃない?

趣味で人を喜ばせられるなら趣味でもいいし。

どっちでもいいんですよ(^^♪

好きなことを仕事にして、

人を喜ばせられるなら一番ハッピーですよね。

と、こんな説明をされました。

とても腑に落ちました。

 

 

 

質問者の方は、

社会人になって20年くらい経ち、

なかなか独立する勇気も出ないとのこと。

趣味でフリーランスになりたいなぁといった感じでした。

ここで、

「なりたいなぁではなれません。

 なる以外の選択肢がない状態にならないと、

 そうなりません。

 覚悟がないとだめだよね。」

こんな話もされました。

中途半端な意思では、

周りの雑音にかき消されてしまい、

やりたい事なんていつまで経ってもできません。

だから、やると決めることが大事ですね。

どんな状態までできたら独立する!とかね。

 

 

 

起業したい人には本田健さんのセミナーは

超おススメです(^^♪

キッカケづくりに最適ですよ。

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

昨日は曇りで比較的過ごし易かったです。

と言っても、冷房が効いた中にいるので、

外出すると湿度が高くムンムンしてますね(^^;)

湿度が高いと気づかないうちに水分不足になってしまいます。

体調管理には、お気を付けくださいね!

 

 

 

昨日のブログでは、

問題解決の考え方についてお伝えしました。

氷山モデルという図を使ってみると

理解しやすいのではなかったでしょうか。

今日は、組織の中で使う対話の方法についてお話しします。

 

 

 

ちなみに、「コーチング」という言葉をご存知でしょうか?

ある程度知られてきてると思うのですが、

私も数年前までは「何それ?」レベルでしたから、

あらためて説明しますね。

 

 

私が学んだGCSのホームページでは、

コーチングを

「相手の言葉に耳を傾け、

 相手の可能性を最大限に引き出す、

 効果的なコミュニケーションスキルです。」

と説明しています。

 

 

ここでポイントなのは、

「相手」を引き立たせることなんですね。

自分の話ばかりしていたら、

相手の考えや気持ちを聞けませんよね。

相手の意見を聞かずにコミュニケーションとはいえません。

コミュニケーションの基本は双方向であるものです。

コーチングでは、相手からの話を中心に進めます。

ちなみに、タイトルにあるティーチングというのは、

自分から話す割合が多くなりますね。

 

 

では、ティーチングとは何かといえば、

教えることです。

コーチングに対比してティーチングと言ってますが、

仕事や知識、勉強など、教えることなんですね。

 

 

例えば、

会社に新入社員が入ってきて、

さぁ、コーチングのスキルを利用して話を聞こうというのは、

ちょっとズレてますよね。

だって、入社して間もない頃は、

どんどん仕事を覚える時期です。

社会人としての基礎知識やマナーも学ぶ必要があります。

だからここはティーチングなのです。

まずは一人前にならなければいけないからです。

 

 

入社後数年たって仕事のことも分かるようになってきたときに、

コーチングの必要性が出てくるんです。

スタッフたちが何を考えているか。

仕事について感じていること。

それぞれが抱えている悩みや問題。

これらを吸い上げて聞いてあげることから始めます。

 

 

 

人の頭のなかって、一度に色々なことを考えられないんですよ。

だから、話を聞いて整理してあげるだけで、

解決したり、解決方法が見つかったりするものなんですね。

自分で話しているうちに、

自分の言葉を耳から聞くことで整理され自分で気づきます。

ちなみに、これはオートクラインというスキルです。

いろいろな角度で質問することで、

自分で考え、こうやって解決しようと決めます。

オートクライン 

 

 

 

コーチングが機能するのは、

最期に本人が決めることがポイントなんです。

人にあれこれ言われてもやる気は起きませんよね。

でも、自分で決めたことは違います。

対話の中で自分でできるとイメージできたから、

やると決められたのです。

だから、行動するにしても、

モチベーションは全く違うんですね。

 

 

職場でなかなかコミュニケーションが取れないと思っている人は、

コーチングを学ばれると改善するかもしれません。

しかし、学んだからといって色々なスキルを試してみたくなり、

自己満足なコーチングになってしまわないよう気を付けてくださいね。

そうなると、結果嫌われてしまいますから。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.12更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

今月のセミナーへの申し込みが続き、

嬉しい悲鳴を上げています!

