2019.09.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1142日目

 

 

おはようございます!

毎日ブログを書いていますが、

最大の困難は終日の予定があるときです。

基本的にまとめて書くことはしませんので

書く時間が無いときは

深夜に自宅で半分寝ながら書くことになります(^-^;

今日と明日のブログは

そんな感じで本文は短いですけど

ご容赦ください(^^ゞ

 

 

さて、

昨日の続きのような話です。

安全な状態は続くものだという

思い込みは危険ですよって話でした。

その思い込みのことを、

正常性バイアスと呼びましたが、

今日の話は選択バイアスという話です。

 

 

選択バイアスというのも

思い込みの一種なのですが、

これも思い込んでしまうと

的外れな結果になります。

 

 

「ヤバい経営学」

をご存じでしょうか?

6年前の名著ですが、

とても面白く勉強になりました。

選択バイアスについて

分かりやすく解説されています。

選択バイアス

 

書籍に書かれている具体例を紹介すると、

第二次世界大戦の時の話が面白いのです。

空軍の士官が、

帰還した戦闘機をみて

あることに気が付きました。

どの機体にもある特定の場所に

銃撃痕が残っていることに気が付きました。

同じ場所が狙われているとわかったので、

その場所を補強しようとしたそうです。

しかし、

この行動は選択バイアスに

陥ってしまっているのです。

 

 

どういうことかというと、

もっと本質的なことを

考える必要があるのです。

帰還できている機体ということは、

無事に戻ってこれている機体なのです。

でも、

撃ち落されている機体は

戻ってきていません。

この事実を完全に

見落としてしまっているのです。

 

 

よくよく考えれば、

撃ち落されている機体こそ、

重要な部分を攻撃されて墜落したわけで、

その重要な部分こそ

補強すべきだということなのです。

実際に目の前にあるものが

全てだと思い込んでしまうことで

無意味な行動判断をしてしまう。

何らかの理由で選ばれた部分的な結果ばかりを見て

間違った結論を導き出す、

これが「選択バイアス」です。

 

 

人は思い込みの生き物です。

目の前に見えているものを

そのまま見ようとしているのではなく、

自分が信じているように

見ようとしているのです。

 

 

事実は一つ、

解釈は無数。

柔軟な思考を持ち続けたいものです。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.16更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1140日目

 

 

おはようございます!

あっという間に三連休が過ぎていきます。

私の三連休は三日とも予定が入っており、

まったくゆっくりできませんでした。

来週は少し時間が取れそうなので、

家族とお出かけしたいです(^^

 

 

連休初日の一昨日は、

ロータリークラブの合同例会とIMがありました。

その中で基調講演があり、

中小企業診断士のきれいな女性の方が

マーケティングについて話をされました。

お名前は秋田舞美さんです。

なかなか面白い切り口で

最後まで楽しく聞けました。

その中の気づきを少しシェアしますね!

 

秋田舞美さん

 

講演のテーマは、

「脱・顧客目線!

 企業主役の尖り型マーケティング」

でした。

この「脱・顧客目線」というのが

斬新でした(笑

なぜ顧客目線を脱する必要があるのか?

それは企業のその企業らしさが

無くなってしまうからだそうです。

その企業にしかない魅力が、

顧客に合わせていくことで

薄れていってしまいます。

その結果、

売上が減少してしまうなんてことも

あるわけです。

だからこそ、

その企業らしさを出していくのが

「尖り」なのです。

 

 

具体的な尖った企業を紹介されてて

分かりやすかったので、

ここでもご紹介します。

熱海の宿なのですが、

とても不便な場所にあるお宿なんだとか。

その名も、

「金目鯛の宿こころね」

こころね

あまり取り柄がなかった(謙遜では?)ので、

地元でとれる金目鯛を打ち出して

自社の売りとしたことが大当たりした事例です。

いろいろな打ち出したい見どころがあっても、

マーケティング的には一つに絞り込むことで

見事に尖ってくれるのです。

ネットでも「金目鯛の宿」と検索すると

一発で見つかりますよ。

 

 

尖るということは、

絞り込むということ。

中小企業ではターゲットを絞ることは

とても勇気がいることです。

絞ることで売上が下がることも

考えられますからね。

しかし尖ることで訴求力がアップするのです。

 

 

ちなみに、

「強み」と「尖り」を比較すると、

こんな違いがあるそうです。

・「強み」は足し算

強みは多いほど魅力的

どんどん強みを増やそう

「強み」はリピーター獲得に強い

 

・「尖り」は引き算

ある個性にクローズアップ

魅力を削ぎ落していこう

「尖り」は新規顧客に強い

 

 

どんな会社も新規顧客獲得は

生き残るためには必須です。

だからこそ、

強みを打ち出していくのとは別に、

尖らせることで顧客から選ばれるように

なることが大事なのです。

 

 

何かを探しているときに、

どのホームページを見ても

同じような感じだと

感じたことはありませんか?

