2017.04.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

4月もあとわずかですね。

今週末からゴールデンウィークです。

連休が楽しみな人が多い中、

税理士受験性には貴重なまとまった時間です。

やるべき事を明確にしてから連休に臨みましょう!

 

 

 

私はモチベーションを上げるために、

色々と工夫することが好きでした。

役に立たないものも沢山ありましたが、

暗記のモチベーションアップと計画を明確にするためのツールには、

時間かけて作りました(^^)

法人税を受験したときのものが残っていたので、

ご紹介しましょう。

本邦初公開です!

 

 

まずはコレdown arrow

理論暗記管理表

理論暗記カレンダーです。

細かすぎて良く分からないですよね。

拡大するとこうです。down arrow

理論暗記カレンダー2

 

法人税法の理論項目をいつ暗記したのかが、

一目でわかるものです。

塗りつぶした部分の間隔が近くなってきてれば、

定着しているといえますね。

一番右端が本試験日なので、

その前日にはすべての理論を回します。

そこから逆算でスケジュールを組むわけです。

ちなみに、「回す」とは暗記し直すことです。

このカレンダーの始めの日が4月23日ですね。

丁度今頃ですよ。

だから、これからが正念場なんです!

 

 

 

もう一つ、

理論回しサイクル表を紹介します。

これは皆さん作ってると思います。

理論サイクル表

ランクAからCまでをブロックごとに分けていました。

回した日を記入して、

本試験までにどれだけ回したかが分かるようにしました。

拡大画像です。down arrow

理論サイクル表2

日付を見ると6月21日から始まってます。

予備校の全国統一模試が終わって、

超直前期に向かう前の頃でしょうか。

 

 

 

画像の上のタイトル見たら、

ちょうど10年前の本試験だったのですね。

10年の間に法人税法の傾向は全く違うものになったと聞いています。

古い受験方法が今でも通用するかは分かりません。

しかし、基本的な考え方は同じだと思います。

 

 

ゴールから逆算して計画を立てること。

計画なくして合格なし。

やるべきことが見えてなければ、

合格に必要な範囲の特定や、

合格に必要な復習の回数が

成り行きになってしまいます。

まずは計画を立てることをお勧めします。

凝りすぎて本末転倒にならないようにしてくださいね。

ツールの作成は、

合格するイメージを描きながらやることがコツです。

楽しんで合格を目指しましょう!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.04.12更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

今日、浅田真央さんがテレビで引退会見を行うそうですね。

今週月曜の彼女のブログで引退の決断を表明しました。

浅田真央

どんなスポーツ選手も、

どこかで引退という節目がやってきます。

浅田真央さんは約10年にわたりフィギアの世界で素晴らしい成績を残しましたね。

オリンピックでキムヨナと金メダルを争ったシーンが、

今でも鮮明に記憶に残っています。

 

 

金メダリストの荒川静香がインタビューでこう言ってました。

『「プロのアイスショーで滑るのも楽しいよ」

 と浅田真央ちゃんに話したら、

 「私はフィギアじゃないと嫌」

 と言われた。』

周りからの期待が真央さんをどんどん追込んでいったのかもしれません。

きっと、スケートが楽しいと言っていた、

若い頃の浅田真央さんはそこにはいなかったんです。

フィギアの点数やメダルで評価される世界でスケートをしていたんですね。

滑ること自体が楽しかったころは、

成績が悪くても辞めることは考えなかったでしょう。

ブログには、

「結果を出すことができず、悩むことが多くなった」

と語っています。

何事も楽しむことが継続のコツなのかもしれません。

真央さんは、私たちにたくさんの勇気をくれました。

本当にお疲れさまでした!

 

 

 

私は資格試験の受験を、

なぜ合格まで続けられたのでしょう。

多くの人は、

苦しく大変な試験を歯を食いしばって乗り越えてきたと、

思っておられるかもしれません。

凄い苦労をして取られた資格だと見られているように思います。

でも、そんなことありませんよ。

確かに成績が伸びず、

悩んだり落ち込んだりもしましたし、

膨大な時間をつぎ込んだことには違いありませんが、

自分自身では試験そのものを楽しんでいたんだと思うのです。

 

 

 

条文の暗記はゲーム感覚で進めました。

表を作って一日のノルマをこなしました。

ノルマは大変でしたが、

こなした日は達成感や満足感で満たされました。

ある意味、周りの人には理解できないような

変な価値観で生きてたのかもしれません。(^^;)

