2018.12.12更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ864日目

 

おはおうございます!

昨日は午前中はロイヤルホストで

仕事をしてました。

午後からはアチーブメント本社研修室にて

経営実践塾の学びと懇親会。

今日は朝から学びです。

たまには場所を変えて仕事をするのも

いいですね♬

めっちゃ仕事が捗りました。

新しい相談案件も数件入るし、

集中できたしね。

 

 

そんな仕事の中で、

うれしい連絡がありました。

先月相談に乗っていた融資の案件で

決済が下りたとのことでした。

 

 

このお客様はある方から紹介を受け

相談に乗りました。

以前にも少しブログで扱いましたね。

初めてお会いしたときは

とても警戒感のようなものを

感じました。

慣れない税理士との面談だからかと

思っていましたが、

実は理由は別にあったんです。

 

 

その方は、

実はすでに二人の税理士に

融資の相談に乗ってもらっていました。

しかし、どちらの税理士からも、

・実績がない

・あまり聞いたことがない事業で実態が見えない

という理由を突き付けられ、

融資は無理だと言われたそうです。

 

 

実はそんなことはありません。

しっかり相談者の話を聞いて、

事業が確実に推移できることが見込めれば、

それを事業計画書に落とし込んで、

申し込みをすればいいのです。

私は融資については

信頼できる金融機関の担当者に

おつなぎできます。

面談も一緒に同席します。

不足資料があれば

その都度対応できますから

金融機関の方も安心いただけるのですね。

 

 

先入観で無理だとか

言ってはいけないんですね。

残念ながら税理士は税務の専門家ではありますが、

金融機関の対応については

得意不得意があります。

相談に来られる人には

税理士というだけで

全部できるように見えるのでしょう。

しかしそうではありません。

 

専門性

 

お医者さんにも専門はあります。

内科、外科、眼科など、

それぞれ専門に分かれてますよね。

税理士もそうです。

私は中小企業診断士の資格を取得し、

中小企業の経営者のための

サポートが得意です。

相続関係も好きです。

うちの顧問をお願いしている税理士先生が、

相続ではプロフェッショナルです。

行政書士の川島も相続は強いです。

また、行政書士の川島は、

建設業の許可申請や経営審査のプロです。

自分に不足することは

私のネットワークにおられる専門家を

ご紹介しています。

 

 

 

 

そういう意味では

一人だけでなく、

いろいろな方におつなぎすることで、

相談者の方のお役に立てていると感じています。

 

 

初回の相談は無料で行っています。

ぜひ、お気軽にお声がけください。

Facebookメッセンジャーでも連絡受付けていますよ(*^^*)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ863日目

 

 

おはようございます!

昨日は移動の時間を使って

一冊の書籍を読みました。

「親父 いつ社長やめるの?」

読みやすく、

中身は深い。

実体験も書かれていて

とても共感しました。

親父 いつ会社辞めるの? 

 

 

ちょうど先週末に北陸で学んだテーマ、

それも事業承継問題でした。

事業承継について、

経営者が困っていること。

後継者が困っていること。

どんなお困りごとがあるのか、

参加者同士で意見交換しました。

 

 

多く出た困っていることの一つは

「何から手を付けていいか分からない」

でした。

そして

「タイミングが分からない」

というものも多くありました。

 

 

 

老齢の経営者で怖いのは

認知症です。

私も経験があるのですが、

認知症になった人の特徴は、

自身の保身です。

周りを疑い、

どんどん会社を悪い方向へ

引っ張っていってしまうのです。

こうなったらもう身内しか

止められません。

社員は不安しかありません。

会社の未来が全く見えなくなり、

そのうち優秀な部下から順に

退職していくのです。

本当にあってはいけないことですが、

現に多くの事業承継のタイミングを逸した中小企業に

この危険が迫っています。

 

 

上で紹介した書籍には、

今年から施行された

「新しい事業承継税制」

をうまく活用する事例が

紹介されていました。

上手く活用するというのは、

この制度ができたことを

きっかけにするという事です。

この制度では、

贈与税・相続税を猶予してくれる

制度です。

実質ゼロ円で済むのですね。

ただし、5年以内に計画書を提出する必要があるので、

その5年をうまく利用するというわけ。

 

 

書籍では、

ナンバー2の役割の重要性や

理念経営の承継のポイントなど、

共感できることが

数多く掲載されてます。

おススメの書籍です!