それは尖りではなく、

同じような強みばかり

ホームページに書かれているので

顧客が迷っているんですよね。

 

 

そういう意味では

弊所のホームページも

特徴が打ち出せていないのかもしれません。

ちょうど改定していく予定なので、

尖ったもの?にチャレンジしようかな??

 

 

あなたもご自身の強みだけでなく、

尖りについても

意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.14更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1138日目

 

 

おはようございます!

実は今日は昨日の夜9時から

何も食べていません。

というのも、

今日は人間ドックを受診するからなんですね!

 

 

あなたも定期的に

健康診断や人間ドックは

受けてますか?

30代までは

あまり身体を壊すようなことは

少ないですから、

ピンと来ないかもしれません。

40代に入るとそうは行きません。

 

 

幸いにも

私は去年までで大きな病気の兆しは

見つからず、

ホッとしてますが、

検査項目が少なければ

見つからない病気は

沢山あります。

健診を受けても

見つからない場合もあるのです。

著名な心臓外科医の先生の話では、

血液検査にあるPET検査で見つかるガンは

とても少ないとのことでした。

無知は怖いと思いましたね。

 

 

 

こう言うと、

「じゃあ行っても意味ないよ」

と応える人もいますが、

そうではなくて、

だったらせめて一年に一度は

見てもらうことで

病気が発見できるかもしれません。

あなたも定期的に

健康診断を受けましょうね!

 

人間ドック 

 

ちなみに、

私は去年は脳ドックを受けました。

特に問題ありませんでした^_^

今年はピロリ菌の検査をします。

ピロリ菌が発見されたら

除去しようと思います。

胃ガンの原因の大半は

ピロリ菌が影響していると

データが出ていますからね。

原因があれば、

それに対処するだけです。

来年は内視鏡検査をします。

必要な検査を計画して実行するだけで

リスクが回避できますよね。

 

 

会社の経営も

安全を先読みして進めるべきです。

目の前の預金残高しか見てない経営者は、

どうやってお金が増えているのかを

重要視しません。

売上や利益が増えるならいいのですが、

借り入れで増えていたとしたら

どうでしょう?

 

 

お金を借りたから預金が増え、

安心して交際費をバンバン使ったり、

高級車を買ったりする人がいます。

借りたお金は

返さなければいけません。

いずれ資金繰りに苦しむことが

想定されているのです。

それを知らないだけなのか、

知っていても見ないふりをしているだけなのか。

どちらも不幸になりますね。

 

 

経営者には責任があります。

自分と家族の幸せ、

社員とその家族の幸せ、

お客様の幸せ、

それらを守り続ける責任があるのです。

だからこそ、

常に先を見据えた経営を

していきましょうね!

そんなキャッシュフロー経営の

サポートが必要でしたら

ぜひご連絡ください(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.12更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1136日目

 

 

おはようございます!

来週の予定の準備が進まず、

それをこなす時間も週末の日曜しかなく、

モヤモヤしてます(^-^;

そう振り返ると、

事前対応がまだまだ行き届いてませんね。

 

 

さて、

今週の火曜日は名古屋で

ある勉強会に参加してきました。

チームビルディングという企業向け

組織コンサルを学んだ卒業生向けの

勉強会でした。

定期的に合宿などのイベントを

企画いただいているのですが、

しばらく顔を出せていなくて、

久しぶりに懐かしいメンバーと

話ができました(^^)

 

 

チームビルディングとは、

直訳すると組織を作るという意味ですが、

組織って生き物なんですね。

だから本当に奥が深くて、

まだまだ学びの初心者です。

師匠の石見さんは、

経験値がすごすぎて、

講座を受講していた時は

ずっと気づきの連続でした。

 

 

でね、

今週の勉強会では、

ゲームをしました。

ゲームとは何かというと、

企業研修の中で

参加者にゲームという共同体験を通して

気づきを与えるためにやります。

カードゲームだったり、

模造紙を使ったり、

色々な切り口のゲームがあります。

そんなゲームを開発することも

メンバーの方たちはやっていて、

その試作段階のゲームをさせてもらいました。

 

