2018.11.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ834日目

 

 

おはようございます!

マラソンは走った後が辛いです。

膝の曲げ伸ばしが上手くできないので、

階段が上手く降りられません(^-^;

 

 

今日は税制について。

相続税の改正も絡みますよ。

個人の方が不動産を賃貸で貸されたとき、

確定申告で不動産所得について

申告をしますね。

 

 

確定申告では、

賃貸収入から、

固定資産税や支払利息、減価償却費といった

費用を引いて所得(利益のこと)を

計算します。

利益が出ると税金の計算となります。

 

 

この計算のなかで、

経費の金額が多くなれば

所得が少なくなるので、

税金の額も小さくなります。

では、

経費の額が大きくできる方法の一つを

お伝えしますね。

と言っても

誰でもできるわけではなくて、

ある程度大きな規模で

不動産業をやられていれば、

家族の手伝った人への給料を

経費として認めてもらえたり、

青色申告特別控除という特典を

大きく使うことができるんですね。

この規模のことを、

「事業的規模」と言います。

 

 

国税庁のタックスアンサーでは、

事業としての不動産貸付との区分

に詳細が書かれています。

大規模とはどんな規模?

という問いに対して、

次のいずれかに該当すればOKとされてます。

1、アパート等の独立した部屋数が

 おおむね10室以上

2、独立した家屋については

 おおむね5棟以上

です。

5棟10室基準ともいわれていますね。

 

小規模宅地等の特例の改正

 

でね、

なぜこの話をするのかというと、

年末が近づき確定申告向けの記事としても

意味があるのですが、

実は平成30年改正で相続関連の特例が

改正されているのです。

 

 

改正の概要は、

「小規模宅地の特例」の貸付事業用の宅地について、

相続開始前3年以内に貸付事業の用に

供された宅地等が除外されたのです。

ただし、

相続開始前3年を超えて

事業的規模で貸付事業を行っている者が

貸付事業の用に供したものは除かれます。

というものです。

 

 

ちょっと専門的すぎて

分からない人が多いと思います。

簡単に言うと、

「小規模宅地の特例」というのは、

相続した財産が、

相続人が住んでいる自宅の土地だったり、

事業に使っている土地だった場合、

その土地に相続税をかけるのは

可哀そうじゃないかという配慮です。

住んでいる土地の相続税を払うために

その土地を売らなければならなくなったら、

相続人は困りますよね。

だから、

相続人に必要な土地については、

その土地の相続税の評価を

大きく下げてあげますよっていう制度です。

 

 

でね、

貸付の事業に使っている土地も、

この特例に当てはまるのです。

しかし、

相続が発生しそうだとなってから

この特例を使うために

急きょ土地を貸す人が多いので、

それは趣旨から外れるんですね。

だから事業的規模で

以前から不動産業をしている人以外は、

この特例に該当しないと言ってるのです。

 

 

富裕層向けにあれこれと

法律の隙間を狙うようなスキームが

増えてきているので

こういった対策がされるようです。

 

 

 

今日は不動産業の事業的規模に関する

お話をさせていただきました。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.11.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ829日目

 

 

おはようございます!

11月に入ると年末の準備が始まります。

税金関係でも年末調整がありますね!

今年から必要となる書類が増えましたので、

ご案内しますね(^^)

 

 

そもそも年末調整ってなに?

という人も結構いるのではないでしょうか。

私が大学を出てサラリーマンとして就職したときには、

まったく意味が分かっていませんでした。

会社の経理の人から書きなさいと言われたから

書いたという記憶しかないですね(^-^;

 

 

年末調整というのは、

会社が従業員の一年分の税金の計算を

代わりにしてあげることです。

確定申告というのは所得税の1年分の計算を

自己申告する制度です。

サラリーマンは会社が毎月税金を天引きして

本人に代わって納めてくれますし、

1年分の所得税を計算しなおしてくれています。

これを年末調整といいます。

一年間給料から税金を天引きし続けてきて、

多く預かりすぎた人には会社が返してあげるのが、

年末調整還付金です。

 

 

