2019.05.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1010日目

 

 

おはようございます!

頑張るウィークも終わり、

連休は7月までありませんよ。

税理士試験を受験する人には

これから集中して勉強する時期に入ります。

 

 

私が受験生だった頃は

ずいぶん前になりますが、

試験制度そのものは変わりありません。

8月の始めの本試験に向けて、

ちょうど今の時期から本試験向けの

答案練習が始まります。

税法の試験だと、

大手予備校で、

基礎答練3回、

応用答練3回、

的中答練3回、

そして全国模試が1回。

10回の答案練習で試験範囲を

だいたい網羅しています。

この10回の答練を受けている間に

暗記の精度を上げていくのですね。

 

 

税法の試験では、

理論といって税法の条文の要約を

丸暗記します。

私は税法の受験の時までは

丸暗記って冗談だと思っていました(笑

 

 

でも本当に丸暗記するんです。

理論マスターといって、

テーマごとに条文を要約したものがあり、

その小冊子を丸暗記するんですよ。

なぜ丸暗記するか分かりますか?

だいたい分かっていれば

なんとなく解答ができそうなものだと

思うかもしれません。

 

 

丸暗記する理由は、

国家試験は競争試験だからです。

合格率はほぼ一定になるように

調整されています。

だから上位から順に合格するんです。

ちなみに、

簿記検定などは配点が公開されていて、

70点以上は合格と決まっています。

問題が難しいと全員が苦労しますし、

簡単だと全員が楽に合格できます。

合格率はバラバラですが、

とにかく合格点を取れば合格できるのですね。

ここが国家試験の税理士試験とは

違うところです。

税理士試験はおおよその配点は想像できますが、

模範解答は公開されていませんので、

試験解答の状況を見てから

微妙な配点を変えたり、

部分点を付けたりできるんです。

そうやってある程度の

合格率をコントロールしると

想像できます。

 

税理士試験

 

とにかく周りの人よりも

高い点数を取らなければ、

合格はできません。

そう考えると、

理論については丸暗記するしかなくなるんです。

だって、

丸暗記してくる人がいるわけですから、

その人に負けないようにするためには

少なくとも同じように試験に

臨まねばなりません。

 

 

私が受験している時に

法人税の女性講師から 

言われた言葉は今でも忘れません。

「合格しようと思ったら、

 何も難しくありません。

 人の3倍の勉強をすればいいだけです。」 

 さ、3倍!?なんて思ったことを

憶えています。

でもその通りなんですよ。

人より上に上がろうとすれば、

人の何倍も勉強する。

仕事でも同じです。

人の上に立とうとすれば、

人の何倍も働くわけでしょ?

それだけのことですよ。

後は正しい方向に努力するだけです。

馬鹿正直では合格できません。

最短距離で合格するための道を

自分で見つけるのです。

その努力は欠かしてはいけません。

 

 

これからは集中力と体力の勝負。

やるべきことを計画して、

残りの日程に割り振ってください。

計画立てればわかります。

試験まで時間が全く足りないことを。

競争試験です。

これからが勝負ですからね。

みんな苦しいけど、同じです。

だから、

頑張ってください!

応援しています。

 

 

 

お金のブロックパズルセミナーはコチラへ

未来経営セミナー5月15日(水)

 

藤垣会計トップページへ


最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

投稿者: 藤垣寿通

2019.03.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ964日目

 

 

おはようございます!

祝日と土曜の間ということもあり、

今日が有給の人も

いらっしゃるのでしょうか。

桜のつぼみが大きくなり

花見のシーズン到来ですね(*^^*)

 

 

さて、

今日は私の税理士試験のことを

例えにお話ししますね。

私が税理士試験に

合格できたのは、

ひとえに家族や周囲の支えと

努力にあったと思っています。

本格的に勉強を始めてから

約10年かかりました。

 

 

コツコツと一つのことに取り組むことって

根気が必要ですし、

なかなか大変なことですよね。

強い願望があったからこそ、

合格するまで継続できたと思います。

 

 

でね、

今日のタイトルの

「努力より優先させるべきこと」って

なんだと思いますか?

 

 

はい、周りの人の理解がないと

とても続けられないので、

周囲との関係性でしょうか?

確かにそれは重要です。

では、それだけで成果は出るでしょうか?

 

 

もしも私が独学で勉強をしていたら、

合格できていたでしょうか?

