2019.01.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ906日目

 

 

おはようございます!

最近ではPaypayやらラインペイやら、

キャッシュレスのサービスが

どんどん増えてきていますね。

ついていけません!(^-^;

 

 

今日は税金の支払いについて

QRコードでコンビニでできるという話を

ご紹介します。

先にお伝えしておきますが、

この手続きは

キャッシュレスではありません。

便利そうでちょっと微妙な感じの

サービスがスタートしました。

QRコードコンビニ納付 

 

 

簡単にいうと、

自宅で納付書データからQRコードを作ります。

印刷するか、スマホで表示できるようにして、

コンビニ設置の端末に読み取らせます。

そこで出てくるバーコードの納付書を

レジに持っていって、

現金で納付するというわけです。

そう、現金で納付なんですね。

 

 

ポイントは、

わざわざ納付書を税務署などに

取りに行かなくても、

納付できるということでしょうか。

QRコードコンビニ納付

 

 

このサービスは今年の1月4日から

始まりました。

国税庁HPの確定申告書作成コーナーで

住所氏名などを入力する画面で

「納付用QRコードを作成する」

にチェックするすることで、

QRコードを作成できます。

納付書の作成に必要なデータを入力し、

コンビニ納付用のQRコードを

作成できるんですね。

QRコード作成 

 

 

ただし、

まだすべてのコンビニで

使えるわけではなく、

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートで

利用が可能となります。

ん?となりましたよね。

そう、最大手のセブンイレブンでは

まだ対応できていないので

注意してください。

 

 

また、

納付できる税金には上限があり、

30万円までとなります。

また、

このQRコードはコンビニしか使えません。

金融機関では納付ができないので

ご注意くださいね。

 

 

 

2016年にクレジットカード納付について

ブログを書きましたので、

参考になればお読みください。

一昨年から始まった制度です。

クレジットカードで納税

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030