2019.01.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ913日目

 

 

おはようございます!

昨日の朝は道路が凍ってました。

ワンコの散歩のときにつるっと滑り、

朝、会社に出社するときに、

駐車場でつるっと滑りました。

革靴は滑るんです。

しかも片手には鞄、

片手にはセブンイレブンで買ったカフェラテ。

滑った瞬間に

手を振り回してバランスを取ったので、

カフェラテを振りまいてしまいました(^^;)

おかげで手がびしょ濡れ~。

あなたは気を付けてくださいね(^^)/

 

 

さて、

新しいお客様やスタッフ、仲間など、

まだ関係性ができてない人と

コミュニケーションをするときは

とても気を遣いますよね。

相手のことを知りたいのですが、

まずは自分のことを話しながら

コミュニケーションを取ります。

 

 

 

山崎拓巳さんの

『ポケット成功術』

という書籍に

犬の調教の話しが紹介されています。

ポケット成功術

ある調教師の人は、

犬と初めて接するときは、

60分のうち、

「59分間は一緒に遊び、

 1分間教える」そうです。

2回目に会うときは、

「58分間は一緒に遊び、

 2分間教える」そうです。

3回目に会うときは、

「57分間は一緒に遊び、

 3分間教える」そうです。

4回目に会うときは、

「56分間は一緒に遊び、

 4分間教える」そうです。

5回目に会うときは、

「55分間は一緒に遊び、

 5分間教える」そうです。

ようやく6回目に会うとき、

「60分間まるまる教える」そうなんです。

5回目までは教えることよりも

コミュニケーションを取ることを

優先しているんです。

これは人間のコミュニケーションでも

同じことが言えますね。

 

 

 

 

この調教師さんは

これが仕事として計算して

行っています。

しかし、

人のコミュニケーションって

6回目のように、

急に行動を変えることって

できますか?

これは最初から意識して

行動していないと

できないことです。

行動を途中から変えることは

けっこう怖いですからね。

 

 

でも、

6回目まで我慢することが

できない気がします。

最初から自分の話したい事を

ガッツリ話し込んでしまいます。

仕事だとそうなる場合が多いのですが、

場合によっては長い目で見て

関係性を築いていくように

してみてもいいですね。

 

 

まずは仲良くなること。

コミュニケーションは相手と

仲良くなるために行います。

どんな人とでも、

思い込みで好き嫌いを考えず、

コミュニケーションを取っていきましょう。

「食わず嫌い」ではありませんが、

人との関係性も、

話してみたら、いい人だった

ということをよく聞きます。

コミュニケーション、

大切にしましょうね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ912日目

 

 

おはようございます!

昨日からうちの事務所では

スタッフの個人面談をしています。

一日で面談できる人数には

ある程度限度がありますね。

テーマにもよりますが、

今回は「今年の目標」でした。

 

 

目標設定は

数値化して決めることで、

達成できたかできなかったかが

明確になります。

今までは明確な目標設定を

していませんでしたので、

それぞれの目標設定を面談で行いました。

 

 

うちの事務所では、

毎日の業務について

どのお客様の仕事を、

どんな内容のことを、

何時間やったのかを

報告書としてデータ入力

してもらっています。

なので、

それぞれのお客様ごとに、

どれだけの時間をかけているかが

パッと分かるんですね。

工数管理

 

これを見ながら、

「ここのお客様には

 もっとサービスを強化してください」

とか、

「これだけの時間を割いていると

 うちの事務所としては赤字になってしまいます。

 業務内容を見直すように。」

とか、

具体的に対応することができますよね。

 

 

 

ちょうど去年から

業務についてのサービス内容を

担当者ごとにバラバラだったので、

事務所としての標準を決めていこうという

活動を始めました。

 

 

いわゆる「属人化」といって、

スタッフごとに、

やり方やサービスの基準が異なっていることが

あまりに多すぎたのです。

会計事務所アルアルだと思うのですが、

業務の標準化と見える化は、

確実に進めていきたいのです。

 

 

実は、

年初にスタッフの一人が入院することになり、

業務の進捗や管理が

全く分からないという事態になりました。

まさに業務が

「ブラックボックス化」

してしまっていました。

今はそのスタッフも現場復帰できているのですが、

危機管理的には問題でした。

ちゃんとした仕組みができれば、

もっと時間が創出できるので

残業は減りますし、

クリエイティブな仕事に

時間を使えるようになります。

そんな職場環境を作っていきたいんですね。

 

 

 

でね、

話を戻しますが、

自分が何にどれだけ時間を使っているか?

