2019.03.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ960日目

 

 

おはようございます!

3月の後半がスタートです!!

前半までは確定申告のため

事務所内での業務が中心でしたが、

これからは動きますよ(^^)/

 

 

それにしても、

昨晩は焼き芋をワンコにあげようと

一緒に食べてたら、

めっちゃ胃もたれしました(>_<)

いろいろ調べてたら、

甘味が強い食べ物は胃の中に入ると

強い胃酸を分泌するんだそうです。

ワンコのほうは幸せそうに寝てました(^^;

なんだかなぁ・・・

ワンコ

 

 

さて、

今日はお客様のところで

幹部研修を行う日です。

毎月一度訪問して研修をしています。

今日で半年になりますね。

税理士で研修講師をしている人は

あまりいないんですが、

企業の成長のためには

社長へのコンサルティングだけでは

足りないんですね。

企業は組織で動きます。

つまり社長だけが突き進んでも、

周りのスタッフ達が

どんどん置いてけぼりになっちゃうんです。

だから社長のフォロワーである幹部スタッフに

研修という形で社長の想いを伝えるんですね。

 

 

研修は面白いんですよ。

ゲームをしたり、

コーチングの練習をします。

ゲームとはチームビルディングゲームといい、

実際にメンバー同士である課題に取り組み、

そのコミュニケーションを通して

普段のコミュニケーションの問題点に

自ら気づいてもらうんです。

人に言われると反発したくなりますが、

自分で気が付くと直そうと思うものですから。

 

 

でね、

今日はリーダーシップがテーマ。

leadやleadershipの語源である

インド・ヨーロッパ語の【leith】。

この意味は「出発する」「出発点を越える」です。

つまり、

リーダーの役割が何かというと、

「未来の世界へ出発すること」

です。

だからリーダーは、

一番先頭に立って進む人なのです。

次の未来を見せる人がリーダーなのです。

これは企業で言うと経営者が

該当するんですよね。

 

 

でもね似た言葉でリーダーシップって

ありますよね。

リーダーシップとは、

「人が人に対して与える影響力」

のことを言います。

リーダーと違ってどんな役職の人でも

リーダーシップは発揮できるものなのです。

 

 

私が学び、そして研修でお伝えしている

大切なことを

あなたにもお伝えしますね。

リーダーシップ(影響力)を磨くとは、

強み = 才能 × (知識+技術)

の強みを発揮することです。

強みとは上記の式で表されるのですね。

知識とは学習と経験で得るもの。

技術とは行動のための手段。

この二つは後から

高めることができるものです。

そして才能というのが

その人独自のものです。

私は才能の部分は、

効き脳診断によって

思考スタイルを分析します。

行動スタイルも診断によって

タイプを知ることができます。

思考と行動のその人ならではの

パターンが分かることで、

その人の強みも明らかになるというわけ。

リーダーシップを発揮しようとしたら、

知識と技術を高め、

才能にかけ合わせるのです。

 

 

ちょっと難しくなりましたね。

効き脳診断とは、

思考のパターンを4つにタイプ分け

することで特性を分析します。

弊所で診断用のアカウントを発行できますので、

興味がある方はお声がけくださいませ(^^)

 

 

効き脳診断

ちなみに私はABタイプ。up arrow

分析とプロセスが高く、

独創性と人間関係に弱いんです。

でもこれは良い悪いではなく、

単に思考スタイルなので、

活用ができるのですね(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.03.14更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ956日目

 

 

おはようございます!

確定申告終了までのカウントダウンは

あと二日です(^^ゞ

やり残しの無いよう、

チェックを徹底していきます!

