2019.05.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1031日目

 

 

おはようございます!

今月もあと三日です。

まだまだ3月決算の仕事がありますので、

今朝は早朝出勤して仕事をこなしてます(^^ゞ

夜に仕事をするより、

精神的にも身体的にも

健康的ですね。

 

 

今日はうちのワンコの話をしますよ~

柴犬の女の子で8歳になります。

マンションで一緒に暮らしているんです。

人が好きで、

毎朝の散歩の途中に

コンビニがあるんですね。

必ず入り口の自動ドアの近くで

お座りをします。

ワンココンビニ

 

 

何をしてるのかって?

コンビニのお客さんに

撫でてもらうのを

待ってるんですね。

 

 

7,8人に一人くらい、

「わー、お座りしてるのー?」

と言いながら笑顔で撫でてくれます。

それを待ってるんですよね~。

いつまでも待ってられないので、

オヤツで釣って散歩に戻ります(^^)

 

 

 

でね、

ワンコとしても

「この人に撫でてもらいたい!」

という場合と、

「この人は嫌だなぁ。」

というのがあるみたい。

 

 

犬が好きな人の特徴は、

・声のトーン、

・落ち着き、

・犬の習性をある程度知っている、

・オヤツをくれる

などですね。

 

 

一番最後の

オヤツをくれる人のことは、

最敬礼な感じです。

うちのワンコも

ご飯かオヤツか

おもちゃか散歩のために

生きているように感じますね。

ワンコ待て

 

 

 

でね、

声のトーンが甲高い人は

あまり好かれません。

攻撃的に感じるのかな。

また、

落ち着きがない人も

避けられます。

特に子供は苦手ですね。

突発的に触ってきたりするので、

不安があるのでしょう。

うちのワンコも子供が触ろうとするときは、

私がちゃんと座らせてから

触ってもらいます。

子供に触ってもらっているときの

なんとも微妙な顔をしてるのが

面白いですよ。

 

 

でね、

人と人とのコミュニケーションも

近いものがあると思うのです。

本能的に感じる不安や恐怖は、

ワンコでも人でも

似ていると思うのです。

 

 

犬は目と目が合うのを苦手としてます。

それは信頼関係がない場合です。

人との関係性も似ていて、

人間関係ができていない人とは

目を合わせるのが苦手な人が多いです。

逆に、

関係性があるときは

ワンコでも目と目を合わせられますし、

人もそうですよね。

目をサッとそらす人は

信頼関係を作りにくいです。

ワンコ目を合わせる

 

 

私が他のワンコと接するときに

最初に意識するのは、

こちらから手を出さないこと。

少し近づいて、

ワンコの方から

匂いをかいでもらうように

うながします。

向こうからクンクンと

匂いを嗅いでくれたら、

少し触ってあげて

スキンシップをとるんですよね。

 

 

初対面の人とお会いするときでも

いきなり自分からガツガツと話していくより、

相手に話してもらい

傾聴の姿勢をとることが

大事ですね。

ワンコからも

コミュニケーションについて

学べることが

沢山あるのですよ(^^♪

もえ

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.12更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1014日目

 

 

おはようございます!

今朝は日曜なので

あまり仕事をしないように

ゆっくり過ごそうかな。

午後はゴルフのレッスン♪

6月はコースに出られそうなので

頑張ってスコアを上げたいです!

 

 

さて、

先週のことですが、

アチーブメント名古屋営業所にて

経営実践塾の卒業生メンバーの

勉強会に参加しました。

同じ税理士をしている菅原先生の話しを

お聞きしたのですが、

「私が学び続ける理由」

というプレゼンでした。

菅原先生はSMGの代表で、

全国に数か所の拠点を置く

士業グループをまとめておられます。

私が尊敬する経営者の一人です。

 

 

アメブロで毎日ブログを書かれていて、

税理士ブログでは1位なんですよね。

同じブロガーとして

刺激を受けます(笑

 

 

 

でね、

私が学び続ける理由

いろいろあります。

単に勉強好きということ、

人にいろいろ教えてあげることが

好きなので、

そのために学ぶというのも

理由の一つです。

そして一番大きな理由、

それは、

うちのスタッフ達を

もっともっと引き上げてあげたいから。

 

