2019.07.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1082日目

 

 

おはようございます!

昨日は毎月恒例の企業様の幹部研修でした。

コーチングスキルについて

講義と実習をしながら

学んでいただいています。

 

 

昨日の研修では傾聴のスキルの復習と、

承認について学んでいただきました。

承認にはいくつかのレベルがあります。

そして相手の存在を認める行為や言葉が

承認というものです。

 

 

一番簡単な承認とは

どんな事だと思いますか?

 

 

それは挨拶です。

挨拶というのは、

そこに相手がいることを

承認している行為なのです。

だから相手に聞こえる声で

挨拶はしなければいけません。

聞こえてない時点で

承認という目的が果たせませんからね。

会社の中に下を向いて

ボソボソと挨拶している人はいませんか?

まったく相手に聞こえていなければ

本人に伝えてあげてください。

挨拶は相手の存在を認める行為だとね。

 

 

挨拶がコミュニケーションの土台となって

褒める、認める、相談する、任せるという

承認の行動へつながっていくのですね。

 

 

でね、

承認にはレベルがあると言いました。

承認には3種類の承認があります。

1、結果承認

2、行動承認(経過承認)

3、存在承認

 

 

結果について承認することが、

結果承認です。

「テストで100点取ったね。頑張ったね!」

行動によって作られた結果に対して

その価値を認める行為です。

 

 

では行動承認は、

「毎日、夜遅くまで勉強を頑張っているね!」

と現在行っていることや、

そのプロセスを認める行為です。

 

 

結果は自分でコントロールできない場合があります。

はっきりと良い結果が出ていれば結果承認は使いやすいです。

では結果が出ていないときにはどうするか。

ここで行動承認をするのです。

やってきたプロセスを認めてあげるのです。

行動は自分でコントロールできることです。

最大限、行動してきたことを

認めてあげることは大事ですね。

 

 

そして最後に存在承認について

お伝えします。

挨拶は存在承認の一つですが、

結果承認と行動承認は、

根拠がある自信を育む行為です。

根拠がな自信しか持てないと、

周りの人と比較して

落ち込んでしまったりと、

自信が揺らぐことがあるんですよ。

じゃあどうするかというと、

根拠のない自信を育む承認をします。

これが存在承認です。

奥様にこんな言葉をかけたことがありますか?

「お化粧してもしなくても、

 どちらでもいい。

 いてくれるだけでいいんだよ。」

あなたはあなたのままで素晴らしいという

メッセージが相手に伝わるような言葉を

かけてあげるのが存在承認です。

 

承認

 

承認をもらえると成果が変わります。

昨日は研修にてそんなワークをしながら、

私も事務所内ではまだまだ承認が足りていないと

自己評価をしました。

褒めてあげるところを探すことを習慣にします。

いきなりは褒められないですからね(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.07.16更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1080日目

 

 

おはようございます!

連休明けの週がスタートします。

今週は火曜から始まりますので、

一週間があっという間です。

週明けの朝のプランニングを

しっかり行いましょうね!

 

 

さて、

日曜の夜に池井戸潤さんの

ノーサイド・ゲームが放送されています。

池井戸さんのストーリーは

毎回楽しませていただいています。

今回は企業内のラグビー部を

舞台にしたドラマです。

一昨日の2回目で、

いよいよ監督も決まり、

話の展開も早くラグビー部の試合のことに

入ってほしいところです。

 

ノーサイドゲーム

 

 

ネタバレになるので要注意です。

その前回の話の中では、

新たに決まった監督が

優勝するためにいろいろな要求をしてきます。

選手たちの絆を強めるための合宿など、

優勝するためには当たり前の

条件のように感じましたが、

予算という大きな問題にぶつかります。

 

  

このドラマの主役は、

ラグビー部のGMです。

ゼネラルマネージャーといって、

監督より偉い立場ですが、

そのチームの責任は

全面的に背負うことになります。

ただでさえ予算が掛かり過ぎていると

社内から声がかかっている中で、

どうやって予算をクリアするのか?