 

私が企業研修で使うゲームは

この養成塾で学んだものが多いのですが、

今回の試作版はネタバレになるので

詳しくは書けないのですが、

完成版になると面白いものになりそうでした。

 

ブロックマン

 

私たちのチームビルディング研修は、

普段のコミュニケーションが、

いかにお互いのことが見えていないかを

認識させられます。

今回も人の行動をよく見ていないと

気が付けないことが

ゲームを通して分かりました。

 

 

 

コミュニケーションスキルのコーチングでは

相手のやる気を起こし、

自律的な行動を促します。

そのためにはラポールといって

信頼関係が築かれていることが

大前提なのです。

信頼関係を築くためには、

相手を承認することが必要になります。

承認するためには、

どうしたらいいですか?

そう、

相手のことを見ていてあげないと

承認してあげられないですよね。

 

 

自分のことしか考えられない人は、

相手のことが理解できないと言います。

人はみな特性が違います。

だから理解できない行動をするものなんですよ。

周りが自分と違うからこそ、

よく見て相手が何を考えているのかを

知る必要があるというわけ。

 

 

 

相性が悪いとか、

理解できないとか、

それは単に自分しか見てないだけで

相手のことを見ようとしていないだけ。

 

 

ちなみに、

そういうことは効き脳診断をすると

よく分かりますよ。

ご興味あれば弊所で診断をさせていただきます。

私の効き脳はこんな感じdown arrow

効き脳診断

 

 

まずは自分を知り、

相手を知りましょう。

コミュニケーションはそこからです(^^♪

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1135日目

 

 

おはようございます!

今日は天気が湿っぽくて

暑さも和らぎますね(^^)

昨日まで真夏の暑さが続きました。

岐阜はホントに暑いんですよー!

熱中症にはくれぐれもお気を付けください!

 

 

さて、

今日は組織の役割のお話しです。

ずいぶん前の話ですが、

プロ野球の読売巨人軍が

すごい選手をトレードで集めてきたことがありました。

2004年の史上最強打線と言われたときです。

メジャーにいってしまった松井秀喜の穴が埋まらず、

トレードで補強をしまくったんです。

なんと過去に4番バッターを経験したことがある選手が

5人も巨人にいたそうです。

しかし4番バッターばかりがいても

打線は繋がらないのです。

1番バッターから順に

役割というものがあります。

重要なのは、

それぞれが果たすべく役割があって、

チーム全体としての成果を求めるのです。

史上最強打線

 

 

野球のチーム作りと

組織のチーム作りも、

考え方は同じです。

野球は一人ではできない。

守備の時にはピッチャーをはじめ、

すべての位置に守備につきますよね。

会社でも同じように、

全社員が同じ役割をしているわけではなくて、

それぞれの決められた役割を果たすことで

会社という組織が回るのです。

どこかが足りていなければ、

誰かがその役割をやらなければ

組織は止まってしまいます。

 

 

組織の中で、

はやく上の役職に上がりたいと

願うことは大事なことです。

でも、

出世のために仕事をしているのではなく、

良い仕事をした結果が評価されているわけです。

大企業などは出世争いという

人との比較で生きてしまう場面があるかもしれません。

でも中小企業では、

そんなに多くの人材はいません。

だから全員が貴重な戦力なのです。

そんな中では、

人との比較で生きる意味がないのです。

自分の成長を基準に、

過去との自分と比較をしましょう。

 

 

あなたには、

あなたにしかできない仕事があるのです。

どんな仕事にも価値があるのです。

あなたの役割をしっかり果たしましょうね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.09更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1133日目

 

 

おはようございます!

今朝は関東地方が台風直撃だったようですが

被害が心配です!

朝は十分注意してくださいね。

 

 

さて、

最近では少し利用者が落ち着いてきたと言われてますが、

みなさんフェイスブックは使われてますか?