 

 

中小企業経営者の平均年齢は

66歳だそうです。

あと数年で70歳になってしまいます。

手遅れになる前に、

行動してみましょう。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ862日目

 

 

おはようございます!

昨日は事務所にこもって

資料の整理や仕事の準備の日でした。

先週は水曜に事務所のイベントがあり、

それまでは準備などにバタバタしてました。

木曜は朝から税理士会の仕事で朝から夜まで名古屋。

金曜から土曜は氷見で研修講師のイベント。

日曜の昨日はフリー(^^♪

今日から三日間は東京で企業見学と

経営実践塾での学び。

この忙しい12月に、

ぜんぜん仕事が進まない・・・

 

 

というわけで、

仕事に集中する日を作ることは

とても大事です。

私は日曜に一人で職場で

モゾモゾ仕事してる時が

一番仕事が捗ります。

 

 

平日は周りから質問、相談、電話など、

集中が遮られますよね。

平日にしっかり集中したいときは、

ひとりで応接室にこもります(笑

電話にも出ませんし、

緊急以外は連絡しないで!とお願いします。

日曜だったら、

そんなこと気にしないで

マイペースで仕事ができるのです♬

 

 

私の日曜の仕事のパターンは、

まずスタッフの日報をチェックします。

これは日々の日課です。

そして、机周りの整理から始めます。

この整理整頓が大変なのです(^-^;

 

整理整頓 

 

ちなみに、

整理整頓の、

整理と整頓は、

意味が違うのです。

「整理」とは、

必要なものと必要でないものを区別し、

必要のないものを処分すること。

「整頓」とは、

整理して残したものを

次に使いやすいように

順序だてて配置することです。

 

 

私は整理に時間がかかるのですね。

まずは郵便物。

もう毎日たくさん届くんですよ。

いるもの、いらないもの。

これを分けて、いらないものを捨てます。

いるものは、

自分でファイリングするものと、

スタッフに指示するものに分け、

スタッフへ付箋などで指示をして

机に置いておきます。

 

 

次にメールです。

ある程度自動でフォルダ分けしているのですが、

手動でやるものもあり、

内容を確認しながら仕分けします。

すぐに返信できるものはその場で返信してしまいます。

 

 

次にいろいろな資料です。

会合に参加したときのもの。

今後の仕事や文章を書く時の資料、

勉強会などで活用できる資料など、

あちこちでいただく資料を、

今後使うものと使わないものに分けて、

使わないものを捨てます。

 

 

だいたい整理が終わると、

ドバっと重なった資料などの山を

せっせとファイリングやスキャンをします。

これが整頓というものです。

クリアファイルに入れてしまうパターンも

結構多いですね。

ファイルにまとめておけば、

次に確認するときも見やすいし、

新たに資料をもらった時にも

そこにファイルできます。

収納場所がはじめから定まっていると、

机周りがまとめやすくなりますね。

 

 

昨日は手帳のリフィルを

入れ替えもしました。

来年一年分のプランナーと

一年分のリフィルを収納するバインダーを

購入しました。

私はシステム手帳を使っているので、

デイリーの見開き2ページのリフィルを

3か月分程度、手帳にいれています。

ようやく来年分のが入り、

予定をバンバン書き込めます♬

 

 

こんなことをしているだけで、

2時間くらいたってしまうんです(^-^;

それから仕事。

・研修講師をする資料づくり

・申告書のチェック

・ブログを書く

こんなことをしているだけで

一日が終わってしまいました。

 

 

来年は自分自身の仕事をする予定を

事前に組み込んでから、

対外的な仕事を入れていきます。

そうしないと本当にしなければならない重要だけれど、

でも緊急ではない仕事が

やりきれなくなるからです。

クオリティタイムを設けて

仕事をしてきたつもりでしたが、

結局は周りとの仕事で時間を取られて

自分の仕事が後回しになってました。

日曜にやらなくても、

整理整頓ができている仕組みを

作りたいですね。

本当の意味でのプランニングが

来年の目標の一つです。

縁ある人を幸せにする目的のために、

組織を作るというビジョンがあり、

そのための日々の実践の始まりがプランニング。

来年が楽しみです。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.09更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ861日目

 

 

おはようございます!

