2019.02.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ934日目

 

 

 

おはようございます!

2月は短いので残すところ10日です。

あと10日たつと、

今年は2か月が経過したことになりますね。

取り組むべきことに

適切に取り組んでいるのか、

今週後半はしっかり見直してきます。

 

 

 

さて、

仕事ってあなたにとって

どんな存在でしょうか?

人それぞれに価値観はあると思いますが、

一日の中で一番自分の時間を

投入しているもの、

それが仕事だという人は

多いと思うんです。

 

 

であれば、

その仕事ってどんな存在ですか?

自分の人生のうち、

多くの割合を使って、

何をするのか?

重要であれば、

それだけの基準を設けていますか?

 

 

「生活のために仕事をしている。」

という人もいるかもしれません。

確かに生活費を稼がなければ

生きていけませんね。

でもそれは生きる目的ではありません。

価値あることを自分の目的におけば、

その目的を達成するために仕事をすることで、

価値に見合う報酬が得られ、

その結果として生活できているのです。

 

 

本気かどうか分かりませんが、

「私は宝くじを当てて

 億万長者になりたい。」

という人がいます。

ちょっとした楽しみで買う人もいれば、

本気で当てたいと思う人もいます。

まぁ、宝くじで当てるのか、

ビジネスで成功するのかは、

この話の場合どっちでもよくて、

ポイントは億万長者になりたいって、

目的なんですか?

ということなんです。

億万長者

 

お金は単なる支払い手段であり、

それを目的においてしまうと、

お金を貯めることが大事だということになります。

一生お金を貯め続けて、

人からケチと言われ続けて、

全くお金を使わずに全うする人生って、

どう思います?

そんなパターンで残されたお金は、

きっと相続でも揉めるんだろうなって

想像してしまいます。

 

 

 

 

話しを戻しますが、

自分の当たり前の基準を

どこに置いていますか?

仕事ができる人のことを見て、

「あの人は能力があるから

 仕事ができるんだ。」

と思ってしまったら、

それでおしまいです。

そうではないんです。

その人の当たり前の基準が

単に自分の基準より

高いだけなんです。

その高い基準で生きているので、

それが当たり前にやっているんです。

逆に低い基準で仕事をしていれば、

それが当たり前になってしまいます。

 

 

自分の仕事の目的を

あらためてお聞きしたのは、

その基準が低かった場合、

その基準のままでいいのか

お聞きしたかったからです。

その仕事にどれだけのこだわりを持てるか。

その仕事における自分の基準がどこにあるのか。

それは自分が決めることです。

どんな生き方をするのかを

決めているか、いないか。

それだけの差であり、

決めた基準を果たすために

行動できているかどうかです。

あなたの基準は

どこに置いていますか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ931日目

 

 

おはようございます!

今日は日曜です。

いかがお過ごしですか?

私は家族サービスで買い物の運転手して、

ゴルフのレッスンに行って、

仕事する予定です(^^)

 

 

昨日は土曜でしたが、

午前は繁忙期のため

臨時営業してました。

3月半ばまでは

土曜も営業してます。

でね、

午後からは月に一度の

マラソンクラブの練習会でした。

 

 

マラソンクラブと言っても

事務所内で有志を募って

走ってるだけなのですが、

昨日は忙しい中でしたが

5人で走ってきました(^^)

マラソン練習会

 

長良川の河川敷を6.7キロ

走ってきましたが、

走るのが久しぶりで

もうバテバテでした。

4月のハーフマラソンに

間に合うのか?

って不安になります。

 

 

ちなみにね、

昨日は初めての参加メンバーもいて、

皆で何かに取り組んでいる感じが

とても嬉しく思います♬

 

 

 

私はマラソンは結構時間を使っていたのですが、

今年に入ってからは

月に2,3回しか走れていません。

でも、

これでいいんです。

だって、

あなたもやりたいことって、

いくらでもありますよね?

やりたい事を全部やっていたら

一日が30時間あっても

まったく足りません。

だから、

何をするかを

ちゃんと考える必要があるんです。

 

 

当然、

仕事はしなければなりません。

家族との時間も必要です。

自分しかできないことが何なのか、

考えてみてください。

家族との時間は、

欠かせないものです。

仕事はどうですか?

何となくやってるその仕事、

もしかしたら

実はあなたがやらなくても、

別の誰かでも問題なくないですか?

