2019.09.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1154日目

 

 

おはようございます!

今日は9月の最終日ですね。

4月からの新年度は今日で半期が終わります。

半期を終えてどうでしたか?

この現状を踏まえて、

残りの半期をどう過ごしますか?

あいまいで過ごせば、

あいまいな結果しか残りません。

明確なゴールを設定しましょうね!

 

 

さて、

ポジティブって言葉、

普段から当たり前に使われてますが

どんなイメージでとらえてますか?

普段からポジティブに物事を捉えられる人は

どれだけいると思います?

実はそれほど多くないんじゃないかって

言われてます。

ポジティブ

 

つまり、

ネガティブな方が多いのです。

って書くと残念な感じを持たれるかもしれませんが、

実は当たり前のことなんです。

動物は本来ネガティブに作られているからです。

野生の動物は、

ポジティブに考えている暇はありません。

ライオンに狙われているかもしれません。

ようやくライオンから逃げ切ったシマウマが

ホッとしていたら後ろからチーターに襲われるとか、

野生では当たり前にある光景です。

自分だけは大丈夫なんだ!なんてポジティブに考えていたら

すぐに食べられてしまうのです。

だから本能はネガティブに設計されているのです。

 

 

でもね、

今の現代社会はそれほど危険がせまっていません。

日本なんて安全過ぎてピリピリしなくても

誰かに襲われることなんて

そうそうありません。

だけど本能ってのは無意識の世界なんです。

意識しないと自然にネガティブになってしまいます。

 

 

でもね、

ポジティブにならなければいけないなんて

決まりはありませんよ。

ポジティブにもデメリットはあります。

ポジティブすぎて、

危険を顧みず無茶をしてしまうことや、

実力がないのに調子に乗ってしまうこと。

 

 

だから、

適度にポジティブ、

適度にネガティブを

持つことが肝要なのです。

私が気にするのは、

人に対してネガティブな言動や行動をすることは

場の空気が淀みます。

組織の空気を金魚の住む水槽に例えると、

水槽の水が濁るんですね。

濁るとほかの魚も息苦しくなりますし

健康を害してしまいます。

必要以上なネガティブな言動や行為は

行動する前に一度深呼吸してから

するようにしましょう。

コミュニケーションにおいては、

ポジティブな言葉を使うことが

良好な人間関係を構築するためには

必須ですからね!

 

 

ただ、

ネガティブを悪く言う傾向はありますが、

健全なネガティブ発想は

リスクを察知することに関して

とても効果があるのです。

ネガティブ発想は人が本来持つ大事な機能なので、

適切に活用してくださいね。

 

 

ポジティブ過ぎても危険だし、

ネガティブ過ぎるのは付き合いたくないですね。

どちらもバランスと使いどころが大事。

私はポジティブ寄りのバランスが好きです。

あなたはどっちですか?

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1153日目

 

 

おはようございます!

昨日は午前中はコンサル業務、

午後からは事務所で仕事をさばいてから

歯科メンテナンスからのゴルフ練習でした♬

なかなか充実してましたね。

 

 

さて、

最近思うのですが、

私がやっているコンサルというのは

和仁達也先生から学んだキャッシュフローコーチという

技術を用いたコンサルティングになります。

キャッシュフローコーチとは

キャッシュフローコーチ

普通、コンサルというと、

コンサルタントが持つ知識やメソッドを

その会社に落とし込んで成果を上げるというもの。

一般的には半年から一年取り組むと

教えることがなくなるコンサルタントが

多いんだと聞いたことがあります。

プロジェクト型のコンサルタントは

そんな感じですね。

 

 

でもキャッシュフローコーチは違います。

コーチングを使い社長の想いを

引き出し顕在化させます。

面に出た不安や問題点を

どうするのか一緒に考える役割なのです。

どちらかというと、

テニスの練習でいう壁打ちの壁役(笑

 

 

でもね、

これが効果がある人には

本当に効果があるんですよ。

どんな人に効果があるかというと、

毎月必ず会社の状況を見える化して

確認できるということ。

先月に予想していた状況と

現実との差を確認できること。

それを踏まえてどうするか?

