2018.05.31更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ669日目

 

 

おはようございます!

いよいよ今月も今日で終わりですね。

税理士にとっては5月は確定申告期に続き

忙しい月なんです。

3月に決算をする会社の申告をする月だから、

法人の決算・申告が集中するわけですね。

なんとか昨日でめどが立ちました。

 

ところで、

明日から二日間、

事務所の研修旅行で事務所をお休みします。

ご迷惑をおかけしますが、

よろしくお願いいたします!

 

 

さて、

タイトルにもある争族とかいて相続。

争いにはなりたくないですよね。

私が所属する相続診断士会では、

「争族ではなく笑顔相続を増やす」

という大きなテーマをもって

活動しています。

そんな争いにならないための

ヒントをお伝えしようと思います。

笑顔相続 

 

 

争いになる原因って

何だと思いますか?

いろいろあるのですが、

今日は財産を渡す側の話をしようと思います。

 

 

10年ほど前の話しですが、

おじいさんが亡くなって、

その子供たちが疑心暗鬼になって

揉めた事例を経験したことがあります。

 

 

この事例では、

実はおじいさんの側に

問題を起こさせる原因があったんです。

実はお子さんたちに生前に贈与をされていたんです。

その内容が場当たり的に行われていて、

その贈与については

ほかの子供達には隠していました。

それぞれが自分も贈与してほしいと、

家を買うための資金を贈与してもらったり、

子供の学費にお金を出してもらっていたり、

まぁどこにでもあるような贈与なのですが、

それぞれ子供たちに贈与をしてきました。

 

 

このおじいさんは口が悪くて、

子供たちのお嫁さんからは

あまり好かれていませんでした。

だから、長男のところで生活の面倒を見てもらっていたのに、

他の子どものところに遊びに行っては

長男の家族の悪口を言うんです。

こうやってあちこちで文句を言いつつも、

「財産はまだまだあるからな」

と自分をカマってもらおうとして

子供たちに話していたんですね。

でも実際にはもう財産は有りませんでした。

 

 

そして、おじいさんは亡くなられました。

その相続でどうなったと思いますか?

長男は他の兄弟たちから、

父親に対する扱いについて

不信感を持たれてしまっていたんです。

その不信感が相続争いにつながりました。

 

 

財産がないとは言っても、

申告する程度は残っていました。

まずは長男が疑われます。

財産があると言われていた他の兄弟から、

「どうしてこんなに財産が少ないんだ」

と思われたんですね。

そして、

それぞれ生前にどれだけ財産をもらっていたのか、

疑心暗鬼になってしまったんです。

結局、兄弟同士で仲が悪くなってしまい、

修復不可能な状態になってしまいました。

その後、どうなったかは知りませんが、

親の気持ちの伝え方が、

上手くできなかったことから

争い族になってしまったという事例でした。

 

 

笑顔相続をテーマにしている

相続診断士会では、

エンディングノートを書くことを

推奨しています。

自分が亡くなった後に

もめ事が起きないように、

ちゃんと文章にして残しておきましょう!

という考えなんです。

親が子供たちに対して

どんな想いでその財産を残すのか、

その想いを生前に伝えることって、

できていればいいのですが、

なかなかできません。

照れもあるのでしょう。

だからエンディングノートで

気持ちを伝えるんです。

そうすると、

兄弟同士で仲良くしようと思えたり、

兄弟で支え合っていこうとか、

考えられるんです。

遺言書では、

付言事項のなかで

気持ちを書くことができます。

ここで相続人に対する想いを

書き残すことをお勧めしています。

ぜひ遺言書、エンディングノートを

書き残してください。

 

 

藤垣会計事務所では、

7月10日に、

エンディングノートの書き方セミナーを

開催します。

チラシが出来上がったら

あらためてご案内いたします。

ご興味があればぜひご参加ください!

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ668日目

 

 

おはようございます!

