2019.05.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1029日目

 

 

おはようございます!

5月最後の週が始まります。

今月中にすべきことを

忘れないよう再チェックしましょうね。

 

 

さて、

昨日の私の大きな勘違いの話しを

聞いてください。

先週の疲れと買い物してこないといけなかったため、

午前中の予定をキャンセルして、

午後からゴルフの練習場に行ってきました。

日曜の午後からは

レッスンに行くことが多いですね。

来週の日曜にコースに出るので

入念に練習をしたかったんです。

しかし、

昨日はその後に

中小企業診断士会の総会と懇親会が

控えていたので、

練習は早めに切り上げて

車で総会の会場へ向かいました。

 

 

コインパーキングに車を停めて、

ふと気が付きました。

「アレ?

 ゴルフの練習に言った後、

 鞄に財布を入れたかな??」

と、背中に嫌な汗をかきながら

鞄を見てみると、

ガーーーーーン!

財布が入っていない!!

もちろん財布を入れた記憶がありません。

車はすでに駐車場のロックがかかっていました。

もう出られません。

だから財布を家に取りに

戻れません。

あーーーまずい、

もう総会が始まる・・・

総会の時に支払う懇親会費も払えないじゃん・・・

誰かに借りるも、

もう総会が始まるから話もできないし・・・

 

 

とにかく家にいる家内に電話をしてみました。

電話に出た彼女は、

「自転車で届けに行ってあげようか?」

あぁ嬉しいけど、間に合わない。

方向音痴の彼女が

正しくここに来れる可能性はかなり低い。

で、電話で財布を探してもらったが、

どこにも見当たらないようです。

ゴルフバッグに入れてないし、

玄関にもない、

部屋にもないし、

トイレにもない。

んーーー、

どこに置いたんだろう、財布。

 

 

 

と電話しながら考えていたら、

助手席の上で死角になっている辺りに

「あれ!?

 ここに財布忘れていってるじゃん!!」

財布が見つかりました。

ゴルフの練習に行って自宅に戻る際に

車に財布を忘れていってたんです。

そして今手元に戻ってきました(^^;)

家内から、

「お前はアホだな」

ガチャ。

っと電話を切られました(^^;

 

 

とにかく財布を忘れたことが重なって、

結果的に戻ってきました。

なんとかギリギリ総会に

間に合ったという話しでした(^^)

 

 

 

結果的には手元に

必要なものがあったのに、

必死でどこにあるか探していました。

 

 

あなたも何か探していませんか?

すでに実行できる力を備えているのに、

勇気がなくて不安が消せずに、

背中を押してくれる何かを

探し続けていませんか?

 

 

自身の能力開発は

ずっと継続する必要がありますが、

成長する都度、

行動できることは

増えているはずなんです。

でも、

まだ自分には足りないとか、

そんな立場にないとか、

理由や言い訳を探していませんか?

行動しない理由をね。

 

一歩進む 

 

勇気をもって

今までと違う行動をしてみましょう。

学んだことを実行しなければ、

今までの人生と

一切何も変わらないということです。

同じことをしていれば、

今までと同じ人生が待っています。

何かを変えるから、

違う未来は開けるのです。

勇気をもって一歩踏み出しましょうね!

すでにあなたは持ってますから。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1028日目

 

 

おはようございます!

この一週間、

濃すぎる毎日でした。

休む時間もほぼなしの毎日でしたが、

とても充実してました。

今日はその反動が来てるようです。

 

 

 

でね、

今週は税務調査などで

ずっと事務所を空けていたのですが、

そんな時に限って

電話は鳴るわメールは届く。

立会い業務の途中で

電話が鳴っても

なかなか電話には出られません。

メールでも対応を急かされる内容のものでした。

そのために

心ここにあらずといった

何となくぼんやりしながらの

調査対応になっていました。

 

 

 

何を優先すべきかを

頭ではしっかり分かっていても、

どうしても気になることって

頭から消せませんよ。

忘れようにもグルグル頭の中で

まわり続けていました。

 

 

週の後半は研修のアシスタントを

させていただいてましたが、

その学びの中で頭の中は整理されていきました。

自分の脳の外にあるものは

自分ではコントロールできない解釈の世界です。

逆に言えば、

自分の思考は誰にもコントロールされません。

だからこそ、

原理原則にしたがった考え方を

持つことが大事なんですね。

正しいか正しくないかは、

その人ごとに異なります。

だから正しさにしたがうと

争いが生まれるからです。

原理原則は自分の軸であり、

自分がそれに従うという意識を

忘れないでいたいですね。

 