税理士試験のための予備校が多くあり、

答案練習や模擬試験など、

さまざまな学ぶツールを用意してくれています。

これらを使わずに合格できたかというと

私の場合は無理でした。

テストを通して自分の現状を知ることができました。

現状も分からないのに、

どっちに向いて勉強すればいいか

分からないでしょ?

 

 

つまり、

努力より優先すべきは

「正しい選択」なのです。

誤った選択をして

例えば独学で勉強していたら、

同じ時間をかけていても

合格できていません。

正しい選択があったから、

その方向に向かって

努力ができたのですね。

選択

 

 

努力は素晴らしいですが、

今の努力が正しいのかどうなのか、

そこを先に考えてみてください。

勉強は例えの話で、

仕事、スポーツ、趣味など、

何事にも言えることです。

成功している人は、

最短距離で成果を挙げています。

それは正しい選択をして、

その上に努力を重ねているのだと

いうことなんです。

 

 

何かに挑戦している人は、

あらためて振り返ってみて、

今の選択が正しいかどうか、

自己評価してみてくださいね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ932日目

 

 

おはようございます!

今日から一週間が始まります!

今週前半は仕事に集中、

後半は重要なピットインのため

三日間の研修に出かけます。

木曜から土曜まで、

連絡が取りにくくなります。

パワーアップして帰ってきますので

よろしくお願いします!

 

 

さて、

昨日の午後、

仕事をしているときに

スタッフのK君も休日出勤してくれていて、

法人税の考え方について

説明をしてあげました。

法人税は法体系を知ると

ちょっとびっくりするような

意外な構成になっています。

簡単にお話ししますね。

 

 タックス

 

普通、税法というと、

一から十まですべて細かく

規定されていると思いますよね。

ところが、

法人税法というのは、

ある意味ざっくりと、

そして異常に細かい規定がされているのです。

 

 

 

どういうことか

ご説明します。

法人税法の核となる条文は、

22条です。

第1項

「内国法人の各事業年度の所得の金額は、

 当該事業年度の益金の額から

 当該事業年度の損金の額を

 控除した金額とする。」

 

これが法人税法のすべてです。

一年の課税所得は、

益金から損金を引いた金額です、

という内容です。

 

第2項に益金、

第3項に損金について

書いてあります。

別段の定めがなければ、

一般に公正妥当と認められる

会計基準の基準に従って

計算するものとする。

とも書かれています。

 

 

つまり、

法人税法では、

別段に定めること以外は、

公正妥当な会計基準、

要するに簿記の規則通りに

処理してくださいということが

書かれているんです。

 

 

そして収益は益金、

費用などは損金として

その差額に法人税を課税するわけですね。

 

 

法人税法には

何が書かれているかというと、

別段の定めとして

とても多く細かい規定が

されているのです。

税の公平を保つため、

簿記のなかでも恣意性が働くものや、

不必要なものを、

法人税法で規定しています。

もっと22条について

語りつくしたいですが、

とても足りませんね(^^;

 

 

 

でね、

昨日スタッフと話していたのは、

会計上の科目の分け方です。

どの科目で処理するかとか、

預かりで経理するか、

収入と費用で経理するか、

というような話でした。

結論からすると、

どっちでもいいじゃん!

ということです。

法人税法には、

益金と損金しかありません。

科目名なんて極端なことを言うと

何だっていいんです。

益金か損金かが正しければ。

そして所得が正しくなるのであれば、

楽で間違えない方法で

経理処理すればいいのです。

 

 

何が大事なのかが

見えていないと、

細かい簿記の処理方法で迷い、

手が止まってしまいます。

どのポイントを押さえていれば

問題ないのか、

そこまで考えられるようになると

ある程度一人前だと

感じられますね。

 

 

物事の本質をとらえる力。

目先のことだけ考えていると、

不必要なことに時間ばかり取られます。

物事の本質、もっと大きくとらえる力を

磨いてください。

人生も効果的に生きられるようになります。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.05更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ888日目

 

 

おはようございます!

正月休暇もあと2日。

仕事始めからスタートダッシュできるよう、

そろそろ起きる時間を整えてくださいね。

富士山 

 

 

さて、

このブログも今日で888日間、

毎日連続して更新できました。

一日も休まず、

毎日更新してきました!

毎日書いてこれたのも、

読んでくださる方の存在のおかげです!