一昨日の月曜は、

私の地元のいびがわマラソンの

エントリーの日でした。

このマラソンは毎年1万人以上が参加し、

今年は31年目となるレースです。

アップダウンが厳しく難易度が高いのですが、

沿道の声援がとても多くて、

いつも声援に励まされて走ります。

抽選のレースが多い中で、

まだ先着順でエントリーできるのは

嬉しいのですが、

今年はスタート時刻にネットでアクセスしてても

エントリーできない人が何人も出ました。

何とかフルマラソンにエントリーできたので、

今年こそはサブ4.5目指します。

っていうか、まだサブ5できてません(^^;)

 

 

 

でね、

今年は仲間が2名初参加します!

一人は初のハーフマラソン。

一人は初のレースでフルマラソン。

身体づくりをしっかりやらないと、

完走どころか故障してしまいます。

定期的に練習会を開いて

モチベーションを上げていきたいです。

 

 

マラソンまでに頑張ることは、

スピードと持久力の両面を上げることが

必要になります。

少しずつ走る距離を伸ばし、

かつ、

走る時間を長くすること。

この二つを意識しながら

練習をしていきます。

ある程度の走力がついてきたら、

スピードを上げるための練習と、

持久力を上げるための練習と、

切り替えてやらないと

中途半端な練習になってしまいます。

 

 

スピード練習のときは、

インターバルトレーニングといって、

ダッシュのような全力で走って、

少し休んで、

また全力で走ってと、

この繰り返しの練習をします。

正直めちゃくちゃキツイです。

一人では続かないかもしれませんが、

とても大事な練習です。

 

 

また、

持久力をつけたければ、

実際に走る予定の時間分、

体を動かすことを目標に走ります。

サブ5を目指すとしたら、

5時間走り続けることになります。

実際には私はやったことはありません。

歩きでは7時間というのを練習しましたけど、

これは本番に役に立ちました。

本番のコースを歩いてみたんです。

歩きでも完走できないのなら、

本番のレースでは走り切ることは無理です。

だから本番前に2回ほど歩きました。

この歩き練習のおかげで、

本番では絶対完走できると

自信をもって走れました。

 

 

 

一週間に3日程度、

練習に充てられるといいのですが、

現状の私のスケジュールでは

週に一度走るのも難しいくらいです。

そんな時にどうすればいいか。

とりあえず、

筋トレしておきましょう!

おススメの筋トレを

ご紹介して今日のブログを終わります(笑

 

 

1、スクワット

両足で行うスクワットは、

ハムストリングスと大殿筋という、

走るためには絶対に欠かせない筋力を大きくします。

筋力が弱いと関節を痛めやすくなります。

筋肉はクッションの役割を果たします。

しっかり筋トレをしておいてください。

スクワット

 

 

2、ブルガリアンスクワット

両足スクワットに慣れてくると、

片足でスクワットをします。

負荷がきつくなるので短時間で効果がある

ブルガリアンスクワットがお勧めです。

さらに鉄アレイを持って行うと

負荷が上がります。

ブルガリアンスクワット

 

 

3、フロントブリッジ

プランクともいいますが、

体幹を鍛えられます。

ポッコリお腹も凹むと言われますよ。

フロントブリッジ

 

4、腹筋ローラー

立ってコロコロできる「立ちコロ」までいくと

相当のレベルです。

私は膝をついてやるので精一杯です。

腹筋ローラー

 

 

これらの筋トレを

しっかり継続できれば、

マラソンも楽にスピードを上げて行けそうです。

あと半年ほどでフルマラソン走らなければなりません。

そう考えると、

待っている余裕はありません。

今日から筋トレだけでも

始めましょうか。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ667日目

 

 

おはようございます!

今月もあとわずか。

今日は社外取締役の会社の会議と

市役所の監査のお仕事、

帰ってきたら相談が2件あります。

月末は何かとバタバタしてます(^^;

 

 

さて、

売上が伸びている若い会社で

ずっと伸び続けるための条件って

何だと思いますか?