少しずつでも「進んでる感」があると、

楽しく勉強できました。

休みの日に図書館に通う自分も好きでした。

人がやらない時こそ、

自分は勉強しようと思いました。

まぁ競争試験ですからね。

そんなことで、周りに迷惑をかけながらですが、

なんとか最後の5科目合格までたどり着けたわけです。

 

 

 

あなたの目の前にある課題が何かは私は知りません。

でも、もしその課題に行き詰ってしまっていたら、

少し考えてみてください。

その課題を乗り越えられるのは、

他でもない、あなただけです。

大変かもしれないし、

誰にも理解されないかもしれない。

でも、やると決めたなら、

最後まで続けてほしいんです。

そして、自分で見つけてくださいよ。

楽しんでやるコツをね。

そうすれば、長く続けられますし、

どこかで達成できますよ(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.04.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

岐阜の税理士、藤垣です。

今朝は大阪からお仕事ですよ。

 

 

 

さて、今年ももう4月半ばになろうとしています。

税理士試験は8月の始め。

ということは、

あとどれだけの日数が残されているのでしょうか?

1年に1回しか試験はありませんが、

あっという間に試験日は近づいてきます。

これこそ計画を立てて臨まないと

合格はありません。

この時期の勉強方法について、

お話ししたいと思います。

 

税理士試験

 

4月のこの時期はいろいろな試みができるので、

大チャンスな時期なんです。

というのも、

答案練習までまだ1か月ほどあります。

それに備えるにしても時間があります。

ゴールデンウィークには集中的に

重点項目を抑えたいですよね。

その前に今何をすべきか??

 

 

それは基礎力です。

税理士試験に限らず、

中小企業診断士試験でもそうでしたが、

とにかく基礎が全体の大部分を占めています。

直接出題に関係なくても、

基礎ができなければ解けない問題が多くを占めています。

だからこそ、基礎を固める時期なんですね。

 

 

あ、勘違いしないでくださいよ。

基礎と言われて、

テキスト付属の個別問題なんてやらないでくださいよ。

そうではなくてオーソドックスな総合問題を解いてください。

基礎の総合問題を満点取れるまで、

そして時間内に解けるまで繰り返してください。 

 

 

ここで重要なお話があります。

大半の受験生は同じ総合問題を解きたくありません。

同じ問題を解いても学びがないと思うからです。

でも、そうじゃないんです。

同じ問題を解いて、満点が取れますかって聞きたい。

満点は2度目でもなかなか取れないんですよ。

そんなに簡単じゃありません。

時間内に解くことだって難しいんです。

 

 

もう一度繰り返しますね。

一度解いた後、解答を見て、

分かったつもりになりますよね。

そう、分かったつもりなんですよ。

だって、次に満点取れないんだから、

「つもり」なんです。

 

基礎を固めるというのは、

片っ端から解きまくることではありません。

ちゃんと一度当たった問題は自分のものにしてくださいよ。 

自分のものにしていないのに、

次の問題に当たらないでください。

中途半端にできた気分になってるから、

答案練習で痛い目に合うんですよ~。

 

 

今がチャンスなんです。

ゴールデンウィーク前にできることは、

基礎を固めることです。

連休前には、連休中にすべきことを記事にしたいと思います。

では、基礎固めを頑張ってください(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.03.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

税理士試験を受験し湯としているあなたが、

会計事務所でお勤めだとしたら、

確定申告が終わって、

ホッと一息入れようとしているかもしれませんね。

 

毎年8月初めの税理士試験日に向けて、

ゴールデンウィークが明けると、

答案練習という本試験前の模擬試験期に入ります。

確定申告が終わってからそれまでの約一か月半は、

答案練習に向けての実力を積み重ねる時期なんですね。

ここで踏ん張れるかどうかが、

試験結果にも大きく響くわけです。

 

税理士試験

 

でも、分かりますよ。

私が受験生時代は毎年この時期に中だるみしてしまったんです。

答案練習までは、まだ時間があるし、

確定申告も終わったことだし、

ちょっとくらい楽してもいいよね~

なんて思ってサボってしまう。

これが、ゴールデンウィーク明けに大きな後悔となるわけですね(^^;)

 

 