 

 

ここでGMの君島は、

得点源となっている外国人選手の2名を

契約しない決断をしました。

かなり大胆な選択でしたが、

その理由は明快でした。

二人の外国人は得点を稼ぐことができますが、

タックルミスが多いため、

彼らが出場している時間と出ていない時間で、

得失点の差は大きくなかったのです。

つまり、

点を取るけど、点を取られてもいる。

だから彼らじゃなくても、

逆にタックルが上手くて

点を取られない選手を配置すれば、

外国人選手を雇う必要がないという

結論を出したのです。

 

 

人の強みだけをみると、

このドラマのような判断はできません。

逆に弱みばかり見てしまうと、

人を活かすことができません。

監督はこれからどうやって

メンバーを活かしていくのか、

チームビルディングの要素が

とても醸し出しているドラマだなぁと

見ていて面白いです。

 

 

会社でも同じ組織です。

それぞれのスタッフは

それぞれ強みと弱みを持っています。

適材適所は強みだけでなく、

弱みだけでなく、

全体のバランスをしっかり

見極める必要がありますね。

 

 

一歩引いて客観的に物事を捉えられるよう、

常に意識していますが、

まだまだ流されることが多いです。

日々鍛錬ですね~(^^

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.07.12更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1076日目

 

 

おはようございます!

今週もあっという間の金曜ですよ。

先週から出張続きで

事務所にいる時間が限られていましたが、

昨日と今日の二日間は

スタッフたちと話ができました。

みんな成長してますね♬

 

 

さて、

一昨日は名古屋で講演を聞いてきました。

これが最高に素晴らしかったんです。

講演で話をされたのは

三和建設の森本社長でした。

大阪に本社を置き、

売上は100億を超えるゼネコンの三和建設。

その会社の社長が少し前に本を出版されました。

このタイトルが

「人に困らない経営」

です。

経営理念を強く貫く経営の考え方、

取り組みについて、

分かりやすくご講演いただきました。

人に困らない経営

 

 

三和建設の経営理念は、

「つくるひとをつくる」

ひらがなで9文字。

社員の誰もが自社の経営理念を

答えられるためには、

簡単なものがいいとのことでした。

ん~、説得力がありますね。

 

 

会社の代表となったときに、

有利子負債を減らすために

つまり会社を立て直すために、

いろいろなものを失ったんだそうです。

その中で最後に残ったものは、

そう、

人でした。

会社は人でつくられている。

人がいなければ成り立たない。

そこで人をつくることを

経営理念のど真ん中に置いたんだそうです。

まさに経営者の想いを

言語化した経営理念です。

 

 

その取り組みのことを

多くご紹介いただきました。

書籍にも詳しく書かれているので、

ご興味がある方は

ぜひお求めください。

「人に困らない経営」

 

 

でね、

私が個人的に興味を持ったのが

コーポレートスタンダード

という小冊子です。

日本語にすると「会社の標準」。

つまりこの冊子を読めば

会社の大切にしていることが

分かるというものです。

この小冊子を毎年改定しているんだそうです。

一度作って終わってしまったら、

社員たちにとっては

開きもしない不必要な小冊子に

なってしまうでしょう。

そのうち無くす社員も出てくるでしょう。

そうならないために、

毎年改定しながら、

すごいボリュームになっているとのことでした。

 

 

実は弊所でも現在、

このコーポレートスタンダードを

制作しているんです。

うちでは社員のビジョンを描いた

コアシートというものを

全員分収録したものを

作り上げたいと考えています。

 

 

森本社長は、

このコーポレートスタンダードは

経営者の社員に対する約束だと言われました。

毎年計画などを見直すことにより、

常に次の未来を描くことを

自分に課しているような

印象を受けました。

経営者の覚悟が問われますね。

私も真剣に製作に力を注ぎます。

完成したらここでも

ご紹介しますね!

それまでお楽しみに(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.07.03更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1066日目

 

 

おはようございます!

