2019.09.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1135日目

 

 

おはようございます!

今日は天気が湿っぽくて

暑さも和らぎますね(^^)

昨日まで真夏の暑さが続きました。

岐阜はホントに暑いんですよー!

熱中症にはくれぐれもお気を付けください!

 

 

さて、

今日は組織の役割のお話しです。

ずいぶん前の話ですが、

プロ野球の読売巨人軍が

すごい選手をトレードで集めてきたことがありました。

2004年の史上最強打線と言われたときです。

メジャーにいってしまった松井秀喜の穴が埋まらず、

トレードで補強をしまくったんです。

なんと過去に4番バッターを経験したことがある選手が

5人も巨人にいたそうです。

しかし4番バッターばかりがいても

打線は繋がらないのです。

1番バッターから順に

役割というものがあります。

重要なのは、

それぞれが果たすべく役割があって、

チーム全体としての成果を求めるのです。

史上最強打線

 

 

野球のチーム作りと

組織のチーム作りも、

考え方は同じです。

野球は一人ではできない。

守備の時にはピッチャーをはじめ、

すべての位置に守備につきますよね。

会社でも同じように、

全社員が同じ役割をしているわけではなくて、

それぞれの決められた役割を果たすことで

会社という組織が回るのです。

どこかが足りていなければ、

誰かがその役割をやらなければ

組織は止まってしまいます。

 

 

組織の中で、

はやく上の役職に上がりたいと

願うことは大事なことです。

でも、

出世のために仕事をしているのではなく、

良い仕事をした結果が評価されているわけです。

大企業などは出世争いという

人との比較で生きてしまう場面があるかもしれません。

でも中小企業では、

そんなに多くの人材はいません。

だから全員が貴重な戦力なのです。

そんな中では、

人との比較で生きる意味がないのです。

自分の成長を基準に、

過去との自分と比較をしましょう。

 

 

あなたには、

あなたにしかできない仕事があるのです。

どんな仕事にも価値があるのです。

あなたの役割をしっかり果たしましょうね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030