また、この試験はある一定レベルまで勉強しないと、

成果が表れてきません。

だから、やってもやっても、

点数が上がらないし、

順位も上がらない。

そして、途中であきらめてしまう人が

どれだけいることか。

あとちょっと勉強を続けたら、

一気に成績が上がったかもしれないのに。

それが分かっていたら、諦めなかったのに。

とても残念なことですよ。

まだ合格科目がない人は、

その「どこまで勉強したらいいのか分からない」状態にいます。

でも、中途半端では合格できないのですから、

そこは腹をくくって、覚悟を決めて勉強してください。

 

ちなみに、勉強の停滞期のことをプラトーと言います。

これについて、以前こんな記事を書いてますので、

参考にしてみてください。down arrow

努力してるのに、伸び悩んでいるあなた

 

 

 

覚悟という言葉が出てきましたが、

税理士試験に限らず、

資格試験にはかなり多くの時間を必要とします。

仕事をしながら、勉強する人。

子育てしながら、勉強する人。

いろいろな制約の中で勉強している人が多いんです。

どれも上手くこなしてしまう凄い人も中にはいますが、

普通は無理なんですよ。

税理士試験はそんな甘くないです。

だったら、どうしますか?

 

 

それは、

家族の協力、同僚の協力、仲間の協力が必要になるんです。

例えば、5年間は勉強に力を入れると決めて、

奥さんや旦那さんに

「5年は我慢してください」と、

お願いしてみる。

同僚や先輩・後輩に、試験前だけは助けて!とお願いしてみる。

 

 

まさか「人に迷惑をかけるなんてできない」とか考えてませんよね。

あなたが合格しないことが迷惑なんじゃないんですか?

そう思ってしまうのは、自分に覚悟ができていないからじゃないですか?

そう、逃げてるだけかもしれませんよ。

だって、あなたが合格して、

恩を返せばいいだけじゃないですか。

だから、周りを巻き込んで力をもらってください。

それが、覚悟となって集中して勉強できるようになるのです。

 

 

試験については答案練習に入るころに、

また記事を書こうと思います。

ぜひ、これからゴールデンウィーク前までに、

理想の状態に近づけるよう予定を組んでみてください。

そして、その計画をこなしていきましょう。

苦しいのはあなただけじゃないですからね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.01.22更新

過去の数値から、

仕事をする税理士。

その数値を活かして

過去と未来をつなげる

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

昨晩は久しぶりに

受験仲間との飲み会でした!

昨年末の税理士試験で

見事5科目合格した仲間の

お祝いも兼ての新年会です。

 

今回合格した彼は

税理士試験合格という

嬉しい成果の後は、

税理士としての次のステップへ

踏み出そうとしています。

 

私もそうでしたが、

受験は当然難関でしたが、

それを乗り越えたら、

次の壁が待ってるんですよね。

 

目の前の壁

 

自分の現状に合わせて

壁が待ち受けています。

でも、自分が乗り越えられる壁しか

目の前には現れません。

だから、真剣に頑張れば

絶対越えられるんですよ。

 

もう一度言いますよ。

自分に見合った壁が

現れるんです。

だから乗り越えられるんです。

高すぎる壁は視界に入りません。

丁度いいくらいのレベルの壁しか

目の前には現れません。 

 

税理士受験生時代の私には、

税理士になって事務所を

経営する立場の悩みは

一切ありませんでした。

まぁ当然のことですが、

税理士になったことを想像すれば

思いつくような悩みを

受験生時代に悩むことは

ありませんでした。

だって、その時はどうにもならないことだから。

逆に言えば、

どうにかなるかもしれないから、

悩んだり困ったりするんです。

 

愚痴を言ってても、

それは何の解決にもなりません。

次に進むために必要な事だけ

考えましょう。

自分にとって、

過去はすべて良かったこと。

だから現在の自分がいるのです。

前を向いていきましょうね!

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.12.27更新

過去の数値から、

仕事をする税理士。

その数値を活かして、

過去と未来をつなげる

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

昨日はホリエモンの

「ゼロ」という本を

読み返してみました。

down arrow約3年前に刊行されました。

 ゼロ

当時はホリエモンが出所して

すぐに発刊されたので、

話題になりましたね。

 

 