SNSでは、

ツイッター、

インスタグラムと並び、

フェイスブックは世界的にユーザー数が

とても多くて有名です。

私も利用し始めてから

7,8年になるのではないでしょうか。

 

 

でね、

最近私の周りの人の投稿を見ていると、

やたら飲み会とかの報告が

多いんですよね~。

特に私たち士業の仕事って、

独立してしまうと

結構独りぼっちなんですよね。

コンサルタントも独立してしまうと

一人で活動されている人が

かなり多くいらっしゃいますよね。

 

 

私が所属する日本キャッシュフローコーチ協会という

経営コンサルタントの集まりも、

税理士やコンサルタントが中心で、

組織にいる人もいますが

一人で仕事をしている人が多くいらっしゃいます。

私はスタッフ達が周りにいるので

あまり感じたことが無かったのですが、

一人って孤独ですよね。

 

 

仕事が上手くいっても、

失敗しても、

それを報告する相手がいない。

承認してくれる相手もいない。

一人が楽だという人もいますが、

やっぱり嬉しいことは

沢山の人と一緒に喜ぶと

何倍も嬉しいです。

そう考えると、

一人って寂しいですね。

 

孤独

 

最初にフェイスブックの話をしたのは、

私が所属するキャッシュフローコーチって

みんなとても仲がいいんですよ(^^)

だから、

しょっちゅうフェイスブックで

誰かと一緒に飲んでいます!

という報告が流れるんです。

コミュニティって

こういう一人経営者にとって

なくてはならない存在なんですね。

 

 

私が独立するとき、

今のような形ではなく

一人で独立していたら、

常に不安だったと思います。

自分の立ち位置はこれでいいのだろうか?

自分はもっと何かできるんじゃないだろうか?

自分ってどう見られているのか?

自分が頑張ってるのは誰か見てるのか?

人は一人では生きていけません。

誰かのために仕事をします。

だからこそ、

理解し合える人と一緒にいたいし、

そういう組織やコミュニティって

絶対に必要ですよね(^^

 

 

 

幸い私は最高の仲間と仕事ができています。

これから独立する人には、

ぜひ同じ価値観で繋がることができる人と

一緒にいられるような組織を作ってほしいし、

コミュニティに属してください!

せっかく自分のやりたいことができるのです。

一緒に喜びあえるメンバーと

仕事を楽しめることが、

一番のモチベーションですよ(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1131日目

 

 

おはようございます!

週末なのに台風が近づいてますね。

日曜から月曜にかけて日本列島に最接近する予報です。

関東縦断みたいなので

お気をつけてください!!

 

 

さて、

今週の初めに大阪にて

「組織を一枚岩にする採用と育成技法」

というテーマのセミナーを受講してきました。

総務担当のスタッフと二人で参加しましたが、

一緒に参加することで

共通の認識を得ることができました。

自分だけが理解してもいけないのです。

経営者は勉強好きが多いです。

どんどん勉強に行く人が結構います。

ぜひ意識してほしいのは、

自分だけで行くのではなく、

幹部スタッフと一緒に参加してほしいのです。

行きと帰りに学んだ内容について

一緒に振り返ることで

スタッフの理解が深まります。

経営者が何を大切にしているかも

知ってもらえるのも

収穫の一つです。

 

 

 

企業理念を浸透させようと

弊所では毎朝の朝礼で唱和をしているのですが、

それだけでは浸透は進みません。

理念を実践している状態をイメージできなければ、

理想で終わってしまいます。

だからこそ実践が重要になります。

 

ビジョン

 

例えば、

仕事を早く終わらせたいから

お客様に

「○○までに資料をお送りいただけますか?」

とお願いした場合は、

これはどうなのでしょうか?

弊所の企業理念には、

「グッドパートナー」という価値観があり、

「お客様に寄り添い、笑顔になれる関係を築きます」

中略ですが、

こんな内容の価値観です。

お客様にとって資料を早く渡していただくことが

経営状況を迅速にお伝えするためのように、

お客様目線で相手のためであれば

それは企業理念にそった考え方になるのです。

しかし、

自分が残業をしたくないとか、

仕事のタイミングが都合がいいとか、

自分のためにお願いをしているのであれば、

その行動は企業理念に沿っていないことになります。

 

 

よくよく考えてみてほしいのです。

会社の役員や社員は誰に雇われていますか?

 長ではありません。

 企業理念に雇われているのです。

では、

会社の役員や社員は誰から給料をもらっていますか?

 これも社長ではありません。

 お客様からもらっているのです。

よーく考えてみると分かると思いますが、

誰のために仕事をするのか?

自分ではなく、

社長のためでもなく、

給料を支払ってくれているお客様のために

仕事をしましょう!

そして、

仕事のやり方も企業理念に照らしたら

どうなのかを考えてみてください。

その行動は理念に沿っているのか?ってね。

 

 

企業理念は単なる言葉ではなく、

その言葉を使っている理由や趣旨を

聞いてみたり考えてみましょう。

そのままの言葉だけを読み取ると、

行動につながりにくくなりますからね。

根底に流れる想いを読み取ってくださいね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.03更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1127日目

 

 

おはようございます!

