2019.11.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1191日目

 

 

おはようございます!

今週は外食続きですが、

体調を崩さないように気を付けます!

 

 

さて、

昨日の午後はスタッフたちと

今月の仕事のプランニングの時間でした。

一人で仕事を進められる部分と、

周りのメンバーと協調して進める部分と、

そのスタッフ間の連絡のための

貴重な時間でした。

 

 

でね、

プランニング時間の冒頭に

昨日の時間の使い方を

質問してみました。

少し時間をとって

あなたも振り返ってみてください。

 

仕事の時間  ○○時間

食事の時間  ○○時間(3食分)

睡眠の時間  ○○時間

(    ) ○○時間

(    ) ○○時間

(    ) ○○時間

 合計    ○○時間

 

 

合計を出してみてください。

括弧の部分は行を追加しても構いません。

思い出しながら実際に書いてみると、

一日24時間あるはずなのに、

22.5時間とか、

少し時間が足りなくなるんです。

 

time

 

どういうことかと言うと、

人は必ずどこかに隙間時間があるということ。

知らない間に毎日数時間がこぼれています。

これが休んでいる時間と

ご自身で認識していれば

それはそれで問題ないと思うのです。

 

 

そして、

意外と抜け落ちているのは

実際に自分が動ける時間の総和です。

例えば藤垣会計では、

11月の稼働営業日は20日です。

ここに研修旅行で2日減りますから、

18日しかありません。

18日×営業時間で、

実際に稼働できる時間が見えてきます。

ミーティングや勉強会の時間を

ここから引いていくと、

本当に動ける時間って

少ないことが分かりますね。

つまり、

1時間の時間価値が

貴重なものだという価値観を

持てているかどうか。

 

 

この認識の上で

仕事を進めているのか、

なんとなく言われたことや、

目の前にあることを

順番に取り組んでいるだけなのかで、

その人の生産性は大きく異なるのは

分かっていただけるでしょうか?

 

 

自分の時間価値は

大いに高いものだという意識があると

集中力も違いますし、

段取りも変わってくるものです。

誰もが時間だけは平等に与えられ、

取り返すことができません。

貴重な時間を

大切に使っていきましょうね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030