日本の税制が安定しているのは、

この源泉徴収制度があるからです。

多くの給与所得者は、

自分で確定申告をせずに

会社が代わりにやってくれます。

そう、

会社に税金の徴収や納付、計算を

義務付けているんですね。

まぁ会社にとっては迷惑な話かもしれませんが、

給与天引きで税金を納めるという

国としては確実に徴収できますから、

素晴らしい制度だと言われています。

ただ、

多くの人が直接納税をしないので、

税を払っているという意識すら

排除されているという怖さもありますよね。

どちらがいいかは議論が分かれますね。

 

 

話を戻すと、

去年までの年末調整では

2枚の用紙に記入してましたよね。

・給与所得者の扶養控除等申告書

・給与所得者の保険料控除申告書 

 兼

 給与所得者の配偶者特別控除申告書

の2種類でした。

2種類の用紙でしたが、

上記の書類の名前を見ると分かるように、

2つの内容を1枚の申告書にまとめていました。

 

 

しかし、

配偶者控除、配偶者特別控除の改正により、

とても1枚に収まり切れなくなったため、

3枚の申告書になったというわけ。

今年の書類は、

・給与所得者の扶養控除等申告書

・給与所得者の保険料控除申告書

・給与所得者の配偶者控除等申告書

 です。

申告書

 

今年の改正では、

給与所得者自身の所得によって、

配偶者控除の金額が変化するようになり、

配偶者特別控除も複雑になり、

記入する項目が増えたんですね。

かなり複雑に変化しました。

 

以前のブログで、

パート収入について改正の解説をしました。

参考にしてみてください。down arrowdown arrowdown arrow

パート収入と「収入の壁」

 

配偶者の所得に応じて、

収入の壁といわれる境目が

存在します。

整理して書いてますので

ブログを見てみてください(^^♪

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.01.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ544日目

 

 

 

おはようございます!

今週は雪で大変な週でしたね。

転んだりしませんでしたか?

今朝も路面が凍ってますので

十分注意してくださいね(^^)/

 

 

さて、

昨日は午前中はコンサル業務、

午後はお客様の会社の

「パートさん向け説明会」でした。

何の説明会かというと、

今年から改正の影響が始まる配偶者特別控除など、

いったい、いくらからが負担が増え、

いくらまでならば収入を増やしてもいいか。

そんな疑問を解消していただくための

説明会を開催してほしいと要望があり、

説明会となったわけです(^^)

約30人ほど参加され、

関心の高さを感じました。

 

 103万の壁

 

そもそも、

「収入の壁」と言われるものは、

100万の壁、

103万の壁、

106万の壁、

130万の壁、

150万の壁、

201万の壁、

と、とても多くの壁があるんです(^^;)

 

 

この壁を越えれば越えるほど

いろいろな負担が増えていくわけです。

大雑把ですが解説すると、

100万の壁は「住民税」、

103万の壁は「所得税」、

106万の壁は

「大企業にお勤めの場合の社会保険の扶養」、

130万の壁は「社会保険の扶養」、

150万の壁は「配偶者特別控除」、

201万は配偶者特別控除がなくなるところ、

というわけです。

でもね、

こんな風に「縦」にお伝えしても

理解できないと思います。

 

 

なぜかというと、

更に区分して考える必要があるからです。

1、自分の税金のこと

 100万は自分の住民税のかかる境目

 103万は自分の所得税のかかる境目

2、ご主人の所得税のこと

 103万は配偶者控除の上限

 150万は配偶者特別控除の境目

 201万は配偶者特別控除がゼロになるところ

3、社会保険の扶養のこと

 106万は勤務先が大企業の場合の基準

 130万は一般的な基準

つまり、

上記の三つの観点で考えると

少し理解できるようになります。

とても複雑になっています。

 

 

 

厳密には配偶者控除、配偶者特別控除は、

本人の所得に応じて3つの区分に分かれています。

所得が多くなるにつれて、

控除額が減少し、

最終的には控除がゼロになってしまうんです。

ここが更に複雑に見える理由ですね。

図解されていても、

一つの図表に表そうとして、

余計に意味不明な表になってるんですよ。

 

 

ちなみに、

上記以外にもポイントがあります!