あらためて、

感謝申し上げます。

 

 

毎日継続してる話をしますと、

「すごいですね!」

とよく言われるのですが、

自分では何もすごいとは

思っていません。

自慢でも何でもなくて、

継続力を鍛えるということは、

習慣化する力を鍛えるのと

同じなのですね。

 

習慣化 

 

習慣化って、

難しいようであり、

難しくありません。

考えてみてください。

例えば、

歯を磨くこと。

風呂に入ること。

これらって頑張ってやりますか?

「これから頑張って

 歯を磨きます!」

こんな人、

いませんよね(笑

 

 

つまり、

それをやる事が

当たり前になればいいのです。

先ほど、

「難しいようで」

と言ったのは、

習慣化できるまでが

難しいのです。

「難しくない」

と言ったのは、

習慣化できれば、

それほど苦痛はないのです。

 

 

最初の習慣化できるまでは、

「小さく少しずつ」

を意識してください。

運動もそうです。

「毎日筋トレを1時間やる」

この習慣化は、

最初から1時間やろうとすると、

うまく習慣化できないでしょう。

毎日、1分でもいいので、

筋トレをやり続けることが

重要なポイントです。

スクワットを1回でもいいのです。

とにかくやること。

そして、

三日坊主といいますから、

まずは三日だけ続けてみること。

だれでも三日は続けられるから

三日坊主というのです。

三日続けられたら、

次は一週間続けてみましょう。

この延長線上に、

習慣化があるのですね。

 

 

 

ただ、

それだけではまだ足りません。

周りの人に公表して、

辞められない環境を

無理やり作ることが

大きなことを続けるコツです。

このブログも、

始めはそうでした。

一緒に始めたグループの仲間と

励まし合いながら

一年間継続しました。

その後は自然と続けられています。

 

また、

継続した後に

自分に対してご褒美など、

達成したときのことも

明確にするとやりがいが出ますね!

 

 

 

あなたが年初に決めたことを

習慣化しましょう。

まだ五日ですから、

これから習慣化できるよう、

工夫してみてくださいね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ876日目

 

 

おはようございます!

連休最後はクリスマスイブですね!

この年になるとプレゼントをもらうことは

無くなってしまいます。

逆に、どんどんあげたいです(笑

 

 

さて、

12月というと、

10年ほど前までは

ドキドキしていたのを思い出します。

そう、税理士試験の発表があるのですね!

税理士試験に限らず、

頑張った人には待ち遠しい発表です。

合格発表

 

 

でもね、

実際には来てほしくない年の方が

多かったんですよ。

本当に自信がある年はわずかでした。

ほとんどの年は、

ギリギリで合格できたり不合格だったり。

だから、

現実を受け止めたくなくて、

発表のことは忘れて過ごすようにしてました。

 

 

税理士試験は試験から発表までが

4か月もあるので、

11月終わりころまで

本当に忘れてましたね(^-^;

1年に1科目ずつでも受験できる税理士試験は、

合格していると、

9月から勉強を始めた科目の勉強を

そのまま続けることができます。

しかし不合格だと、

選択を迫られるんです。

今勉強してる科目をやめて

不合格だった科目に戻るか、

不合格だった科目をとばして

今勉強している科目を続けるか、

さらには、

今勉強している科目と同時に

不合格だった科目の2科目を勉強するか。

 

 

私の場合は、

働きながらで無理はできませんでしたから、

毎回不合格の科目に戻りましたね。

おかげさまで戻った科目は、

2年目でなんとか合格できていたので、

そのパターンを続けていました。

(法人税だけは3年かかりました。)

税理士試験 

 

 

 

私が一番最初に合格した科目は

財務諸表論という会計科目でした。

20代のときは、

ずっとサボっていて

ろくに勉強していませんでした。

さすがに30代に入ったころに

家内に言われました。

「本気で合格する気あるの?」

適当に勉強していたので、

かなりグサッときました(^-^;

 

 

でね、

はじめて少し頑張って本試験前まで

授業についていって勉強しました。

そうしたら思いのほか合格ラインの近くまで

成績が上がってきたんですよ。

「もしかしたら合格できるんじゃないか!?」

こんな期待をしながらの本試験でしたが、

実際にはA判定で不合格でした。

当時は不合格だとA~Dまでの表示がされました。

Aは50点~59点です。

もしかしたら、あと1点で合格だったかも?