新規様ばかりで理想の人数となっており、

気合いが入りますね。

セミナーの詳細は一番下down arrowに掲載いたします。

 

 

 

経営者向けのセミナーに参加いただくということは、

それぞれに解消したい課題をもっているわけですね。

そんな問題解決の考え方のヒントをご紹介します。

『学習する組織』ピーター・センゲ著によると、

システム思考という考え方が語られています。

その中の氷山モデルが使いやすいツールなのです。

 氷山

 

 

システム思考の考え方は、

現代のような複雑に絡み合った問題解決に役に立つのです。

ロジカルシンキングという論理的思考法が問題解決に使われることが多いのですが、

このロジカルという論理だけでは対応できない問題があるのです。

例えば、

AだからBという問題が起きる。

だったらAをやめればいい。

単純なケースですが、

Aをやめたからといって、

問題がなくなるかといえば、

そうとは限りません。

 

 

ルービックキューブを思い出してください。

一つの面を揃えようとすると、

既にそろっていた面が崩れてしまう経験をしたことはないでしょうか?

ルービックキューブが得意な人には理解できないかもしれません(笑

ルービックキューブ

 

 

 

複雑な問題を解決するためのシステム思考とは、

一つの現象を点や線で捉えるのではなく、

システム全体における構成要素として考えます。

だから、全体として問題を捉えるのですね。

でも、どうやって考えたらいい?

その答えの一つが氷山モデルなのです。

まずはこの図を見てください。down arrow

 氷山モデル

 

 

私たちの目の前に起こる出来事は、

まさに氷山の一角でその大部分は見えない部分なのです。

会社では問題が起きると、

まずはそれに対処しないといけないため、

その目に見えている部分に対応します。

だけど、また同じような問題は起きるのです。

根本的に解決できていないからですね。

 

 

この氷山モデルでは、

物事の捉え方を学ぶことができます。

書籍からアメリカでの火事対策の話をご紹介します。

 

1、できごとレベル

このレベルでは、火事に対して消火活動を行います。

迅速に消化を行い延焼がないようにします。

無事に消化が行われても、

次の火災が無くなるかといえば、

そうではありませんね。

 

 

2、時系列パターンレベル

このレベルだと、

火事がどの時期に起こりやすいか、

どの時間帯か、どこの地域か、

などのデータを取ることで、

消防署の人員配置やシフトの配置などに役立てます。

これにより更に迅速な消火活動が可能となりました。

しかし、どれだけ計画しても不確実性はあり、

発生を予防する効果は少ないですね。

 

 

3、構造レベル

ここでは出火の傾向だけではなく、

その原因を考慮すると台所が多いことが判明し、

台所の壁紙の材質、スプリンクラーの設置が

火事を未然に防ぐことが分かりました。

壁紙の材質やスプリンクラーの義務化など、

住宅の構造を義務化することで、

火事そのものが予防できるのです。

 

 

しかし、ここにも問題があります。

やはり火事は起きるのです。

よくよく調べると、

義務化してるのに守られていないのです。

低所得者層の多い地域の賃貸アパートでは、

オーナーが家賃を上げにくく対応できていない様でした。

 

 

 

4.メンタルモデルレベル

 居住者たちは火事の対応はオーナーの役割だと考えています。

しかし、オーナーたちは違いました。

「規制は不利益を強要することだから、

 行政側が何とかするべきだ!」

こんな考えだったのです。

オーナーたちはコストが増えて負担が増えるのだと思っています。

しかし、今日の耐火材はコストも安く実際には負担増にはならないようでした。

行政では、火事がどのように広がって被害がでるか、

残された被害者はどうなるのか、

いかに火事をなくすことが大事なのか、

これらを市民に気づいてもらう活動をしたそうです。

 そんな話し合いの場を何度も設けたことで、

「火事のない街づくり」というビジョンが生まれ、

自分たちで何とかしようとする行動が広まってきました。

元は行政やオーナーの責任だとしていた市民は他責のメンタルモデルだったのですが、

共同責任分担のメンタルモデルに変わったのですね。

 

 