 

 

さて、

優先順位の話しですが、

研修の講師をされていた

アチーブメント社の大高先生は

面白い例えをされていました。

バラバラに見えているやるべきことは、

順番に行うことで効果的に

進めることができることが多くあります。

何も考えないで

思いついたことから始めるから

時間はかかるし、

誰かを待たせたりするのです。

いったん全体を把握すること、

つまり、

ちょっと立ち止まって、

やるべき事を紙に書き出してみると

いいでしょう。

するとやるべき事や、

できる事、

人に頼める事、

色々見えてきます。

どの順に取り組めばいいかも

見えてくるものです。

優先順位 

 

 

 

 

今週の半ばに

やる事が集中したときは

私はマインドマップのように

できる事ややるべき事を書き出し、

順位付けを行って行動しました。

時間がなくて限られた中で

何かを行うときほど

まずはじめの1点に絞り込むことが

最重要ですね。

この一つが進めば全部がすすむような

その1点を見つけることが重要です。

ワンシング 

 

 

とはいえ、

7つの習慣で言う第2領域、

アチーブメントで言う第2象限。

緊急ではないけれど、

重要なこと。

これをどれだけ取り組めるかが、

こういった緊急のバタバタを

減らしてくれるのだろうと

確信してます。

 

 

日々の実践をプランするときから

第2領域を降り組むようにすることを

再認識しました。

緊急なことだけに

あたなは

振り回されていませんか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1027日目

 

 

おはようございます!

研修のアシスタントも

いよいよ三日目です。

最後まで受講生の成長に

貢献してまいります!

 

 

 

さて、

今日は「決断する」ことの

意味を考えてみたいと思います。

ほとんどの人は

決めたつもりで生きています。

「〇〇しようと思います。」

これは思っているだけ。

事実は生み出さないので虚の世界です。

「〇〇します。」

これもするつもりになっていることが

大半なのではないでしょうか?

 

 

弊所でも毎朝の朝礼で

気づきのシェアをしています。

当番で一人のスタッフが

その日のテーマについてショートスピーチを

してくれるのですが、

考えてきているかどうかは

すぐに分かります。

ちゃんと体験が語られ、

それでどう考えどう行動するかを

語られる話しは、

とても共感しますし納得します。

あまり考えずにいきなり話す人は

だいたい中身がありません。

行動できていないことを、

〇〇しますと宣言している。

まったく説得力も何もありません。

決めていないなって分かりますよ。

 

 

決めるというのは、

自分の退路を断っている状態を指します。

背中の後ろの扉を完全に閉めていないと

決断はできないんですよ。

後ろにある扉が開きっぱなしだと、

決めた振りをして、

万が一都合が悪くなったら

やっぱり戻ろうとするんです。

出たり入ったり。

行くか戻るか。

こんな状態では

決断とはいいがたいですね。

 

 

事実は一つ、

解釈は無数といいますが、

解釈って良い方にも悪い方にも取られます。

決断するときでも、

必ず言い訳がセットになるんです。

自分に都合がいい解釈、

それが言い訳です。

学び続けなければ成功しないと

分かっているのに、

「忙しくて時間が取れない」

時間を取るか取らないかは

自分が決めるだけでしょ。

「始めるには年齢が遅すぎる」

人はいつからでもどこからでも

良くなれます。

「自分のやり方でやります」

自分のやり方でやってきたから

今の状態なんでしょ。

「自分なりに一生懸命やりました」

自分なりの基準が問題なのです。

「不景気だからしょうがない」

景気が悪いのはあなただけじゃない。

 

 

とにかく言い訳を作って

逃げ場所を作りたがるのです。

それが人なんですよね。

 

 

「できる」

とか

「できない」

で考えている人は、

何もできないのです。

「できる」か「できない」かは、

解釈なのです。

「出来る」「出来ない」ではなく、

「やる」なのです。

ぜひ正しい決断を勇気をもって

くだしてください。

決めて退路を断ち切る。

先延ばしはありません。

これが決断なのです。

決断

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1026日目

 

 

おはようございます!

今週も今日で金曜です。

一週間が速いですね。

ということで、

今日は時間の使い道について

考えてみましょう。

 

 

昨日から三日間、

アチーブメントの研修のアシスタントを

させていただいてます。

受講するたびに

いつも新しい学びがありますが、

アシスタントでも沢山の収穫があります。

 

 

そんな中で当たり前に

聞こえるけれど、

あまり意識できてないことが

ありました。

「大切なものを大切にする」

その生き方に

ピンと来ない人が多いでしょう。

なぜピンと来ないか。

それは自分の大切なもの、

願望が明確になっていないからです。

 

 

 

自分が大切なもの、

それは何でしょうか?