また、

見える化した資料から

将来のお金の流れを確認できることで、

お金の不安から解放されます。

これは人によっては

大きな力となります。

不安があるとアクセルを全力で踏めません。

全力で踏んだ時にお金が心配になるからです。

中途半端に進んでいれば、

中途半端な成果しか上がらないのです。

キャッシュフローコーチの効果で、

不安から解放されて一歩を踏み出せるので、

次々と先の一手を打つことができます。

だから、

どんどん成果が上がるのです。

 

 

嬉しいことに、

本当に毎年大きな成果が上がってきて、

どんどん次の展開が広がってます。

私の力がすごいのではなく、

このキャッシュフローコーチのメソッドが

効果を上げているのだと感じてます。

経営者のタイプによりますが、

弊所で関わりをいただいているコンサルのお客様は

全員が大きく成長をしてくれてます。

 

 

セミナーではお金のブロックパズルの話をしています。

でも、それは最初に取り組むことで、

実際には一枚のシートで

会社のお金の流れをの全体像を

確認する作業をしています。

お金のことが見えなくて

不安な経営者の方には

ぜひおすすめです。

でも、

ごめんなさい!

私のコンサルはスケジュール的に

もう受けられません(>_<)

多分1,2年先までは

受付できませんが、

安心してください!

実は弊所には私の他に

二人のキャッシュフローコーチがいるのです!

ご興味のある方は

ぜひお声がけください。

お金の流れの見える化の効果を

実感してみてください!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1152日目

 

 

おはようございます!

9月最後の週末ですが、

今週も天気はグズついてますね。

秋らしく涼しくなってほしいですね~。

 

 

最近お会いしてない親戚の方がいるのですが、

昨日ふと思い出したことをお話ししますね。

妻の方の親戚の人で、

かなり変わり者の雰囲気の人がいます。

もうすぐ60歳のおじさんなのですが、

そうとは思えないくらいチャラいんです。

いい年して目じりが下がってきたという理由で

整形をしたんだとか。

お金の使い方も変わっていて、

勝手に外車を買ってきたり、

好きなことには自由にお金を使ってしまいます。

当然奥さんとも関係が悪くなり、

今では家庭内別居。

その生活を10年近く続けている人なんです。

 

 

その人は人の立場に立つことが苦手で、

人から恨まれてたり、

嫌われていても、

自分では気が付かないという

幸せな人なんですよ。

仕事をクビになった後で

在職中の時のお客さんのところに

営業に行ったそうなんです。

その時、以前のお客さんから言われた言葉が、

「だいたいお前のことは

 ずっと嫌いだったんだよ!

 だれがお前と取引なんてするんだ!」

こう言われて自宅に帰ってきて、

「俺、嫌われてたみたいだわ。」

って不思議そうに話してたんだって。

変わってるでしょ(笑

 

 

でね、

なぜこんな風になったかというと、

多分その人の考え方が悪いんですよ。

その人は何か失敗したり、

ミスをした時に、

すぐに謝るんだそうです。

でね、

相手がしょうがないから許してくれますよね。

すると、

「許してくれたから

 その件はもうチャラになった」

と思うそうなんです。

反省とかないんですよ。

なぜかって、

許してくれたんだからね。

二度目のミスをした時に、

またすぐに謝るんですよ。

で、許してくれると思うんです。

でもね、

以前に同じことをされた人は

しっかり覚えてますよ。

また同じことやらかして!って

頭に来るのが普通です。

でも、それが理解できない。

だって、前の分は許してもらってるから。

ちょっと変わり者の

親戚のおじさんの話はこれまで。

 

 

 

こんな考え方が

なぜいけないのかというと、

人は小さな約束を守ることで

少しだけ信用がもらえます。

この信用をコツコツ積み上げて

ようやく今の信用を築き上げるのです。

信用とは過去の実績のこと。

でも、

信用は失うときは一瞬なのです。

何年もかけて築いてきた信用でも、

一度の失敗で全て失うことだって

あり得るのです。

この考え方が分かっていれば

謝って許してもらえば問題がなかったことになるなんて

思えるわけがありませんね。

 