 

 

今月の後半に

ゴルフに行く予定があります。

去年の9月にコースデビューをして、

それ以来のコースです。

悲惨なスコアになっても

めげないように頑張ります。

 

 

私はずっとゴルフはしないことと

していました。

お誘いもいただきましたが、

何となく避けていたんですね~。

「仕事が忙しいんです。」

と言い訳してました(^-^;

確かに仕事は忙しいのですが、

ゴルフができないほど

忙しいわけではありません。

 

 

では、

なぜ避けていたかというと、

下手だと恥ずかしいから。

ただそれだけです。

仲のいい友人には

ゴルフをしている人が少なかったので、

マラソンという選択肢を選び、

そちらは今でも走っています。

 

 

ゴルフを始めたばかりならば、

上手くないのは当たり前。

初心者はまともに球に当たりません。

でもカッコ悪いのが嫌で、

ずっと避けてきました。

 

 

なぜ去年から始めたかというと、

やらざるを得なくなったから(^-^;

ロータリークラブで親睦委員となり、

ゴルフをしないと言えなくなったのが

始めた直接の理由でした。

でもね、

それが良かったんです。

周りはめちゃくちゃ上手い人ばかりなんです。

特にうちのクラブはね。

だから少しくらい上手くても

全然追い付けないくらいの人ばかり。

そうなると開き直りです。

「初心者だから頑張ってやります!」

スコアが悪くてメンバーで最下位でも、

スッキリですよ。

 

 

 

今までは周りの人を

比較対象にしていました。

でも周りは比較できるような

人はいません。

みんな上手いんですから。

だから比較するのは自分。

今は前回の過去の自分と

比較すればいいんです。

そう考えると、

頑張っただけ成長しますから、

やってて楽しいんです。

下手ですけどね(^^ゞ

ゴルフ

 

 

スポーツだけじゃなく、

仕事でも同じだと思うんです。

周りの人と比較するから

やってて苦しくなるし

落ち込むんですよ。

でも、

人はそれぞれ強み弱みが違います。

比較したって意味がないんです。

そう考えると、

自分がやってることが

以前の自分と比較して

成長してるかどうかで

比較するしかないんです。

 

 

比較するのは他人ではなく、

過去の自分です。

あなたにはあなたの価値がある。

自分自身に自信を持つこと。

自信とは解釈です。

自己概念も解釈です。

事実は一つ、

解釈は無数。

解釈を変えれば、

思考が変わり行動が変わり、

未来が変わるんですよ。

肩の力を抜いていきましょう!

 

 

とりあえず確定申告が終わったら、

ゴルフの練習に精を出します!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.03.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ955日目

 

 

おはようございます!

確定申告もあっという間に

残すところ今日を入れて三日です。

まだ終わってないお客様の申告があるので

しっかり誠実に仕事をやり遂げます!

 

 

さて、

人は自分の目的・目標が明確になり、

それが強い願望に変わると、

それを達成するために思考や行動が

変わるといいます。

 

 

でも、

なかなか人って変われないですよね。

そんな人って

どんな状態なのでしょうか?

行動が変わる 

 

 

人が成長するステージって

5つの段階があるといわれます。

 

1、知る(知識のレベル)

2、分かる(理解のレベル)

3、行う(実践のレベル)

4、できる(習得のレベル)

5、分かち合う(貢献のレベル)

 

このステージを人は順に上がっていきます。

しかしこのステージのことを知らなければ、

レベル2で止まってしまう人が

ものすごく多いんです。

そしてそこから成長しても、

レベルは4で止まってしまいます。

貢献のレベルを知らない人が多すぎます。

 

 

簡単に説明すると、

 

1、知る(知識のレベル)

2、分かる(理解のレベル)

--------<習慣の壁>--------

3、行う(実践のレベル)

4、できる(習得のレベル)

--------<自我の壁>--------

5、分かち合う(貢献のレベル)

 

ステージごとに壁があるんですね。

多くの人が勉強したりセミナーを受けても、

1と2の頭でわかるレベルで

満足してしまいます。

この人たちは何も変わっていません。

周りから見ても行動を伴わないので、

変化は感じられませんね。

頭でわかっていて、

すぐに批評的に発言する人は、

レベル2までの人が多いんですよね(^-^;