氷山モデルのどこのレベルにあるかで、

対応の質は大きく異なります。

問題が起きた時に、どの部分を意識できるか。

この問題はどのレベルにアクセスすればよいか。

そんな意識をもって考えることができれば、

時間はかかりますが確実に問題が解決されていくでしょう。

 

 

何か問題が起きたら解決のチャンスです。

氷山を思い浮かべてもらえたら嬉しいです(^^♪

ちなみに、私がチームビルディングコンサルを行うときは、

この構造の部分を着眼点として取り組みます。

ここを変えることで組織が大きく変容するのですよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

7月24日コラボセミナー

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

来週の18日が所得税の予定納税の減額申請期限です。

ある程度の所得税の納税額がある人は予定納税をしなければなりません。

しかし、今年の状態が前年までと違うため

所得が下がることが予想される人には、

予定納税を実際に合わせて減額することができます。

その期限が来週の連休明けとなります。

忘れないように気をつけましょう!

 

 

 

さて、先日は九州の湯布院温泉街を訪れました。

以前から成功した温泉街だという話を聞いていたが、

実際に訪れてみて、

その人の多さに驚きました。

また、九州という土地柄か外国人がとにかく多かったです。

日本の温泉街というより、

韓国の街かと思うくらいでしたね(^^;

 

湯布院 

 

街づくりは日本中の地方都市の大きな課題なんですよね。

どうやったら人が集まるのか。

商店街の活性化、町おこしなど、

人口が減少する中で頭を抱えている人が多くいます。

 

 

湯布院を訪れる前にネットでこの街の歴史を見ていきました。

それによると、

この町は過去にダム建設やゴルフ場開発などの反対運動の中で、

一人の強烈なリーダーが街づくりをけん引したそうです。

昭和30年頃のダム建設反対運動で活躍した若手の医師が、

町長になり理想の保養温泉地づくりを目指したのです。

当然、歓楽街としての要素は排除し、

大型の温泉施設は立てさせない。

どんな温泉街を作るのかを、

地元の老舗旅館の若手社長などと模索していきました。

今から50年弱前にはドイツを視察し、

そこで今後の湯布院の在り方を決定づけたそうです。

 

 

 

現代の世の中では、

周りのいろいろな圧力から、

一度決めたこともコロコロと方針が変わります。

政治なんてそうですよね。

消費税増税も選挙のために利用されていて、

本当に国民のためなのか疑問ですよ。

 

 

しかし、ビジョンを掲げてそれを目指そうとした場合は、

長期的に取り組む必要があるということなんですね。

湯布院で町長になった岩男町長はなんと20年も町長を務めました。

圧倒的なリーダーシップと長期的な取り組みがあって、

今の湯布院温泉があるのだと思います。

 

 

企業経営では長期計画をどう扱ってますか?

まず、計画を作ってますか?

作ってない人は、必ず作りましょう!

作っている人はその計画は生かされていますか?

ただ単に作っただけでは勿体ないです。

ちゃんと追いかけられるように単年計画に落とし込みましょう。

 

 

なかなか計画を作る時間や機会がないと諦めないでください。

藤垣会計では、

「長期経営計画を一日かけて策定するイベントに

 同行するサービスを提供しています。」

意味のある長期計画を立てられることをお約束します。

ご興味がある方は、メールかメッセージをお送りください(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

今日は7月10日です。

税務では源泉所得税の納期特例の納付日です。

1月から6月までの給料や報酬から預かった税金を納める日です。

忘れてまうと、延滞税はもちろん、

不納付加算税という罰金まで課せられますので、

ご注意くださいね!

