2018.04.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ637日目

 

 

おはようございます!

昨日までの三日間、

東京の高輪にあるアチーブメント社で

朝から晩までの研修を受けてきました。

体験・参加型の研修で

とても多くの気づきがあり、

共に学ぶ仲間もたくさんできました!

これからの現場に活かしていくことが目的です。

来週からが楽しみです(^^♪

 

 

さて、

このテーマも何度も書いてますよね。

決めるということ。

本気で決められているか!?

これをあらためて考えてみてください。

 

 

モスバーガーに行って、

テリヤキバーガーを頼むかチーズバーガーを頼むか。

この選択肢の中から、

テリヤキバーガーを選んだ時、

この選ぶという工程を

決めるだと思っていませんか?

 

 

そうではないんです。

どれがいいのかを選択する作業は

選んでいるだけで、

まだ決めていませんよね。

決めるというのは、

「チーズバーガーを食べない」

要するに、

テリヤキバーガー以外の選択肢を捨てる

この決意が決めるなのです。

 

 

優柔不断な人は、

迷いに迷った挙句、

後から追加でチキンナゲットを頼みます。

これって捨ててなかったわけですよね。

だから決めてなかったんですよ。

一度決めたら、

他の選択肢を捨てること。

捨てたように見えてて、

実はまだ書くし選択肢を持ってるとか、

自分の逃げ道を作っていることって

ありませんか?

それは決めていませんよね。

 

 

 

経営でも同じなんです。

今の悪い状況を良くしたいと

考えている経営者様が、

「何かいい方法ないの?」

と聞いたとき、

例えば自分に都合が悪い話しを

聞かされたら、

あなただったらどうしますか?

毎日の飲み代が多すぎて、

「交際費が多すぎますね」

と言われたとき、

「そうかもしれないね。」

頭の中では交際費を減らせば

利益が上がると気が付いても、

本気でそれに取り組まなければ

絶対になにも変わりませんよね。

 

 

頭の中では分かっている。

人から聞かれたら、

「交際費を減らすことを決めました。」

なんて言いながら、

行動は変わらない。

夜になると馴染みの店に行ってしまう。

それって決めたんじゃなくて

思っただけ。

 

 

 

「決める」には代償がつくのです。

何かを決めると、

別の何かを捨てる。

 

 

 

エジソンが電球を発明するまで、

10000回も上手くいかなかったんですよね。

普通は途中で失敗だと思うじゃないですか。

でも、エジソンは最初から決めていたんです。

「自分は電球を発明する」とね。

発明できることは決めた瞬間に決まったんです。

後はいつ発明できるか。

遅いか早いかです。

電球の発明はそれが10000回かかっただけ。

相当な覚悟だったことは

分かると思います。

 

 エジソン

 

自分たちの生活の中で

決めるということが、

けっこう軽く扱われている気がします。

本気で決めれば、

本当の結果がついてくることを

憶えておいてください。

当たり前のことですが

とても大事なことをお伝えしました。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ635日目

 

 

おはようございます!

今月も終盤が迫ってきました。

私の今月は税務調査で始まり、

研修で終わる・・・。

って感じです。

優秀なスタッフに助けられ、

なんとかやり繰りしています(^^ゞ

 

 

今日は「気づき」について。

ちょっと質問です。

あなたは会社の床に

小さな小さなゴミが落ちていました。

よく見たらシュレッダーのゴミでした。

毎回必ず拾いますか?

それとも

「あ、

 誰かが拾ってくれるか」

とスルーしますか?

 

 

小さなことですが、

この違いが人生を大きく変えるんです。

気づいたことを

ちゃんと生かせているか。

人は気づきによって

変化するキッカケをもらいます。

何も気が付かない人は、

何の成長もありません。

まったく同じことを

毎日繰り返す人生を送っているということ。

「いやいや、

 いつも気が付いてます。」

と言う人でも、

よくよく聞いてみると、

見て見ぬふりをしている事って

多いのではないでしょうか?