 

 

実は会社の成長には

あるタイミングで会社を

変化させていく必要があるんです。

その大きな変わり目は、

社員数が10人を超えた辺りで

やってきます。

これまで社長が会社の動きを

見渡せていたのに、

10人を超えていくと、 

全体が見えなくなってくるんです。

そのためミスが多くなります。

情報が伝わらなくなってきます。

人がすぐに辞めていくようになります。

そして売上の伸びは止まってしまうんです。

 

 

先日出版された私のブログの師匠、

板坂裕治郎さんの著書のオビにも

書かれています!down arrow

 社長の鬼原則

「社長がエースで4番の会社に

未来はない」と。

この本は、

「2000人の崖っぷち経営者を

 再生させた社長の鬼原則」

という書籍です。

 

 

結局、社長一人のマンパワーなんて

限界があるんですよ。

組織で立ち向かっていくための

仕組みづくりをしなければ、

いつまで経っても

売上はある金額から

伸びなくなってしまうんです。

 

 

組織の人数によって、

10人の壁、

30人の壁、

50人の壁、

100人の壁というように、

組織が成長するときに、

大きくデザインし直す必要があるのです。

簡単に言うと、

組織図の形を

変化させないと、

それ以上に成長しないということなんです。

 

 

私のクライアント様にも

これからこの壁に挑む会社があるんです。

どんな形に変化させながら

成長していくのか、

一緒に成長を見守っていきたいです。

組織が変化するときは、

大きなリスクも伴います。

有能な経営幹部が退職したり、

一斉に数人が団結して

退職することがあるんです。

 

 

社長が退職者が出るという情報を

知っているか?

知らないか?

で、社長の覚悟も違ってきます。

大切な幹部が辞めるときくと

弱腰になってしまいます。

では、なぜ幹部が辞めていくのでしょう?

それは、今までは何となく付いてきただけ。

社長が方向を定めた途端に、

会社に居づらくなるんです。

そう考えると、

会社の成長に

その幹部の退職は必然ということ。

この考え方を先に知っていれば、

社長も会社を大きく変化させる

覚悟が決まります。

こうやって、

組織をデザインし直すことができると、

会社の伸びしろが大きくなるんです。

自分一人ではなく、

組織で一緒に経営に取り組んでいく。

そんな経営を理念経営というんです。

詳しくはまたの機会に(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ666日目

 

 

おはようございます!

今日のブログはキリ番の666日目!

1000投稿まであと334日です。

来年の4月27日で1000日達成みたいなので、

とにかくあと11か月書き続けます(^^ゞ

 

 

今日のブログは、

この書籍の中に書かれている

本領発揮という言葉の

本領についてお伝えします。

「殻を破れば生まれ変われるかもしれない」

殻を破れば生まれ変われるかもしれない

アチーブメントの取締役で、

主席トレーナーでもある佐藤英郎先生の

著書なんです。

まさにアチーブメントで学ぶことが

満遍なく散りばめられた内容で、

とても読みやすく面白く、

一気に読み終えることができました。 

 

 

 

佐藤先生の研修の中で、

本領発揮の本領、

つまり、

あなたの真価とは何ですか?

と聞かれたことを思い出しました。

 

 

スポーツ新聞の見出しで

ある選手が活躍したときに

本領発揮って書かれたりしますが、

その本領というのは、

その人ごとにそれぞれ違いますよね。

だから、自分の本領というもの、

自分の真価とは何なのだろうと

考えてみるんです。

 

 

このブログでよくお伝えしている

効き脳診断のことを例えに出すと、

誰もが思考スタイルは違っています。

良い悪いではなく、

それぞれが持つ個性なんですね。

真価というのも、

それぞれ個性があります。

あなたの真価は

あなたにしかありません。

 

 

ただ、

自分ではその強み、真価、本領が

何なのかを気づいていないかもしれませんね。

自分の強みが何なのか、

自分で考えていることと、

周りの人が見ているものとは

違うかもしれません。

 

 

佐藤先生は、

周りに聞いてみたらいいと

言われました。

自分で気づかなかった自分の強みが

聞けるかもしれませんね。

 

 

本領を見つけたら、

発揮するだけです。

勇気を出して発揮しましょう。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ665日目

 

 

おはようございます!