昨日は久しぶりに雪を見ました!

富山県ではあられが降り、

帰りの飛騨の辺りで

雪がちらついていました。

もう12月なんですよ~。

少し冬らしくなってきたかな(^^)

 

 

さて、

先日開催した交流会で

ご講演いただいたときの

話しの中の言葉です。

「私は変人ですから・・・」

 

 

これはカレーハウスココ壱番屋の

創業者であられる宗次徳二さまの

言葉です。

著書のタイトルにも、

「日本一の変人経営者」

というとても分かりやすい

経営者向けの書籍を書かれています。

日本一の変人経営者

 

宗次さまが「変人」と言われる

その意味とは、

普通の人と違うという事を

言われています。

普通の人ではできないくらい、

仕事に、経営に、

時間と情熱をかけてきたということです。

普通ではできないということを

変人と揶揄されています。

 

 

 

私は変人でいいと思います。

実は昨日まで富山県の氷見で

イベントに参加してきました。

このイベントでは、

実行委員のお役をいただき、

参加者の方々に喜んでいただくことが

私の大きな目的でした。

 

 

でね、

このイベントの主催者の野原先生からの

挨拶の中でも、

「こんな超多忙な皆さまが

 この忙しい時期に

 能登半島の外れまで来られるなんて、

 皆さんは変人です。」

という発言がありました。

変人?

そう変人でいいんですよ。

普通の人の常識を超えて

行動する人のことを

変人という言葉で

表現されたのです。

 

 

人は自分の常識で

判断できないことを

なんとか片付けようとします。

その時に、

自分とは違う人を

変人として片づけます。(笑

人は自分が知っている範囲でしか

思考できません。

だから、

理解できない行動をしている人のことを

批判的であったり、

無関係を装ったり、

することが多いんですね。

一部の好奇心が強い人は、

質問をしたりして

理解しようと試みますね。

 

 

何が言いたいかというと、

普通の人が言う言葉を

気にしなくていいんです。

普通の人は普通のことしか言いません。

自分がやっていることを

同じ水準で理解できる場合以外は、

必要以上に

気を遣う必要はないのです。

ただし家族の言葉は

よく聞いてあげてね。

 

 

 

周りの目を気にして

行動しない人が

あまりにも多くない?

変人と言われるくらいが

丁度いいのではないでしょうか(笑

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ860日目

 

 

おはようございます!

週末に入りましたね。

私は富山県の氷見という場所に

いるんですね。

北陸の冬は。。。

風が強いです!(笑

でも大きな民宿で勉強しているので

外が寒くても気になりません(^^)

 

 

今日は午前中はお土産の買い物、

午後から帰ります。

昨日は質問中心のサミットという

研修講師の専門家の方々の

年に一度のイベントでした!

 

質問中心サミット

 

中小企業の後継者育成をテーマにして、

それぞれがアイデアを出して

考えました。

後継者育成っていうと

税理士の領域のイメージを

持たれている士業の方は

多いと思います。

でも、

誰でもその専門家になれるのです。

社会保険労務士の方、

プロの研修講師の方、

コンサルタントの方、

そして税理士も、

誰もが持っているそれぞれの知識や経験で

できることがあるのです。

もちろん専門家じゃなくても、

実体験からの経験を

伝えていくことだって

できるんですね。

 

 

あらためて今回のサミットの

学びとしては、

違うリソースの人でも

プロセスは色々あって、

やり方もいろいろ

あるということに

気づいたことです。

 

 

いろいろな人とのコラボもあれば、

自分でできる範囲を広げることも、

ある意味、

制限せずにやってみたら

いいと思いました。

 

 

 

あなたも自分の能力に

限界を作っていませんか?

やれることをリストアップしていくだけで、

仕事でもプライベートでも

諦めていたことが

案外簡単にできるかもしれません。

 

 

あなたの中にあるもので

できることを探していきましょう!

あらたに学ぶことばかりでは

ないかもしれませんよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ859日目

 

 

おはようございます!