 

 

 

そして、

その習慣の壁を突破すると、

行動が変化します。

成果を挙げられるようになります。

「実」を手に入れるレベルですね。

でも、ここで満足してしまう人も

本当に多いんです。

自分ができたらそれでいい。

それだと周りに対してウィンウィンでは

ありませんね。

自分だけが勝つ、周りが負けているのは

まだレベル4の世界。

この上に分かち合うという

貢献のレベルがあるのです。

この自我の壁を越えると、

相手を勝たせるという奉仕のレベルに

達することができるのですね。

 

 

 

私もまだまだレベル3か4辺りを

ウロウロしてますが、

周りに貢献できることを

意識して行うように少しずつ

行動を変えています。

 

 

今までは自分が知識や技術を身に着ければ

それでいいと思っていましたが、

今はそう思いません。

私の周りのスタッフを成功させることが

私の成功だと確信しているからです。

だから私はスタッフ達に関わります。

今風でいうとウザイと言われてるかもしれませんが、

相手にとっていいと思ったことは、

どんどん勧めます。

そんな想いが背景にあることを

理解しておいてくださいね(^^)

 

 

あなたはどのレベルで生きていますか?

まず、知らないことを学ぶ意識を持ちましょう。

上手くいってる人に聞いてみましょう。

何を心がけていますか?

どんな学びをしていますか?

貢献で生きている成功者ならば、

出し惜しみせずに教えてくれますよ。

知る、分かる、行う、できる、分かち合う。

順に行動へつなげていきましょう。

今いる場所から、まず一歩前へ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.03.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ953日目

 

 

おはようございます!

3月も3週目!

いよいよ確定申告が

終わる週となりました!

まだ気を抜けませんが、

はやく終えて、

次の仕事に行きたいです(^^)

 

 

今日の話しは組織の話し。

人との関係性を育むことって

とても難しいですよね。

部下との関りって

どうやったらいいか、

分かりますか?

 

 

私はよく選択理論心理学の話しを

しますよね。

実はビジネスにおいて

とても親和性があるのです。

私は5月に試験を受けます。

ビジネス選択理論能力検定3級です。

組織の中のコミュニケーションを

選択理論を使っていくことで

関係性をよくしていくのです。

相手の願望に入るための

コミュニケーションとは

どんなものでしょうか。

ビジネス選択理論能力検定

 

 

まずは基本用語を

お伝えしましょう。

人には5つの欲求があり、

これらを満たすことが

本能で求められています。

逆に言うと、

これらを満たすことが

幸せになることといえます。

この5つとは、

・健康

・愛、所属

・力

・自由

・楽しみ

があるのですが、

さらに詳細な分類もあります。

ちなみに、

生まれながらにして

この欲求のどれが強いのかは

それぞれ違っているのです。

人によって欲求の器の

大きさが違うんですね。

だから、

同じことをやっていても

欲求が満たされている人と

満たされない人がいて、

それぞれ違うんです。

だから、

自分の大切にしたい人が

どの欲求が強いのかは

よく知っておかないと

いけないのです。

 

 

そして、

5つの欲求の中心に、

上質世界という願望の世界を持っています。

なりたい自分や夢、

一緒に居たい人などのイメージが

張り付けられている世界を

誰もが持っています。

アルバムのようなものだと

思ってください。

そこにイメージ写真が貼られているのです。

その写真は、

常に張り替えらているんです。

 

 

生まれてすぐの赤ちゃんは、

お母さんの写真が上質世界に

貼られています。

成長とともに

写真は増えていき、

張り替えられていくのですね。

 

 

大切にしたい相手の

上質世界の中の写真には、

あなたの写真は貼られていますか?