 

 

 

さて、九州旅行の話しです。

先週の大雨の気圧配置があまり変わらず、

天気予報はずっと雨。

確かに雨雲レーダーの予測でも、

豪雨の赤色が近づいてくるのがわかります。

 

 

 

そんな中、阿蘇山に向かって車を走らせました。

当然、雨や霧で景色が全く見えないことが想定できます。

せっかく来たのだからという思いと、

もしかしたら、

万が一、

天候が良くなるかもと思って出掛けました。

 

 

 

朝一で出かけたときは、

ちょうど雨の切れ目でした。

その切れ目とともに途中まで移動しましたが、

やはり途中から雨が降り出し、

やがて土砂降りに(^^;

しかも山ですから、霧まで出てきました。

 

霧の阿蘇

 

まずは阿蘇の草千里といわれる場所を目指します。

山の途中では霧がなかったりしたのですが、

上にのぼるほど霧が出始めました・・・

真っ白で何も見えず。

まぁ仕方ありません。

 

 

 

次は外輪山のほうの大観峰という見晴らしがよい展望スポットへ。

途中で道の駅に寄ったときは、

一番ひどい土砂降りでした。

しかし、スマホで雨雲の動きを見てみると、

15分後には雨雲がなくなり、

しばらく晴れてきそうな予報です。

 

 

結局、その日の午後は天候がよくなり、

綺麗な景観を見ることができました。

独特な地形、噴火の規模の大きさに驚き、

実際に自分の目で見ることができて良かったです(^^♪

 

大観峰

 

実はその日の朝に旅館のスタッフさんから、

当日は大雨が続きそうなので、

「山ではなく、熊本市内でも見てきたら?」と、

朝食の時に言われてました。

結果的には山に出かけて正解でした。

 

 

山の天気は変わりやすいと言いますが、

とくに最近のゲリラ豪雨も同じですね。

一時的のはずの豪雨がいつまでも続くことの異常さ。

そのせいで河川の氾濫や土砂崩れが起きています。

こんなこと、だれも想定できません。

 

 

 

 

ところで、会社の経営についてはどうでしょう。

リスクの想定はしていますか?

そんなこと考えてる余裕がない、

そんな可能性が低いことにかけるお金はない。

多くの経営者に話すを聞くと、

そんな話をされる方が結構いらっしゃいます。

でも、それはご自身の経営のことをちゃんと相談できる人が

いなかっただけなんじゃないかと思うんです。

 

 

 

先のことを考えない経営者はいません。

先が見えないということを含めてもね。

将来のことを考えれば、

いろいろなリスクがあることを見ざるを得ません。

それを見たくないと避けていれば、

いつまでたっても先のことが見えてきません。

一つ一つのリスクをどうやってカバーするのかを

計画していきませんか?

リスクに向かい合えればどれだけ安心感が得られるでしょうか。

将来の計画をってるということは、

リスクに向き合うということ。

先のことは誰も分かりません。

だから、想定しながら経営を行いましょうね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.09更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

ちょうど今、旅行で九州に来ています。

大雨の被害が出ていて心配してましたが、

一部の特定の場所での集中豪雨がひどかったようです。

 

 

 

大分港にフェリーで着いてから、

熊本に向かってきました。

この行程がなかなか大変でした。

なんたって通行止めだらけですから(^^;

 

 

当初予定していた道路は、

大分の日田市に近いところだったので、

ところどころ通行止めになっているようでした。

もう少し南の方から回り込んで行くことにしました。

しかし、ネットで道路事情を調べて行きましたが

刻々と変化する状況だととても不安を感じました。

全く走ったことがない道ですから、

当然地理勘もありません。

だいたいどのあたりを走っているのかもよく分からない有様。

 

 

 

途中で、

「綺麗な山だなぁ」

と話していた山が阿蘇山だったりと、

そもそもちゃんと調べて行かなかったからか、

カーナビ任せになってしまいました。

 

 

カーナビに任せきりになってしまうと、

思わぬところで「次を右に」とか言われて、

慌てて車線を変更したりと、

主導権のない走り方になってしまいます。

自分の頭の中に大まかな海図を作り、

進む方向くらいが分かっていないと、

カーナビの言うことが正しいのかどうかも分からず、

右や左にハンドルを切ることになるんですよね。

 

 

 

これって、経営においても全く同じだと思うんです。

自分の会社のビジョンや長期経営計画を定めておかないと、

会社がどっちに向かっているのか分からないんです。

なんとなく周りに流されて右や左に舵を切り、

それが行きたかった方向なのかどうかも分からない。

 

 経営にも海図とコンパスを

 

そんな状況でこの時代の会社経営がうまくいくでしょうか?

