2019.01.03更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士の藤垣寿通です。

毎日ブログ886日目

 

 

おはようございます!

正月と言えば、

箱根駅伝!

私は大学が関東圏ではなく、

正直あまり興味がありませんでしたが、

マラソンを走るようになってから

箱根駅伝を見るようになりました。

毎年ドラマがあり、

楽しませてもらってます!

 

 

今年はスタートして数百メートルで

大東文化大の新井選手が転倒!

その後なんとか最後方の集団に追いつきますが、

脚を痛めたことで7キロあたりから

徐々に遅れはじめました。

私もハーフマラソンで、

痛めた足で無理して走り続けた

経験があります。

本当に辛いんですよね。

1区の距離は21.3キロ。

このほとんどを痛みを我慢して

頑張って走り切りました。

箱根駅伝

 

駅伝というのは

自分だけのレースではありません。

次のランナーにタスキをつなぐことで

チームが走り続けられます。

チームに対する強い想いが

原動力なんでしょうね。

 

 

 

 

話しは変わりますが、

東京ディズニーランドに

就職が決まった人の話しを

聞いたことがあります。

憧れのディズニーランドです。

入社して自分の配属が決まる時が来ます。

ドキドキしながら通知を待ちます。

 

 

そして、

手渡された通知を見て

その人は衝撃を受けました。

なんと配属は、

「駐車場係」

でした。

憧れのディズニーランドの中で

働けるものと思い込んでいました。

ランドの中に入れないなら、

もう仕事を辞めようかとも

考えたそうです。

 

 

でも、

その人は辞めませんでした。

その人はこう考えました。

駐車場係というのは、

とても重要な役割なんだと。

来場されたお客様たちを、

ディズニーランドの中で働く先輩たちに、

つなぐ重要な仕事なんだと。

お客様たちの高揚感、ワクワク感を、

さらに高めてあげてから、

園内の先輩たちにつなぐという

重要な仕事なんだと考えたそうです。

ある意味、

駅伝のタスキを渡すという

気持ちと重なるところがあるなぁと

この話を思い出しました。

 

 

会社という組織で働いている以上、

どんな仕事にも、

一人だけで完結する訳ではありません。

どんな基礎的な仕事でも、

その仕事がなければ

お客様には納品できません。

次のスタッフへしっかりつなぐ。

この意識持てるかどうかは、

その人が仕事に対する

解釈の仕方によって決まります。

 

 

どう解釈するかは

あなた次第ですが、

せっかく仕事をするなら、

自分が楽しくなるような解釈を

してあげてください。

どんな仕事にも価値はあるのですから。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030