信用

 

一度失いかけた信用は、

これから長い年月をかけて

築きなおしなのです。

その間にまた失敗があれば、

もう取り返せないでしょう。

一度の失敗だけでも

アンテナが立ってる人は得るものが大きいが、

何も考えてなければ何も得られません。

失敗を糧にできるか、

ただのミスで終わるか。

一事が万事と言われない生き方をしたいね。

この差は大きい。

この差が人生を分ける。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1151日目

 

 

おはようございます!

毎月月末はお客様のところへ

決算報告に出かけます。

毎日、いろいろなお客様と話をしますが、

それぞれに課題があるのですね。

話しをして、

元気を出してもらえると

こちらも嬉しくなりますね♬

 

 

 

さて、

決算が終わるのを待っている人はだれか?

社長はもちろん、

税務署?

いや税務署は別に待ってないです。

でも期限内に出さないと余計な出費など

大変なので期限内に出すだけです。

答えは銀行です!

 

銀行員 

 

銀行融資を受けていない人には

銀行が待ってることはありませんが、

ちょうど融資の申し込みをしていた時には、

「まだかまだか」と言わんばかりに

催促されることがあります。

 

 

でも当たり前ですよね。

銀行は企業の状態を見て

お金を貸すわけですから。

あなたも気を付けてくださいよ。

お金を借りたがっている人は

借りることで頭がいっぱいなので

返すことを考えていません。

誰かにお金貸してくださいって

お願いされたときには

必ず

「で、いつまでに、どうやって返してくれるの?」

って確認してみてください。

その時に、

「へ?」

って不思議な顔をしたら

財布を閉めて、

さっさと帰ってきましょう。

 

 

言いたかったのは、

銀行はお金がちゃんと返済していけるのかどうかを

確認したいのです。

だから現在の状況を見ているのです。

でね、

利益が出てればいいのかというと、

そうではありません。

もちろん、利益があればいいのですが、

利益がすべてではありません。

むしろ、

資産と負債の状況が

大きなポイントになるのです。

 

 

なぜか?

その年の利益がわかるのは

損益計算書です。

決算時点の資産と負債の状態が分かるのが

貸借対照表です。

銀行がどちらを重視するかというと、

貸借対照表なのです。

一年だけの利益だけ見ても、

来年のことはわかりません。

でも、

その時の預金残高は事実存在してます。

その時の負債の残高は、

支払いをしなければ減りません。

ずっと残るわけです。

そういう意味で、

未来の状況を知りたければ

貸借対照表を見るしかないのです。

 

 

銀行はこの中におかしなものが計上されていないかを

確認したがります。

例えば、

役員への貸付金です。

資産の部に計上されている貸付金。

これがもし増えていたら?

それは、

銀行が貸したお金が、

会社で利用されずに

役員に流れていると判断されてしまいます。

だから、

そういった項目を確認したがるのですね。

そのうえで問題がなければ

お金を貸しても大丈夫だという決済が下りるのです。

 

 

銀行に対して重要となる指標は

資産や負債のところにあることを

おぼえておくと、

何かに役に立つかもしれませんよ(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1150日目

 

 

おはようございます!

9月もいよいよ終わりに向かってます。

今年も終盤に突入してますね。

良い一年にしたいです♬

 

 

さて、

コンサルタントの仕事をしていると

色々な人の話を聞きます。

これから起業しようとする人も

たくさんお会いします。

そんな中で成果が出る人と、

起業に向かない人の違いが

ハッキリ見えます。

 

 

同じように成果を上げたいと思っていて

成果が出る人と、

成果が出ない人がいます。

これが現実なのですが、

どんな違いがあると思いますか?