 

 

人は自分が成長しているところまでしか

人には影響を与えられません。

自分が貢献している範囲までしか

人は付いてきてくれません。

会社など組織では、

経営者の器までしか

組織は大きくなれません。

だから経営者は

学ぶ必要があるのです。

 

 

何を学ぶかというと、

マインド(考え方)、

スキル(技術)、

ナレッジ(知識)、

ですね。

技術と知識は、

自分の仕事における専門性です。

専門性が高いのはプロフェッショナルとして

必須ですよね。

専門性が低いということは、

その人に頼まなくても誰でもできるということです。

専門性は高めて当たり前です。

 

 

でね、

専門性ばかり高めてしまう人が

多いのが現実です。

考え方が悪い方向に行き過ぎると、

最悪なことになります。

税理士を例えると、

脱税に手助けして

税理士資格をはく奪される人がいます。

これは資格をどう活かすかという

考え方に問題があったわけです。

だから考え方、

超重要です!!

 

 

先日の勉強会で

一番共感した菅原先生の言葉は

仲間に学んでほしい理由でした。

「縁ある方々の成長と幸せを

 本気で考える人になってほしい。」

「幸せになる考え方、解釈を

 身につけてほしい。」

とのことでした。

私もうちのスタッフに

正にこうなってほしい!

と感じました。

自分だけが学び成長するのではなく、

学んだことを伝えたいし、

同じ学びを共有して

一緒に成長・成功したいんですよね。

ホント、

そう思ってます。

成長

 

 

 

お金のブロックパズルセミナーはコチラへ

未来経営セミナー5月15日(水)

 

藤垣会計トップページへ


最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1013日目

 

 

おはようございます!

今朝は早朝から東京へ行くはず・・・

でしたが、

キャンセルしました。

著名な方が主催で楽しみにしていた

セミナーでした。

申込みが遅かったからか

詳細の連絡がこなくて、

メールをしても返事が来なくて

セミナー会場も分からなくて

参加できませんでした(-_-;)

自分の主催するセミナーでは

同じようなことがないよう、

反面教師としての学びをいただきました。

とはいえ、

返金はしてくれるのだろうか・・・

 

 

さて、

今日はクライアントの経営者の方から

よく聞く言葉です。

社員さんのモチベーションについて

相談を受けることがよくありますが、

「どうやったらモチベーションが

 上がりますか?」

とか、

「どうやったら

 やる気が出ますか?」

と聞かれることが多いんですね。

みなさん、

どう思います?

 

 

そもそも、

「モチベーション」と

「やる気」は違います。

そして似た言葉で、

「テンション」や「本気」も

意味が違うのですね。

 

 

モチベーションと比較されるのは、

テンションです。

気分や周りからの影響で

上下するものがテンションです。

テンションが上がった!

テンションが下がった!

って言いますね。

テンションに近いのは「やる気」です。

テンションが

上がったり下がったりするように、

やる気も起きたりなくなったりします。

外的影響を受けやすいものが

やる気なのですね。

だから、

やる気を継続するって

大変なのです。

簡単になくなってしまうから。

 

 

 

では簡単になくならないもの、

それが「モチベーション」であり、

「本気」です。

モチベーション

モチベーションは内発的動機付けで

上がるものとされています。

どういうことかというと、

短期的で思いつきのような

目標ではなくて、

長期的に考えている夢やビジョンと

紐ついたものから

得られるものです。

だからモチベーションというのは

急に上がったり下がったり

することはないのです。

上がったり下がったりしてるのは

テンションです。

 

 

自分自身の人生の目的が

明確になれば、

その目的に向かっていく過程で

上手くいったりいかなかったりしても、

モチベーションは変わらないはずです。

その都度上手くいけば気分が上がります。

これがテンション。

 

 

人が自分の目的をかなえるために

覚悟を決めたとき、

それが「本気」ですね。

本気であれば言い訳をしません。

どんな困難があろうが、

乗り越えるために方法を見つけて

行動しますね。

単なる「やる気」と違い、

減ったりなくなったりすることはありません。

 

 