パートさんの勤務する時間が

正規の人の4分の3以上だと、

社会保険の加入の対象になります。

 

 

また、

ご主人の会社から扶養家族に対して

「手当て」が支給されている場合に、

収入がその支給基準の金額を超えてしまうと、

手当てがもらえなくなることも考えられます。

 

103万の壁

 

政府は150万円までは

働けるようになると言いますが、

さまざまな壁がいまだに残っているので、

現実的ではありませんね。

多く働けると思って働いたら、

社会保険加入の対象になってしまうとか、

知らないと思わぬ落とし穴に入りかねません。

 

 

これらは平成30年分から適用になりますので、

パートさんはよく注意してくださいね。

わが社でも説明してほしいという方がいらっしゃれば、

ぜひお声がけください(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.01.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ525日目

 

 

おはようございます!

今日は成人の日、

ですが雨です。

連休の真ん中の日に

成人式をしてるところが多いようですが、

雨だと着物が大変ですね。

 

 

 

昨日から確定申告ネタを

お伝えしています。

今日はタイトルの通り、

ネットオークションやフリーマーケットで

物を販売している人って

最近では結構いるんですってね。

私はなんとなく知らない人と

やり取りするのが苦手で

ほとんどやりませんし、

もっぱら買う側です。

 ネットオークション

 

 さて、

ネットオークションやフリマで

物を売ったとき、

確定申告は必要なのでしょうか?

 

 

 

所得税法にはこんな規定があります。

第9条第1項9号には、

生活の用に供する家具、

じゅう器、衣服その他の資産で

一定のものの譲渡に係る所得は、

非課税と規定されています。

オークションやフリマで売られているような

家具や衣服などは、

原則的には非課税となるんですね。

安心してください(^^)/

 

 

だたし、

条文に一定のものとされていて、

宝石や貴金属のほか、

美術品で1個30万円を超えるもの

以外のものとされています。

つまり、

高額なものについては、

通常生活に必要ないものであるから

非課税にはならないというわけ。

要注意ですね!

 

 

 

また、注意が必要なのは、

反復継続して

ネットオークションやフリマに

出品している場合です。

物を仕入れて売ることを

繰り返したり、

買ってから自分で使用したとしても

すぐに売ることを繰り返していると、

それも事業としてみなされ、

非課税ではなくなると考えられます。

 

確定申告 

 

そうなると、

確定申告の必要が出てくるかもしれませんね。

一年を通して所得が発生してこれば、

確定申告義務が生じてきます。

サラリーマンのように給与所得がある人であれば、

年間20万円以下の所得であれば

申告不要であるなど、

ケースバイケースです。

あなたに確定申告義務があるかどうか、

ちゃんと確認しておいた方が安心できますよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.01.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ524日目

 

 

おはようございます!

今日は確定申告の話しです。

実はすでに確定申告できる人がいるんです。

通常は2月16日から3月15日が

確定申告期間です。

ですが、

還付を受けることができる人は

その年の翌年1月1日から

申告することができるんですよ。

 

 

 

そして、

還付申告で多い医療費控除が

少し改正があるんです。

大きな改正では、

通常の医療費控除と、

新しい制度であるセルフメディケーション税制の

二つの制度の選択制となっています。

この新しい制度については

過去に記事を書いていますので、

こちらをご覧ください。down arrow

市販薬の領収書、捨てないで!

 

 

そして、

1月4日に国税庁から

こんな資料が公開されました。down arrow

医療費控除に関する手続きについて

医療費控除改正

今までは医療費の領収書を

提示するか提出していましたよね。

提示は面倒ということで、

提出していた人が多かったのでは

ないでしょうか。

しかし、

今度の確定申告からは、

領収書は提出せずに

医療費の明細書を提出するように

改正されたんです。

領収書は原本を保管の義務がありますから、

税務署からお尋ねがあれば

原本を見せることができなければ

いけません。

ちゃんと保管してくださいね。

原本を出さないからと言って

適当な申告をしてはいけませんよ!

 

 

そしてもう一つ、

変更したことがあります。

健康保険機関から届く、

「医療費のお知らせ」

というものがありましたよね。

今までは、お知らせには

「これは領収書ではありません」

と小さく書いてあったりしてました。

つまり、

医療費控除では使えないものでした。

しかし!