仕事?

違いますよね。

もちろん仕事は大切なのですが、

それ以上に大切なのは

家族ですよね。

配偶者やお子さん、両親など、

大抵の人は家族が

仕事より大切なのです。

大切なもの

 

 

でもね、

実際に行動を見てみると

果たして大切なものに

時間を使っているでしょうか。

例えば両親との時間は

どれほど確保していますか?

一年に何回会ってますか?

年に2回しか会わないと、

うちの場合は父はそろそろ平均寿命、

これからあと何回

会えるのかって感じかもしれません。

私は毎月両親と電話か何かで

接触を取っています。

でもこうやって考えると、

毎月会いに行こうと思えてきます。

その時間の使い道で

大切なものを大切にしているか

分かるものです。

 

 

 

私は先に時間を取っています。

家族との時間を優先的に

確保してから、

仕事を楽しめばいいのです。

家内とは平日など仕事が忙しいと

ゆっくりできませんが、

定期的に旅行に行く予定を先に入れて、

彼女の楽しみを確保しています。

これは定期的にプランニングする習慣を

つくることで対応できるのです

プランニングの話しはまたの機会にします。

今日はそんな話でした(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1025日目

 

 

おはようございます!

今週は前半の三日間は

税務調査の立会いでした。

三日間が缶詰めのように

身動きが取れない中で

税務調査以外のことで

本当にいろいろな出来事があり、

すべては自分の成長のチャンスだと

感じております。

プロとしての甘さを

目の当たりにして

あり方を見つめ直す機会をいただきました。

ちなみに税務調査はキッチリ

対応させていただきました(^^)

 

 

 

さて、

今日から三日間は

チャレンジの三日間となります。

誰もが自分が幸せになりたいと思って

生きていると思います。

まずは自分を満たすことが大事なのですが、

次は何をしますか?

それは誰かにその学びを分かち合うことです。

 

 

知る ⇒ 分かる

ここまでは結構な人が

できるんです。

でも、

ここで終わってしまう人が

ものすごく多いのです。

 

 

分かった次にくるのが、

行う ⇒ 出来る

です。

行うようになれば、

習慣の壁を越えたことになります。

行ってみて、

それができているようになります。

ここまで来れる人はごく一部だと思いますが、

ここまで来て終わってしまう人も

ものすごく多いです。

 

 

実は、

出来ている状態になると

周りからは成功している人だと

見られます。

だからここで止まってしまう人が

多いのですね。

でも、

まだ先のレベルがあるのです。

それが、

分かち合う

のレベルです。

自我の壁を越えた時に、

貢献の道が見えてきます。

 

 

すべてのレベルを超えないと

分かち合うのレベルに行けないかというと

そうではありません。

実際に私はまだまだ人として未熟です。

間違いもしますし勘違いもします。

だけど、

今日からは分かち合うの

レベルの実践をしてきます。

 

 

実際にその場に行くことで

体感し学ぶことは大いにあります。

だから今日から三日間は

「相手の無限の可能性を信じ切る」

ことを実践してきます。

 

 

今週の火曜の夜に、

クライアント様のところで

幹部研修をしてきました。

そこで伝えたことが

傾聴についてでした。

相手の話を聞くことで

信頼関係は作られる。

これをあらためて実践です。

こういう学びの場があることに

感謝してます。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1024日目

 

 

おはようございます。

今週も半ばまで来ましたね!

私は前半の山が終わりかけ、

後半へ向けてシットアップです。

 

 

少し前のことですが、

あることで意見を求められ

ファックスで自分の見解を

お伝えした事がありました。

 

 

その内容はお話しできませんが、

その案件では、

ある相手方の人がいて

こんな話しをしていると。

それってどう思いますか?

そんな流れの中でお答えしたのですが、

相手が誰だか見えないと

配慮なく言ってしまうものですね。

 

見えない相手

 

相手を批判するつもりはなかったのですが、

結果的にそういう文章になっていて、

その文章が相手の方に伝わり、

お叱りの電話をいただきました。

確かに自分が同じ立場だったら

頭にきます。

 

 

 

相手がいるとその人に遠慮して、

相手が見えないと言いたいことを言う。

これってネットの社会でも

問題になりますよね。

匿名ということで

言いたいことを言って

相手を傷つける。

絶対やってはいけないことです。

 

 

 

今回は本当に反省し、

誰が相手かは関係なく

誠意をもって伝えていきます。

自分の意識が低いと

流されます。

意識や基準を

高めていきましょう!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.21更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1023日目

 

 

おはようございます!