 

 

それは、

自責か他責か。

その違いです。

起業に向けて経営塾に入ったとしても、

その経営塾で教えてくれるのは

起業家に必要なマインドだったり、

ネットのスキルだったり、

ビジネスモデルの考え方だったりします。

そう、学べるのは考え方やスキルであって、

経営塾の先生が売上を作ってくれるわけではありません。

 

 

お金を払って入塾したら

成功できると勘違いする人が

一定割合いるそうです。

残念な話ですが、

自分がやらなければ

結果は出ません!!

当たり前のことですが、

自分事だと分からないようです。

お金集めに必死で、

なんとかそこで学べば

成功できると信じて

やってくるのかもしれません。

 

 

 

でもね、

やるのは自分です。

すべては自分が源です。

自分の今があるのは

すべて自分の選択してきた結果。

全部自分が源なのです。

そう考えると、

すっきりしませんか?

あれこれ考えても、

自分が行動するしかないことが分かれば

行動につながります。

難しく考えないことです。

まずは自分を振り返り、

行動を見直しすることから始めましょう!

 

 

 

 

行動し始めると、

すっと成果が上がり始めます。

少し続けていると、

今度は伸びが止まってしまうんです。

もう少し頑張っても

なかなか伸びません。

ここで多くの人はあきらめてしまいます。

仕事でも勉強でもこの法則はあるのです。

プラトーってご存じですか?

この曲線の途中の平らなところdown arrow

プラトー

平らなところを超えて

人は成長します。

頑張っても頑張っても

成果が上がらないときって、

このプラトーに入っているときです。

この停滞期を過ぎると

また成長期に入ります。

このプラトーであきらめる人が

多いのですが、

逆に考えると

プラトーさえ超えれば

他との差がつくチャンスに入ります。

そう信じてやり続けることが

大事だということを

今日はお伝えしました(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1149日目

 

 

おはようございます!

9月の最終週が始まりました。

今週は連日決算報告が続きますが、

昨日は名古屋税理士会の会務で

午後からずっと会議でした。

税理士会のこれから先のスケジュールが

いろいろ追加され変更され、

もう私のスケジュールは振り回されてます(^-^;

 

 

税理士会では租税教育推進部という部署にて

活動してますが、

毎月の会議以外にも、

様々な研修会、国税局との意見交換会、

大学との租税教育のサポート、

などなど予定がどんどん入ってきます。

引き受けてしまった以上、

2年間はやり切りますが、

なかなか先が思いやられます。

 

 

 

時間管理には、

自分の時間と、

相手の時間に分けて考える必要があります。

そして、

相手の時間に生きていると

とても窮屈で苦しく感じますね。

だいたい2か月先まで

8割近くの予定がすでに入っているわけで、

ここから予定を入れられていくのって、

息が詰まりそうですよ。

 

時間管理 

 

自分がやりたいことを

やりたいように生きるって、

組織にいるとなかなかできません。

とは言っても、

自分でコントロールできることはあるはずです。

自分の都合のいい日程になるように

こちらから働きかけるとか、

先に自分の都合を伝えておくとか、

楽になる方法はあるはず!

 

 

同じ予定でも、

こちらからコントロールして

決められれば、

相手から無理やり入れられるより

気分がいいですよね。

 

 

仕事を拡大していくと、

それにまつわる人間関係から

しがらみが増えてきます。

税理士会などの資格関連、

社会福祉法人の監査などボランティア的なもの、

ロータリークラブなどの役員活動、

あちこちの学びに伴う付き合い、

これら全部、本業ではありません。

お付き合いです。

 

 

引き受けた以上は責任がありますが、

本当にやりたいことをしようと思えば、

いろいろなものを脱ぎ捨てていかねば動けません。

もちろん、お付き合いは楽しいです。

ただ、全部にお付き合いができなくなってきました。

昨日の会務では、

自分の時間をあらためて重要なものから順に

選んでいく必要があると痛感しました。

って税理士会の部会は始まったばかりなのにね(^-^;

 

 

やらないことを

決めていく人生の方が

楽に生きていけそうです。

組織の中で、

どう折り合いをつけていくか。

やらねばならないことを、

やらないことだと勘違いすると最悪です。

その組織にいる理由がなくなりますから(^-^;

さて、あなたはどうですか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1148日目

 

 

おはようございます!