という悔しい思いをしました。

2年目は要領が分かってるので、

しっかり受験対策をすることができて、

初の合格となりました。

 

 

税理士試験などの国家試験で

何が難しいかって、

どれくらい勉強したら合格できるかが

分からないんですよ。

できれば最小限の努力で合格したいでしょ?

だから誰もが力加減をしながら

受験勉強をするんです。

でも、合格できない。

だったら、それ以上に勉強する。

また不合格。

だったら、さらにそれ以上勉強する。

この繰り返しです。

この途中であきらめる人がほとんど。

9割以上の受験生は、

途中で挫折していきます。

 

 

まぁ、

諦めずにコツコツ継続した人だけが

合格できているのは確かなので、

これから受験したいと思っている人は、

ある程度の覚悟をしてくださいね。

最初からどれだけ本気で時間を投入できるかが、

早期合格できるかどうかの境目です。

私には早期合格はできませんでしたが、

ちゃんと5科目合格できますから、

年明けから夏の暑い季節まで、

気合入れて勉強してくださいね!

 

 

しかし、

ギリギリで不合格だったときは

本当に悔しかったです。

「もし合格できていたら、

 今の勉強は違う科目になっていたのに!」

終盤になればなるほど、

税理士登録が見えてきますから、

不合格だったときの悔しさは大きいです。

でも、それは決まったこと。

今できることに集中してください。

悔しさを原動力にして、

来年は必ず合格してくださいね(^^)

がんばれ、受験生!!

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.03更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ855日目

 

 

おはようございます!

土日は天候もよく、

出掛けるには絶好の週末でしたね♬

私は喉の調子が一番悪化してしまい、

日曜は一日話すことを最小限にして

ゆったり過ごしてました。

久しぶりにゆっくりできました(^^)

 

 

12月に入ると

思い出すのが、

税理士試験の発表ですね。

毎年ブログでも取り上げてます。

 

試験発表

 

税理士試験の特徴は、

試験結果が出るのが遅いということ。

8月の初旬に試験があって、

12月の中旬に発表なのです。

実に4か月。

それには理由があり、

試験問題を作成した試験委員が

直接採点をしているから

時間がかかるのです。

受験科目によっては、

1万人近くの採点になります。

どうやって採点してるのか、

受験時代にはいろいろと

想像してみたものです。

 

 

税理士試験で残念なのは、

毎年受験者数が減少していることです。

平成25年の科目別受験者数の合計は、

約65,000人でした。

直近の平成29年では、

約45,000人なんです。

なんなんでしょう、

この減り方は!

年々減少してるんです。

今年の発表で平成30年のデータも

発表されますが、

同じ傾向だとさらに減少してるのでしょうか。

 

 

巷では、

将来の不安としてAIのことが

取り上げられます。

受験者数の減少理由のなかには、

税理士という職業が

将来無くなってしまうとか

考えている人がいるのではないかと

思うんですね。

 

 

みなさんはどうお思いでしょうか?

本当になくなると思いますか?

 

 

それはその人の考え方しだい。

どんな事でも解釈によって

どうにでも考えられます。

確かにAIの代表として言われる

クラウドを活用した会計のこと。

かなり上手くハマると、

本当に自動的に仕訳データが

入力されるんです。

しかし、

それだけなんですよ。

仕訳データが入力されても、

それが正しいかどうか

判断するのは人です。

最終的には人が運用してるんですね。

 

 

他にも、

税理士の判断業務の専門知識。

この専門知識もAIによって

コンピュータが調べてくれるようになれば、

確かに便利ですよね。

人より優れていることも

多いかもしれません。

しかし、

本当に必要な情報が

適切に引き出せるかどうかは

分かりませんよね。

複雑な事例について、

全く同じではないことを

類似の取り扱いとして

判断してもいいのかどうか。

それは人でしかできません。

 

 

私は税理士をしていますが、

税理士の仕事の範囲を広く考えています。

税金の計算のことしか仕事にしていなければ、

どんどんAIに駆逐されていきます。

しかし、税理士という立場は

経営者にとっては経営参謀になるのです。

その立場にいることを前提にすると

AIによって仕事がなくなると

言われても、

まったくピンときません。

 

 

税理士から「超税理士」へ

税理士の仕事を超えて、

もっと影響力を発揮できれば

こんな素晴らしい仕事はないと

考えています。

 

 

税理士試験発表の度に

また受験者が減少したのかと

残念な気持ちになります。

もっと良質な情報を

提供し続けることが必要です。

私はブログで言い続けていきます!