利益を上げることだけに

目が行ってしまっている会社では、

目的が見えないので、

モチベーションがあまりありません。

そんな中でノルマ達成とか

毎日厳しく言われると

社員さんは疲弊してしまいますね。

やはり、

仕事の目的が明確であり、

自分自身がその仕事をやりたいと

思っていなければ、

本気になれません。

だからモチベーションもありません。

 

 

 

理念だけでも会社は成り立ちませんが、

利益だけを追求しても、

人はついてきません。

そのバランスが、

理と利の統合なのです。

弊所でもスタッフ達の目的を

もっともっと明確にしてあげないと

いけないなぁと思います。

 

 

あなたはモチベーション高いですか?

それともそれはテンションですか?

 

 

 

お金のブロックパズルセミナーはコチラへ

未来経営セミナー5月15日(水)

 

藤垣会計トップページへ


最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.06更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1008日目

 

おはようございます!

いよいよ史上最長のGWも

最終日になりました。

明日からの志事に

備えましょう!

 

 

さて、

私のGWは前半は仕事とマラソン、

後半は旅行に行ってきました^_^

フェリーを使って車で九州まで

行ってきましたよ。

車の運転が長くなると、

事故をしないように

特に意識が高くなりますね。

 

 

車の事故といえば、

最近は高齢の方の運転について

いろいろニュースで聞きますね。

運転があやしい人はもみじマークでも

確認できますから、

相手の運転について

問題視する前に自分で先に

気がつくようにしてます。

前の方が遅いなぁと思ったら、

高齢の方がいるのかなぁと

思えばいいのです。

頑張っても運転技術は

変わりませんから、

焦らず平常心でいることを

大切にしてます。

 

 

ところで、

最近では煽り運転についても

問題になってますね。

幸い私はあまり煽られた経験はありません。

あ、数ヶ月前に堤防の上の道で

若干あおり運転みたいなのを

受けました。

そういう時は

キッチリ法定速度内で

ゆっくり走るようにしてます(笑

 

 

トヨタに勤めている

幹部の人に聞いた話ですが、

トヨタでも若者はあまり運転が

できない人がいるそうです。

トヨタに勤めているので

てっきり皆んな運転が好きなのかと

思ってました。

運転免許を取って

5年以上経ってるけど

一年に一度くらいしか

運転しないんだそうですよ。

運転する時はレンタカー。

高速道路はまだ2回目とか。

だから若者だからといっても

運転が上手いとは言い切れません。

思い込みは捨てましょうね。

 

 

でね、

ある運転経験が少ない人が、

いつも煽られると言ってるようなんですよ。

彼と同行した先輩社員の人が

驚いたそうです。

彼が運転してると急に大声で

「あ!僕、いま煽られてます!

 警察に電話してください!」

その先輩社員は

「いやいや、

 煽られてるんじゃなくて、

 お前の運転が悪いんだよ!」

と答えました。

その彼の運転は、

高速道路で雨の予報が出ていたため

制限速度が遅く訂正されていたそうなんです。

でもほとんど雨は降ってなくて

運転は何も問題ないため、

周りの車は普通に飛ばしてました。

しかし彼は真面目なので

キッチリ法定速度を守ってるんですね。

確かに正しいです。

でも周りから見ると

超低速運転してるその車が

逆に危険で思わず煽ったみたいに

なってたみたいなのです。

 

 

法定速度はもちろん守らなければなりませんが、

周りの波にのることも

道路では重要です。

自分だけ正しく運転していても、

相手がいるから事故になることが多いのです。

自分の正しさを優先するあまり、

周りから見たら正しくない状態に

なっていることに、

自分では気がついてないのです。

そして、

いつも煽られるそうなんです。

 

正しさ

 

普段の生活の中でも、

あなたの正しさを優先させようとして

周りと摩擦を起こしてませんか?

喧嘩なんて正しさのぶつかり合いです。

自分の正しさを優先させることが、

相手を傷つけてまで

する必要があるのでしょうか?

 

 

何か周りと自分が合わないことがあったら、

もしかしたら自分の正しさが

おかしい?