ファスティング二日目の昨日は

初日よりは楽になりましたが、

まだまだスッキリではありません。

今日あたりから良くなるはず!

 

 

昨日はうちの若手スタッフN君の

誕生日でした!

弊所では3年ほど前から

あることを続けています。

誕生日に手紙を渡しているのです。

昨日の朝礼で手紙とプレゼントをお渡ししました。

 

 

プレゼントと言っても

最近では寸志をお渡しします。

プレゼントを始めた年は

私が文具好きだったこともあり、

スタッフに似合うと私が勝手に選んだ

ボールペンを渡していました。

毎年ボールペンというわけにもいかないので、

2年目から寸志に変わったというわけ。

 

 

昨日は早朝5時に起きて

朝一番に書きました。

3年も書いているのに

いまだに上手く書けません。

こんなにブログを書いていても、

相手に直接伝える言葉は

すぐには磨かれないのでしょうかね(^-^;

とはいえ、

感謝と応援のメッセージを

書いています。

手紙 

 

 

私は自分からあまり話に行く方ではないので、

考えていることや伝えたいことが

伝えきれていません。

伝わっていると思っていることも

けっこう高い確率で伝わっていません。

同じ言葉を使っても、

それぞれ解釈する側の

価値フィルターで変換されることも

忘れてはいけませんね。

 

 

そういうわけで、

私は手紙や個人面談など

いろいろ伝える場を工夫しています。

今月から新たな試みをはじめます!

ランチ面談です。

なにか美味しいものを食べながらだと、

話も弾む??かもしれません。

食べすぎにならないよう、

間隔を置きながら少しづつ

やっていきます。

 

 

あなたは自分の思いを

ちゃんと届けられていますか?

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.06.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1057日目

 

 

おはようございます!

今日から新しい一週間が始まります。

気持ちを切り替えていきましょう。

 

 

今年もあと少しで半年が過ぎます。

残りの後半をどう過ごすのか、

半年でやってきたことは

どれだけ成果が上がったのか、

振り返りをしましょう。

弊所でも後半に向けた新体制を

検討しています。

担当分け、席替えなど、

製販分離を踏まえて、

新体制でバランスを考える

必要がありそうです。

 

 

 

さて、

私は「愚直」という言葉が好きです。

これが誉め言葉かどうかは

人それぞれの解釈があるところ。

しかし、

私は愚かと言われるほどの

一途で真っすぐな取り組みが

成果を挙げるものだと教わってきました。

 

 

愚直と似ている言葉で

「凡事徹底」という言葉がありますね。

この言葉は弊所のクレドの中に

書かれている価値観です。

「当たり前のことを、

 当たり前以上に

 徹底的に行います。」

 

 

私はスタッフ達を幸せにできるように

いつも考えて応援してきました。

愚直な実践、

凡事徹底。

それでも実際には

思ったほど届いていないと

感じることがあるんですね。

どれだけ誠意が大切なんだと伝えても、

伝わっていないことを

知らされることがあります。

 

 

「すべては自分の責任と思うこと。

 他人を責めても何も生まれない。」

 松浦弥太郎氏の100の基本の

一つ目の基本がこれです。

久々に本を開いてみたらこの言葉が出てきました。

そう、

すべての現象は

自分の選択によって生み出された現実。

だとすれば、

自分の選択で何とかするべきです。

100の基本 

 

 

人は変えられないけれど、

自分で行動することはできる。

やるべき事をやるだけです。

 

 

今朝のブログは抽象度高すぎました(^^;

良い一日を(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.06.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1055日目

 

 

おはようございます!