 

 

そして、

受験生はその結果を

素直に受け入れて、

来年の夏に向けて

最善の選択をしてくださいね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.09.03更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ764日目

 

 

おはようございます!

9月に入って初めての月曜です!

気分一新でスタートですね(^^♪

 

 

さて、

9月というのは海外では新年度です。

勉強をするという意味では、

国家試験の勉強も

新年度だったりするんですね。

 

 

国家試験の本試験は8月に

行われることが多いんです。

秋になるものもありますが、

税理士試験、

社会保険労務士試験、

中小企業診断士一次試験、

司法書士試験(7月)

など、

夏に試験が集中しているのです。

 

 

受験生の強い味方の予備校は、

本試験が終わり9月から来年度に

向けたカリキュラムが始まります。

だからこの今のタイミングで

勉強を始めるのが一番キリが良いんですね。

 

 

国家試験の勉強は、

「皿回し」だと思ってください。

皿回しとは、

暗記物を何度も何度も覚えなおすということです。

皿を何枚も回していると、

はじめに回した皿が回転が遅くなり

フラフラしてきます。

皿が落ちないように、

最初に戻ってもう一度回しますよね。

再度回してから、

さらに新しい皿を追加していくのです。

だから本試験までは

ずっと皿を回し続けるんですよ。

皿回し

 

 

人の記憶は長期記憶と短期記憶の

二つの記憶があります。

例えば今晩勉強をして一題の

理論を暗記したとします。

何度も何度も繰り返して数時間かけて

覚えるんです。

でもこれって短期記憶なんです。

次の日の朝になれば

半分以上忘れています。

一週間もしたら7割以上忘れていますね。

エビングハウスの忘却曲線でみると

よく分かります。

忘却曲線

 

このグラフから分かるように、

翌日に覚えなおし、

一週間後に覚えなおし、

二週間後に覚えなおすと、

かなり記憶が定着してきます。

やってて分かるのですが、

覚えなおすたびに

覚える時間が大幅に短縮されてきます。

脳は何度も覚えなおすことは

重要なことだと判断して

短期記憶から長期記憶に変わっていくのです。

長期記憶にはいったものは

細かく覚えなおさなくても

記憶が定着しているものですね。

相当暗記を繰り返す必要がありますが、

本試験当日に重要論点の多くが

長期記憶になっていれば

本試験でも武器として役立つはずです。

 

 

逆に言えば、

一夜漬けで覚えられる範囲は

試験範囲の1%にも満たないでしょう。

だから1年前から勉強を始めないと

合格なんて無理なのです。

1年でできなければ、

2年越しで合格すればいいんです。

「それだけかけても合格するんだ!」

と決めるかどうか。

この意志が弱い人は

何年たっても合格できません。

 

 

しかし、

その強い意志さえあれば、

1年もあれば確実に合格レベルに

なれるんですよ。

「出発の決意、すでに勝利」

とても好きな言葉です。

合格するという決意があれば、

その未来は決まったということ。

そんな人を応援します!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.08.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ759日目

 

 

おはようございます!

今月も残すところあと三日ですね。

計画通りに進んでますか?

実は今月の始めに計画したことがありました。

覚えてる人、いますか?(笑

 

 

2年間毎日継続してみて

この記事にて、

8月には100キロのランニングと

週三日のランニングをやると

宣言してましたね!

 

 

 

まだあと三日ありますが、

現時点でのランニングの距離は、

なんと!

距離 95.61キロ

回数 22回

でした!

100キロまであと5キロ弱。

回数は週3回ペース以上です♪

30日か31日に少し走ったら

今月の目標達成です!!

ナイキランアプリ

 

目標達成が見えたと言っても、

実はこの距離は、

マラソン走る人から見たら

大したことないんです(^^;

私の友人の今月の距離を見てみると、

今月は298キロ走ってます。

って彼は走り過ぎですけどね。

 

 

物事を続けるコツって、

少しずつ小さな目標を

達成していくことが大切です。

いきなり偉大な記録は出せませんが、

どんな偉大な人でも、

始めたときは小さな記録からだったと

思うんですよね。

だから、

始めは小さな目標でいいんです。

まずはコツコツ続けましょう。

成功体験 

 

 

小さな成功体験を積み重ねることは

自分の自己概念を高めてくれるんです。

試験勉強でもそうでした。

記録しながら自分がやってきたことを

振り返る機会を多く作りました。

当時、受験生ブログを書いていたので、

そこにマメに勉強の記録を書いたり、

テストでミスしたことを記録していました。

第三者が見たらまったく面白くないブログでした(^^;

 

 

ちなみに11月のフルマラソンでは

最低目標5時間切ること。

挑戦目標は4時間30分を切ることです。

そのために9月は150キロ走破!