これが分からなければ、

どんな改善もできませんよね。

現状把握があってからの

目標とのギャップが

認識されるからです。

そういう意味では、

それぞれのスタッフ達と

時間の使い方について

じっくり話すことができて

よかったです。

話してみると、

それぞれ問題意識をもって

取り組んでくれていることが

分かりました。

 

 

個人面談の良さは、

腹を割って話せることです。

普段は話しにくいことでも、

個室で時間を取って話していると

いろいろな事を聴くことができます。

問題が起きた後ではなく、

話しをいつも聞いておくことが

大切だと感じてます。

問題が最小限で済むからです。

 

 

今日も引き続き、

個人面談です。

中身の濃い時間にしていきますよ~!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ911日目

 

 

おはようございます!

今週も始まりました!!

なんと!

今週から2月にはいるんですよ!

今年も1か月が過ぎようとしています。

個人的には年初にインフルエンザにかかり、

1週間くらい記憶が飛んでいるので

本当に速く過ぎていったように

感じてます(^^;)

 

 

さて、

年初にあるコンサルタントの方と

打合せをしていたのですが、

組織が作られていくプロセスを

ルービックキューブに例えて

お話ししました。

 

 

「ルービックキューブって、

 一面を揃えるのは

 比較的簡単ですよね。

 で、二面目を揃えようとすると、

 最初に揃えた一面が崩れてしまいます。

 いつまで経っても

 六面を揃えることはできません。

 ちゃんとしたプロセスを踏んでいかないと、

 絶対に六面は揃えられないのです。」

ってお話ししたんです。

 

 

そしたら、

「なるほど、

 面白い例えですね。

 でも、

 最近の人は

 ルービックキューブを

 知らないんじゃないですかね。」

「た、確かにそうかも・・・(^^;」

 

 

 

ということで、

ルービックキューブを

買ってしまいました!

懐かしいですね。

最近では競技用なるものがあって、

とてもスムーズに回転するんですよ!

びっくりです。

しかも1000円以内で買えてしまいました。

 

 

ネットで六面揃えるページがあるので、

それを見ながらだったら

なんとか六面を揃えられます。

10分くらいで揃えられるようになりました(^^)

 

 

六面を揃えるためには、

法則があり、

ちゃんとしたプロセスがありました。

 なんとなくでは、

六面を揃えられないんですね。

 

ちなみに、

こんな手順です。

 

まずはバラバラの状態down arrow

ルービックキューブ

 

一面だけ揃えますdown arrow

ルービックキューブ

 

一面の周りを一段だけ揃えますdown arrow

ルービックキューブ

 

続けて二段揃えます。down arrow

ルービックキューブ

 

次は最初に揃えた一面の

反対側を揃えていきますdown arrow

ルービックキューブ

 

最後に残った三段目を

揃えたら六面が揃いますdown arrow

ルービックキューブ

 

 

組織を作るのも

ルービックキューブに

似ています。

3年後、5年後に

どんな状態になっているかを

先に描いておきます。

そこから、

プロセスを考えて、

そこに向かって

足りないところを

動かしていくのです。

行き当たりばったりでは

理想とした組織にはなりません。

常に少し先を描きながら

進めていきましょうね!

 

 

チームを作るチームビルディング研修に

ご興味がありましたら、

お気軽にお声掛けください(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ910日目

 

 

おはようございます!

昨日は日中でも雪が舞ってました。

寒いですが、

ようやく冬だなぁなんて

感じてます。

風邪にはお気を付けください!

 

 

今日は言葉遊びみたいな感じの

タイトルをつけました。

質問です。

成功の反対は何でしょうか?

 

 

 成功の反対は?

 

「失敗」ですか?

それは違います。

失敗とは、

成長であり学びです。

その方法では成功できないことを

学ぶ機会なんですね。

だから成長できるということ。

 

 

そう考えれば、

失敗というのは

成功と同じグループに属していると

言えますよね。

 

 

 

では、

成功の反対って何でしょう?