一週間があっという間に過ぎていきます。

今週も毎日が充実してますね。

 

 

先日ゴルフに行ってきましたが、

近場のコースの中では

難しいと言われるコースでした。

OBや池が多く戦略性が高いんだそうです。

もちろん初心者の私は

なすすべもなく、

ボールがどんどん無くなって・・・(^-^;

私の腕前は置いておいて、

一緒に回られたベテランの方も、

ティーショットを打つときに、

視界の半分にOBゾーンや池が見えていると

どうしても冷静に打てないんだと

仰っていました。

稲口ゴルフ倶楽部

 

 

視界に入っていても、

見えているものだけに集中できるのなら、

何も難しくありません。

人は見えているものを

見ないと思った時点で、

その見ないものを意識しているのです。

 

 

ゴルフの場合は、

ティーショットで立つ場所や向きを、

できるだけOBゾーンが

視界に入らないように

工夫するといいんですね。

でも、

私はやらかしましたけど。

 

 

 

 

家に帰ると、

体重が増えてきたので

食事に気を付けています。

でもね、

冷蔵庫を開けると

シュークリームが入っている!

・・・・・

「ま、一つくらい食べてもいっか。」

ついつい欲望に負けてしまいます。

これも冷蔵庫にシュークリームが

入っていなければ、

食べたいという欲望は

湧いてきません。

だから最近は家内に

デザートやお菓子やインスタント食品を

買ってこないように

お願いしていますよ(^^)

見なければ、

食べたくならないというわけです!

 

 

 

 

これは経営者が社員を見る時も

同じことが言えます。

ある社員さんが苦手としていることを、

どうしても治してあげたくなる。

でもね、

経営者が重視すべきことは、

できないことを見つけるのではなくて、

出来ていることを見つけることです。

ついつい何とかしてあげたいと

余計なことを言ってしまうんです。

私もそうかもしれません。

 

 

でもね、

社員さんはそれぞれ最善で生きてます。

今が最善なのです。

だから見てあげるのは頑張っていること。

今現在、できていること。

それを褒めてあげる、応援してあげる。

できることをしてあげてください。

 

 

と言いつつ、

私がなかなかできていないなぁと

自己評価です。

うちのスタッフ達はすごいんですよ。

ほんと、頑張ってくれてますから(*^^*)

いつもありがとう♬

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.06.21更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1054日目

 

 

おはようございます!

うちでは8歳の柴犬を

飼っています。

私の役目は朝の散歩。

365日、ほとんどの日に

私が散歩をしているんですよ。

 

 

 

散歩をしていると

犬好きな人は声をかけてくれるんです。

ワンコの方も、

「この人は撫でてくれる人だ!」

って分かるみたいで、

相手が近づいてくるのを

嬉しそうにしてます。

 

 

犬が苦手な人って、

この嬉しそうな状態が

よく分からないみたいですね。

犬の表情は目や耳や尻尾や姿勢で

把握することができます。

表情が一番わかりやすいですが、

尻尾でも分かりますね。

 

ワンコ

 

尻尾を振っていると

喜んでいるといわれます。

でもそうではなくて、

厳密に言うと興奮しているんです。

だから、

喜んでいるかもしれないし、

もしかしたら

相手を警戒しているのかもしれません。

それを知らずに

無防備で犬に近づいていき

吠えられることもあり得るので

注意はしてくださいね。

うちのワンコは吠えませんが、

私が他のワンコを触ろうとしたときに

たまに吠える子もいます。

ワンコそれぞれに特徴がありますので、

思い込みは禁物ですね。

よく観察することが大切です。

 

 

 

でね、

先日お客様のところで

若手社員の育成のことで

いろいろ悩みを聞いてきました。

ご自身の言っていることが

なかなか伝わらなくて、

どうして言ってることができないのかと、

イラっとしてしまうんだそうです。

 

 

そのお客様にもお話ししましたが、

人それぞれ個性は違います。

思考スタイルも違えば、

行動スタイルも違います。

優先順位のつけ方も、

自分の判断基準でやってしまうと

叱られて落ち込みます。

でもルールを決めてないのは

会社側です。

それが決まっていないので

社員が常に迷うんですよ。 

しかも、

会社役員には、

社長とお父さんとお母さんがいて、

それぞれがその社員に関わります。

3人の考えが一致していればいいのですが、

けっこうバラバラなんですよ。

だから、社員さんが迷うのですね。

ルールつくりは大切だということを

お客様のところで教えられます。

 

 

あ、

話しを戻すと、

社員の育成は社員さんごとで

考えてあげないといけません。

それぞれ個性が違いますからね。

だから自分の成長してきたパターンは

通用しません。

相手の性格や能力、反応を見ながら、

何が向いているのかを

イメージしてあげてください。

 

 

そう考えると、

私も自社にて

周りを自分のイメージに合わせようと

してしまっているかもなぁと

ちょっと自己評価しました(^-^;

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.06.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1052日目

 

 

おはようございます!