 

気づき

 

見て見ぬふりをしているということは、

気が付いていない人と

何ら変わらないということ。

逆に、

あえて気が付かないふりをするということは、

マイナスの力が働いていますよ。

 

 

こうした方がいいんじゃないか、

とか、

誰も気が付いてないけど、

自分だけが気が付いた、

なんてときは、

自ら行動する。

積極的に行動する。

主体的に行動する。

この精神が生活を好転させるのです。

 

 

ちょうど今、

アチーブメントの研修に

参加しています。

まさに気づきの研修。

自分では自分のことが見えません。

客観的な自分と言うものは

言うほどできていません。

自分でもどかしいこと、

後悔することって、

大半がやらなかったことについてです。

やっておけばよかったって

後悔するくらいなら、

思い切ってやり切っておこう!

と、

自分に言い聞かせてみる。

まだまだです。

逆に伸びしろが

あるということか。

気づく人

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ634日目

 

 

おはようございます!

今週末からゴールデンウィークですね。

どんなことをして過ごすのか、

計画は立てられましたか?

休みにすることも

予定しておくと実行できます。

まとまった時間にしかできないことを、

このタイミングに予定しておきましょう。

 

 

さて、

一歩踏み出すことが

とても大変なことがあるんです。

景気がいい会社さんばかりではありません。

過去の債務が大きくて

「何とかしなければいけない」って

いつも話をされる経営者さん。

やってることは毎年変わらない。

 

一歩

 

誰でも変わりたくないんです。

人の本能に変化しないような

プログラムがあります。

究極でいうと

「心臓の鼓動を止めない」

というのは変化しないということ。

呼吸も止まりませんよね。

人間には現状をキープすることが

安全なんだという本能がプログラムされています。

だから、

景気が悪くなったからといって、

生活の質を下げたくないんです。

一度上がった生活レベルは

なかなか下げられないですよね。

生活の質にもいろいろあって、

高級なブランド品を

買うことをやめることもあれば、

外食を控える、

高い家賃の部屋から引っ越す、

自宅を売却する

まで、

度合いに幅があります。

 

 

先日はお客様から相談があり

「家族会議をひらいて、

 今後のことを話し合うことにしました。」

と連絡をいただきました。

将来の道筋をちゃんとするためには、

つらい決断をしなければならないと

考えておられるようでした。

 

 

こういった決断は、

速ければ速い方が

傷が小さく済む場合が多いんです。

でも現実はそうではなくて、

「それは分かってはいるんだけど、

 もう少し考えさせて。」

と何年も引きずったあと、

自己破産されるなんてよくある話です。

 

 

最後の最後まで

行っちゃうんですよ。

そのもっと前だったら、

選択肢がたくさんあったのに、

行くとこまで行ってしまう人が

多いんですよね。

 

 

早くから動こうと決断されたお客様には、

しっかりサポートしていこうと思います。

不安なことばかりですから、

傍についててあげるだけでも

気が楽になるかもしれませんから。

 

 

一歩踏み出す勇気、

現実から目をそらさないように

勇気を出しましょう。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ633日目

 

 

おはようございます!

今日は5月に開催する

セミナーの内容を

事前にお知らせしようと思います。

5月には10日と17日にセミナーを開催します。

 

未来へ

 

5月10日は、セミナーパートナーの

山幡さんとのコラボセミナーです。

JR岐阜駅直結のハートフルスクエアgで開催するので、

遠方からでもアクセスしやすいです。down arrow

未来会計・銀行取り扱いセミナー

 

 

5月17日は、単独でのセミナーです。

OKBふれあい会館で開催しますので、

お車でお越しの方は便利でお勧めです。down arrow

未来会計実現セミナー

 

 

 

 

セミナーについてブログで取り上げたのは、

未来会計と言われても

何を話すのかイメージできない人が

ほとんどではないでしょうか。

 

 

チラシや告知用ホームページで

簡単な内容はお伝えしてますが、

余計に何を話すんだろうって

イメージできないんじゃないかと思い、

簡単な説明をしてみたいと思ったんです。

 

 

でね、

タイトルの未来会計って

どういう意味かと言うと、

未来のビジョンを掲げて、

それに向かって経営を進めていくことを

イメージしています。

 ビジョナリープラン

 

