2019.02.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ924日目

 

 

おはようございます!

今朝は奥飛騨から始まります。

最低気温がマイナス10度くらいまで

いったみたいです。

雪は降りましたが

うっすら積もった程度でしたね。

確定申告シーズン前に

ゆっくりしてきました!

 

 

今年に入ってから、

少しずつ読んでいる書籍が

「GIVE&TAKE

 与える人こそ成功する時代」

です。

いや、この本とても面白いんです。

読み始めると時間を忘れます。

ギブ&テイク

 

 

世の中には、

ギブ & テイク

という二つの側に分かれるのではなく、

ギバーと呼ばれる与える人、

テイカーと呼ばれる利己主義的な人、

そして、マッチャーと呼ばれる

バランスを取る人に分けられるそうです。

多くはマッチャーで、

損得のバランスを無意識に考えて

行動しています。

当たり前のことですが、

与えられた価値に相当するものを

同じように与えるのが

マッチャーなのです。

普通、ですよね。

それに対して、

ギバーという人は

見返りを求めず与えるのです。

意識して計算して

与えている人はギバーではありません。

 

 

この一年で学んだことの中には、

与えることの重要性があります。

自分が成長して成功に向かっていく中で、

自分だけが上手くいくことは

成功ではありません。

人の成長のプロセスの最後に来るのは、

貢献なのです。

つまり分かち合うこと。

 

 

アチーブメントの青木社長は、

「与える人になってください。

 与える人とは、

 与えるだけの豊かさを

 手に入れないと与えられない。

 だから人のために犠牲になるのではなく、

 まずは自分が豊かにならなければならない。

 そうでなければ、

 人には与えられないから。」

こんなメッセージが

心に残っています。

今月に久しぶりに再受講をしますので、

新たな気づきに期待しています。

 

 

人は豊かになろうとしますが、

そうではなく、

豊かな人になることを目指してください。

豊かな人でなければ

豊かになれませんからね。

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030