それは

「何もしない」ことです。

多くの人は、

失敗したくないと思ってます。

そのため、

自分から発言しないとか、

目立つことをしないとか、

行動しないという選択をしています。

 

 

何も行動しなければ、

成功することは100%ありません。

本で読んだり、

研修で学んだりして、

頭で分かっていて

自分はできているつもりになっている人。

周りに居ませんか?

もしかして自分がそうではありませんか?

 

 

頭で考えてしまう人は、

勝手に失敗してしまうことまで

考えてしまい、

行動することを最初からしないんです。

そして、それが正しいと思ってます。

でもね、

行動してみて初めてわかることって

沢山あるんです。

やってみて上手くいかないから

別の手法を考え、

試してみるんですね。

 

 

 

周りで成功している人の多くは、

短期間に多くのチャレンジをしています。

失敗して再チャレンジ、

失敗して再チャレンジ、

失敗して再チャレンジ、

そしてなんとなく上手くいって、

さらに再チャレンジ。

こんなループを短期間で行います。

 

 

周りの人は、

その人のことを

上手くいったところだけ見て、

「アイツは才能があるから

 成功したんだ。」

なんて思うんです。

でも本人は失敗ばかりしてますから

上手くいってる感覚はありません。

 

 

成功の反対にあるのは、

何も行動しないということ。

まず、行動しましょう。

1ミリでもいいんです。

先に進めてください!

これがとても大切なのです。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ909日目

 

 

 

おはようございます!

寒気がやってきて

とても寒い週末になりました!

暖かくして

お出かけくださいね。

 

 

さて、

昨日は地元の商工会議所で

新年会員交流会がありました。

去年までは賀詞交歓会と言ってましたが、

古い印象を捨て、

会員同士の交流を図るという意味の

会員交流会に名前を変えたそうです。

 

 

私は去年から参加させていただいてますが、

貴重な出会いがありました。

今年もいろいろな方と

お話しさせていただきましたが、

良いつながりになるといいなぁと思います。

 

 

昨日は経営者の方と

雑談させていただき、

仕事の在り方について

お話ししました。

 

 

物を販売する仕事を

されている方でした。

最近ではネットでの安売りが

激しいので、

そちらの土俵では争いたくないとのこと。

確かに、

ネットで物を販売しようとしたら、

価格くらいしか差別化できません。

そうなると、

結局のところ

価格競争に巻き込まれていき、

薄利多売となるのです。

 

 

それでも多く売れればいいのですが、

これからの人口減少の社会では

薄利で少売

になりかねません。

どこで戦うのかは、

しっかり考えていかないと

いけませんね。

 

 

 

その方には

こんな話をしました。

「昔からある焼肉屋さんで、

 お爺ちゃんとお婆ちゃんの二人で

 お店をやってます。

 しかし、

 ほとんどの日は営業していません。

 でもたまにお店を営業しています。」

そんな経営でも、

なぜだか生活できてるんですよね。

どうしてだと思いますか?

潰れない焼肉屋

up arrowこの写真の店とは関係ありません。 

 

 

それは、

完全予約制にしているからです。

予約があった分しか

食材を仕入れしません。

予約があった時しか、

店の光熱費はかかりません。

従業員はいません。

だから休んでいるときは、

極限まで経費がかからないんです。

在庫も持ってません。

その都度仕入れるので、

鮮度はいいので喜ばれます。

余った食材もないので、

在庫を気にする必要もありませんね。

 

 

こんな商売でも

成り立つんです。

固定費というものを

どう考えますか?

という話をその経営者の方に

させていただきました。

何が良いか悪いかではありません。

それは経営者の選択ですからね。

参考になっていたら嬉しいです。

 

 

あなたの会社の固定費は

適正ですか?

お金のブロックパズルで

整理してみませんか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ903日目

 

 

おはようございます!

休日の朝はいかがお過ごしですか?

久しぶりにモーニング珈琲を

いただいてきました(^^)

ゆったりした時間が

気持ちを豊かにしてくれますね!

 

 

さて、

休日なので軽い内容のブログです。

確定申告っていうと、

毎年2月16日から3月15日が

期日だと皆さん言われますよね!

