2019.08.15更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1110日目

 

 

おはようございます!

今日は台風が上陸してます。

くれぐれもお気を付けください!!

私は名古屋に用事があって出かけますが、

在来線が止まらないように願います。

 

 

さて、

昨日ニュースを見ていて、

香港のデモの話題が放送されていました。

その中で、

「伝説のアクションスターの言葉が

 若者のデモ隊の中で合言葉になっている」

とアナウンサーが言いました。

香港の伝説のスターって言えば、

そう、

ブルースリー!!

ですね。

20代30代の世代には

分からないかもしれませんね(^-^;

小さい頃、

めっちゃくちゃ憧れでした(^^

ブルースリー

 

 

でね、

その合言葉が

「Be water」

水になれという意味だそうです。

「警察が来たら臨機応変に

 衝突せず逃げるということ」

そういう意味で使われているそうです。

水のように柔軟に相手に合わせるということ。

先日、デモ隊の若い女性が

右目に大けがを負いました。

その影響もあるのかもしれませんね。

 

 

でね、

ブルースリーの言葉を調べてみました。

あるインタビューの中に出てきた言葉が

Be Waterなんですね。

「Empty your mind.

 Be formless, shapeless like water.

 If you put water into cup, it becomes the cup. 

 If you put water into bottle, it becomes the bottle. 

 If you put water into teapot it becomes the teapot .

 Now water can flow, or it can crash,

 Be water, my friend.

 Running water never grows stale there,

 so you just keep on flowing. 」

日本語にすると、

「頭を空にしろ。

 水のように形をなくせ。

 カップに水をそそげば、

 水はカップの形になる。

 ボトルにそそげば、

 ボトルの形になる。

 ティーポットにそそげば、

 ティーポットの形になる。

 水は静かに流れることもできるし、

 ものを砕いたり壊したりもする。

 友よ、水になれ。

 流れ続ける水は、

 濁ることもなければ腐ることもない。」

 

本当に水のように生きたいです。

環境の変化に即座に合わせられ、

時に静かに、時に激しく、

依存的に流されることもできるが、

意思をもって流れることもできる。

 

 

水は濁る。

組織も同じ。

白い水に一滴でも黒い水滴が混じると、

濁るのですね。

理念経営はまさにここが重要なのです。

もしも経営者が脱税的な考えで

経理を処理していたら、

それだけでも経営が濁るのです。

言行一致が崩れてしまうからです。

だから濁らせてはいけない。

 

 

水は淀むと腐ります。

ちゃんと流れ続けていないと

組織も腐っていきます。

人の入れ替わりも、

健全な新陳代謝の範囲であれば

必要なのだと思います。

 

 

Be Water , My Friend

柔軟さを失わないように。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録

 

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030