毎日のプランニングが

なかなか厳しい状態が続きます(^-^;

そんな中で昨日は一日、

スタッフ達の個人面談を行いました。

以前は毎月やってましたが、

今回は少し間が空いてしまいました。

これからはもう少しまめに行います!

 

 

今日のブログでは、

昨日の朝礼のスタッフのシェアから

お話ししようと思います。

弊所では毎朝の朝礼の時に、

経営理念や価値観について

気付いたことを、

毎日一人発表してもらうことにしています。

 

 

昨日の発表はスタッフのSさんでした。

以前の他のスタッフの発表に関連付けた内容で、

確かに大切だなぁと

思うお話しでした。

 

 

別のスタッフに依頼した仕事が

自分の手元に返ってきたときに、

以前だと間違っていても

自分で訂正してしまうことが

多くありました。

人に間違いを指摘することって

なかなか億劫になりますからね。

でも間違いを伝えないと

再度間違えてしまうので

本人のためになりません。

だからちゃんと間違いは教えてあげるように

なってきていました。

 

 

そんな環境の中で、

間違いを伝えていると、

マイナスのフィードバックが

多くなってしまうということでした。

ミスを指摘ばかりしているのも、

気が乗らないですよね。

言われる方はもっと辛いです。

 

 

でね、

気が付いたそうです。

ちゃんとできているときも、

「できてますよ」

ってフィードバックしようと。

 

フィードバック

 

だって、

ミスはありますが、

大半はちゃんとできているのですから。

なのに、

先輩から呼ばれると

毎回間違いを指摘されるとなると、

テンションが下がりますよね。

でも、

ちゃんとできていることも

相手に伝えるようにすれば、

伝える中にミスの指摘があっても

そんなに気分は悪くなりません。

 

 

逆に、

プラスのフィードバックをすることで

若手の自己概念が

どんどん上がると思うんですよね。

この話をきいて素晴らしいと思いました。

私もまだまだできていないなぁと反省です。

 

 

相手を承認するというのも

プラスのフィードバックでできます。

人は認められると嬉しくなります。

どんどん自発的に行動できるようにも

変化していくものですよね。

 

 

人はできてることは

当たり前になってしまいます。

だからなかなか褒めることができないんですね。

できないことだけじゃなく、

できていることに目を向けて、

フィードバックしてあげましょう!

もっと人間関係が良くなりますよ(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.06.14更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1047日目

 

 

おはようございます!

今週はGoogleカレンダーを見ると

事務所にいる時間が多くあった割に

何をしていたんだろう・・・と、

事務所業務と多くの来客対応に

追われる感じでした。

 

 

弊所では3月から正社員の募集をしています。

マイナビの求人広告に費用をかけてみましたが

なかなか反応がなくて

本当にリクルートが難しいといわれることを

実感しました。

 

 

幸いにも、

たまたまある方からのご紹介で

やる気のある若手の方と

面接させていただく機会をいただき、

良いご縁になるといいなぁと

思っています。

今の時代は良い人材が見つかったら

その時は採用の予定が無くても

積極的に仲間に入ってもらうように

判断した方がよいかもしれませんね。

欲しい時に欲しい人財が

見つかる保証はありませんからね。

 

 採用

 

でね、

少し前のことですが、

フェイスブックのある投稿が

目に飛び込んできました。

アチーブメントの青木社長が

数年前に新入社員に語った言葉でした。

「採用は恋愛とは違い結婚です。

 僕から手を離すことはない。」

いやぁ、本当にその覚悟だなぁと

深く深く腹に落ちました。

 