 

 

 

時間というリソースは

一日24時間しかありません。

そして誰にも平等に24時間。

この時間をどう使うかは、

人生をどう使うかということです。

 

 

 

ちなみに、

マラソンの時間が減った分、

何してたかって、

ゴルフのレッスンに

通い始めたんですね。

だから走る時間が足りなくなるんです。

自分で何に時間を使うか

決めてるんです。

しばらくマラソンは

ハーフをまずまずで走れる程度に

練習する事にしています。

バテバテになっても

誰にも文句は言えません。

分かってることですから。

でも思うように走れないのは

悔しいですね(^^;

 

 

 

これから私の仕事は

約1か月の間繁忙期に入ります。

自分にしかできないことに集中して、

乗り越えていきます。

特にここ半年は、

事務所のことを幹部スタッフたちと

一緒に話し合ったりする時間が

物凄く増えました。

おかげでそれぞれに主体性が出てきました。

やりがいがあり、

一緒に未来を作り上げていけるような

事務所づくりをしていきます。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.16更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ930日目

 

 

おはようございます!

今日は土曜日ですが

確定申告シフトにより

今日は営業日です!

午後はFKJマラソン部の練習会です。

しっかり走りこみます!

 

 

 

さて、

今日のタイトルは節税の話です。

あまり節税のテーマのブログは

書いていません。

だって、

節税ってお金が残らないケースが

実は多いんです.

 

 

 

ちょうどタイムリーに

衝撃的なニュースが入ってきましたね。

生命保険の節税がひどすぎて、

国内生保の全額損金タイプの保険は

販売停止に追い込まれたんですね。

一部の外資系生保は全額損金を

継続販売すると聞いてたんですが、

そこも急遽販売停止だそうでした。

主力商品が法人相手の全額損金の保険会社は、

いったい何を売ったらいいのでしょうね(^-^;

節税保険停止

 

でね、

保険という商品を使って節税と言ってますが、

それはただ単に利益を先送りしているだけなんです。

どこかで課税されるわけ。

まぁ多くは役員の退職金に充てるために

長期的に保険を使っているパターンが

多く見られますね。

全額損金タイプだと、

あまり長期にもならないので、

本当に単なる先送りになるんですよ。

 

 

そして一番重要なのは、

保険に加入するとお金を

支払わなければならないことです。

つまり、

税金以上にキャッシュが出ていくのです。

おそらく経営者は

節税をしたいのはありません。

会社の将来のために

お金を残したいのです。

税金を払うとお金が無くなる。

だから払わなくてもいい方法を

一生懸命探してるんだと思うのです。

そして生命保険にたどり着いて、

保険加入で税金が減ったと喜ぶ。

 

 

 

いやいや、

税金は後ろにずらしているだけで、

その代わりにお金が無くなってるでしょ!

保険料を払ってるじゃないですか。

そう言っても、

「でもね、

 節税効果を入れれば

 利回りが100%を超えるんだよ」

いえいえ、

これは黒字が続いた場合のことです。

赤字の年があれば

節税効果なんて一切関係ありません。

単純返戻率で100%は超えませんからね。

 

 

 

今回は大手生保会社が

勢いよくこの手の商品を販売しまくったのが

国税庁の怒りを買ったようです。

本末転倒な節税ではなく、

未来にお金を残すために

何が有効なのかを考えましょうね。

目先のことに

振り回されてはいけない!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.15更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ929日目

 

 

おはようございます!

いよいよ確定申告が始まります。

うちの事務所では、

今週から確定申告体制に入りました。

と言っても、

私が東京に行ったり、

研修講師やコンサルをしているので

見なければならない資料が

まさに山積み(^-^;

 

 

 

さて、

そんな仕事の状況は置いておいて、

経営という視点の話をします。

時間とともに、

様々なことが変化しています。

最近ではAIの技術が

かなり進みました。

また、

人不足により、

採用活動が困難になっているようです。

弊所でもこの二つの観点で

あることを決める必要があり、

頭に汗をかいています。

 

 

最近では、

AIの発展により

税理士の仕事が無くなる!

なんて言われてますね。

私は逆にこれを利用する手があると

感じています。

AIで入力が楽になるなら、

それを積極的に導入して

事務所の入力作業を簡素化すれば

いいだけだと考えています。

 

 

そのためのソフトやハードが

高額だったりするので、

どのタイミングでどんなパターンで

導入するのか。

前倒しでも導入することで

作業効率が変わるのであればと、

前向きに検討しています。

サーバー

 

 

また、

求人に対するコストも

決めねばなりません。

職安に募集をかけるだけでは

よい連絡がある保証はありません。

ハローワークを活用しながら、

どの媒体にかけるかを

決める必要があります。

にしても、

広告料って高いですね~(^^;

求人

 

いずれも、

事務所にとってベストのタイミングは

どこなのか??