今日は日曜日なので2週間ぶりに休みます!

この先も休みがしばらくないしね。

週末は軽めの投稿をします。

 

 

昨日は日中はロータリークラブの研修でした。

普段は所属するクラブで例会をしますが、

そのクラブが所属する地区という大区分があり、

私の住む岐阜は、岐阜県と三重県で構成されています。

その地区の研修が地元のホテルで開催されました。

 

ロータリー

 

どんな集まりでも必ず力を入れること。

それが会員の増強です。

会社では売り上げ先を増やしたい。

病院では患者さんを増やしたい。

介護施設では利用者さんを増やしたい。

学校では生徒を増やしたい。

自分の価値を提供しようとしたら、

つまり、社会に貢献しようとしたら、

必ずその相手を増やさないといけません。

人口の増減があるように、

今現在のお付き合いしている人も減っていきます。

だから誰もが自分の価値を受け取ってくれる人を

探しているのですね。

 

 

ロータリーは奉仕の精神で成り立っています。

自分の職業を通して社会に貢献するのです。

私はまだまだロータリーに入りたてで、

勉強が足りませんが、

やはり会員を増やして貢献できる範囲を拡げるのは

当然努力しなければならないことなんですね。

 

 

昨日の研修会では、

岐阜のある地域のクラブが

大きく会員数を増加させた事例を

紹介していただけました。

そのためには、

まずはなぜ会員が増えないのかを

リサーチ、アンケートをされました。

その結果、

現在のクラブに価値を感じていただけてないような

いろいろな意見があったそうです。

そして大事なのは、

相手に合わせて自らが

変化したということなんです。

 

 

ロータリーというと、

年配の経営者の団体というイメージを

もたれる人が多いと思います。

そうなると普通は、

今までやってきたことを変えるって

とても勇気がいることだと思うんです。

しかし、その時の会長が先頭に立ち、

おおきく考え方や活動の方針を変えたそうです。

その甲斐あって、

会員数が1.5倍に増えたという事例でした。

 

 

私たち経営者も同じで、

今までの経験の中での成功事例というものが

頭や体に染み込んでいて、

どうしても変化ができない人がいます。

危機感を感じていても、

どうしても変われない。

 

 

人は変化を嫌うように

プログラミングされています。

心臓の鼓動や呼吸のように、

同じ動きをしていることが安全だと

本能に刻まれているから。

だけど、

経験からきている成功体験は、

自分の意志で変えることはできるはず。

生まれた後で憶えた成功体験ですからね。

後で何度でも書き換えられるはず。

 

 

でも、分かっててもできない。

いや、分かってない人の方が多いか。

だから変化できる人は浮かび上がるんです。

周りが変化しないからね。

 

 

毎日毎日変化し続けることは

とても精神的に負担がかかりますが、

この一点だけでも変化すると

大きな影響を与えることを探して、

それだけでも変えてみてください。

 

 

今の時代は、

じっとしているだけでは

下りのエスカレーターに乗っているんです。

知らぬ間にどんどん下がってしまいます。

上りのエスカレーターに乗りかえる行動を

起こしましょうよ。

まずは一歩だけね。

その一歩が大きいんです。

すべてはその一歩の積み重ねだから。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ664日目

 

 

おはようございます!

月末の週末です。

仕事をしたいのですが、

ロータリーの研修のため

一日缶詰めです。

せっかくなので何か持ち帰ります。

3つね。

 

 

さて、

今日は住宅ローンの落とし穴について

お話ししますよ。

すでにローンを組んでる人は、

読んでから落ち込まないようにね(^^ゞ

 

住宅ローン

 

住宅ローンあるあるですが、

住宅を買うときに

どうやって決めましたか?

ローンの金額を計算して、

今の家賃の金額と比べました?

今と同じくらいの支払いだったら、

自分の家やマンションが手に入るなら

買った方がいいと思いました?