これがズバリ、核心となることです。

貼られていれば、

あなたの関りは

相手に大きな影響を与えます。

しかし、

関りが悪かったり薄かったりすると、

相手の上質世界からは

剥がれてしまいます。

 

 

部下が主体的に行動してくれないと

嘆いている経営者の方は、

まず部下の上質世界に

あなたが入るようなコミュニケーションを

取ってください。

そして「仕事」も上質世界に

入るように関わっていきましょう。

上質世界、つまり願望のど真ん中に

あなたや仕事が入れば、

あいては望んで仕事をしてくれるでしょう。

それが願望であり、

その真ん中に入ることが

強い関係性の秘密です。

 

 

仕事だけでなく、

夫婦関係は分かりやすいですよね。

相手の願望にあなたがいなければ、

冷え切った夫婦関係だということです。

また、

あなたの願望にも

相手がいないのかもしれませんね。

仲のいい夫婦は、

それぞれが相手の願望に入っているのです。

 

 

この考え方は、

特殊なわけではなく、

利他という言葉で表されます。

自分のことばかり考えていると、

利己になってしまいますね。

利他の想いで行動していれば、

自然と相手の願望のなかに

入っているのでしょう。

無意識でいると利己になってしまいますが、

感情的になりそうな時ほど

意識して良いコミュニケーションを取りましょう。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.03.09更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ951日目

 

 

おはようございます!

週末はいかがお過ごしでしょうか?

今週末は確定申告の期限前の

最後の土日ということで、

スタッフ達が頑張ってくれてます。

私もお仕事に励みます。

 

 

さて、

仕事の量が圧倒的に存在すると、

それをさばくのに精一杯になります。

うちの事務所でも、

申告資料のチェックのため、

すべての申告書が私のところに

上がってきます。

決算のチェック、申告書のチェック、

そして最後に署名と電子データのチェック。

同じお客様の申告で2回~3回は

チェックしています。

 

 

ある程度チェックするとこは

決まっているのですが、

たまに思わぬところが

間違っていたり、

単純なミスも多く見つけてるんですね。

 

 

スタッフ達は

これだけ多くの量をこなすだけでも

大変なのに、

残業が続く中で

集中力を維持することも

なかなか大変です。

私もながく現場で

仕事をしてきたので、

大変なのはよく分かります。

 

 

でね、

こう忙しいと、

ミスという事実を伝えるだけでも、

数が多くなります。

何度も資料を担当者に戻しているうちに、

フィードバックが連発する結果になっていることが

あるんですよね。

 

フィードバック

 

私が学んでいる選択理論心理学では、

コミュニケーションには2種類あると言っています。

致命的なものと、

身に着けたいもの。

この身に着けたいコミュニケーションとは、

・傾聴する

・支援する

・励ます

・尊敬する

・信頼する

・受容する

・意見の違いを交渉する

の7つがあるんです。

そして、

これらのコミュニケーションとセットで

フィードバックをするように

学んでいたのですね。

 

 

しかし、

忙しい中でチェックを続けていると、

その間違った事実だけを

フィードバックしている状態が

続いてしまっていることに

気が付きました(^-^;

 

 

スタッフごとに個性があり

それぞれ素晴らしいものを持っているのですが、

ケアレスミスや

確認・知識不足のミスが続くと、

誰でも落ち込みますよね。

 

 

 

身に着けたいコミュニケーションと

フィードバックはセットでしなさいと

学んだのに、

フィードバックばかりになってしまい

モチベーションを上げるつもりが

下げている自分に気が付きました。

残りの期間は、

コミュニケーションに気を付けて

業務を遂行します!

 

 

あなたも

事実のフィードバックばかりに

なっていませんか?

ちょっとした声掛けを

意識していきましょう。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.03.06更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ948日目

 

 

おはようございます!