昨日は遺言書はどんな人が

書いたほうがいいかを

お伝えしました。

 

 

今日は、

実際に公証人役場で

遺言書を書いてもらうことの意味と、

出来上がるまでの流れを

お伝えしますね^_^

 

公正証書遺言

 

まずもって、

遺言書には大きく二つあります。

自筆遺言証書と

公正証書遺言です。

 

 

自筆遺言証書は

費用がかからず、

簡単に作ることができます。

7月の民法改正により

全てを手書きすることなく

作成できるようになります。

実は私はずいぶん前に

この自筆遺言を書いてました。

 

 

この自筆の遺言は

簡単に作れるのはいいのですが、

実際に作るときには

裁判所の検認という手続きをしないと

効力がありません。

この手続きは少しの手間を

かければ済みますが、

一番怖いのは

不備があることです!

 

 

書き方を間違えたり、

必要な項目を書かなかったりするだけで

効力は無くなります。

また、

専門家に相談しないで作成するため、

内容に問題があることもあるのですね。

過去にあった自筆遺言では、

「葬儀に一番最初に来た人に

 全部相続させる。」

なんてのもあったそうです。

こういう具体性がないものは

効力がありません。

 

 

そういう事がないように

ちゃんと作成できるのが、

公正証書遺言なのです。

 

 

また、

公正証書だから原本は公証役場に

保管されています。

失くしても再発行できますから

安心ですね。

 

 

 

 

公証人役場に行った事がない人は

たくさんいると思います。

難しい印象をお持ちかもしれませんが、

案外難しくないのです。

最初に予約の電話をしてから、

公証人のところには

行ってください。

その際には財産の内容がわかるものを

持っていく必要があります。

遺言書の文章自体は、

公証人がヒアリングしながら

作成してもらえます。

だから、

専門的なことは

全く知識がなくても

心配はいらないのです^_^

ほんと、安心してください!

 

 

また、

公正証書遺言には、

立会人が二人必要なのです。

もちろん相続人などは

立会人にはなれませんが、

適当な人が見当たらなくても大丈夫。

公証人役場の方にお願いすれば

立会人を用意していただけます。

一人に5,000円、

二人必要なので10,000円かかりますけど。

私は家内と二人で遺言書を作りました。

こういう場合は割引が効いて、

10,000円のところが

7,000円でお願いできました。

私と家内で7,000円×2です。

 

 

最後に費用のことです。

財産の金額に応じて

手数料が決まるシステムになってます。

預金通帳や固定資産の評価が分かる資料など

必要になります。

5万~15万あれば、

大抵の人は収まると思います。

 

 

なんとなく躊躇している人って

相当いると思うのですが、

ぜひ公証人役場に電話をしてみてください。

丁寧に案内いただけますよ(^^)/

ちなみに、

弊所でも公正証書遺言の

作成支援をしています。

サポートをして頂きたい人がいたら

遠慮なくご相談くださいね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1022日目

 

 

おはようございます!

今週もスタートしましたね♬

月曜は事務所の早朝自主勉強会から

スタートします!

今週は日曜まで朝から夜まで

すべて予定が入っております。

急な対応が難しいのでご了承ください。

特に木曜から土曜までは、

終日電話も出られないので

ご迷惑おかけします。

よろしくお願いいたします。

ちなみに今日から三日間は税務調査!

気合い入れて乗り切ります!

 

 

今日のブログは

遺言書の話しです。

先日のことですが、

自分の遺言書を公証役場で書いてきました。

そのお話をしますよ。

 

遺言書

 

私はまだ48歳。

遺言書って早いとお思いですか?

実は今回は、

私と家内の二人で書きました。

家内もまだ46歳です。

ちなみに、

私も家内も両親は健在です。

 

 

ではどうして遺言書なんて

書く必要があるのでしょうか?