私はいつもセミナーで

「お金と理念は経営の両輪です」

とお伝えしています。

経営理念の考え方や作り方のヒントも

セミナー本編ではお伝えしていますよ。

経営理念の中のビジョンには、

5年後や10年後の将来のイメージを描きます。

しかし、

イメージしただけでは

ビジョンは達成されません。

ビジョンに到達するまでの間、

お金が回り続けないといけないのです。

売上増加、設備投資、宣伝広告、人財の採用など、

すべての経営活動には、

お金の出入りが伴います。

だから、

お金が回り続けなければ、

理念もなにもないわけです。

 

 

そんな話をしながら、

上手にセミナーを受講するコツを

お教えしますよ。

どうしたら効果的にセミナーを

受講できるのか。

 

 

 

 

本編は「お金のブロックパズル」を使って

会社のお金の流れを見える化します。

この図を描くことのメリットは、

1、根拠のある売上目標の決め方がわかる

2、自社の借り入れの基準を

 根拠をもって知ることができる

3、スタッフへ期末時に賞与を

 いくら払えるのかが根拠をもって決められる

 

そして、

お金の流れを図を書けば

誰でも簡単に理解できるということを

お伝えします。

なぜ図で書くのが良いのか。

この図を使って

いろいろシミュレーションしてみます。

 

 

だいたいこんな話をしているうちに

あっという間に2時間が経ってしまいます。

2時間で話し切れない理念経営の部分、

もしくは、

チームビルディングの入り口の話しを

次回の6月のセミナーに

お話ししようと企画しています。

 

 

7月には、

相続関連の内容で企画しています。

第一部 相続対策について

弊所の行政書士 川島志歩がお話しします。

第二部 税制改正後の事業承継税制について

私がお話しします。

 

 

今年のセミナーは、

毎回内容を変えながら開催しますので、

飽きることなく、

毎月ご参加いただけるように

工夫をしています。

ぜひお楽しみにしててください!

 

 

5月10日セミナーはコチラdown arrow

未来会計・銀行の取り扱いコラボセミナー

 

5月17日セミナーはコチラdown arrow

未来会計実現セミナー

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット!

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ630日目

 

 

 

おはようございます!

今日はぎふ清流ハーフマラソンが

開催されます。

みなさんがこの記事を読んでる頃には、

走り終わってるかもしれませんね~。

30度を超えると予報で言われてるので、

かなり厳しいレースになりそうです。

熱中症にならないよう

水分補給を心がけます。

 

ぎふ清流ハーフマラソン

 

今日のレースは、

ハーフマラソン以外に、

3キロのコースも用意されています。

どうせなら10キロのコースがあれば

ハーフマラソンを目指す人が

まず10キロを走ってみようと

思うんじゃないかと考えちゃいます。

3キロとハーフでは

差がありすぎて、

3キロなんておまけみたいな印象に

なりがちですよね(^^;)

 

 

うちのスタッフも3キロには

3名エントリーしています。

3キロだと、ずっと歩いても

ゴールまで30分くらいでたどり着きます。

そういう意味では、

おまけと言われても仕方ないかなぁと

思ったりするんですよ。

 

 

でもね、

3キロのレースを舐めてはいけない。

実はトップ集団は、

凄いスピードなんです。

3キロは、

陸上では中距離に位置します。

だいたい800mから5000mまでが

中距離と言われるみたいです。

マラソンと比較して

3キロというと、

大したことないなって

思っちゃいます。

しかし、

陸上の3000mと言えば、

立派な中距離レースです。

 

 

マラソンイベントでフルやハーフと

セットされてる3キロレースは

子供やおじいちゃんおばあちゃんが

参加するためのものかと

思ってしまいますよね。

 

 

 

確かに!