毎日があっという間に

通り抜けていきますが、

大切なものは落とさないように

しっかり掴んでいきたいです。

 

 

忙しい中でしたが、

先日購入したある書籍を

昼の休憩中に読んでいました。

いやなんとも素晴らしい理念経営を

実践されている会社様でした。

三和建設㈱という会社の社長がかかれた書籍でしたが、

私の学びの仲間の井上正さん

アチーブメント名古屋営業所長の針生栄司さんから

おススメいただいていました。

ちょっと読んでみようかと思いきや、

しっかり読み込まないといけない

素晴らしい内容でした!

 

人に困らない経営

 

会社の理念である

「つくるひとをつくる」

という言葉にすべての会社の活動が

結びついているんですね。

経営理念というと、

お題目になっている会社が多くある中、

まさに言行一致、有言実行、知行合一。

言ってることと、

やってることが

一致している会社。

それを実践するための仕組みづくりも

バッチリ作られていて、

書籍の中でいろいろ紹介されていました。

 

 

こういったことは、

実際に実践できるまでには

実に長い期間が必要になります。

少しずつ積み重ねた結果が

現在に至っているわけで、

本当に頭が下がりますね。

弊所でも見習う点や反省点が多く、

読んでいてグサグサと刺さりました(^-^;

 

 

未来を描く経営者には

響く内容でした。

私も取り組みの足を止めないよう、

今できる一歩を確実に進めます。

素晴らしい成功事例のおかげで、

前向きに進むことができるので

ありがたいですね。

「良いと思ったことは、

 すぐに取り組む!」

で頑張ります(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.03.03更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ945日目

 

 

おはようございます!

日曜ですね~。

家庭の事情で朝はワンコの病院へ。

それから仕事へ。

そしてゴルフのレッスンへ♬

で、また仕事な予感の一日です。

 

 

最近分かったことがあるんです。

仕事で成果を挙げられる人のポイントが

見えてきました。

それをちょっとシェアさせてもらいます。

 

 

先日、アチーブメントの「頂点への道」講座で、

青木社長の話しで納得したことがあります。

経営者が即断即決できる理由について

話しがありました。

それは、

「経営者は考えて考えて考えている。

 ずっと考えているから、

 求めていた情報が目の前に来た時に

 スッと手が伸びるんです。」

即断即決に周りには見えてるのだけれど、

いつも考えているから

すぐに決まるというわけ。

そう言われればそうだなぁと

とても腑に落ちました。

経営者は常に考えてますからね。

 

 

で、逆にいうと、

優柔不断な人は

普段から何も考えてないということ(笑

残念ですがそういう事なんです。

考えていると言われるかもしれませんが、

浅いんです。

掘り下げが足りないんですね。

 

 

 

でね、

「考える」に通じることですが、

成果を出す人の特徴は、

「知恵」があるのです!

私たちの仕事でコンサルティングの仕事では、

特に知恵を要します。

いろいろな観点から、

リスクや解決方法を考えます。

お客様の言葉にならない声を感じながら、

その意図に向かってまさに知恵を出します。

 

 

でね、

成果が上げられない人は

知恵が出せない人なんです。

当たり障りのないことを話すだけで、

なにも解決できません。

それではお客様は頼りにならないので、

あまり深い相談ができない人だと

思われてしまいます。

 

 

では知恵を身につければいいじゃないかと

思いますよね。

知恵はどこから来るか分かりますか?

先の青木社長曰く、

「知恵の源泉は知識です。」

とのこと。

膨大な知識の土台から

紡ぎだされるのが知恵なのです。

専門性が高い仕事であれば

特に知識が必要なのです。

 

 

最近の若者というと

年寄りくさいですが、

知識はネットから得られればいいと

考えている人が多いと思います。

まぁ確かにネットで調べれば

おおよそのことは分かります。

Google先生

 

でもね、

成果を挙げるためには

それではダメなんです。

ネットで調べればいいやって

考えている人は、

知識を身に着ける意思がないですよね。

しかし、

専門性を高めるためには、

専門知識が必要であり、

その知識から生まれる知恵に

価値があるからです。

ネットで調べて、

すべて解決できたら

専門家なんて要りません。

複雑な問題を、

どう解決するかが腕の見せ所なんです。

AIがどうだと言われてますが、

コンサル的思考までは

AIでは対応できません。

 

 

普段から考えている人と、

考えていない人では、

とても大きな差が生まれます。

年数がたてばたつほど

差が開くんですよ。

縮めるのは至難の業です。

今のうちから

考える癖をつけていきましょうね!