一度は20キロ以上走る!

この2点を目標に掲げます。

 

 

9月にこの目標を達成できたら、

本当に挑戦目標を目指せるのではないかと

期待してしまいます。

去年と違って、

今年は脚の調子がいいんです。

去年は走るたびに膝を痛めていたので

思うように練習できませんでした。

今年は小さくコツコツ走ってきたので、

脚の故障の予兆はまったくありません。

今年は挑戦していきます!

 

 

あなたは目標設定が

大きすぎていませんか?

現実的なレベルで設定しなければ、

達成できずに自己概念を下げてしまいます。

その意味では、

目標設定をやり直した方がいいですね。

今の現実の延長線上に

目標を設定してくださいね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.08.04更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ734日目

 

 

おはようございます!

今日は岐阜市では花火大会が

開催されます!

3万発の花火が長良川上空で

綺麗に打ちあがりますよ(^^)

 

 

花火大会というと

思い出すのは、

自宅で花火の音を聞きながら

税理士試験の勉強をしていたことです。

なんといっても

翌週には税理士試験の本試験が

あるからなんですね!

 

 

私は毎年、本試験の前の週の金曜日から

休暇を取りました。

本試験は、

簿記、財表、消費税

この3科目は火曜日、

法人税、相続税

この2科目は水曜でした。

前の週の金曜から本試験日まで

大型連休を取って

試験に臨んでいました。

 

 

連休といっても、

こんな数日だけ頑張っても

いまさら大した勉強は

できませんでした。

しかし、

暗記物については違います。

本試験のその瞬間に

記憶した情報が最大になるように

逆算して暗記作業を続けてきていました。

 

 

具体的には、

本試験の前日には

覚えると決めたすべての理論を回します。

本試験の三日前と二日前の二日間で、

上記のすべての理論を回します。

本試験の六日前から四日前の三日間で、

上記のすべての理論を回します。

理論を回すというのは、

見開き2ページくらいの条文の要約したものを

暗記して言えるようにすることです。

この作業のための連休だったように

記憶していますね。

 

 

本試験のことを

いまさら不安に思っても仕方ありません。

今できることに

どれだけ集中できるかが

常に重要なのです。

私の事務所の行動指針には、

「今この瞬間を大切にし、

 目の前の今できることに

 全力を尽くします。」

という項目があります。

 今この瞬間

 

人は心配したり思い悩んだりしている時って、

過去の過ぎ去った出来事に対して、

あーすればよかった、

こうしておけばよかった、

と後悔することがあります。

でもこの時間は何も生みだしません。

過去を振り返って今に活かすことが

大事なのであって、

変えられない過去を

思い悩んでもしかたありません。

その過去をどう解釈するかは、

自分の選択次第なのです。

 

 

そして、

未来のことを心配することも

同じだと言えます。

本試験中にミスをしたらどうしよう。

焦ってしまったらどうしよう。

知らない問題が出たらどうしよう。

これも心配してもしかたないことです。

「どうしよう」ということを想定して

準備を進めるしかないんです。

今をその準備の時間に充てるしか

私たちにはできませんからね。

 

 

 

うちのスタッフも

来週の税理士試験に挑戦します。

もちろん合格してほしいと思いますが、

それ以上に自分のできるすべてを

出し尽くしてもらいたいです。

自分がやったことしかできません。

もし結果が悪かったとしても、

そのために次の計画をたてるのです。

 

 

常に将来の計画をプランニングしながら、

今できることに集中していきたいですね。

あなたは今に集中できていますか?

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

投稿者: 藤垣寿通

2018.07.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ707日目

 

 

おはようございます!

今年の税理士試験は8月7日から三日間です。

あと1か月ですね!