これからはこの「医療費のお知らせ」を

医療費控除の明細書の代わりとして

使えるようになったんです。

いろいろ制約はあるので、

上記の資料をよく見ておいてください。

でも、このお知らせだけで良ければ

ずいぶん楽になりますよね。

今までも、そうすればよかったんですけどね(^^;

 

 

ぜひ今度の確定申告で対象となる人は

参考にしてみてください。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

天気の良い日が続くので、

そろそろ梅雨明けでしょうか?

いや、それにしても暑いです(^^;)

 

 

 

今日は会社の税金の話です。

会社が利益を出すと、

法人税がかかります。

これは国の税金です。

実際には法人税のほかに、

県と市に法人県民税や法人市民税などがかかってきます。

「など」と書いたのは、

まだ県に払う事業税等があるからです。

 

 

 

県と市に支払う法人県民税と法人市民税は、

個人でいうと住民税みたいな位置づけのものです。

そして、これらは「均等割」といって、

会社規模に応じて支払う税金が含まれます。

そう、利益が出ていなくても税金が発生するんですね。

 

 

ちなみに、岐阜県岐阜市を例にすると、

岐阜県はコチラdown arrow

岐阜県法人県民税

岐阜県法人県民税

 

 

岐阜市はコチラdown arrow

岐阜市法人市民税

岐阜市法人市民税

 

上記のとおり、

会社で事業を始めると赤字であっても、

会社の資本金や従業員規模に応じて税金が課税されます。

岐阜市の会社で資本金が1000万円までで従業員が50人以下は、

岐阜県 22,000円、岐阜市50,000円、合計72,000円が毎年必要になります。

 

 

 

さて、今日のタイトルの減らす方法ですが、

最低ラインの金額を減らすことはできません。

例えば、資本金が1000万円を超えている会社が

資本金を下げるある方法が利用できるように改正されたという話です。

今日のポイントは「減資」です!

減資といって資本金を減少させることがポイントなのですが、

以前は実際に減資して資本を払い戻さなくてはいけませんでした。

しかし、平成27年の改正では、

「無償減資」と呼ばれるお金がかからない減資でも均等割りが少なく済むようになりました。

無償減資とは、帳簿上だけで減資が行える方法です。

これにより、資本金3000万円の会社が1000万円になると、

均等割合計185,000円が、72,000円で済むようになります。

これって毎年のことですから、

該当する会社は検討してみては、いかがでしょうか。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.05.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

 

おはようございます!

今月もラスト一週間ですね!

5月の繁忙期もなんとか先が見えてきました!

今週の土曜は決算報告、日曜は中小企業診断士の総会と休みがありません。

ということは週末に溜まった仕事をこなせないので、

今のうちに頑張ります!!

 

 

 

今日は少し特殊な話ですが、

該当する人には要注意なのです!

よく聞いてくださいね。

具体的には、

・会社を経営している

・個人所有の土地の上に会社が建物を建てている

・会社と個人の間で土地の賃貸借契約を結んでいる

こんなケースを想定しています。

この場合や、

この逆の場合に該当する人は、

こんな届出書を税務署に提出していますか?down arrow

無償返還届出書

 

 

「無償返還??」

「届出書??」

なんだか難しい話だなぁと思われるかもしれませんが、

はい、税理士の私たちにも難しい話なんです(^^;)

簡単にかみ砕いてお話ししますよ。

 

 

土地を借りるときに「権利金」という大金を支払う慣習があるそうですよ。

地域ごとに慣習は違うのですが、

税務の世界ではその権利金を払うものだという考え方があるのです。

では、権利金ってなに?ということですね。

要するに、土地を利用する権利のことです。

土地を所有する人と使用する人に分けて、

利用する権利を「権利金」といいます。

それ自体を売買することもできるんですね。

(実際には見たことありませんけど)

だから、土地を借りるということは、

利用する権利を買うということなのです。

つまり、国税からすると、

「権利金をもらわなきゃいけないよね」

という発想になるのですね。

    down arrow

でも、もらっていない。

    down arrow

得してる分は課税します!

というロジックなのです。

 

 

逆に、土地所有者はどうなるのでしょう?