今の家賃が8万円だったとして、

住宅ローンも月額8万そこそこだったら、

買った方がいいと思いますか?

 

 

ここに落とし穴があるんですよ。

誰もが毎月の支払額で判断してます。

そこは重要そうですが、

ポイントはそこではありません。

その支払いっていつまで続くのか?

今では75歳までのローンが組めたりします。

長く組むことでローン総額は

とんでもないことになってしまいます。

そしてね、

心配になって購入を迷ってるとき、

こんな言葉をかけられたりします。

「他のみなさんは、

 最後は退職金で支払われますよ。」

「普通はみなさん、

 頑張って繰り上げ返済してますよ」

その言葉を聞いて、

「みんな、そうなんだ!」

そしてローンをしてしまうんです。

 

 

ハッキリ言います!

退職金なんて期待できません。

繰り上げ返済なんてする余裕はありません。

まぁ、なかにはできる人もいるでしょうけど、

実際にそうやって早く完済した人を

一人も知りません。

 

 

残酷な事実をお伝えします。

毎年、住宅ローン破産をする人は

年に約10,000人いるそうです。

頭金もなしに住宅を購入して、

数年で家族が増え生活費が増え、

あっという間に破産!

なんて人が多いそうですよ。

 

 

今の若者は、

普段から節約して、

無駄遣いせず真面目に生活してます。

でも、たった一度の大きな買い物で

取り返しのつかないミスを

してしまうんです。

コンビニでジュースを買うのも

一度の支払い。

家を買うのも一度の支払い。

そのたった一度の大きな支払いに

判断基準がないことで

失敗する人が出るんですね。

 

住宅を買う

 

周りの人がどうとか、

「みんな〇〇ですよ」とか、

周りに左右されないでください。

あなたはあなた。

人とは違います。

返済できる年齢で完済できるよう、

頭金は貯めるべきです。

無理な金額のローンは組まないことです。

 

 

また、将来は子供がローンを引き継いでくれると

勝手に決めてはいけません。

継がないことを選択する子供は

沢山いますよ。

ま、私もそうですし(^^;)

 

 

そして、

大きな勘違いをしている人もいます。

銀行が貸してくれるということは、

自分がそれを返していけると認めてくれたと

勘違いする人もいるそうです。

銀行は、制度上で貸せる範囲までは

貸してくれるんです。

銀行は、

あなたの将来のことまで

考えていませんし、

そんなことを見通せる能力はありません。

 

 

 

お金の流れをしっかり老後まで

計算してください。

希望的観測ではなく、

悲観的観測でも返していけるか。

これができなくて借りると、

家が原因で家族が壊れてしまいますよ。

住宅ローンというと

聞こえはいいですが、

要するに借金なんです。

数千万円の借金ですからね。

慎重に、かつ、安全に。

これがキーワードですよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ663日目

 

 

おはようございます!

今日はテレビの話しです。

最近の話題のニュース、

なんだか残念なものばかりです。

誠実さのかけらもない、

誤魔化しだらけのニュースが

続きますね。

 

 

まずは日大のアメフト監督とコーチ。

まだ二十歳で勇気ある記者会見を開いた

加害者の選手と比べて、

あの監督とコーチ、

そして日大の空気が読めない広報の司会の人。

人として恥ずかしくないのか。

ワイドショー

 

安倍総理の加計問題。

本当に総理は会っていないのだろうか。

加計側が嘘ついていたのか。

森友問題も財務省が捨てたと言っていた資料が

捨ててないことが分かりましたね。

何が本当なのか分かりません。

 

 

セクハラ問題では、

少し前には財務省事務次官が話題になりましたが、

先日はどこかの市長が

セクハラで問題になってました。

セクハラしておきながら、

「あの職員は元々表現がオーバーで

 前にも問題を起こしてるんだ」

って、セクハラしてるお前が言うな!って感じでした。

 

 