 

 

 

税理士試験は毎年8月の第一火曜日から

3日間行われます。

試験時間は2時間で、

初日は簿記論、財務諸表論、消費税法と、

どの受験生も受験する科目で

スタートします。

 

 

会計科目は簿記論と財務諸表論の

二科目しかありません。

簿記論は簿記なので、

計算問題しかありません。

財務諸表論とは、

会計理論が含まれており、

半分は理論問題となります。

消費税法など税法は、

全部で9科目あります。

あまり受験されないマイナーな科目も

いろいろあるんですよ。

固定資産税、住民税、事業税といった、

県の税金についても受験できるんです。

これらも同じ一科目なんです。

税法では、

必須の科目があって、

法人税法か所得税法のどちらかは

合格しなければならないのですが、

税法の三科目は自由に組み合わせて

受験するんですね。

私は法人税、相続税、消費税の

三科目を合格しました。

実務で使うものを受験しました。

 

 

税金には二種類あって、

申告するものと、

勝手に納付書が届くものに分かれます。

申告課税と賦課課税です。

所得税は確定申告と言って、

自分で申告しますよね。

これが申告課税。

これに対して、

固定資産税って、

毎年4月になると、

市役所から納付書が届きますよね。

自分から申告しなくても、

市役所が決定してきます。

これが賦課課税です。

 

 

 

税理士試験では、

この賦課課税である科目も受験できるんです。

私の周りには賦課課税科目の合格者はいませんでしたが、

どんな内容なのか興味はありました。

税理士試験のテクニック的には、

これらの賦課課税の科目は、

いわゆる博打的なんですよ。

学習範囲が他の科目と比べて

ボリュームが少ないんです。

そう考えると楽なんじゃないかと

勘違いしてしまうんですが、

実はそうではありません。

楽なのはみんな同じなんですね。

だから、合格するための基準が

かなりハイレベルになるんです。

税理士試験は60点合格と言いつつ、

実は上位から15%程度が合格するように

調整されています。

だから、上位に入らなければ

合格できないんです。

ボリュームが少ない科目で

合格しようと思ったら、

絶対にミスができないんです。

 

 

私見ですが、

こう言う国家試験は

努力が報われるものでなければ

いけないと感じています。

だから博打的な科目は

あえて選択する必要はないと思います。

 

 

税理士試験の税法では、

必ず理論問題があります。

原則的に計算と理論が半々です。

その理論とは、

つまり法律のこと。

条文を暗記していって、

問題に解答するのです。

税理士試験では、

理論暗記と呼ばれる

暗記作業が欠かせません。

この作業が地道で大変なのです。

 

 

誰か忘れましたが、

理論暗記の作業を

「皿回し」のようだと言われました。

まさにその通りです。

最初に回したお皿の回転が弱くなると、

お皿はフラフラして落ちそうになります。

するとその皿を再度回します。

順に古いところから回し直して、

また新しいお皿を回すんですよね。

この繰り返しをしながら、

回す皿を増やしていきます。

皿回し

これは理論暗記と同じなんです。

小冊子の理論問題集の見開き2ページを、

だいたい1問だとして、

この1問を暗記します。

何日かしてから、

また覚えなおします。

またしばらくしたら覚えなおします。

この作業を理論を回すと言いました。

 

 

最初は三日もすると

ほとんど忘れてしまっていて、

ショックでした。

でもこれは当たり前の現象で、

何度も何度も覚えなおす過程で、

少しずつ記憶が定着していくのです。

人間の脳は覚えたことをすぐに忘れます。

しかし大事なことはずっと覚えておかなければならないと

本能的に感じていますから、

繰り返し覚えることで、

それは重要な記憶だと切り替わるんです。

そうすればしめたものです。

かなり記憶に定着したものは、

しばらく時間が経っても覚えているものです。

これを短期記憶と長期記憶といいます。

 

 

試験まで1か月となってきました。

理論を回すのは、

本試験の前日には、

自分が憶えると決めた理論を全部回します。

その作業だけで丸一日かかったりするんです。

そこから逆算して今回すべき問題数が決まってきます。

そろそろ試験日からの逆算の勉強スケジュールを作って、

最後の追い込みに入るときです。

このひと月で見違えるほど成長する人がいます。

しかし、人は人。

自分ができることをやるしかありません。

最高の状態で本試験の臨むために、

最後のひと月を後悔しないよう

やり切ってください!

ここまで来たら

もう気合いだけです(^^ゞ

応援しています!!

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030