なんて振り返ってみてください。

案外どうでもいいことで

問題は起こるものです。

 

 

 

お金のブロックパズルセミナーはコチラへ

未来経営セミナー5月15日(水)



藤垣会計トップページへ


最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.03更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1006日目

 

 

おはようございます!

今朝は旅先からブログを更新しますよ。

旅先でも出張先でも

毎日ブログを書いてます。

旅先でネタが見つからず、

組織の話しをしますね。

 

もえと旅行 

 

一昨日のブログでは、

理念とビジョンは金太郎飴、

個性は100%尊重すると書きました。

違いは違いであって、

間違いではない、

とね。

 

 

でね、

こういう話しをすると、

個性を伸ばしてあげようと

考えたり関わったりしょうと

思ってしまいがちですね。

でも、少し違うんですよ。

 

 

ちょっと微妙なところなので

今日はあらためてここにフォーカスして

書いてみようと思います。

 

 

新入社員が入ってきたときって、

知識はゼロ、

お客様との対話のスキルもゼロ、

考え方もまだまだ未熟です。

こんな新入社員にももちろん

個性ってあるんですよね。

例えば、

人見知りせず、

誰とでも仲良くなれる性格が

個性だとしたら、

それって伸ばす必要はあるでしょうか?

その個性って上司が無理やり潰そうとしない限り、

無くなるものではないと思います。

ただ、

本人が自覚していないと、

その良さを生かせない可能性はあります。

自然と会話をすれば

すぐにお客様と打ち解けられるのに、

最初に〇〇の話しをして、

その話から〇〇に展開させなさい。

などと個性を発揮させないように

教育したとしたら、

せっかくの良さが台無しですね。

逆に言えば、

そうやって潰さない限り、

本人の強みを知っていてあげれば、

新入社員の時でも、

ベテランになってからでも、

その強みは発揮させてあげられるのです。

 

 

いっぽう、

個性や強みとは違い、

知識やスキル、考え方は、

入社して年数がたつほどに

成長していかねばなりません。

だから3年目であれば〇〇ができるようになっている。

7年目だと〇〇ができている、

というように自分が

何を身につけなければならないか、

それを体得していくことが求められます。

上司は部下には何の知識や能力を

身につけなければならないか、

それを把握し助言していく必要があります。

上司は自分の学び成長してきた

プロセスを踏まえ、

部下の成長が俯瞰的に

見えるはずだからです。

 

 

上司は個性を潰さず見つけてあげること、

そして、

足りない知識、スキル、考え方を示し、

その成長を支援してあげることが大切です。

まぁ、

自分でどんどん成長する若手もいますし、

逆に先輩が後輩から追い上げられることも

良い刺激になるのでしょうね。

 

伸ばすのは、

知識、スキル、考え方です。

生かすのが、

個性だという話しでした。

個性は最初からしっかり持ってますからね(^^ 

 

 

常に成長している実感を持ち、

そのうえで自身の強みが

活かされている職場は、

通うのが楽しい笑顔がみられる

職場ではないかと思います。

自分の強みが活かされるということは、

必要とされていることを

実感できるからですね。

 

 

 

 

 

お金のブロックパズルセミナーはコチラへ

未来経営セミナー5月15日(水)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.01更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1004日目

 

 

おはようございます!

はじめまして!令和!

今日から令和の時代に入りました!

と言われてもピンときませんね。

まだ違和感ありますけど、

すぐに慣れていくんでしょうね。

 

 

平成最後の日の4月30日は

早朝から名古屋で勉強に行ってきました。

その後は事務所へ戻って仕事でした(^^)

アチーブメント名古屋支社にて

管理者向けの勉強会に

参加してきたのですが、

頭で分かっていても、

自分事になるとなかなか難しいことに

あらためて気づかされました。

 

 

人にはそれぞれ個性があります。

組織で管理する側に回ると、

どうしても自分と同じように

仕事ができる人に育てたくなるものです。

それは誰もが考えてしまうのですが、

それでは上手くいかないのです。

そもそも、

自分と同じように仕事ができるようには

人は育てられないのです。

だって人にはそれぞれ個性があります。

だから強みと弱みは

みんな違うわけですからね。

 

 