それは、

私たち夫婦には子供がいないからです。

子供がいないって

相続とどういう関係があるかを

簡単にお話ししますね。

 

 

 

ある人が亡くなり相続が発生します。

すると、

その法定相続人は残された遺産を

相続します。

相続人全員の署名と実印を使って

作成するのが、

遺産分割協議書といいます。

誰がどの財産をもらうのか、

誰がどの負債を引き継ぐのか、

などを書き記した書類に、

法定相続人の全員が署名と実印を押すのです。

そして銀行や法務局に書類などを

持っていき名義を変更するのですね。

 

 

でね、

法定相続人が問題になるのです。

法定相続人とは、

配偶者は常に法定相続人です。

そして、

子供がいれば子供です。

子供がいなければ両親や祖父母。

子供も両親も祖父母もいなければ、

兄弟が法定相続人になるのです。

 

 

よく考えてください。

兄弟って相続で財産を分ける人として

想像できますか?

もちろん兄弟は大切な存在です。

だけど、

ある人が高齢になるまでに

貯めてきた財産について

なにか兄弟は貢献してきます?

普通はあまりありませんよね。

でも、子供と親がいなければ、

兄弟が法定相続人になるんです。

 

 

私は子供がいませんから、

歳をとり亡くなったときには、

残された家内がその財産を相続することになります。

しかしその時に私の兄弟と遺産分割の協議を

しなければならないのです。

子供がいないということは家内も歳をとり、

いろいろ良く分からない年齢です。

そんな時に手続きで気を遣わせたくありません。

くれぐれも言っておきますが、

兄弟と仲が悪いわけではありませんからね(^^)

 

 

 

私も税理士、行政書士、相続診断士の登録をしていると、

さまざまな相続の形を見て来ています。

お子さんがいないケースで、

ご兄弟が連絡が取れないケースを

みたことがあります。

本当に大変な思いをしてご兄弟を探し出し、

印鑑をいただきました。

これができないと、

預金が凍結されたままになってしまうから

生活ができなくなってしまうところでした。

 

 

 

遺言書を書いても、

遺留分といって法定相続人は

自分のもらえる割合の半分までは

請求することができます。

これは奥さんや子供がいるのに、

遺言書に

「愛人にすべての財産を相続させる」

と書かれてしまったら、

残された家族が生活できなくなります。

だから最低限の保証を付けてくれているのですね。

そして遺留分を請求できるのは、

配偶者、子供、両親や祖父母です。

ここで注目すべきなのが

兄弟には遺留分はないということです。

先にも説明しましたが、

普通は兄弟は別で生計を立ててますよね。

自立できている人には

遺留分は必要ないだろうという

趣旨なんです。

 

 

 

だから、

子供がいない場合は、

遺言書を書いておけば配偶者に

全額を相続させることができるのです。

私たち夫婦の場合は

まだ両親が健在なので、

遺言書の付言事項という

メッセージを残すところに、

「両親の面倒はよろしくお願いします」

とお互い記載してあります。

 

 

相続の専門家はたくさんいます。

銀行主催などでセミナーも

数多く開催されてますね。

その中で遺言書をお勧めになる講師の方は

とても多くいらっしゃいます。

でもね、

講師の方に聞いてみてください。

「講師の先生は遺言書を書いてるのですか?」

ってね。

ほとんどの方は書いていませんよ。

自分でやってないことを

人に勧めても説得力がありません。

私は自分で書いた経験を

伝えていきたいと思っています。

 

 

遺言書はまったく難しくありません。

お子さんがいない人は

できる限り書いておいて欲しいです。

お子さんがいても、

ある程度の年齢になれば

遺言書は書いておいた方がいいんですよ。

その時は付言事項にメッセージを残すことを

忘れないでくださいね。

この言葉で相続争いが

なくなることがあるのですから。

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1021日目

 

 

おはようございます!

今朝は大事な方々とモーニングミーティング。

岐阜市の未来についての

話しが盛りだくさん聴けそうです。

 

 

さて、

私はあまり野球やサッカーのことは

知りません。

家内がテレビをつけてないので

情報が全く入って来ないのと、

自宅でテレビを見ている時間がないので

スポーツニュースもオリンピックなど以外は

あまり見ないんです。

 

 

ただし、

普通にニュースは見ますから、

特別変わったことがあると

情報として知ることができます。

数日前のこと、

「世紀の誤審」という映像が

流れていました。

浦和レッズ対湘南ベルマーレ戦でした。

 

 

前半に湘南の選手が放ったシュートが、

ゴール右のポストに当たり、

反対の左のネットに当たりました。

カメラで見ると明確にゴールしてますが、

別のカメラで見ると、

左のネットではなくて

左のポストに再度当たって、

外れたように見えました。

 

誤審

 