ほとんどの参加者はそうです。

しかし、

異常なスピードのランナーが

上位にはたくさんいるんですよ。

去年の清流マラソンの3キロの部、

一位だった人のタイムは、

3キロを9分ジャストでゴールです。

時速20キロですよ。

私のマラソンのスピードの

約2倍で走ってることになります(^^ゞ

凄いですよね~。

 

 

3キロという距離は変わらないのに、

3000m走というと

ちょっとエントリーするのに

勇気がいりますよ。

3000m走

絶対的な距離は変わりません。

マラソンと比べると、

相対的に距離が短く感じます。

 

 

絶対的と相対的。

栄養ドリンクでも感じます。

ビタミンⅭが1200ミリ配合

記載されているドリンクがあります。

もう一つはレモン50個分のビタミンⅭが配合

されていると書かれている。

ビタミンⅭレモン50個

どっちが買いたくなりますか?

多くはレモン50個の方です。

イメージしやすいですからね。

 

 

仕事で言うと、

営業の時にこの例えが効いてきます。

自分が誰と比較されたいのか?

その比較対象と比べられることで

自分の報酬の額が変わるのです。

私はコンサルの提案をするとき、

新入社員の給料と比較してもらいます。

私の役割りは社長のナンバー2ですが、

月に一度しか来れない。

でも価値はナンバー2です。

だから新入社員より少し安いくらいの報酬

と言ってコンサルタント料を提示しますよ。

でも、私の持っている税理士という仕事で

比較されるとどうでしょう?

月額税理士顧問料が3万~5万が相場だとしたら、

その程度の報酬になってしまうのです。

これは私のコンサルの師匠の和仁達也さんから

学んだ考え方です。

 

 

誰と比較されるか?

絶対的なものと相対的なもの。

あなたは誰と比較されたいですか?

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ628日目

 

 

おはようございます!

いよいよ今週末のハーフマラソンが

近づいてきました!

天候が良すぎて

ランナーにとっては地獄のような暑さ汗

最後までバテずに走り切りたいです。

 

 

今日は会社のルールの話です。

経営者からすると

会社の社員さんたちが

きちんと動いてくれるように、

一定のルールを作りたいと

考えているのですが、

逆に社員さんたちからすると、

細かいルールができるたびに

「めんどくさいなぁ」

「コントロールされているみたい」

と思ってしまうんですね。

ルール

 

 

でね、

ルールには大きく二つのカテゴリが

あるんですよね。

そこから整理していきましょう。

ルールには、

・姿勢

・行動

の二つに分かれます。

 

 

「姿勢」とはその会社にいるために

当たり前のルールです。

遅刻しない

挨拶する

身だしなみ

整理整頓

などはできていて当たり前ですよね。

 

 

行動のルールとは、

目標達成のためのルールです。

訪問件数やクレーム数など、

どれだけ達成できるかというものです。

 

 

二つの大きな違いは、

「できる・できない」が存在するかしないか。

姿勢のルールは守るしかない。

つまり、

できないは存在しません。

できないということは

会社を辞めてもらうということです。

行動のルールだと、

達成できたかできなかったかは

分かれますよね。

どれだけ不足しているのかを

明らかにして、

その足りない部分を埋めるための

行動をさせることが

本人の成長につながります。

 

 

ルールを守らせるのには、

順番もあります。

姿勢と行動、

どちらが先でしょうか?

それはもちろん、

姿勢です。

 

 

「よく遅刻する社員がいて困ってるんだよ」

こんなお困りごとを持つ社長さんの話を

聞くことがあります。

この社長さんは

遅刻したときに、

どうしてるんでしょうね?

もしかして何か罰を与えてるのでしょうか。

実は、

罰を与えるのは危険なんですよ。

遅刻 

 

 

なぜかというと、

「遅刻というのは姿勢のルールです。

 絶対守るべきもの。

 なのに遅刻した社員がいる。

 だから、罰として減給した。」

この罰を与えるとどうなるかというと、

その社員さんは、

減給処分を受けることで

遅刻を許されたと解釈するのです。

リセットされてしまうわけですね。

だから、また繰り返すのです。

 

 

じゃぁ、どうしたらいい?

ということなんですが、

識学の会社で勉強できますよ。

識学ホームページへ

興味があればぜひ受講してみてください!

組織論が体系的に整理されていて、

私みたいな理系人間には

とても良く分かりました。

 

 

どうしても気になる人は、

個別にメッセージ頂ければ

お教えしますよ(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ627日目

 

 

おはようございます!