今朝は早朝から大阪へ(^^)/

スタッフと二人で

人材育成の勉強です。

今の事務所の課題は

リクルートと人材育成。

他には仕組みづくりなど、

これから先に向けての基盤づくりに

力を入れています!

例年より打ち合わせなどの時間を

多く使っているので、

残業が多くなって

スタッフ達には苦労を掛けてます。

はやく楽になるシステムを作りますからね~

 

 

さて、

昨日は生命保険会社の方に

事務所にて保険の勉強会、

月に一度の全体ミーティング、

そしてプランニングでした。

生命保険の取り扱いが

大転換しましたので、

近いうちにブログにてご説明しますね!

 

 

でね、

昨日はプランニングの時間を

スタッフ全員でとりました。

その前日には自分だけの

プランニングを半日かけてしました。

どうしてこの時間を取るのかというと、

全員の動きがスムーズに流れるために

行なっています。

 

 

毎月の弊所のスタッフの動きは

逆算で設計しています。

今月税務申告をする法人様の

決算報告に私が同行することを起点に、

私のチェックする時間、

リーダーがチェックする時間、

その前に担当スタッフが作り上げる時間、

というように、

ゴールから逆算で時間を決めていきます。

 

 

この作業を積み上げ式でやっていると、

出来上がりも担当スタッフ任せ、

リーダーのチェックの時間が取れない、

訪問日の設定も直前しか分からない、

というように、

その時の流れで予定が決められていました。

まったくコントロールできている感が

ありませんでした(^-^;

 

 

毎月プランニングをしていく中で、

時間の創出のアイデアが出てくるし、

いいことばかりですよ。

ちなみに、

今月からはグループウェアを

変えました。

地元の大手税理士法人さまの開発した

マイコモンというソフトを

使い始めました。

まだまだ慣れないので

見づらいと感じることがありますが、

日報もデジタル化ができました。

便利ツールを使いこなせるよう、

日々進化をしていきます。

 

 

でね、

今日のタイトルの通り、

今月の予定は9割決まりました。

行動が決まったということは、

後はそれをこなすだけ。

もう今月の成果は決まったということです。

さらに精度をあげるために、

手帳を活用していきます(^^)/

プランニング

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.02更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1126日目

 

 

おはようございます!

今日は朝の6時からミーティング(^^♪

秘密の朝会から今月の業務を始めます!

朝会の後は事務所に戻り、

早朝読書会です。

先月まではセールスの教材を見てきました。

今日からは読書会です。

毎週月曜朝は眠いけど楽しみです(^^)

 

 

 

さて、

営業の仕事をしている人は

聞いたことがある言葉でしょうか?

「断られてからが勝負だ!」

見込み客の方との話の中で、

NOと言われると

それ以上売り込む気力がなくなりますか?

メンタルが

「相手から嫌われたくない」

という思考になっていると、

それ以上勧められなくなりますね。

 

 断られてから

 

でね、

その思考は誰のためのもの??

嫌われたくないって、

自分のためですよね。

嫌われると辛い、

その場の雰囲気が悪くなる、

その後の話をどうしたらいいか分からない、

などと嫌われたくなり理由は

いくらでも出てきます。

でもこれって、

言い訳ですよね。

 

 

まず、あなたに問いたい。

あなたがおススメしている商品やサービスは、

お客様のためになるのですか?

この自信がないとしたら、

それ以上お勧めしてはいけません。

自分でお客様のためにならないものは

売ってはいけません。

売り込む前に、

その商品やサービスが、

どれだけお客様のためになるのかの

専門知識、商品知識を身に着けてください。

自分でも分からないものは

売れるわけがありません。

 

 

「嫌われたくない」というのは、

方向が自分に向いていましたね。

そうではなく、

方向をお客様に向けてください。

商品やサービスの知識を身に着けたあなたは、

お客様がこの商品、サービスによって

どんな風に変化し良くなる姿が見えますか?

相手の立場に立って、

その状態をしっかり明確にイメージして、

絶対にその人に成功してほしいと

考えてみてください。

その状態でお客様が、

「NO」

と言ったとしたら、

何が問題なのでしょうか?

 

 

 

まず、商品のことを良く知らないのでは?

メリットをよく理解していないのではないか?

そもそも自分や自社の信用が足りていないのか?