それが成果につながり、

そして自分の財産になるのです。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.03.02更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ944日目

 

 

おはようございます!

今日も仕事ですが、

午前中はお世話になっている方々と

お会いしてます。

午後から確定申告に集中します!!!

 

 

さて、

本当にコミュニケーションって

難しいですね。

先日こんなことがありました。

ちょっと前置きトークしますね。

うちの事務所では、

若手のスタッフ達からの意見をきくために、

若手スタッフミーティングをしてます。

私や上司がいない場で、

アレコレと話をしてもらい、

疑問に思うこと、

改善した方が良いと思うことなど、

多くのことを提案してもらいます。

 

 

この意見について、

シニアスタッフ達と

これは採用しよう、

これは○○だから変えられないね、

と検討します。

 

そして月に一度の全体ミーティングで

若手からの提案について

解答をするのです。

でね、

その説明をするのは

司会をするスタッフが行います。

ちなみに毎月司会は変わります。

 

 

ここで、

提案についての

返答と解説をするのですが、

これが毎月うまく伝わらないんですよね。

司会のスタッフも、

長々と説明をしたくないので、

「○○については○○ということになりました。」

と簡潔に話してくれます。

ただ、

そもそも何の提案だったかを

ちゃんと言わずにいきなり返答や解説をするので、

何の話をしてるのか、

参加者はみな、????

となってしまいます。

伝わる会話

 

 

なかなか口頭で伝えても、

イメージがわかない仕事のことは

上手く伝わりません。

「伝える」と「伝わる」は

大きく違いますね。

これは分かっていたことなので

私が書面で決まったことを残すように

決めておかなかったから

いけなかったんですよね(^-^;

 

 

来月からは、

改善点は書面にて伝えるように

変更します。

伝わるための工夫は

いくらでもありますからね。

まずは手元に見えるものを

用意することにします。

 

 

あなたも仕事の中で、

こんなことありませんか?

お客様に伝えることが下手だと

思ってませんか?

自分の商品の価値を

上手く伝えられないことって

ありませんか?

それはあなたが悪いのではなくて、

伝え方に工夫が必要なのかもしれません。

説明用の資料を作ることも

アイデアですよね。

口頭だけでは伝わらないこと、

ちょっと頭にイメージしてみましょう(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ942日目

 

 

おはようございます!

2月も今日で終わりです。

明日からは3月ですね。

暖かいし桜も早く咲きそうで

楽しみですね♬

 

 

さて、

昨日は岐阜市のお隣の

各務原市にて確定申告会場の

無料相談員をしてきました。

朝から夕方まで、

次から次へ、

申告者の書類をチェックしたり、

相談をお聞きしてました。

確定申告会場

 

初めてこの当番が回ってきたときは、

すごく緊張した憶えがあります。

どんな申告内容の人が来るか

全く分からないので、

対応できないような人が来たら

どうしようかって、

ドキドキしていたんですね。

 

 

でも、最近は逆に愉しめるようになりました。

何が愉しいかって、

みなさん、

持ってるものが違うからです。

でね、

稀に対応が難しい人がきますが、

ほとんどはいい人ばかりです。

 

 

確定申告が始まった初日から数日は

会場が人で溢れかえるんですよ。

そんな日の当番だと、

結構タフな一日になるのですが、

昨日あたりだと

のんびり?話を聴くことができます。

 

 

私の定番パターンは、

申告資料から雑談に持ち込むことです。

申告資料というのは、

個人情報のカタマリです。

住所から、どんな所に住んでるのか?