今日は朝から北陸へお出かけ(^^)/

氷見で開催される、

質問中心の研修講師養成講座の

一年に一度のイベントに参加します。

研修講師として一流の方ばかりが集まり、

実習付きセミナーや晩餐会が

行われます。

 

 

ちなみに私も研修講師をしていますが、

本業でやっておられる方からすると

まだまだなのですが、

光栄にも今年の実行委員に任命いただき、

ずっと準備をしてきました。

ご参加いただける方々に

来てよかったと言っていただけるよう

全力でおもてなしをします。

 

 

質問中心というと、

どんなイメージを抱かれるでしょうか?

この質問中心のメソッドを手に入れると、

企業研修のカリキュラムが

ゴールから逆算で描けるようになります。

また、

参加者に質問を投げかけ、

考えてもらう時間を

何度も取っていきます。

だから講義の時間は

とても短いのです。

 

 

重要なのは、

知識を得ることではありません。

研修が終わってから

行動が変わることです。

行動が変わるためには

どうしたらいいと思いますか?

質問

 

答えは、

自分で気が付くことです。

自分でやろうと思ったことです。

人から言われたことは

人は続けることはできません。

せいぜい一時的なものです。

自分で納得して行動するためには、

どんな質問をすればいいか?

これがとても大切なのです。

 

 

上手な質問を重ねることで、

自分から行動したくなるように

なるんですよ。

ベテランの講師の方は、

2時間の研修でも、

レジメは3つくらいの質問が

書いてあるだけです。

私はまだその次元には辿りつきませんが、

参加者の行動変化を

起こしていきたいです。

 

 

知識だけを与えて

「いい話でした」

だけでは、

おそらく研修の効果は

ほとんどないでしょう。

 

 

質問中心のサミットで。

新しいネタを持って帰ります(^^)/

お楽しみに!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.12.06更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ858日目

 

 

おはようございます!

今週末は寒くなるようです。

冬の準備を怠らないよう

気をつけましょう!

 

 

さて、

昨日は弊所主催で交流会を開催しました。

本当に多くの方にご参加いただき、

まことにありがとうございます。

この場を借りて、

あらためて感謝申し上げます。

藤垣会計交流会

 

この交流会は、

私どもがクライアント様に対して

何かお役に立てることがないか、

色々考えた結果、

私たちのお客様同士のネットワークが

あらたなビジネスチャンスに

繋がるのではないかと考えました。

もちろん本業である税務申告を基盤に、

会計業務、事業計画作成、

銀行融資対応、相続対策など、

関連業務はいろいろあります。

しかし、

お客様同士をおつなぎするという場は

設けてきませんでした。

 

 

というか、

大々的にイベントをするというのを

躊躇していました。

うちなんかが、

そんな派手なことをして・・・

なんて勝手に思ってました。

しかし、

本当にお客様のためにできることを

考えていくうちに、

今回のイベントにたどり着きました。

 

藤垣会計交流会 

 

小さなセミナーは定期的に開催してきましたが、

ホテルを会場にすることや、

人数も多くお集まりいただくというのは経験がなく、

私以外のスタッフたちは

どうしたらいいのか不安でした。

 

 

だから、

とにかく準備に時間をかけました。

はじめは上からやらされてる感も

ありましたが、

それぞれ役割を決めて取り組むうちに、

全員が主体的に行動してくれました。

何度も打合せをしながら、

全員で情報を共有しながら

進めてくれていましたので、

私は安心して任せていられました。

とても心強いスタッフ達です。

彼らの頑張りにあらためて感謝ですね。

 

 

 

交流会は岐阜未来の会と名前を変えて

今後も継続していきます。

2回目、3回目と回数を重ね、

より喜んでいただける場に

していきます。

 

 

「準備8割」

という言葉があります。

物事が成功するかどうかの8割は

準備で決まると言います。

しっかり準備ができていれば

相当細かいところまで

シミュレーションできています。

残りの2割は現場力で

なんとか乗り切れます。

初めて開催の交流会でしたが、

本当にやってよかったと思えました。

 

 

そして、

一番準備が整わなかったのは

私の声の調子でした(^^;)

結局かすれ気味の声で

失礼しました!

 

 

あ、尊敬する経営者の宗次さまに

ご講演いただけたのは、

生涯の思い出に残りました♪

ありがとうございました。

宗次様と

 

また次回の交流会に

ご期待くださいませ(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.11.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ852日目

 

 

おはようございます!