利用できないのに、

更地と同じ評価をされたら辛いですよね。

だから、相続や贈与で土地を評価するときは

「借地権」という計算をして、

更地の評価から減額できることになっています。

 

 

では、先に見ていただいた土地の無償返還の届出書ですが、

これはどんな時に提出するのかをお話しします。

結論からすると、

この「土地の無償返還に関する届出書」を税務署に提出すると、

権利金のやり取りはないことにすることになります。

地主は貸すときに権利金をもらわないし、

賃貸をやめるときにも権利金を返さないということです。

この届出書を提出することで、

始めに話した「権利金を払わなくて済んだ分を課税する」という認定課税を

避けることができるのです。

 

 

 

この考え方は、相続を踏まえた長い期間の法人税、相続税、所得税の

全体を考慮できないと理解できません。

数十年後に問題となることも考えられます。

ちなみに、「認定課税」を避けるための賃料の設定方法もあります。

安すぎる賃料設定だと、無償返還届出書を提出した方がいい場合がありますね。

 

 

 

一般論だと話しがぼやけてしまうため、

分かりづらい話が、更に難しくなってしまったかもしれませんね(^^;)

でも、税務にはこんな考え方もあることが気付いてもらえたら幸いです。

詳細については個別にご相談承っております。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.04.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

 

おはようございます!

あっという間の週末ですね(^^)/

週末こそ、やりたいことを計画的に!

今日もいい日にしましょうね。

 

 

 

4月20日(木)の朝刊に、

「法人税 電子申告を義務に」

と掲載されていました。down arrow

電子申告義務化

 

個人と比べると法人の税理士関与率は高いので、

法人税の電子申告の利用率は27年度で75.4%だそうです。

個人の申告については52.1%と法人より低く、

平成25年から51.8、52.8、52.1とほぼ横ばいです。

一方、法人の方は、

平成25年から67.3、71.6、75.4とぐんぐん伸びています!

今更どうして伸びているのか分かりませんが、

これだけ伸びているから、

いっそのこと義務化してしまおうと思ったのかどうか。

 

 

 

私の事務所でも法人関与先は99%電子申告です。

(個人もそうですが)

残りの1%は大企業の関連子会社で、

親会社に合わせているので電子申告していないのです。

新聞にも書いてありましたが、

大企業には独自のシステムがあり、

国税のシステムとのリンクが難しい場合が考えられます。

 

 

新聞にはほかの事例も載っていました。

「紙での地方税申告を求める自治体があり、・・・」

いまだに電子申告に対応していない地方自治体もあることには驚きです。

 

 

法人税の電子申告が義務化することで、

困る人がどんな人か考えてみました。

・高齢のPC使えない税理士さん

・税理士の関与がなく、手書きで申告していた法人

・電子申告未対応の自治体

・大企業の経理システム担当者など

 

 

この義務化にともなって、

国税庁のホームページに、

法人税申告書を作成するページができる可能性もありますよね。

所得税版はとても優秀なので、

法人税版ができれば利用者は増えそうです。

これは税理士にとっては、

かなり痛いかもしれません。

これにより、現在の税理士関与の法人が

自分で申告をするという法人も増えてくるでしょうね。

 

 

私たち税理士もしっかり関与の価値を伝えていかないと、

フィンテックなどのAI技術に取って代わられてしまいます。

適度に危機感は持っていなければいけませんね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.03.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

平成29年1月から医療費控除の制度が変わりました。

今年の分の確定申告はまだ来年の話なのですが、

制度がすでに変わっているので、

改正について知らないと、

後で損しますから、要注意です。

 

セルフメディケーション税制 

 

 

新しい制度の名前は、

「セルフメディケーション税制」

といいます。

この新制度は、今までの医療費控除の制度との選択適用になります。

要するに、どちらか有利な方を選んで利用します。

今までの医療費控除制度は医療費が10万円※を超えた場合に、

その超えた部分を所得から差し引くことができる制度です。

※所得金額が200万円未満の時は所得金額の5%です。

だから、10万円以上の医療費がないと利用できませんでした。

 

 

しかし、このセルフメディケーション税制は違います。

対象の市販薬を年間12,000円以上購入していたら、

超えた部分の金額を所得から差し引くことができるのです。

今までの10万円と比べたら、

かなりハードルが下がった印象ですよね。

しかし、勘違いしてはいけません。

支払った対象は医療費ではなく、

こちらは医薬品なので注意が必要です。

そして、その医薬品の総称が「スイッチOTC医薬品」といいます。

 

 

 

はい、ここであなたの頭の中では、

「何だ、そのスイッチOTCなんとかってやつは??」

ってなってますよね。

 心配いりません!