先日受講したセミナーでの気づきを

ご紹介したいと思います。

 

 

私が参加している日本CFC協会

という組織があります。

キャッシュフローコーチ協会

CFCとはキャッシュフローコーチの略で、

「お金の流れを起点に

 経営者と経営の相談に乗るサービス」

と言ったら分かりやすいでしょうか。

この協会のコミュニティアドバイザーを

されている坂本春之さんという方が

いらっしゃいます。

協会のメンバーが300人を越えてきて、

この運営のサポートをしてくださっています。

この坂本さんが、

安心安全ポジティブをテーマに、

名古屋のメンバーにセミナーをしてくださいました。

坂本さん 

 

 

 

「安心安全ポジティブとは何でしょうか?」

と聞かれることがあります。

CFCの和仁達也先生は、

安心安全ポジティブな場を作ることで、

アイデアが生まれるし、

生産性が上がるし、

場が盛り上がると言われます。

コミュニティなど相手がいる場合には、

この場づくりが重要なんです。

では、どんな場なのか。

 

 

安心とは、

英語でいうとピースオブマインド。

平和な心です。

安心の逆を考えてみると、

・恐れ

・不安

・気がかり

というキーワードが

出てきました。

あなたは、

この三つの違いをこたえられますか?

ちなみに、

恐れと不安は似ていますよね。

 

 

明確な違いは何かというと、

「恐れ」とは過去の経験からくるもの。

例えば過去に大きなやけどをして

火が嫌いになったとします。

この場合は火に対して恐れがあるんです。

「不安」とは恐れと違い、

過去に経験したことがないことに対するもの。

知識レベルで困難なことが分かっているから

不安になったりするのですね。

「気がかり」というのは、

先の二つとは少し異なり、

言語化できないようなものです。

何となく引っかかる。

でも明確な言葉にはならないけど、

みたいな感じです。

 

 

これらの安心の逆をどうしたら

克服できるかというと、

答えは

「力を抜く」

ことだそうです。

力が入ってしまうと、

それが力みになって

思った通りに動けない。

上手くいくものも

失敗してしまいます。

 

 

力を抜くことについて、

イチロー選手がこんなことを

言っているそうです。

「赤ちゃんは、

 階段から落ちてもケガをしない

 ケースが多いんですね。

 あれは脱力しているというか、

 力を入れることを知らないから

 だと思うんです。

 それと同じで、

 外野を走っていて

 フェンスが近づいてきたら、

 ぼくの場合は、

 力を抜いています。

 ケガをしない。」

「体を鍛えぬいた人は、

 フェンスに勝とうとして

 力を入れてしまうんですよ。

 そこでケガをしちゃう。

 ケガをしない体の使い方を覚えれば、

 選手としての寿命も

 ずいぶん変わる。」

イチロー

こんなメッセージを残しています。

あの年齢であのプレーを見せられると、

納得するしかないですね。

 

 

安全とは、

環境が作り出す仕組みですね。

危険で痛みがない環境です。

職場であれば、

何か発言することで

責められたりしないとか、

叱られないなどでしょうか。

 

 

ポジティブとは、

ネガティブの逆です。

日本語で言うと、

「肯定的」であること。

無理に考えなくていいですよ。

何でもかんでも

無理やり肯定的に言えばいいんだという

偽善的なことではありません。

同じ発言をするなら、

肯定的で行きましょうということです。

ペンが置いてあって、

いつもの置き場所じゃなかったとします。

「これは、ここに置くルールじゃなかったでしょ!」

と怒りながら言うのと、

「これは、こっちに合った方が便利だよね。」

と真意を気づかせるように伝えるのでは、

受け取り方や

言葉の入ってくる大きさが違います。

 

 

 

こんな安心安全ポジティブ、

略してAAPな自分創りセミナーを

受講してきました。

パフォーマンスを最高にするための

ポイントをいろいろ聞いてきました。

身体の使い方や日々の過ごし方で

パフォーマンスが変わるんですよ。

機会があれば、

またお伝えしますね(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ625日目

 

 

おはようございます!