海図とコンパスを持ち、

自社がどこにいるのかを把握できれば、

迷わず進めるはずですね。

だから、ビジョンと経営計画を持ち、

毎月PDCAサイクルを回すことが重要なのです。

これって大きな会社の事ではありません。

飲食店でもヘアサロンでも、

やればやっただけ成果が上がります。

まずはやっても意味ないと思う自分の思い込みがあるんです。

その殻を破ることから始めなければいけません。

 

 

弊所のセミナーでは、

そのやり方、はじめの一歩を学ぶことができます。

ぜひご興味がある方はご参加くださいね(^^♪down arrow

脱★どんぶり経営セミナー×銀行対応の最新トリセツセミナー

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

昨日は七夕だったんですね~。

雨の地域も晴れた地域もありましたが、

星空は見られたでしょうか?

大人になると、

こういったイベントが遠く感じます。

しかし、季節感を感じることができるので、

頭のどこかで意識してみるのもいいですね(^^♪

 

 

 

さて、BtoCという言葉をご存知ですか?

「Business to Customer」

つまり、相手が消費者である仕事のことです。

では、BtoBは?

「Business to Business」

相手が会社である仕事です。

 具体的には、

BtoCは、小売店。

スーパーを想像してください。

BtoBは、卸売業者です。

農家から仕入れた野菜をスーパーに販売します。

 

BtoC

 

なぜ、この話をするかというと、

特にBtoCの仕事をしている人に多いのですが、

宣伝広告の話しです。

飲食店、ヘアサロン、接骨院、エステなど、

一般消費者向けの仕事をしていると、

皆さん集客のために苦労しています。

そのために有効なのが宣伝広告です。

 

 

 

この広告費というのが難しいのです。

ちなみに広告費には二種類あって、

仕組み作りに投資するものと、

その都度コストをかける対応のもの。

 

前者はホームページの制作費や、

LP(ランディングページ)の製作費、

看板設置などの仕組みや設備に投資します。

これは、一度作れば後の維持費は比較的少なく済むものです。

ホームページなどは定期的に更新しなければいけないなど、

ランニングコストもかかりますが、

初期投資額と比較すれば少なくなるものですね。

 

 

後者は地域情報誌の掲載料やネットの広告料など、

その都度発生するもので、

費用をかけたらかけただけ露出が多くなるものですね。

そのメディアがハマれば非常に効果的でありますが、

どこまで費用をかけるかが難しいのです。

費用をかけただけ集客が増えることと、

売上の増加による利益アップのバランスを見なければいけません。

 

 

認知度を上げるために敢えて赤字になっても集客することもあります。

一度来店してもらえば、

続けて来店が見込めるのであるので、

最初にかけたコストは時間の経過とともに回収できます。

だから、最初のコストを気にせず広告を出すこともあるんです。

 

 

ここで問題となるのが、

決算前の時点で「今期が利益が出そうだ」となったときに、

「じゃあ、その分を広告費にかけよう!」

という発想になること。

これが良いとも悪いとも言いません。

どちらでもあるからです。

良いと考えるのは、その後の利益アップにつながるから。

悪いと考えるのは、結局お金が残らないから。

 

 

最終的には利益を上げていかなければいけません。

なぜか?

それは、

1、借り入れの返済は利益からしかできない

2、設備投資の元金として

3、一番大事なお金を貯めるため

これは皆が知ってて見ないふりをすることですが、

一番大事なことを話しますね。

利益を出して税金を払った後の金額からしか

お金は貯まらないという現実。

これが全てです。

なぜお金を貯めるか?

それは、

万一の備えをしなければいけません。

大雨の災害時に売上がなくても、

お金があればしばらくの期間は耐えられます。

将来の投資資金が必要になります。

投資資金がなければ常に銀行に頼らなければいけません。

銀行にお金が借りられなければ自分の事業を成長させられないんです。

それは困りますよね。

だからお金が要るんです。

 

 

そう考えた場合、

利益が出たからと言って

全部広告費に回すのがいいのかどうか。

結論はこれはバランスですね。

そして、あなたの経営判断です。

経営は大きな視野を持って全体を俯瞰できるよう見なければいけません。

あなたは全体を見れていますか?

不安だったら第三者の誰かに聞いてみてください。

自分が組織に入っている以上、

客観的には見ることができませんからね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030