 

 

確かにその通りなのですが、

還付申告というものがあって、

その名の通り、

税金を還付(返してもらう)申告は

その年の翌年1月1日からできるのです。

だからすでに始まっているんですね。

 

 

還付ではない、

税金を支払う人の確定申告は、

上記の通り2月16日がスタートです。

 

 

実は還付申告は早くからできることで、

大きなメリットがあるんですよね。

確定申告会場って、

行ったことある人は分かると思いますが、

めちゃめちゃ混んでます!

ピーク時などは4時間待ちなんて

当たり前の状態です。

それを考えると、

今からさっさと申告をしてしまうのは

どうでしょうか?

早く還付を受けられますし、

いいことばかりですね。

 

 

 

還付申告の代表的な例は、

・医療費控除の申告

・住宅減税の初年度の人

・年の中途で退職して年末調整を受けていない人

・災害や盗難で資産に損害を受けた人

などです。

 

 

ちなみに、

過去の還付申告をし忘れている人も

さかのぼって申告ができます。

還付申告は、

その年の翌年1月1日から5年間行うことができます。

具体的には、平成26年分だと、

平成31年12月31日まで申告できます。

以前、このことを新聞のコラムに書いたら、

実際に記事を読んで

過去の分の申告をしてこられた人がいて

感謝の電話をいただきました。

申告忘れの人は、

ぜひ還付申告してくださいね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ902日目

 

 

おはようございます!

今週は月曜が祝日でしたから

一週間が速く感じました。

たまたま毎日仕事が遅かったので、

土日は早く寝ようと思います(^^)

 

 

さて、

藤垣会計事務所のビジョンは、

すべての関与先が黒字であること

を目的に掲げています。

 

黒字化

 

キャッシュフロー経営のセミナーを

毎年何度も開催していますが、

企業にとってお金が回り続けることが

永続するための必須条件だからです。

地域の発展は、

その地域に存在する企業が

元気でなければなりません。

ちゃんと社員さんが安心して働け、

しっかり給料をもらってこれることは

生活の基盤です。

この生活の基盤を提供する企業が

倒れかけていては、

社員さんたちは安心して暮らせません。

 

 

企業の経営状態を黒字にすることで、

資金繰りがプラスの方向に動きます。

黒字であればすべての問題が

解決するわけではありません。

企業が銀行から借りたお金は

返済しなければなりません。

その返済額が、

利益の金額より多ければ、

返済するためのお金は不足してしまいます。

そうなると、

黒字なのに会社は返済できなくなり、

最悪の場合、

倒産してしまうのです。

俗にいう黒字倒産です。

 

 

だから黒字であればいいというわけではなく、

借入金を返済しても資金が残るように

利益を上げなければいけないのです。

もちろん利益が出れば、

払わなければならないものがあります。

そう、

税金です。

これは国民の義務、

一種の社会貢献です。

だから、

利益から税金を払った残りで

銀行返済をすることになるのですね。

 

 

この流れを知らない経営者の人は、

儲かりたいけど税金は払いたくない。

ということを言われます。

しかし、

税金は利益とセットなのです。

税金を払えてないということは、

当然、利益がないので

銀行に返すお金が

生まれてないことと同じなんです。

 

 

 

私たちは、

ただ黒字の会社を支援するのではなく、

しっかりお金が回り続ける仕組みを

経営者と一緒に作り上げていくことを、

一社一社取り組んでいきたいのです。

 

 

私たちが地域社会に貢献できることを

小さいことから積み上げていきます。

財務を通して伝えられることを

一生懸命伝えていきます!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ901日目

 

 

おはようございます!

今朝が毎日ブログ900日だと

思っていたのですが、

あらためて計算してみたら

901日目でした(^-^;

どこかで1日狂ってしまってました~

 

 

ところで、

中小零細企業の強みって

なんだと思いますか?

大手にはない機動力だったり、

コアな技術だったり、

人の力だったりと

いろいろ強みはあると思うのです。

大手ではできないサービスが

中小零細企業だからできる!

そんな強みがある企業は

素晴らしいと思います。

 

 

では、

中小零細企業同士では、

その強みはどうやって差別化するのでしょう?

同業者との差って

それほど大きなものでしょうか?

 

 

そんな中で、

誰でも簡単にできることで

誰もやってないことが

あるんです。

 

 

それが、

「継続すること」

なんです!