 

一緒に働くことを選んでくれたメンバーたちは、

仲間であり同士であり家族です。

だから同じ志を持ってもらいたいし、

成長して活躍してもらいたいし、

幸せな家庭を築いてもらいたい。

物心共に豊かになってほしいと

心から思えるメンバーたち。

だから私はメンバーのことを

諦めないのです。

メンバー自身が諦めかけても

私は諦めない。

そう決めているから。

 

 

口うるさく聞こえる時もあるだろうし、

辞めるといわれても簡単には認めない。

それは私の中で、

その本人がまだまだやっていける

ビジョンが見えているから。

 

 

新しく仲間が増えたら、

そのスタッフの夢や目的を

きいていこうと思います。

私から手を離すことは絶対にない。

採用はそんな覚悟です。

良いメンバーに恵まれて

幸せです(*^^*)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.06.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1046日目

 

 

おはようございます!

昨日は久しぶりのチームビルディング体験セミナーでした!

多くの方にご参加いただき、

時間を少しオーバーするほど

途中のワークでは盛り上がりました(^^)

 

 

さて、

昨日のセミナーでも

冒頭に参加者の方にお聞きします。

チーム作りに大切なことって

なんでしょうか?

 

 

この質問は

本当に秀逸で、

みなさん素晴らしいご意見を

話していただきました。

 

 

でね、

面白いなぁといつも感じるのは、

本当にそれぞれ感じる観点は違うなぁと。

皆さんのシェアを聴いていると

だいたい同じような話しにまとまってくるのですが、

それぞれ違いがあるということを

認識することが重要なのです。

 

 

昨日のセミナーではしませんでしたが、

言葉の定義を考えるワークというのを

することがあります。

例えば、

「コミュニケーション」と言えば何?

こういう質問をしたときに、

連想する単語を10個くらい

挙げていただきます。

でね、

参加者全員が共通する言葉を

見つけようとするのですが、

実は一致する言葉は一つもないんです。

やってみると分かるんですよ。

先月のセミナーでこれをしましたが、

全員一致は一つもありませんでした。

 

 

 

この話が何を言いたいかというと、

自分と人とは

考えていることが違うということです。

コミュニケーションと言ったら

「○○に決まってるじゃん!」

と考えているのはあなただけなんです(笑

 

 

このワークでは違うことしか分かりませんので、

どう違うかを知るために

効き脳診断を実施しています。

効き脳診断では自分の思考スタイルを

知ることができるんです。

世間ではいろいろな自分のことを

知るツールがあります。

ストレングスファインダー、

エニアグラム、

欲求サーベイ、

など自分を知ることって

面白いと思いますが、

周りの人とのコミュニケーションで

活かしていくには、

効き脳診断が最適だと思います。

その理由はシンプルで

相手との違いが分かりやすいからです。

相手の数値を覚えきれないってことがありません。

ココは意外と重要です。

案外、人の数値や特性って忘れちゃいますから(笑

 

 

 

効き脳診断ってこんな感じ。down arrow

 効き脳診断

ちなみに私の場合は、

AB優勢となっていて、

数値や管理が得意な思考スタイルです。

特にAが強い人は自分で納得がいくまで考えると、

その後はあまり話をしません。

というか必要なことしか話しません。

でもその必要かどうかが問題があるのですが。

だから相手に伝わっていると思っていることが

想像以上に伝わっていないのですね。

これも効き脳で分かるのです。

 

 

ただし、

本当に重要なのは、

分かっただけで終わらないこと。

それを踏まえて、

伝える努力をするとか、

伝わる仕組みを作るとか、

実行しなければ意味がありませんね。

 

 

人は自分の強みで話しますが、

同じ強みがある人ばかりではないので、

あなたも伝え方を工夫してみるといいですよ。

想像以上に伝わっていませんから(笑

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030