を探りながら、

決める時に決めねばなりません。

前向きな投資なだけに

積極的に行きたいところです。

働き方や人の問題は、

事務所の基盤を作ります。

楽しみが拡がりますね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ927日目

 

 

おはようございます!

今朝は東京から仕事開始です。

朝から一日、

理念経営の勉強です。

しっかり頭に汗をかいてきます!

今日は母の誕生日。

なにか東京土産をプレゼントにしようかな~

 

 

 

うちの事務所のことで恐縮ですが、

4月の初めに開業5年目にして初の

経営計画発表会を開催します。

基本、身内で行いますから

手作り感のまま開催する予定です。

 

 

それでね、

スタッフ達に

未来の計画を発表するわけですよ。

確定申告の忙しい中ですが、

その未来予想図の作成に

幹部スタッフ達と取り組んでいるんですね。

 

 

私たち税理士が計画を作ると、

見事に数字だけの計画が出来上がります。

税理士の得意分野を活かすと

この数値計画は重要なのですが、

今回はスタッフ目線の経営計画を

作ろうとしています。

将来の事務所がどんな風に変わって、

自分はどんな風に仕事をしているか、

それがワクワクしないようでは

意味がありません。

だから、

未来の組織図をゼロベースで作ってます。

今とは全く違う組織の構成が、

事務所のためだけではなく、

スタッフ達から見て

「早くそうなったらいいなぁ」

とイメージしてもらえるような

計画を作るんです。

ワクワクする職場

 

 

そして、

その組織図の状態で

実際に数字はどうなっているんだろう?

と、数値を作っていきます。

組織には人がいるから

業務が回っていくのです。

その人の構成で、

どれだけの仕事が回せるか?

そして一番重要なのは、

仕事が効率的に回せるようになるからと言って、

さらに仕事を増やしてはいけないんです。

そうなると、

スタッフ達にはメリットが

なくなってしまいます。

「今とどう変わるわけ?」

となってしまいます。

仕事も少し楽になって、

休みが取れる、

残業が減る、

という職場になることが

スタッフ目線のこと。

 

 

 

経営者目線だと、

「楽になった分、

 どんどん仕事をしてくれよ~」 

と忙しさが変わらず、

会社だけが儲かるイメージを

抱いていませんか?

それだとスタッフ達は

ついてこないということです。

 

 

お客様も会社もスタッフも、

メリットがある状態を

トリプルウィンとして、

そんな状態になれるよう

取り組んでいきます。

みんな、

ついてきてね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ925日目

 

 

おはようございます!

三連休の最終日ですね。

天気は微妙な雲行きです(^^;

よい休日をお過ごしくださいね!

 

 

さて、

今年の目標の一つに

ゴルフが上手くなることを

決めました。

そのために、

先月から週二回、

ゴルフ練習場でレッスンを

受け始めたことを

先日のブログでもお伝えしました。

 

 

ゴルフでも仕事でも

同じことが言えると思うのですが、

続けて練習しているうちに

言われていることが

理解できるようになってきました。

また、

身体の動かし方のコツも

少し理解できるようになりました。

 

 

上手い人のスイングを見ていて、

どうしてきれいに振れるのだろうと

思っていました。

実際の自分のスイングと

かけ離れてるので、

何が違うんだろうって

理解できなかったのです。

 

 

一つずつ意識するポイントを

指摘してもらううちに、

身体を動かす場所が

全く違っていたことを

学びました。

 

 

外から見てると

どこを意識したら

そんな動きになるのか

分かりませんでしたが、

一つずつ動きを学ぶうちに

意識するポイントが

理解できるようになりました。

 

 

 

仕事でも同じなんですよね。

例えば、

ベテランのセミナー講師が

上手く話すのを見て、

自分も同じように話したいと

思う人がいたとします。

でもね、

講師をしてみて

愕然とするんですよね。

緊張してガチガチに

なってしまう。

音声を録音していたら、

もっと衝撃をうけることでしょう。

「え!?