とにかく、

自分中心で身勝手な人が起こした問題が

目につきますね。

そしてマスコミは、

こう言った問題を執拗に追いかけます。

日本人は自分たちの正義から外れた人を

許さない民族性でもあるのでしょうか。

揚げ足取りというか、

なんともマスコミの取り上げ方は

悪意があるように見えます。

もっと報道すべきことが

沢山あるように感じてます。

 

 

結論としては、

話題性のあることを把握できたら

テレビを見ないことが一番いいのかも(笑

ワイドショーなどは、

人の感情を逆なでするように

構成されています。

テレビ番組に自分の平穏な感情に

波風が立てられるのって、

どうなんだろうって疑問を感じます。

だからやっぱり見ない方がいいんです。

 

 

私は朝の連ドラと大河ドラマ以外は、

適当に聞き流してます。

たまにはテレビをつけないことも

いいかもしれませんね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。 

 

 

おはようございます!

昨日は雨でしたが、

名古屋の栄で仕事してきました。

岐阜から電車でしたが、

ほとんど傘を必要とせずに

行って帰って来られるんですね。

街は便利ですな♬

 

 

さて、

最近はセミナーでの講師をする機会を

多くしています。

一度セミナーを開催すると、

集客について、

会場の準備、

実際にしゃべること、

その後のフォロー、

と何かと忙しくなるんです。

でね、

今月は何を考えていたのか、

自主開催セミナーを2回、

生保代理店向けセミナーの個別相談対応、

歯科医の先生向けセミナーと、

4回もやってしまいました。

ちょっとフォローが間に合っていないので、

いっぱいいっぱいです(^^;)

6月以降に順次対応させていただきます。

 

 

 

実は私が開催しているセミナーでは、

特典として無料の個別相談が付いてるんです!

1時間程度ですが、

セミナーの振り返りと、

今現状の課題を明確にするという目的で

個別相談をさせていただいています。

セミナー

 

 

忙しいと言いながら、

この個別相談がオモシロいんです!

たった1時間ですが、

いろいろな話しができるんです。

私はこの時間がとても好きです。

だからセミナーをしているのかもしれません。

 

 

 

今日も生保代理店さんの個別相談を

させていただきました。

決算書の見方のお話もありましたし、

経営者向けのセミナーの企画の話しもありました。

過去の話しではなく、

これから先の未来の話しをします。

 

 

お金のブロックパズルは万能です。

会社のお金の流れだけではなく、

事業承継の話しにも使えます。

ファイナンシャルプランナーのような

ライフプランからのお金のブロックパズルという

流れも上手く説明ができます。

スタッフさん向けセミナーでも、

スタッフさんの給料の手取り額を

ブロックパズルにして説明をしていきます。

ここに数字を当てはめていくだけで、

未来の世界が見えてきます。

分かり始めるとオモシロいんです。

個別相談に来られ方は

すべての人が笑顔で

帰っていかれます(^^)

 

 

なぜキャッシュフロー経営が必要なのか、

それは個別相談に来られて

はじめて分かるのかもしれません。

そのためにも、

セミナーに参加されるか

是非無料相談に事務所までお越しください。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ661日目

 

 

おはようございます!

5月も後半に入り、

3月決算法人の申告業務が山積みになっています。

今月はセミナーなどを集中して入れたこともあり、

昨日は予定をキャンセルして

事務所での業務をこなしました。

やることが多すぎて

息が詰まりますね(^-^;

 

 

そんなときに

大きな方向性が間違っていないかを

確認する作業が欠かせません。

目先の急ぎの仕事に集中するあまり、

本来やるべきことが

後回しなんてことがないようにね。

 

 

ここ最近では、

アチーブメント社の手帳を使っています。

朝一で出かけたり、

直行するとき以外は、

事務所で一日のプランニングをしてから

仕事を始めるようにしています。

 

 

朝のプランニングでは、

1、習慣チェックリストをチェック

2、月間行動計画表をチェック

3、マンスリープランナーに漏れがないか確認

4、ウィークリープランナーを確認

5、デイリープランナーに昨日の時間割の結果記入

6、デイリープランナーに今日の時間割記入

7、デイリープランナーのタスクを記入、確認

だいたいこんな感じでしょうか。

かかる時間は意外と必要ありません。

と言っても15分くらいあると

しっかりタスクまで書き込んでおけますね。

プランニング 

 