仕事にやりがいを探すって

当たり前のように

言われています。

でも、彼に言わせれば

ちょっと違うんですよね。

『人はなにかに「没頭」する

ことができたとき、

その対象を好きに

なることができる。

スーパーマリオに没頭する小学生は、

ゲームを好きになっていく。

ギターに没頭する高校生は

 音楽を好きになっていく。

読書に没頭する大学生は

本を好きになっていく。

そして営業に没頭する営業マンは、

仕事が好きになっていく。

『ここで大切なのは順番だ。

人は「仕事が好きだから、

営業に没頭する」のではない。

順番は逆で、

「営業に没頭したから、

仕事が好きになる」

のだ。』

と書籍では言ってます。

この「好き」の感情が

芽生えてくる前には、

必ず「没頭」という

忘我(ぼうが)があるそうだ。

 

集中

 

振り返ってみれば、

私も受験勉強は

好きではなかった。

税理士試験に合格するまで

何年かかっただろう。

しかし、勉強の仕方が

分かってくると、

自分の成績が上がるコツ

があることに気が付きました。

それからは、

自分がどれだけ勉強したかが

成績につながりやすくなり、

受験勉強を楽しめるように

なっていった記憶がある。

 

マラソンもそうだ。

友人や妻からは、

「なぜ苦しいのに

走るのか理解できない」

と言われる。

おそらく練習せずに

ぶっつけ本番で

走った人は、

マラソンが嫌いになるだろう。

それまで練習という

没頭する時間がないから、

好きになる前に、

嫌いになってしまう。

 

ホリエモンは、

没頭するコツを、

ルールを作ることだと

言ってます。

『ルール作りのポイントは、

とにかく「遠くを見ないこと」

に尽きる。』

『フルマラソンに挫折する人は

多いけれど、

さすがに100メートル走の

途中で挫折する人はいない。

どんなに根気のない人でも、

100メートルなら

集中力を切らさず

全力で駆け抜け

られるはずだ。』

 

要するに、

目の前のことに

集中して取り組むことが

ポイントなんですね。

そうやって、

仕事に集中し没頭していく中で、

創意工夫を重ねていき、

結果、仕事が好きに

なっていくのですね。

 

だから、仕事が嫌いだと

言う人は、

ただの経験不足だということ。

まずは没頭してみること。

経営者の方は、

たぶんいつも没頭してると

思うのですが、

スタッフの立場では

そこまで行ってない人も

多いのではないでしょうか。

 

「ただ決められた時間をこなせば、

給料がもらえる」と考えていたら、

仕事は好きになれないので、

まずは自分が楽しくなるルールを

作ってみてはどうでしょうか?

やりがいは与えられる

ものではなく、

自分で見つけるものだ

ということです。

 

来年に向けて、

仕事に向かう姿勢を

整えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.12.12更新

過去の数値から、

仕事をする税理士。

その数値を活かして、

過去と未来をつなげる

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

これから難易度の高い

国家試験を目指そうと

しているあなたに、

最初にすべきことを

お伝えします。

 

 

税理士試験をはじめ、

国家試験は難易度が高く、

勉強を始めて数年かかるものが

ざらにあります。

だから最初から言っておきます。

続けることが

一番難しいんです。

 

税理士試験は1科目ごとの

合格率は10%ちょっとです。

7人に1人が合格しますよ。

そう考えると、頑張れば行けそうなんです。

でも、5科目合格する人は

1000人程度です。

簿記論が例年2万人以上受験する中、

1000人しか最後までいかないんです。

最終合格者は5%以下なんです。

これが何を意味するかというと、

続けられなかった人が

相当いるということ。

逆に言えば、

ほとんどの人が

続かなかったということです。

 

 

どうしたら最後まで

諦めずに

続けられるのかと

考えてみました。

 

根性とか性格、

こういった精神論

ではなくて、

合格してきた人たちを

多く見てきて、

何が違うのか。

 

 

ちなみに、

私はどうだったと思います?

5科目を10年以上かけて

合格しました。

その後、

中小企業診断士試験も

合格しました。

 

決して頭がいい方では

ありませんでした。

やり方があるのです。

続けるための

モチベーション維持方法。

 

 

私があなたに勧めるのは、

まず、受験仲間を作りなさい。

これだけ。

 

受験仲間

 

サボり仲間は当然だめです。

つるむのもダメです。

友達じゃなくてもいいので、

ライバルを見つけてもいいです。

そして、その仲間やライバルを

意識してください。

また、学校の先生と

親しくなってくださいね。

顔を覚えてもらうこと。

 

 

これができたら、

第一歩です。

これができなければ、

考え直した方が

いいかもしれませんよ。

 

Web講座だから

友達ができないと

思ってませんか?