今週もあっという間の金曜ですよ!!

なんて早いのでしょう。

今日で11月も終わってしまいますしね。

月末で年末に近づくというのに、

今日は税務調査なのです。

と言っても半日限定です。

税務調査にもいろいろありまして、

今回は所得税の調査です。

税務署の立場だったら、

これは実態を確認しておかないと

いけないだろうなっていう案件です。

いろんな調査がありますが、

目的が先に見えていると

安心して臨めますね(^^)

 

 

さて、

今日は金融機関との関係性の話です。

私がよくお伝えしているのは、

「金融機関とは

 ちゃんとお付き合いしてください!」

ということです。

融資はできれば二つの金融機関から

受けてくださいとも

お伝えしています。

金融機関の担当者は良く変わります。

支店長もよく変わります。

相性が良かったり、

当社に対して理解がある人ならいいのですが、

たまたま相性が悪かったり、

理解がない人だったとき、

すぐに融資が受けられるか、

心配になりませんか?

だから二つの窓口を持っておくように

お伝えしてるのです。

 

 

金融機関が初めて融資をするときは、

相当慎重な審査をします。

条件も厳しかったりします。

しかし、

一度融資を受けていると、

毎年決算書を見てもらうことになるし、

当社の担当者が付きますので、

関係性は深くなります。

だから次の融資を受ける時には、

かなり時間も早くなるし、

ハードルが下がるのです。

いざという時に

すぐに動いてもらうために、

必ず二つ以上の金融機関との

融資の取引をしてください。

 

銀行

 

 

昨日は、

ある金融機関の支店長様が

事務所にお越しいただきました。

うちのクライアント様を何とか助けていきたい。

「会計事務所、他の金融機関とも

 連携をしていかなければならないので、

 ぜひよろしくお願いします」

こんなご挨拶をいただきました。

私もこのクライアント様を

なんとか助けていきたいと

ずっとサポートしてきましたが、

限界感があり困っていたところでした。

 

 

金融機関が主体的に助けたいと言ってくれるというのは

とてもありがたいことです。

厳しい銀行だと、

面倒くさいことは避けて、

その貸し先から手を引こうとしてきます。

そうではなく、

立ち直るために一緒に手助けしていこうと

言っていただけるとは、

とても良好な関係性を作ってきたんだと

感じました。

 

銀行 

 

金融機関のサポートとなると、

元金の返済の猶予をしてくれます。

他の金融機関との連携した動きも

期待できるので、

大きく資金繰りが楽になります。

また、

返済しなければならないという気持ちが入るので、

金融機関からのアドバイスは

ある程度の強制力があり、

実効性が高い気がしてます。

 

 

中小企業は単体では

成り立ちません。

いろいろな関連部署に支えられ

現在があるのです。

そういう意味では

いざという時に

手のひらを返されるのではなく、

助けに入ってくれるような

関係性作りを日頃からしていることは

とても大事ですね。

 

 

金融機関の担当者との話は

苦手だという人が多いのですが、

ぜひ積極的にお話をするように

してみてください。

きっと力になってくれますよ(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.11.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ850日目

 

 

おはようございます!

昨日は静岡のある取り組みで有名な会計事務所へ

事務所見学に行ってきました!

風邪の兆候か喉を傷めてしまい、

さらに椅子が体に合わなかったようで

酷い腰痛も併発してしまい、

昨日はボロボロになって帰宅しました(^^;)

今朝は腰の方はなんとか回復しました!

 

さて、

その会計事務所様は

いろいろな取り組みをされていましたが、

すべて一貫性がありました。

スタッフたち全員で

・お客様の紹介をいただけないか?

・どうしたら同じ業務を

半分の時間で済ますことができるのか?