審判たちには猛抗議がありましたが、

一切判定は変わりませんでした。

今や相撲やテニスでは

ビデオ判定があるというのに、

こんな簡単に正確に分かることが

取り入れられてないのですね(^-^;

その仕組みには改良の余地はあると思うのですが、

凄かったのはその後の試合の展開でした。

 

 

その試合は、

すでに浦和レッズが2-0で勝っていました。

誤審を受けたゴールが点数に入っていれば

2-1に追いついてきたところ。

だけど、

誤審によりそのままノーゴールでしたから、

2-0のままです。

 

 

ここでハーフタイムには

指揮官からこんな指示が出ていたそうです。

「自分たちがコントロールできないことなので

 それはしょうがない。

 それもサッカー。」

「自分たちがしっかり逆転して、

 これを勝ったら絶対に成長できる!」

ここから後半に怒涛の3ゴールを決め、

逆転勝利となりました。

この気迫が勝利を呼び込んだのですね!

 

 

ハーフタイムで選手たちに語られた

「コントロールできないこと」って、

普段の生活や仕事においても

よくありませんか?

 

 

ギャンブルが好きな人は

要注意なのですが、

競馬や競輪って

自分の予想が当たってると思って

当たると大喜びしますよね。

でもね、

それは大間違いです。

競馬や競輪の結果は

自分ではコントロールできません。

競馬なんて、

動物の上に他人が乗ってるんですよ。

自分の管理下にないことに対して

お金を賭けて一喜一憂してるわけ。

私はギャンブルはしません。

自分の管理下における自分や事業に

投資した方が安心安全だからです。

 

 

また、

人とのコミュニケーションでも、

自分の思いと違うリアクションが来て

頭にくることがありますよね。

これも同じです。

相手のリアクションは

自分ではコントロールできません。

自分が自分の意志でできることをしていれば、

相手の答えに対して

過剰な反応を示す必要はないのです。

 

 

 

最近は天気がいいですけど、

雨が降ると気分が落ち込む人もいますよね。

これなんて正に自分ではコントロールできないことに

一喜一憂してます。

天候は人が操作できるものではなくて

今雨が降っているその地域に

自分が住んでいるだけなんですよ。

天気はコントロールできないなら、

気にしないことです。

 

 

ポイントは、

コントロールできないことを

コントロールしようとしないこと!

当たり前すぎて、

みんな忘れちゃってるかもね。

 

 

セルフコントロールは、

もっと続きがありますが、

この話はそのうちしますね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2019.05.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ1020日目

 

 

おはようございます!

週末はいかがお過ごしの予定ですか?

私は来週の月曜から日曜まで

予定がびっしりなので、

その分この土日は頑張って仕事をします。

 

新緑

 

昨日は、

幹部スタッフの一人と

個人面談をしました。

ある研修を受講する前と後には

時間を取ってスタッフと面談をするのです。

その研修の効果が

一番高くなるように、

意識を立ててあげるのです。

 

 

そのスタッフは

最近特に考え方が成長しました。

私が学びを分かち合うようになって

周りのスタッフに

良い影響が広がってきたのかもしれません。

とても嬉しいことです。

 

 

そのスタッフと話していたら、

「私は人に教えるのが苦手です。

 どんな教え方が適切か分からないんです。」

と話してくれました。

確かに教え方には技術がいりますよね。

 

 

でもね、

彼と話したんです。

教え方という技術の前に

もっと大切なことがあるということをね。

 

 

選択理論心理学では、

誰もが上質世界という

自分の理想や夢のイメージを

心に持っています。

その世界はアルバムの写真のように、

理想の写真が貼られています。

 

 

そこには欲しいものやなりたい姿、

一緒に居たい人が描かれます。

もしもその相手の上質世界に

自分の写真が貼られていたならば、

どうでしょうか。

5年後、10年後に一緒に仕事をしていたいと

思ってくれていたら、

上質世界に一緒にいることになります。

そんな存在の人から、

アドバイスをもらえたとしたら、

誰でも素直に話を聞くと思うのです。

どんな教え方をしたとしてもです。

 

 

 

だからね、

教え方よりも

その人との関り方が

先なのです。

その人の上質世界に入れるような

関わり方をしていたかどうかで、

伝わるかどうかが決まるのですね。

 

 

そんな話をしながら、

スタッフに研修に向けての

セットアップをしました。

来週は私も研修のアシスタントに入ります。

同じ場でともに成長できることが

とても幸せだと感じます。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030