webにはwebの友達を

作ればいいんです。

ライバルもwebで

見つけてくださいよ。

方法はいくらでもあります。

無理だといった時から

方法は見つかりませんからね。

 

 自宅学習

 

なぜ仲間を作らなければ

いけないのかは、

ご自身で考えてください。

だって、言いたいこと

分かるでしょ。

 

では、勉強の前に

仲間づくりを頑張りましょう!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.12.11更新

過去の数値から、

仕事をする税理士。

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

昨日まで京都に

行ってまいりました。

お客様にお誘いいただき、

いつもとは異質な時間を

過ごすことができました。

 

 

その宿泊先は、

なかなか施設自体が大きく、

さらに山に面しているため

階層が複雑なんです。

迷路のようで、

エレベーターの位置や

部屋の場所が

まったく理解できませんでした。

 

グネグネ曲がり、

上がって下がって、

何度同じ通路を通っても

いまいちピンときませんでした。

 

迷路

 

施設の全体像が

分かった瞬間は、

ベランダに出たときでした。

全体がコの字型になっていて、

中庭を囲む形になって

いたんですね。

これでようやく、

「なるほど、そうなっていたのか!」

と理解することができました。

 

鳥の目のように

全体を俯瞰することができれば、

自分が今どこにいるのか

理解できるんですね。

自分が対象の内部に

入ってしまうと、

自分の位置が分からないし、

全体のどこにいるのかも

分からなくなります。

 

 

これって、、

頭の体操みたいですよね。

例えば、

勉強でもそうです。

税理士試験では、

税法の法律を暗記します。

いや、暗記できていないと

瞬時に解答ができないから、

結果的に覚えるのが

手っ取り早いんですね。

で、その暗記についてです。

その法律の全体像を

知らずに暗記しても、

定着しないし、

とても覚えづらい。

やはりその法律の体系、

簡単にいえば目次ですね。

目次がわかると、

その条文は、

全体のここら辺だと。

すると、関連項目も順番に

思い出せるのですよ。

 

仕事でもそうです。

例えば、効率を考えた場合、

全体の流れが分かる人と、

目先のことに集中しすぎる人とでは、

終わる時間が大きく変わるでしょう。

全体を把握できていれば、

資料収集の段階から違うんです。

今すぐ必要な資料と、

少し後で必要な資料を、

最初に全部集めてしまえばいいものを、

その都度、思いついたときに

相手に請求していたら、

手間も増えるし、

相手も迷惑ですね。

全体を俯瞰する視点は、

忘れないようにしてくださいね。

 

思考を整理するときは、

物事の抽象度を上げたり、

具体度を上げたりで、

調整することで、

明確になることがあります。

ここについては、

いずれまた詳しくお話しします。

 

では、よい週末を!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.11.25更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

同じテーマで2日引っ張ります(^^;)

そう、それほど重要なテーマなんです。

来月の16日には、

税理士試験発表があります。

この試験はなんと発表まで、

4か月もかかるんですよ!

1年の3分の1が過ぎてしまってます。

 

税理士試験は5科目合格が

必要になるので、

毎年受験するんですね。

だから、結果が分からないのに、

受験の手ごたえだけで

次の科目を勉強するのか、

また同じ科目を続けるのか、

決めるんです。

 

性格にもよりますが、

私は発表までの4か月は

悶々としてて、

次の科目に集中できなかったですね。

スパッと割り切って勉強できる人が

羨ましかったです。

 

懐かしい受験結果 

 

9月から授業が始まって、

12月で一区切りの時期。

結果が不合格だと、

去年受験した科目に

戻ってくる人がいます。

その経験者たちに向けて

1月から上級コースという

実践向けコースが始まります。

 9月から始めてそのまま継続する人は、

前年に受験した猛者たちが

ライバルに加わるわけなんです。

 

 

 

長々と試験の説明をしてきましたが、

要するに、初年度生の環境は

厳しいということ!