 自分ってこんな話し方をしてるの?」

だいたいの人は

おかしな癖があるんです。

「えー」

「あー」

という言葉が何度も入ったり、

おかしな語尾の癖があったりします。

ショックなんですね。

 

 

そういった目に見えたり、

耳から聞こえる技術的なことを

解決しても、

実はまだベテラン講師には

追いつけないんです。

表面上だけベテランの上手い講師を

研究しても、

それだけでは同じようになれません。

メンタルの部分が

根本的に変わらないと

いけないんです。

ここはある程度の経験をしてから

進むレベルなので、

始めのうちは技術的なところを

磨くべきですけどね。

 

 

ゴルフではまだコース経験が

ほとんどないので、

もっといろいろな経験を積んでいきたいです。

ゴルフスイング

 

ゴルフ以外のことでも、

目指すレベルに至るまでは

長いステップを一つずつ

上がっていくしかありません。

進む方向を間違えないようにしつつ、

成長を続けたいですね!

私は、まずはゴルフのスイングを

気持ちよく振りたいです!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ924日目

 

 

おはようございます!

今朝は奥飛騨から始まります。

最低気温がマイナス10度くらいまで

いったみたいです。

雪は降りましたが

うっすら積もった程度でしたね。

確定申告シーズン前に

ゆっくりしてきました!

 

 

今年に入ってから、

少しずつ読んでいる書籍が

「GIVE&TAKE

 与える人こそ成功する時代」

です。

いや、この本とても面白いんです。

読み始めると時間を忘れます。

ギブ&テイク

 

 

世の中には、

ギブ & テイク

という二つの側に分かれるのではなく、

ギバーと呼ばれる与える人、

テイカーと呼ばれる利己主義的な人、

そして、マッチャーと呼ばれる

バランスを取る人に分けられるそうです。

多くはマッチャーで、

損得のバランスを無意識に考えて

行動しています。

当たり前のことですが、

与えられた価値に相当するものを

同じように与えるのが

マッチャーなのです。

普通、ですよね。

それに対して、

ギバーという人は

見返りを求めず与えるのです。

意識して計算して

与えている人はギバーではありません。

 

 

この一年で学んだことの中には、

与えることの重要性があります。

自分が成長して成功に向かっていく中で、

自分だけが上手くいくことは

成功ではありません。

人の成長のプロセスの最後に来るのは、

貢献なのです。

つまり分かち合うこと。

 

 

アチーブメントの青木社長は、

「与える人になってください。

 与える人とは、

 与えるだけの豊かさを

 手に入れないと与えられない。

 だから人のために犠牲になるのではなく、

 まずは自分が豊かにならなければならない。

 そうでなければ、

 人には与えられないから。」

こんなメッセージが

心に残っています。

今月に久しぶりに再受講をしますので、

新たな気づきに期待しています。

 

 

人は豊かになろうとしますが、

そうではなく、

豊かな人になることを目指してください。

豊かな人でなければ

豊かになれませんからね。

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.09更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ923日目

 

 

おはようございます!

今日から三連休ですね♬

寒波が来てますので

くれぐれもお気を付けください。

私は今日明日は確定申告前の

家族サービスです。

雪が積もる地域で過ごします。

風邪ひかないように気を付けます!

 

 

 

さて、

コンサルティングって聞いて

どんな印象をお持ちですか?

経営者からは両極端な意見を

お聞きします。

一方では、

コンサルタントに悪いイメージを持たれていたり、

もう一方では、

コンサルタントのおかげで

事業が良くなり喜ばれたりしています。

 

コンサルタント

 

そもそも、

コンサルタントって

どんな職業でしょうか?

実は誰でもなれるんです。

極端な話しをすると、

コンサルタントという国家資格はないので、※

誰でも勝手に名乗れるのです。

だから、

コンサルタントの質については

ピンキリなわけです。

下手なコンサルタントに

ひっかかると、

成果も上がらないし、

コストだけがかかることになります。

※中小企業診断士という

経営コンサルタント業務をする

国家資格があります。

私も取得してます。

 

 

今後もし、

コンサルタントに何か仕事を

依頼しようとするときに、

判断基準を持っておくといいです。

 

 

最終的にはその人となりで

判断するしかありませんが、

よく聞くトラブルから考えると、

あなたの依頼する明確な目的やゴールが

相手と共有できているか。

 

 

コンサルタントと契約した後で、

「こんなはずじゃなかった。」

「この作業まで頼めると思っていた。」

などと、

お互いの考えの相違があることが

多いのではないでしょうか。

こんなことがあると、

コンサルタント嫌いになってしまいます。

 

 

何をどうしたくてコンサルタントを雇うのか?