連休が終わり、

また台風も去って行きましたね!

新しい一週間が仕切り直しです。

 

 

さて、

三連休はいかがお過ごしでしたか?

私は特にアポがあったわけではありませんでしたが、

仕事をきれいに終わらせたかったり、

机周りを整理整頓したかったり、

スケジュールのツールを自作してみたり、

結局三日とも職場に顔を出すという結果に(^-^;

家族サービスということで、

昨日の夜は家内と外食デートでした♬

 

 

岐阜駅前の繁華街で食事をしたので

2軒目を軽くすませて

帰りはタクシーに乗りました。

でね、

乗ったタクシーが面白い名物タクシーだったんです。

 

 

その名も

うたごえタクシーといって、

運転手さんが歌を歌ってくれるという

タクシーに偶然乗り合わせました。

私はまったく知りませんでしたが、

マツコデラックスの番組に出たことで

有名になったんだそうです。

YouTubeでもアップされてるとのこと。

わざわざ新聞に取り上げられた記事を

見せてくれました。

もちろん歌もセットでね♬

うたごえタクシー

 

私は古すぎて曲を知りませんでしたが、

流しのタクシーの歌と、

千代の富士の歌を歌ってくれました(^^)

運転手さんの雰囲気が、

尾木ママのような雰囲気で、

妙に安心するというか、

気持ちが温かくなりました。

 

 

この運転手さんは

自分の趣味が仕事にも

入り込んできたのかもしれませんが、

他のタクシーにはない

セールスポイントになっています。

それでいて、

自分も楽しめるし、

お客さんも喜ぶ。

運転手さんはタクシー運転手歴が52年とのこと。

身体を大切にして

長く仕事を続けてほしいなぁと思います(^^)

 

 

USPというマーケティング用語がありますが、

ユニーク・セールス・プロポジション

の略ですが、

独自の売りという意味です。

うたごえタクシーさんは

歌ってくれることがUSPですね。

あなたのUSPは何でしょうか?

独自のものが問われますが、

他の人がやっていない

自分だけの売りは何か?

ここが明確になれば、

自分の売りだしポイントも

明確になってきます。

ぜひご自身のUSPを

見直してみてください。

そこを打ち出すことで

独自性がお客様を呼び込んでくれます。

おススメです(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1147日目

 

 

おはようございます!

三連休の中日は台風が強いまま

九州北部を直撃していきましたが、

被害が気になります。

最近は台風が大きいままで

日本に到達することが多いように感じます。

近年の異常気象の影響があるのでしょうかね?

 

 

 

昨日の朝、

うちの家内が近所の友達との

会話の話をしてくれた時、

『「私はパソコンのマウスを

 こうやって動かして

 ネットをやってるの」

って言ったわけよ』

と言いながら、

マウスを右へ左へ動かすジェスチャーを

しているのを見て、

「いやいや、

 その動きはあり得んだろ」

と私が言い、

「いや、私はこうやってマウスを動かすんだ」

と、家内も言い張る。

 

 

普通のマウスは、

矢印を動かす際に

マウスを上下左右に動かしますよね。

でもうちのは違うんですよ。

ちょっとマニアックなマウスを

使ってるものですから(^-^;

ちなみにこんなタイプです。down arrow

トラックボールマウス

 

そうなんです、

トラックボールのマウスなんですよ。

これはマウス自体は動かさず、

親指だけでトラックボールという

球を転がすと、

矢印のカーソルが動くのです。

だから、

動くのは親指だけなのですね。

トラックボールマウス2

 

 

つまり、

家内は昔使っていたマウスのイメージを

持っていたけど、

実際には親指しか動いてなかった

という落ちでした。

 

 

車や自転車の運転も似ていて、

意識して身体を動かすわけではありませんよね。

もう無意識で身体が動いて

操作しているのですね。

いちいち意識してウィンカーを出したり

ワイパーを動かしたり、

ブレーキを踏んだりしないのです。

 

 