弊所では企業研修をするときに

受講される方々に効き脳診断を

してもらっています。

これも人は違うということを

認識するためのツールですね。

人の思考スタイルを

4つに分類して見える化します。

自分のグラフを見て、

相手のグラフを見れば、

どこが違うのかがわかるんです。

だからこそ、

それぞれの強みを活かして

目標に向かっていくことが

重要なんですね。

効き脳診断 

 

 

アチーブメントの青木社長は、

「理念とビジョンは金太郎飴、

 これはどの社員であっても

 違いがってはならないもの。

 しかし、

 個性はそれぞれ違っていていいのです。」

同じ目的目標を目指して働くのが、

その会社にいる存在理由です。

だから、理念とビジョンに対しては

ズレていてはいけません。

そこが違う人は会社を辞めるべきです。

だけど、

その目的を達成するために、

それぞれの個性を最大限生かしていくのです。

 

 

人はそれぞれ違うもの、

だから違いは違いであって、

それは間違いではないのです。

 ついつい弱みを見つけて、

それを何とか良くしてあげたいと

注視してしまいます。

しかしそうではなくて、

できてることを見てあげることを

しなければいけないんですよ。

 

 

 

ただし、

知識が足りない、

考え方が間違っている、

やり方を知らない、

などは個性とは違い、

学ぶべき事です。

いや、

社員たるものは、

一定水準のレベルまで

学び成長する義務があるんです。

経営者は育てる義務があり、

社員は育つ義務があるのです。

社員も周りや会社の

不足していることばかりに目を向けず、

まずは自分の不足に目を向けることを

忘れてはいけませんね。

 

 

簡単にまとめると、

持って生まれた個性の部分と、

学び成長していくことで身に着けていく部分は、

分けて考えるということです。

個性は生かすものです。

学ぶべきことは学んで成長すべきなのです。

 

 

 

そういえば、

先日開催されたぎふ清流ハーフマラソン、

この大会には弊所から

5名の参加者で臨みました。

2名が完走経験がなく、

全員完走を目標にして

練習を重ねてきました。

 

全員完走

 

練習のペース、

走り方などは、

本当に人それぞれだと思いますが、

結果的に全員が目標を達成して

完走できました!

共通の目標に向かって

やり方はそれぞれ考えて

臨んだのです。

個性はそれぞれでも、

共通の目標は達成されるということ。

会社も同じで、

個性は違えど

それぞれがスキルやナレッジを成長させ、

共通の目的目標を達成することを目指します。

まずはマラソンで全員完走することで

一体感を得られたことが

嬉しかったですね。

応援いただいた方々には、

本当に感謝いたします!

 

 

 

お金のブロックパズルセミナーはコチラへdown arrow

未来経営セミナー5月15日(水)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.04.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ983日目

 

 

おはようございます!

今朝は早朝から大阪に向かいます。

スタッフと二人で勉強してきます。

今日の話はまたどこかで^_^

 

 

さて、

一昨日は名古屋で同窓会に

行ってきました。

同窓会といっても

中学や高校の同窓会ではありません。

この私が毎日書いてるブログの仲間たちとの

同窓会イベントがありました。

 

 

ブログの師匠の板坂裕治郎さん

先日4000日目のブログを更新されてました。

塾生も1000人を超え、

毎日ブログを1年継続できた人たちが

数多くなってきたので、

365日の先の話しを聞かせてもらい、

セミナーもしていただきました。

 

 板坂裕治郎氏

up arrow見た感じでわかるでしょうが、

グサグサ刺さる言葉が数多くあり、

ブログを1000日でやめようかと

考えていたのが、

軽率だったと反省しました。

だから継続しますよ(^^)

 

 

 

セミナーの中で、

二宮尊徳の話が出ました。

「道徳なき経済は犯罪であり、

 経済なき道徳は寝言である。」

という有名な言葉を残された人ですよ。

ただの学校の端で

薪を背負ってた人ではありませんからね。

二宮尊徳

 

 

 

最近ではレオパレスの賃貸アパートが

ニュースで話題になりましたよね。

欠陥アパート問題です。

完全に自分の利益だけを考えた

組織的な手抜き工事でしたね。

私のクライアント様も

レオパレスのオーナーなので、

保証のことを心配してました。

 