花粉の飛散もずいぶん落ち着いてきましたね!

点鼻薬がいらなくなってきました(^^)

花粉症の人はあと少しの辛抱です。

辛いのに頑張りましたね(^^)/

 

 

さて、

今日は理念の理解度の話です。

会社の理念というのは

コミュニティ存続する根源であり、

理念がなければ

組織の必要性がありません。

 

 

でも、

その理念って

誰が分かってるのでしょうか?

という話です。

 

 

何代も続く歴史のある会社には

当然のように経営理念があります。

創業者の想いのつまったものであったり、

途中で変化している理念もあるでしょう。

比較的新しく創業した会社においては、

これから理念を明確にしていこうという会社も

あるでしょうね。

 

 

理念を浸透させたい経営者にとって、

自分が考える理念の想いが

なかなか伝わっていないことが

悩みであったりしますね。

経営理念をトップダウンで

作った会社については

特にそんな悩みがあるかもしれません。

 

 

でも安心してください。

会社の理念が経営者と同じレベルで

理解できる社員は

どこにもいませんから。

 

 

どういう事かというと、

こんな図を描くと理解できますかね。down arrow

ビジョン

 

経営者は一番上にいて

一番遠くまで見ているんです。

でも、

その下の管理者には

経営者の見えていることは

見えないんです。

それは立ち位置が違うので

仕方がないことなんです。

さらに下の一般のスタッフには

もっと近いところしか

見えないんです。

同じように同じ言葉でビジョンを伝えても、

見えている景色は

まったく違うということを

認識する必要があるんです。

 

 

でも、

だからと言って

悲観することではありません。

経営者の下の層では、

経営者のビジョンの方向と

間違いがなく進んでいるかを

確認していればいいのです。

 

 

経営者と同じビジョンは

見えないとしても、

同じ方向性でいるかどうかを

日々の業務の中で

確認していればそれでいいのです。

ただ、

「なぜ言ってることが分からないのか」

と、経営者が不平を言っても、

それは仕方がないことだと理解しましょう。

見えている景色が違うのですから。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.12更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ620日目

 

 

おはようございます!

天気が少し不安定ですね~

最近はヒノキ花粉にやられております。

天気が悪いと飛散しないのかと思っていたら、

スギ花粉とヒノキ花粉、

粒子の大きさが違うんだそうです。

スギ花粉は粒子が大きいから

雨の日は地面に落ちてしまうそうです。

しかしヒノキ花粉は粒子が細かいので、

雨が降ってもあまり変わらないそうです!

鼻水はもちろん、

顔がアレルギー性の皮膚炎みたいに

少し赤くなってしまうんですよ。

って、

もともと色黒だから

あまり変わらないんですけどねっ(^^ゞ

 

 

 

今日は経営者の仕事の話です。

あなたは、

「経営者の仕事って何ですか?」

と聞かれたら、

なんて答えますか?

 

 

 

いろいろあると思いますよ。

「売上を上げることだ」

「融資を引っ張ってくることや」

「人材育成が仕事だ」

「利益を出して社会貢献することです」

などなどあるでしょう。

これって正解不正解はありません。

それぞれの経営者の価値観は違いますから、

どんな風に感じられたのかなぁと

個人的にはとても興味があります。

 

 

でね、

私はこう考えるんです。

経営者の仕事、

それは、

意思決定することです。

これは経営者にしかできないこと。

「新店舗を○○市に出店しよう!」

これを新入社員さんが意思決定していたら

その会社はヤバいですよね。

重要なことは

経営者が決めるのです!

意思決定

 

 

では、もう一つ質問があります。

「決める」

ってどういうことですか?