実は仕事も同じなのです。

人とのコミュニケーションも

同じなのです。

人は幼いころから

無意識で生きてきますから、

上手くできるか、

できないかは別として、

そのまま自分の経験値だけで

自分なりのやり方を見に着けています。

 

 

でもね、

これって変えられるんですよ。

でもいきなり上手くいってる人の真似をしても

上手くできません。

これは当たり前のこと。

元々の土台が違うのに、

同じことをやって上手くいくわけがありません。

だから、

学んだことを自分なりに咀嚼して

現場で実践してみるのです。

上手くいかなければ

自分なりに考えるのです。

そしてまた実践して、

また考える。

上手くいかなかったからって

逃げてしまえばそれでお終いです。

 

 

上手くいくことがあっても

多分そこには大きな違和感があるはずです。

でも安心してください。

その違和感が成長の伸びしろなのです。

マウスの例ではありませんが、

何度もやり続けることで

それが無意識でできているようになります。

 

 

人前で話す、

意見を発表する、

意見の違いを交渉する、

やったことがない役を買って出る、

などいろいろなチャンスが

どこにでもあります。

でもそれを自分のものにするか、

そのまま変わらない自分でいるか、

自分で選択することができます。

 

 

あなたは行動する側にいますか?

そのまま変わらないあなたでいますか?

どちらを選ぶこともできます。

決めるのはあなただけです。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1146日目

 

 

おはようございます!

今週も三連休ですが、

あいにく台風の影響で天気が不安定です。

久しぶりにワンコを連れて

ドライブでも行こうかと思ってたのに

残念ですね。

というわけで今日も事務所で仕事です♬

 

 

 

さて、

時間管理ってとても大事なんですよね。

タイム イズ マネー

時は金なりと言いますが、

実は

タイム イズ ライフ

時は人生そのものなのですね。

だからこそ、

時間の管理は重要なのです。

 

 

でも、

時間って目に見えません。

掴むこともできません。

ただただ、

過ぎ去っていきます。

どうやってコントロールすればいいのでしょうか?

時間を管理しようとするから

難しいのですね。

時間ではなく、

未来の出来事を管理するのが

タイムマネジメントなのです。

だから、

誰か自分以外の人との予定を管理しているだけで

それが時間管理だと思っている人が

99%の人だと思います。

そうではなくて、

自分が目的目標から必要だと考える出来事を

起こすための予定を管理するのが

タイムマネジメントなのです。

 

 

組織において、

このタイムマネジメントは

自分だけでは終わりません。

経営者であれば、

幹部にどれだけ権限を委譲しているかで

自分の業務量が変わります。

幹部も自分の部下に

どれだけ権限を委譲しているかで

業務の量が変わります。

同僚同士でも仕事を助け合える

人間関係を築けていれば、

お互いに助け合うことができます。

こうやって、

組織の中では一つの仕事も

複数人でシェアされているのです。

各人がお互いのやるべき仕事を

認識して適切に行えば

非常にうまく仕事は回るのです。

 

コミュニケーション

 

って、

そんなに簡単な話ではありませんね。

コミュニケーションがどれだけ取れているかは、

職場によって大きく異なります。

上手く対話がされていれば、

仕事は滞りなく回っていきます。

関係性が薄い職場だと、

お互いが自分で抱えてしまったり、

相手がやってくれるものだと

思い込んでしまったりして、

仕事は順調に進まないのですね。

 

 

とは言っても

仕事はやらねばならないものですから、

何とかするのですが、

弊所でも少し人が足りていなくて

ずっと募集をかけていました。

なかなか採用活動が進んでなかったのですが、

ここにきて素晴らしい方とご縁があり、

年内に入社いただけることになりました!

来春には新卒の方にも入社いただく予定で

採用活動が進んでいます。

 

 

 

採用活動は、

重要ですが緊急性がありません。

ともすると後回しになってしまいがちです。

しかし、

企業の長期的視点に立った時に

一番重要な業務はこの採用活動なのです。

企業は人なり

人がいなければ業務はできなくなります。

 

 

 

究極のタイムマネジメントって

何だかご存じですか?