かなり広範囲で対象の医薬品が含まれているようです。

厚生労働省のホームページで品目が公開されていますよ。down arrow

セルフメディケーション税制対象医薬品

ちなみに、先日薬局で頭痛薬を購入しました。

パッケージにも対象商品であることが書かれていましたよ。

イブ頭痛薬

ほらね!書いてありますよ。

え、どこに書いてあるの?って聞こえてきそうですね。

 

 

よーく箱の角を見てみると、

イブ頭痛薬 画像アップ

ね、書いてあるでしょ、

右下の角の所に。

かなり分かりづらいですが、

対象商品は1500種類くらいあるそうです。

気にしないで購入しても、

対象商品に該当してる可能性は高いようですね。

 

 

 

ただし、注意点も色々ありますよ。

まず、領収書がないといけません。

領収書にこの対象商品であることが

書いてないとダメなんですよ!

でも、ここでもご安心ください。

今回購入した頭痛薬の領収書はこんな感じでした。down arrow

領収書

ちゃんと領収書に印字されていました。

大手のドラッグストアではすでにレジがこの制度に対応しているので、

購入すれば勝手に印字されているみたいです。

 

 

もう一つの注意点は、

健康管理のために予防接種や健康診断を受けなければいけないことです。

これらは医師の関与が必要なものに限ります。

 

 

 

この制度の背景には、

少子高齢化に伴い医療費がどんどん膨れ上がってきています。

この医療費増大の対策として、

病院に行かずに自分で薬を買って治せるのなら、

ご自身で治してねってことなんですね。

この制度で医療費が抑えられるかは分かりませんが、

私たちに選択肢が与えられたわけですから、

必要に応じて選択して税金の還付を受けましょう。

そのために、まずは薬の領収書を捨てないでくださいね。

1月から始まってますから、領収書を集めておきましょう。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.12.24更新

過去の数値から、

仕事をする税理士。

その数値を活かして、

過去と未来をつなげる

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

税制も毎年変わっていきますが、

来年の1月4日から、

新しい制度が始まりますよ!

 

国税庁のサイトはコチラ

クレジットカード納付の手続き

国税については

カードで支払うことができる

ようになるってことです。

 

クレジットカード納付

 

注意点がいくつかあるので、

ここは要チェックです。

気が付いたところを

挙げておくと、

 

1、対象税目

所得税、消費税、法人税、

相続税、贈与税などなど・・・

(基本的にこの記事では

国税のことを説明してます。)

 

2、手数料がかかる!

1万円につき76円(税別)の

手数料がかかります。

税込みだと約82円です。

100円につき0.82円ですね。

100円で1ポイントが

加算されるなどの

カード特典があると、

その差額は得ですが、

微妙ですね(^^;)

 

3、24時間使える。

24時間納税できる 

 

4、国税庁の専用サイトから

 納税手続きをする。

 

5、手続き後に取り消しの

 手続きはできない。

 

6、法定納期限内に、

 専用サイトから

 納税手続きをすればよい。

これを利用すれば、

カード決済は1か月以上先なので、

納税を繰り延べする効果が

出てきますね。

 

 

調べてみると、

ポイントで得するというより、

納税が苦しい場合の

緊急措置的に利用

できるような感じでしょうか。

だって、リボ払いができるんですよ(笑

 

今まで税務署の窓口で

分割納付に苦労された方が、

カードの分割支払いで

対応することが増えてきそうです。

税務署の徴収部門が、

カード会社に移管したような

印象を受けちゃいますね。

 

 

ただし注意事項があります。

納税額、特に消費税などは

高額になりますから、

カード限度額がネックとなり、

利用できない可能性も

十分考えられます。

ご利用は計画的に!と、

言いたいところですが、

ご利用できませんと

ならないように、

事前のカード利用状況も

確認しておく必要が

ありそうです。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030