こんなことを、

スタッフさんたちが委員会を開いて

一年かけて取り組んでおられるそうです。

組織の作り方そのものから

今の私達とは異なっていて、

今のその税理士法人様を見ると、

とてもそんなことできないって感じます。

 

 

しかし、

それは当たり前です。

10年以上の年月とコストをかけて

今の状態を作り上げられたのです。

 

 

私達も、

今できることから

臆することなく

新しいチャレンジを

継続していこうと心に決めました(^^)

 

標準化

 

まずは業務の標準化と分業化。

業務工程を各担当者から

ヒアリングしながら、

うちのパターンというものを

見つけ出していきます。

 

 

また、

確定申告の案内状の送付など、

毎年決まってる業務は

機械的にできるように

自動化していきたいです。

 

 

やりたいことは沢山ありますが、

今できることを探します。

ちょうど今週末は、

事務所のメンバーで業革会議を行います。

担当者などに聞けば聞くほど、

それぞれがいろいろなやり方で

仕事をしているんだなぁと

感じる時間です。

今回の会議も楽しみです。

 

 

あなたの会社でも、

業務の標準化は進んでますか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.11.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ849日目

 

 

おはようございます!

今日は静岡の会計事務所の見学会。

職場の仕組みづくりが普通?というか

普通の会計事務所が特殊なんです。

だから普通の企業のような組織づくりができていることが、

私から見たら特殊に見えてしまうんです。

現場を見ることで分かることを

吸収してきます!

 

 

さて、

つい先日、スタッフと話していたのですが、

藤垣会計のお客様は

事業承継をする年代の経営者様が多いのです。

ここもそう、

あそこもそう、

あぁ、あそこもだ。

それぞれの法人ごとに形が違いますね。

それが難しくもあり、

面白くもあるのです。

 

 

 

事業承継には、

1.親族内承継

2.親族外承継

3.M&A(外部へ売却)

などが考えられます。

 

事業承継

 

身内の後継者がいる場合は

比較的イメージしやすいので、

進めやすく感じます。

5年位前から先代経営者の退職の時期を決めて、

その時期に向けて進めるのですね。

と言っても、

株価の対策、

退職金のこと、

承継後の組織の形、

そして後継者育成です。

私たちは税理士として関わると、

株価のことや退職金など

お金にまつわることが中心です。

最近では、

後継者育成という研修も

企画できるようになってきました。

また、うちのコンサルティングスタッフが

「後継者向け経営塾」

というものを企画してくれています。

講座で学べることの大枠は

完成しているようなので、

リリースするまであと少しなのかな?

概要が固まったら

このブログでご紹介しますね!

 

 

でね、

親族内の承継だけではありません。

親族で候補がいなければ、

社内の幹部などが後継者となる場合もあります。

ちなみに、私の場合もそうでした。

藤垣会計の前身は羽田野会計事務所といいます。

我が師の突然の訃報により

強制的に事業承継を受けることになりました。

親族ではない場合の難しさは

実体験として経験しました。

相続人の方々との関係性にも

大きく影響を受けますので、

先代経営者が健在なときに

承継を済ませておくのがポイントですね。

 

 

ちょうど今、

事業承継のコンサルをさせていただいているお客様が、

この親族外の幹部様への承継になります。

無事に現社長が退職するまで、

フォローしながら、

次期社長がスムーズに発進できるよう、

サポートをしています。

私たちのコンサルの価値は、

第三者の立場で間には入れることです。

お互いが話すと言いにくいことでも、

第三者の私たちが入ることで

上手く伝えることができます。

それだけでもコンサルをつける価値があると

私は信じています。

 

 

 

親族での承継、

親族外の承継、

そしてM&Aでの承継。

M&Aというと難しそうに聞こえますが、

基本的には事業譲渡か株式譲渡で

ほとんどが整理できます。

案外シンプルなのですよ。

難しい交渉は仲介会社がやってくれます。

仲介会社に多くの手数料を支払う必要はありますが、

マッチング先を探してきてくれるというメリットは

自分だけでは絶対にできないことです。

手数料以上の価格で会社を買ってもらえれば、

それだけで価値があるのではないでしょうか。

事実は一つ、

解釈は無数。

会社の後継者がいないという事実、

そしてどうやって会社を残していけるか。

解釈次第では、

ほんとうに様々な対応方法が考えられます。

 

 

あなたがもし承継する側だとしたら、

いつ、

誰に、

どんな方法で、

事業承継をするのか、

ある程度考えておきましょう。

タイミングやご縁ということで、

承継するチャンスを

逃してしまうこともあります。

目をそらさずに、

ちゃんと考えていきましょうね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030