色々なパターンがあるでしょうが、

おおよその反論は予測がつきます。

その想定をしっかりした上で、

反論以上に大切なのは、

絶対にお客様のためになると

強く信じ切ることです。

その熱意が相手に届けば、

「○○さんが、そこまで言うのなら」

ということにもなるでしょう。

 

 

大切なのは、

お客様との信頼関係の上の

提案だということです。

私たち税理士は営業というものは

あまり強くはしませんが、

お客様の経営において

ピンときたことについては

場合によっては強く提案をすることがあります。

経営判断を誤る危険は

絶対に避けてほしいからです。

 

 

 

「嫌よ嫌よも好きのうち」

とはよく言ったもので、

嫌と言われても、

「さぁ、これからだ!」

と思えるような準備と覚悟をしましょう!

必ず道は開けます。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.01更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1125日目

 

 

おはようございます!

今日から9月に入ります。

気持ちを入れ替えて

スタートを切ります。

今月から税理士会の活動が始まります。

副部長の務めをしっかり果たします。

そして新たなチャレンジも始まります。

その準備を始めていかなければ!

ただでさえ時間が足りません。

人の協力を得られるような関わりを

しっかり行動していきたいですね。

タイムマネジメントは、

人の協力を得ることで解決していきます。

 

 

 

さて、

あなたは自分にしかできないことが

何なのか、

考えたことがありますか?

 

 

いわゆる使命とは、

自分にしかできないことを

成し遂げることです。

ミッション、理念など、

言い方はいろいろありますが、

あなたにしか出来ないことをするために

生まれてきて、

そして生かされているのです。

 

 

自分にはそんな大きなことはできません。

そんな難しそうなことではなく、

平々凡々と生きていきたい。

という人もいるかと思います。

しかし、

人は自分一人では生きていけません。

必ず誰かに助けられ、救われて、

今に至っているのです。

そう考えると、

受けた分を

返したいと思うもの。

助けてくれた人に

直接恩を返せればいいのですが、

多くの場合はそれは叶いません。

であれば、

別の誰かに自分ができることを

精一杯してあげればいいのではないでしょうか。

 

 

自分がしている仕事のことを

大した仕事じゃないと思っている人は、

あらためて振り返ってみてください。

あなたが身に着けた専門知識は

普通の人とは大きな差があるのです。

あなたが当たり前と思っていることが

普通の人には当たり前ではないのです。

 

 

あなたしか出来ないこと、

それはあらためて何か身に着ける

知識や技術ではなくて、

あなたが今持っているもので

十分成し遂げられるのです。

 

 

自分の仕事を

単なる作業だと思っていれば、

それは単なる作業です。

自分がそれを作業だと決めているからです。

しかし、

その仕事を通して、

誰かを助け得られるとしたら、

作業だけしていればいいのでしょうか?

私はせっかく身に着けた知識や技能があれば、

それを活かして人を助けてほしいと思うのです。

 

 

私たち税理士の仕事は、

お客様の経理や会計に関わり、

税務の申告をすることが本業です。

それを正しく確実にすることが

仕事なのですが、

それは期待されていることではありません。

私たちは税務のプロですから

税務申告は正しくできていて当たり前なのです。

当然にそれは全うします。

でもね、

それだけではないのです。

お金の情報を知ることができる立場って、

相当高い重要な情報を扱うことを

許されているのです。

お客様の経営はお金が回り続けている限り

永続します。

しかし、

お金が回らなくなると

会社は倒産します。

その分岐点は、

経営者にはなかなか分かりません。

そんな苦労する経験はしていません。

だから私たちはお金の流れを読み、

経営者に助言をし、

お金がショートしないように

見ていてあげなければならないのです。

 

 

私は父が役員を勤める会社が

20年前に倒産するのを

見てきました。

財務担当の役員だった父は

相当苦労しました。

家族も一緒に落ちてしまいます。

お金の苦労のために、

中には自らの命を落とす人もいます。

そんな状況に行かせないのが

私たちの役割であり使命だと考えています。

 

 

幸いにも両親とも

今は静かな老後を暮らしています。

でも、父が苦しんでいた当時は

まだ新人の会計事務所のスタッフでした。

何も助けることはできず、

歯痒い思いをしたのを

今でも思い出します。

この原体験が私を強く動かします。

 

使命 

 

あなたにもこれを実現するんだという

強い思いはありませんか?

過去のあった体験の中で、

これだけは忘れない!

というもの。

そういう体験こそが、

これからの目的の原動力なのかも

しれませんね。

今日は日曜ということで、

抽象的なお話でした!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030