 

継続する

 

中小零細だからこそ、

コツコツと発信し続ける。

毎日何かに取り組むことを

継続し続ける。

毎日ちょっとしたことは

誰でもできます。

でも、

それをずっと継続している人は

ほとんどいません。

だからこそ、

それが差別化になるんですよ。

 

 

中小零細だからこそ、

すぐに諦めないで、

コツコツ続けてください。

見ている人は必ずいます。

私も次の1000日の目標を目指して

毎日書き続けます!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ899日目

 

 

おはようございます!

空気の乾燥が激しいですね。

風邪やインフルエンザなど、

のどの粘膜が弱ってしまうと

感染しやすくなります。

マスクや加湿器など、

対策を怠らないように

してくださいね(^^)

 

 

 

さて、

昨晩は毎月行っている、

クライアント様の幹部研修でした。

すでに4回目となり、

参加者の方々も、

研修で何が行われるかの

サプライズ感が薄くなってきたかな?

 

 

私が企業様で行う研修は、

講義の部分は短くて、

ワークやゲームを行う時間が

長いのが特徴です。

講義はもちろん重要なのですが、

一方的に聴くだけの研修だと

眠くなってしまうし、

主体的に参加してもらうことが

難しいですよね。

 

 

だから、

いろいろなテーマの中で

ワークを通して考えてもらったり、

気が付いてもらったりする時間を

多くとるような構成にしています。

 

 

また、

チームビルディングといい、

チーム作りに力を入れているので、

複数人で色々なゲームに

取り組んでもらいます。

ゲームというと遊んでるみたいに

思われるかもしれません。

しかし、

このゲームを通して

実際の現場でのコミュニケーションが

その場で展開されるんです。

そして、

その問題点が

浮き彫りになってくるんですよね。

 

部長ゲーム

 

「その会話は現場でもありませんか?」

「なぜ自分から伝えなかったんですか?」

などなど、

講師から質問することで、

現場で無意識に起きていることに

自ら気が付くのです。

 

 

人は、

他人から言われても

なかなか動けません。

でも、

自分で気が付き

自分で行動しようと決めたことは、

ちゃんと実行できるものです。

 

 

主体的に動くための

一番重要なことが、

自分で気が付くことです。

 

 

昨日はゲームの中でも

かなり気付きを得られるものを

チョイスしました。

いかに情報というものが

伝わっていないか。

伝えることが難しいかを

体感してもらいました。

参加者のみなさんに

気付きを与えられていたら

嬉しいです(^^ゞ

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.01.16更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ898日目

 

 

おはようございます!

今日は今週二日目のようで

実は水曜日なんですね。

祝日スタートの週なので、

進みが速いですよ!

 

 

昨日に続き、

14日に話を聴いてきたことで

ご紹介したいことがまだまたあります♬

青木社長からシェアいただいた話なのです。

 

 

人は何を求めるかで、

人生が決まります。

求めないものは

実現しないし、

あいまいなイメージからは

あいまいな結果しか得られません。

 

 

そして、

人は求めたようになります。

人は自分が思い描いた人間になる。

つまりは、

思い描かないのに、

そんな風にはならないということです。

 

 

例えば、

そのセミナー会場には

どうやって来たのか?

明確な目的があり、

〇月〇日〇時に着くことを

予定してきています。

明確に決めているから来れるのです。

もし、

「あれ?

 俺、何でここにいるんだろう?」

となった人はちょっと

ヤバいですよね(^-^;

病院に言った方がいいかもしれません(笑

 

 

ちなみに、

同じことをこうも言えます。

「あれ、

 俺、何で成功したんだろう?」

と言って成功する人は

いないということ。

 

 

 

でね、

成功者は仕事にしても何でも、

やりたいと思って取り組んでいるそうです。

「~したい。」

でも、

多くの人は、

「~しなければならない。」

と思って物事に取り組みます。

この違いは大きいのです。

チョイス 

 

 

青木社長は、

大リーガーの大谷翔平選手と

お会いしたときの話をされ、

彼もそうだったと言われました。

勉強しなさい、

練習しなさい、

と言われたことがないそうです。

勉強もしたいし、

練習もしたい。

こんな気持ちで育ってきたそうです。

 

 

何事も「~したい。」と、

主体的に取り組む姿勢が

成果を生むのだと学びました。

私もまだまだ「~しなければならない」で

動いてる部分がありますので、

どんどん変えていきます。

参考にしてください。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030