扶養家族から、普段の生活のこと。

医療費のことから、入院や大変だったこと。

家族が亡くなった話。

給料からは仕事の話へ。

不動産所得の内容からは、

どんな人に貸してるのか?

借家のメンテナンスはどう考えているか?

挙げるとキリがありません。

 

 

あ、雑談だけしてるんじゃありませんよ。

書類を記入してあげながら

話しをしてるんですね。

で、だいたい質問してます。

すると、

相手がどんどん話してくれます。

 

 

昨日は、

あるお婆ちゃんから、

ずっと合えなかった息子さんとの再会の話を

お聞きできました。

どの家庭にも、

いろいろなドラマがあるんだなぁと

あらためて感じた次第です。

 

 

こうやってコミュニケーションをとると、

短時間ですが人間関係が

出来上がっていく感覚があります。

最初は緊張している相手の表情が、

終わった時には

「ありがとうございました!」

と、笑顔を見せてくれますからね(^^)

会話と笑顔

 

自分のことを知っていてくれるというのは、

人間関係を作るうえでは

とても重要なことです。

自分のことを何でも話せる関係を作れれば、

困ったこと、悩んでいること、

嬉しかったことなど、

気軽に話をしてくれるようになり、

関係性が深くなるんですよね。

 

 

だからまず最初は

話を聴くことを意識してます。

質問と傾聴を繰り返すことが

上手いコミュニケーションのポイントだと思います。

自分のことばかり話してしまった時は、

後で反省しますね。

あなたが人間関係を作ることが苦手であれば、

まずは相手の話をよく聞くことをしてみてください。

自分のことばかり話す人は、

ちょっと気を付けてみたらどうでしょう?

相手の表情の変化に気が付くと、

会話が愉しくなってきますよ(^^)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.02.14更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ928日目

 

 

おはようございます。

今日はバレンタインですね!

毎年家内からチョコをもらうのですが、

バレンタインにかこつけて

結局は家内が食べたいものを

選んで買ってくれているような、

そんな気がするのは

気のせいですかね(^^;;

 

 

 

さて、

日本人的な発想に

謙虚や謙遜

という言葉がありますね。

これが美徳の範疇ならば

いいのですが、

自分の自己概念を

下げてしまっているとしたら

非常にマズイですね。

 

 

謙遜しているつもりで

「自分はそんなにできないんです。」

と言っているうちに、

周りから本当にできない人だと

思われてしまうかもしれません。

そしてさらに怖いのは、

「私はできない」

の言葉を一番たくさん聞いているのは

自分自身だということなんです。

潜在意識

 

また、

こんな人もいますね。

「私は〇〇なんです。」

〇〇には、

どちらかというとマイナス言葉が

入ります。

例えば、

私は緊張する人だ、

私はすぐ体調を壊す人だ、

私は人見知りする人だ、

などです。

 

 

これらはある意味、

自分に対して

自分は〇〇だと洗脳している

ようなものなのです。

そして本当にそうなるのです。

どんな言葉を使うかは、

本当に意識しないと

自分自身を傷つけてしまうので、

十分気をつけてくださいね!

 

 

こういう話をすると、

「いや、

 本当にそうなんです。」

と言われる人がいます。

でもそれは自分で選択してるんです。

人は行為と思考をコントロールできます。

感情と生理反応は、

直接コントロールできません。

これは選択理論心理学の教えで

学びました。

「できない」とか、

「〇〇だ」という思考が、

自身の生理反応として、

身体に影響させているのです。

 

 

自分がコントロールできる行為と思考。

これらをどうコントロールするかを

強く意識してください。

結局はそこなのです。

周りの人や環境のせいにしても、

それは違います。

どこに行っても変わりません。

すべては自分が源ですから。

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030