ただでさえ初年度は初めて尽くしなのに、

受験ベテラン勢が加わってきますからね。

 

そんな時の受験勉強で大切なのが、

アウトプットが先

という考え方なのです。

税理士試験の内容は計算問題が半分あります。

計算問題は個別問題の寄せ集めです。

授業で習ってすぐの練習問題は、

個別問題が中心です。

細かい論点を一つずつ潰していくので、

細かい問題が多くなります。

まぁ、これを解くのも大事なんですが、

私はそれよりも、総合問題を解いてほしい。

 

総合問題です。

 

総合問題を解く

 

総合問題を解くことで、個別の重要項目は

全体的に見渡せるようになります。

逆に言うと、重要でない部分は

出題されてきません。

だから、重要な項目は総合問題だけで

あらかた潰せるのです。

しかも、時間配分の練習にもなるし、

総合問題を解くプロセスは、

たくさん解かないと身につかないんです。

絶対量が必要なんです。

でも、答案練習期の5月頃から始めると、

時間が足りません。

ぎりぎり本試験前に完成する感じで

余裕がありません。

 

だから、何度も言いますが、

分からないところがあっても、

とにかく総合問題を解けってこと。

税理士試験を受験する人種は、

だいたい想像できると思いますが、

一言で言うと、

まじめ。

 

つまり、一つ一つを着実に進めたいと

思ってしまうんですよ。

そりゃあ、時間が無限にあれば

そうすればいいですよ。

でも、そうじゃない。

仕事しながら勉強する人は、

2足のわらじを履いているんです。

さらには、家庭のことを考慮すれば、

3足のわらじですよ。

だから、脱完ぺき主義で行かなきゃ

合格できませんよ。

 

最短で、

超効率的に、

最低限の勉強で、

合格できる道を探してください。

楽な方法はありません。

だから勉強方法を考えるんです。

何も考えず、テキストの順番通り

個別問題なんてやってると、

いつまで経っても合格できません。

アウトプットが先です。

分からなくっても、総合問題を解く。

満点が取れるまで、何度でも解く。

そして、次の総合問題へ。

 

この繰り返しで、

大半の受験科目はいけますよ。

私は長くかかってしまいましたが、

受験はできる限り

早く終わらせてください。

早く合格すれば、

それだけ税理士として活躍できる期間は

長くなるというわけです。

 

いいですね、

アウトプットが先ですよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.11.07更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

税理士受験生時代だったころを

たまに思い出すんですよね。

先日は、受験生時代に

ブログを通じて交流があった

東京の税理士さんと

初めて直接お会いする機会が

あったんですよ!

 

ちょうど今月に税理士として

開業されたそうで、

これからも色々と

情報交換させていただきます。

ちなみに、ホームページは、

Tama Tax Tokyo

カッコいい名前ですよね(^^ 

うちだと、

Fuji Tax Gifu

うん、言いにくいし、響きが良くないね(^^;

 

秋空

 

 

私が受験時代に書いていたブログは、

ほとんど自分の状況報告で、

後から見返しても、

情報発信としては残念なブログでした。

ところが、受験に必要なことや、

分かりやすくまとめたサイトを

作っていらっしゃる方は

大勢いらっしゃいました。

先にご紹介した税理士の玉さんも、

法人税などの複雑でややこしいことを、

上手にまとめてくださってました。

 

 

まとめサイトを作ったりすることは、

単純に考えれば時間がかかるし、

その分勉強していた方が

有利なんじゃないかと

考えてしまいます。

しかし、実際には逆で、

難しい内容をどうやって

分かりやすく伝えるかを

考えるプロセスが、

知識を定着させるために

とても意味があるのです。

 

また、公開するということは、

めちゃくちゃ勉強しないと

怖くてできないですよね。

だから、勉強ができる人しか

情報発信できないのです。

 

 

だからと言って、

税理士試験合格者の全員が

何かの情報発信していたかと言えば、

実際には、ほんの一握りの人数

だと思いますよ。

しかし、それを書くことそのものが

モチベーション維持に繋がったり、

受験生の仲間が増えて、

そこからも刺激を

もらうことができるのです。

 

すでに、玉さんも私も

当時のブログなどはありません。

税法には改正がつきものですから、

中身が変わっていってしまうのです。

 

ブログがいいとは限りませんが、

何かを発信すること。

それによって、

望む結果が得られるのであれば、

やってみる価値があると思いませんか?

 

情報発信 

 

ちなみに、私は情報ではなく、

単なる受験日記でした。

間違いノートの代わりに

ブログで答練の内容や結果を

更新していました。

自分のためにやっていたので、

アクセスは伸びませんでしたが、

結果的に、友人もできましたし、

モチベーションの維持には

貢献してくれましたよ。

 

 

11月という季節は、

税理士受験生には合格発表前で、

なかなかやる気も起きない時期

なんですよね。

そんな時期だからこそ、

何か違うことをしてみては

どうでしょうか。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030