 

でね、

道徳とは「想い」。

経済とは「儲け」。

師匠はこの二つがないと

経営は成り立たないと言われます。

まさにその通りですね。

どちらが欠けてもダメなんです。

レオパレスは「儲け」だけに走り、

「想い」を失くしてしまった事例です。

お客様からの信頼を失いました。

自分だけのことを考えていては

経営者失格なのです。

 

 

 

ちなみに板坂師匠いわく、

「思い」と「想い」

は全く違うそうです。

「思い」は自分の田んぼのことに

心を使ってる状態、

つまりフォーミーな状態です。

「想い」は相手に心を使っている、

つまりフォーユーな状態です。

自分中心か相手本位か、

まったく真逆です。

 

 

想いと儲け、

これは「理」と「利」のことです。

「理」とは、

理念、真理、理想の理。

「利」とは、

利益、利潤、営利の利。

この理と利を合わせることが

経営の本質です。

道と経済に一貫性を持たせること、

これを実践していく経営が

理念経営なのですね。

 

 

話しが長くなるので

今日はこれくらいで(^^)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.04.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ980日目

 

 

おはようございます!

昨日は一日オフでしたが、

やらなければならないことが沢山あって、

予定がびっしりでした。

家庭も楽しみも全力でやることが

ストレスがたまりません。

疲れたら休めばいいんですよ。

 

 

さて、

経営計画ネタで引っ張りますが、

組織の人数が増える予想を

立てたりしますよね。

3年後に何人になるかなぁと

想像するんでしょうが、

どうやって想像しますか?

 

 

3年後に4人増員と

数字だけ聞いても

どういうプロセスで

増えていくかを想像してないと

実現しません。

いきなり4人も人は増えませんし、

一人増えても

組織の形は変わっていきます。

一人増えるごとの

人事異動を考えながら

経営計画を作るのは

なかなか現実的ではありません。

人は辞めていくかもしれませんし、

実際に想像したような

組織構成になるとは限りません。

 

 

だからね、

逆算で考えるしかないんです。

望む組織図をイメージして、

逆算してそうなるように変えていくんです。

ゴールから考えていかないと

いつまで経っても

組織は形が変わらないんです。

 

 組織図

 

だけど注意しなければならないのは、

人はすぐには変われません。

変われる人もいれば、

なかなか変われない人もいるので、

スピード感がそれぞれ違うのです。

こんな組織に変えよう!

っていきなり変更すれば、

働く人がついていけなくなって

壊れてしまいます。

 

 

一歩一歩少しずつ

イメージする形へ

近づけていきたいですね。

 

 

ポイントは、

簡単に想像できる延長線上ではなく、

ちょっとイメージできないけど

なんとかできるかも!って

感じられる程度の遠くに

ゴールを設定することです。

皆で考えていけば

何とかなる!

そうやって計画は実践していきます。

 

 

経営計画を作って

社員さんたちと共有したいと

感じられた方は、

ご相談に乗りますので、

ぜひお声がけしましょう。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.04.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ979日目

 

 

おはようございます!

桜がきれいな暖かい日曜、

いかがお過ごしですか?

 

 

一昨日の経営計画発表会を、

事務所スタッフの全員(パートさん除く)と

サポートいただくコンサルタントのお二人で、

3時間にわたって開催しました。

 

経営計画

 

経営計画書って、

数値面の計画書を作る機会は

とても多いのですが、

あらためて自身のものを作るというのは

初めての機会でした。

 

 

というのも、

経営って一人でやるものじゃないでしょ?