どんな関りをしてもらうのか?

その成果と費用のバランスはどうか?

契約するときに、

しっかり検討しなおしてみてくださいね。

 

 

藤垣会計では、

キャッシュフローコーチ契約といって、

毎月経営者とビジョンや計画の進捗を見直し、

次のアクションプランを一緒に考える

コンサルティングをしています

気になる方には納得するまで

コンサルの内容をご説明します。

お時間をしっかりとって、

ご相談に応じます。

お声がけお待ちしてます。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ922日目

 

 

おはようございます!

今週も金曜ですね。

あと少しで三連休ですよ!

もう少し頑張りましょう(^^)/

 

 

 

あなたの職場では、

使っている言葉を

定義していますか?

 

定義

 

例えば、

「毎週〇曜日に整理整頓する。」

と職場のルールがあったとします。

では、

整理整頓とは、

どんな事をして

どんな状態になっていれば

良いのでしょうか?

 

 

一般的には、

「いらないものを捨てて、

 必要なものを

 すぐに使える状態にすること。」

これが整理整頓の使い方ですが、

何がいらなくて、

何を残すのか。

すぐに使える状態とは、

何をどのように整えるのか。

これらが決まっていなければ、

それぞれが好きなように

解釈してしまいます。

 

 

同じ言葉を使っていても、

それぞれのスタッフが

違うことをイメージしていては

いけませんね。

 

 

 

 

藤垣会計では、

経営理念をクレドという形に

まとめあげました。

スタッフみんなで何度も話し合って

決めたものです。

その中の言葉の定義を

しっかり決めておかないと、

ゴールのイメージがぼやけてしまいます。

 

 

昨日の朝礼では、

「成功」の定義について

お話ししました。

「成功」って聞くと、

なんとなくギラギラしたような、

あまり良いイメージを抱かないスタッフが

多いんですよね。

でも、クレドの最後には

「成功するために~」

と書かれています。

成功の定義が自分にとって

興味ないと感じていると、

毎朝の唱和の意味がなくなります。

 

 

 

ということで、

あらためて定義の話をスタッフ達にしました。

やっぱり誤解や思い違いをしてました。

成功は、幸せの延長線上にあるもの。

だからみんなが目指すのは成功なんだよって、

例え話をしながら

解説しました。

 

伝える

 

大事な話は

何度でもいう必要がありますね!

何度でも!です。

大事なのでもう一度。

何度でも言いましょう。

スタッフに

「また同じ話してるよ。」

って言われてもいいんです。

伝わってない人には

何度でも言うしか

伝えることはできませんから。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ921日目

 

 

おはようございます!

昨日は4年ぶりにあるお客様と

お会いできました。

遠方のお客様で独立前は

担当者として定期的にお会いできてましたが、

現在は遠方だとなかなか出向けません。

高齢になられてるはずなのに、

以前と変わらず若々しいお顔を見て

安心するとともに、

嬉しい時間でした♬

 

 

 

さて、

最近抱えている案件で、

法人設立からの銀行対応の

お仕事がございます。

常にこのケースの話はあるのですが、

あらためて思い出してみると、

創業融資で断られた経験がありません。

つまり、

100%融資実行です(^^)

そういうお客様とお付き合いできていることが、

この結果です。

ご縁に感謝ですね。

 

売上計画

 

現在の案件も、

経営者の方々と一緒に

計画を立てました。

こんな話を聴くことがあります。

税理士に融資の計画を依頼すると、

税理士が銀行融資用に勝手に数字を作るんですよ。

つまり、

数字がきれいに並んでいて、

立派な計画書なのですが、

現実とはかけ離れているというもの。

 

 

しかしこれでは、

せっかく計画を立てたのに、

経営のお役に立てません。

だから私はいつも実際の数字を

経営者と話し合いながら計画を作ります。

だから銀行での審査の時も

数字に根拠があるので

すんなり通るんですよ。

 

 

融資実行の成果が

重要なのはわかっていますが、

それ以上に計画を一緒に立てているときの

経営者の方のワクワク感を

一緒に感じられる時が

とても楽しいです。

この仕事をしていて

良かったと感じられる時です。

 

 

今日はお客様の来期の売上計画を

一緒に作ります。

目標売上に向かって作戦を練り上げます!

今日も楽しみです♬

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030