 

週末と直行の日には

使いこなせていないため、

その時間を確保するよう、

そのプランニングも必要ですね。

今日は直行でしたので、

昨日の夜にプランニングを済ませておきました。

 

 

1、やるべきこと、

2、やりたいこと、

3、やったほうがいいこと、

4、やらなくてもいいこと、

これらのうち、

4の「やらなくていいこと」は

即やらないと決める。

1はやり忘れることはありません。

ほっといてもやりますよね。

問題は2と3です。

特に2の「やりたいこと」については、

その価値が優先順位が高いものであれば、

自身のプランの中に入れて

実行できるようにする必要があります。

プランしない限り、

どんどん先送りされてしまいますからね。

3の「やったほうがいいこと」も、

優先順位付けをしながらやるべきでしょうね。

 

 

忙しくても、

ちょっとだけ時間を取ることはできます。

そのちょっとをプランニングするかどうか。

その習慣をつけることが

難しいのですが大切な事なんですよ。

 

 

 

時間というものは見えないので、

プランナーを使って、

自分が何に時間を使っているかを

見えるようにするのがポイントです。

 

ファイロファックス 

 

どんな手帳を使うかは、

はっきり言って何でもいいです。

やるべきことが実行されている環境を作る。

そのために慣れたもので継続してください。

続けることが一番難しいけれど、

その分、効果があります。

ぜひ!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ660日目

 

 

 

おはようございます!

昨日はとてもショックなニュースが

飛び込んできました。

登山家の栗城史多さんの

エベレストでの訃報でした。

ニュースを見て

何かの悪い冗談だと思いました。

 

 

 

福島正伸先生のつながりで

お名前を知ることになり、

一度講演をお聞きしたこと、

今年1月のアチーブメントの講座で

ご一緒したときに直接お話しする機会もあって、

今回の登頂ではFacebookの投稿を見て

ずっと応援していました。

 

 

挑戦し続ける姿を

見せ続けてきた栗城さん。

本当に残念ですが、

エベレストで最期を迎えられたのは

幸せだったのかもしれません。

 

 

昨日の朝に見たFacebookの投稿では

体調もよくなってきて、

慎重に登っていくと書かれてました。

私の頭の中では、

彼がとても危険なチャレンジをしている事は

分かってるつもりでしたが、

いざこういう事になって

あらためて危険と隣り合わせだったんだと

気づかされました。

 

 

人は見えているところだけで

自分勝手に思い込みます。

見えていないところは、

自分の想像だけで穴埋めしてしまうからです。

人が大変な思いをしていても、

それを見せない人だと

なかなか気づくことができません。

 

 

言われないと気付かない。

見せられないと思いつかない。

「百聞は一見に如かず」といいますが、

自分の想像力というのは

つくづく身勝手なんだなぁと

思いました。

 

 

 

去年、エベレスト登頂を舞台にした映画を

見る機会がありました。

経験者たちでも命を落としていく

想像を超えた映像でした。

それを見ていても、

栗城さんだけは違うんだと

勝手に思い込んでいる自分がいました。

 

 

自分の命を賭けてまで

挑戦し続けた彼の姿が

心に刻まれました。

栗城さんは挑戦することを通して

否定の壁というものをなくしていこうと

していました。

「お前になんか無理だ」

山登りを始めた時に、

周りからそういわれたそうです。

はじめから否定され、

家族からも否定され、

今では周りから応援される存在になりました。

ご自身が挑戦し続けることで、

そんな否定の壁を乗り越えるための

勇気を周りに与えていきたいと

仰ってました。

 

 

 

昨日の投稿で書いた言葉。

「求よ、さらば与えられん。」

命を賭けてまで求めること、

あなたにはありますか?

私の求めるものに、

そこまでの覚悟があるか?

 

 

栗城史多さんのご冥福を

心からお祈りいたします。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030