人にどれだけ働いてもらうか、

なんですよ。

だから経営者は、

人が働きやすい環境や仕組みを

考えることが仕事なのです。

 

 

私は税理士なので、

お客様の事業の計画書は

数えきれないくらい作ってきました。

一番多いのは銀行への融資のためのもの。

時には民事再生法の適用のため、

裁判所や債権者に向けて

作ることもありました。

 

 

そして最近では、

コンサルティングするときに

キャッシュフロー計画表と呼ぶ資料を

作っています。

これは経営者が経営判断のために使うもので、

一枚の計画表で半年先、一年先のお金の残高が

分かってしまうという優れもの。

 

 

ただ、

どちらの計画にしても

相手は銀行など債権者か本人向けでした。

 

 

でね、

今回弊所でやった経営計画発表会では、

債権者向けでも自分向けでもなく、

社員向けのものでした。

これは相手が違うと

目的が変わってきます。

だから内容も大きく違ってくるんです。

全く別物ですよ。

 

 

銀行などに向けた計画書は、

その事業が確実に進み、

返済が滞ることがないかどうかを

判断するためのものです。

だから必要な支出が抜けていないか、

売上の数字に根拠はあるのか、

などを意識して作ります。

 

 

では、

コンサルで使う計画表はどうかというと、

これは自分の状態を確認するために

作成しています。

今現在予定されている支出や、

検討している支出を入れたときに、

先の資金繰りがどう変化するかを

確認するために作ります。

だから、仮定の項目を入れたり外したりして

確認していきます。

だから人に見せても、

よく分からないこともあるかもしれません。

 

 

 

経営計画発表会の目的は

何かというと、

経営陣と社員側が将来の会社のイメージを

共有するために行います。

だから、

経営者一人で作るのではなく、

経営者と幹部たちで作ります。

そして、

数値の計画はほとんどありません(^-^;

まぁ、ちゃんと計画はしているんですけど、

詳細な数値情報までは、

発表会では伝えませんでした。

だって、

スタッフ達にはあまり興味ないところですから。

 

 

一番興味があるのは

働く環境や組織が

どんな風に変わっていくのか?

自分が直接かかわることにしか

人は興味を持ちませんよね。

 

 

今回の計画では、

組織図が一般的な会計事務所のものから、

一般的な企業の形へと

変えていく活動を進めていくことが

肝の部分でした。

どこまで伝わったかは

またスタッフ達に話を聞いてみます。

一緒に何かを取り組んでいくって

期待感があって楽しいですね。

仕事は楽しくなければいけないなぁと

あらためて感じてます。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.04.06更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ978日目

 

 

おはようございます!

昨日は事務所の経営計画発表会を

開催しました。

身内以外では外部の方をお二人お招きし、

なんとか無事に開催できました。

 

 

起業されたり、

会社をあらたに設立されるときって、

最初は自分自身の生活のことを

考えてしまいますが、

独立した以上はサラリーマンと違います。

今の生活のこと以上に、

将来のことを考えてください。

 

 

今が調子いいからと言って

遊びに時間を使ってしまうと、

手遅れになるかもしれません。

売上が伸びなくなってから

手を打っても遅いのです。

 

 

何もしなければ、

売上は下がってきます。

 

これ鉄則です。

頑張って営業活動をしているから、

維持していたり、

伸びているのです。

「それでも売上が下がります」

という人は、

言葉が厳しいですが、

何かが足りていないのです。

単に努力不足なのか、

努力する方向が間違っているかです。

 

 

ということで、

経営者は時間を常に大事にしましょう。

もちろん家族との時間も必要不可欠です。

その大切な時間をとれるように

ビジネスをプランニングするのです。

 

 

 

時間だけではありません。

お金の使い方です。

利益が出たからと言って

私利私欲に使ってしまうのは

もう論外です。

遊びに使わなかったとしても、

貯金に回すのも

よく考えましょう。

 

 

貯金はとても重要です。

重要なのですが、

もしもずっと寝かしてしまうお金だとしたら

その金の利回りって

ほとんどつかないですよね。

万が一のためのキャッシュは必要ですが、

それを超えた部分については

設備投資や人材教育など、

会社の成長のための投資をしましょう。

会社は一人では回せません。

同じ人でも能力開発しだいで

どんどん成長します。

逆に成長しない人材は問題です。

 

 お金と投資

 

経営者の資源というのは、

お金であり時間です。

この判断が将来を決めるので、

しっかり考えて判断、行動しましょう。

 

 

弊所でも人材教育には力を入れてますし、

設備投資も1年前倒しで行っています。

あとは楽しい未来が待っていると信じて

頑張るだけです♬

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ 前へ
058-215-1030