人の力を借りることができることが

究極のタイムマネジメントです。

自分の時間は24時間と限りがあります。

だったら人に力を借りられるような

人間になればいいのです。

そのためには何をしたらいいでしょうか?

「人に頼むこと」

ではありません。

その前にやることがあります。

その人の成功が自分の成功であるように、

自分の成功がその人の成功でもあれば、

その人は力を貸してくれますよね。

そんな人間関係を構築することが

頼む前にすることなのです。

 

 

そう考えると、

自社の社員さんたちは、

自分の分身のように動いてくれる人たちです。

採用ができなければ、

その動いてくれる人がいなくなるので

自分が動かなければならなくなります。

経営者が現場での仕事に追われるようだと

経営という仕事ができなくなります。

経営者には経営の仕事があるのです。

経営をせず、

現場の業務ばかりしていたら

会社はつぶれます。

会社が永続的に続くために

採用活動には力を入れましょう。

長期的・本質的・客観的視点で

経営判断を行ってくださいね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.09.21更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1145日目

 

 

おはようございます!

今週もまた三連休ですね(^^)

私は先週と違い、

外向けの予定が入っていないので

久しぶりに自由に過ごします。

とは言え、

決算などの仕事が山積してますので、

仕事もやりますよ!

 

 

千葉県の台風の爪痕は

いまだにひどく残っていますね。

最近話題になってるのが、

千葉のゴルフ練習場の鉄柱が

倒れたことで被害にあった家の話しです。

保険代理店を長くやられている方から

そのあたりの事情をお聞かせいただきました。

 

ゴルフ場被害

 

今回のゴルフ練習場の女性社長が

自由に発言されていて、

それがまずかったんだそうです。

社長は被災者の方々との話し合いで、

「全部保障させていただきます。

 使った経費は領収書を取っておいてくださいね」

発言されたそうです。

何とかしたい気持ちがよく伝わります。

 

 

ところが、

それから後で、

ゴルフ練習場の顧問弁護士から、

被災者に個別に電話があったそうです。

「今回のケースは天災なので保障はできません。

 まずはそちらの火災保険を使って

 補修してください。」

と連絡していたとのこと。

保障を期待していた被災者は

いきなり掌返しを受けて

頭に来ますよね。

 

 

実際にはいろいろな問題があるそうです。

ゴルフ練習場の整備の問題です。

古い施設のため、

もしボルトがさび付いていたなどの

事実が発覚すれば、

練習場側に責任が出てきます。

また、

この練習場は古いので横に張られていたネットを

収納することができない設備だったそうです。

普通は風が強くなるとネットを下すのが

当たり前だと思ってましたが、

古い設備だとネットが固定されていて、

この施設では天井のネットを下しただけだったそうです。

このことも問題があったのかどうか

議論されることかもしれません。

 

 

いずれにしても、

最初に保障すると言ってから

出来ないという話になっては

心証が悪いですよね。

保険代理店のベテランの方は

こういう時の対応が腕の見せ所なんだそうです。

交渉事は保険代理店の力の見せ所。

その方は、

初めの対応がすべてだと言われました。

もしもゴルフ練習場の社長さんが、

「こんなことになって

 本当に申し訳ないと感じています。

 精一杯のことをさせていただきたいのですが、

 できることが限られています。

 保険の活用も含めて、

 お互いが最善を尽くして、

 一緒に乗り越えていきましょう。」

と言っていたらどうでしょう。

ポイントは、

お互いが一緒に最善を尽くしましょうと、

合意ができる状態を最初に作ることだそうです。

 

 

同じことをやっても、

喜ばれてやるのと、

恨まれてやるのと、

どちらがいいかは明白です。

伝える順番や伝え方を間違えると、

せっかくの行為が裏目に出てしまいます。

無知はコスト。

考えて考えて行動することが

とても大切なのです。

 

 

それにしても、

被災者の方々がはやく安心できる生活が

取り戻せることをお祈り申し上げます。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030