 

 

いろいろ言いたいことはあるでしょうね。

「決めるっていったら、

 決めるんだよ」

みたいなご意見が頂けそうですね(^-^;

他には、

「いくつかある選択肢の中から

 最善を選び出す」

という人もいるかもしれません。

私はあちこちで勉強に行きますが、

決めるの定義は、

どの師匠も同じことを言われます。

「決める」

とは、

捨てること。

ある事を決めたとします。

すると、

ほかの選択肢は

捨てることになります。

「決断」とは、

決めて断ち切るという言葉。

やはり捨てるということなんですよ。

 

 

いつまでたっても

優柔不断な人、

はっきり言います。

経営者に向いていません。

経営にはスピードが不可欠です。

時にはじっくり考える、

しかし、

日常業務の中においては

どうしようかなんて考えている時間は

ほとんどありませんね。

と言って、

迷いはないかと言われれば、

どんな経営者も不安な時はあります。

「決めたはいいけれど、

 自分には見えていない盲点はないか?」

自分ではよいと思ったけれど、

客観的にみて問題ないか?

などと考えるんですよね。

意思決定2 

 

 

 

そんな不安な意思決定を

サポートすることが

私たちコンサルタントの役割なんですよ。

決断するときに、

何か問題がないかを

一人で考えるのか、

もう一人客観的な視点に立って

一緒に考えるのか。

ここは大きく違うと思いますよ。

思考の深まり、拡がりがね。

 

 

今、私が取り組んでいるコンサル業務は、

パートナー型コンサルと言って、

師匠の和仁達也先生が

長年続けてこられた手法です。

意思決定のサポートについて、

ご興味がある方はメッセージくださいね(^^)/

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ619日目

 

 

おはようございます!

今日は日中に講師のお仕事が

入っております。

ちゃんと予習して臨みます!

どんな話をしようかな~と

楽しみです。

 

 

最近よく話題に出している

マラソンネタです。

今月の22日に、

岐阜ではメジャーな大会の

ぎふ清流ハーフマラソンが

開催されます。

ぎふ清流ハーフマラソン

高橋尚子さん(Qちゃん)が岐阜市出身ということで、

高橋尚子杯というもう一つのタイトルが

ついているのが特徴です。

Qちゃんが著名なランナーを

連れてくることでも有名です。

野口みずきさんも何度も

参加いただいてますよ(^^)

 

 

 

毎年エントリーしてるのですが、

今年の目標は今までとは

ちょっと違うんです。

それは、

チーム全員が完走!

 

 

 

今年は私のほかに

3名のスタッフがハーフマラソンに

エントリーしてくれました。

そのうち2名は初のマラソン参加です。

エントリーしたのが

去年の12月でした。

そこから半年もない中で、

ずいぶんと成長の跡が

見られるんですよね。

今日はその中のY君の

話しをしましょう。

 

 

3名のうち、

Y君は去年も走りました。

ぎりぎり3時間での完走でしたが、

なんとゴールではたまたま横にいた

高橋尚子さんと手をつないでのゴールという

一生の思い出になるような

経験をしたんですよ。

もちろん新聞にも

大きく写真が載ってました。

タイムは遅いけど、

羨ましかったです(^^;

 

 

Y君は普段は走ってません。

今年の1月からチームで合同練習会を

月一度開催してきましたが、

その練習会を練習の場にしてました。

でも、その練習会にしか走らないので、

走力アップはあまり期待できません。

だって月に一度の練習会ですから。down arrow(1月練習会)

練習会

 

でね、

3月辺りにこんな話を聞きました。

「あまり練習をすると、

 ゴールまでに出来上がってしまって、

 本番前にだれてしまうので、

 もっと後から練習ペースを

 上げていきます。」

要するに、

本番にピークを持ってくるため

事前の練習はもったいないという

計算のもとで練習をするようでした。

 

 

ずっとマラソンをしている立場からすると、

走れば走っただけ記録は伸びるので、

本番より前に身体が出来上がってしまうから

走ることを抑えているなんて発想は

まったくありませんでした。

つまりは、

Y君の求めているものは、

その程度の練習で得られる記録だ

ってことだと思いました。

 

 

 

以前の私であれば、

「そんな考え方は意識が低いからダメだ」

って考えていたでしょう。

でも、

選択理論を学んでから

少し変わりました。

アチーブメントの青木社長は

「もとめよ、さらば与えられん」

という聖書の言葉を教えてくれました。

自分が求めたものが

そのまま与えられるのです。

求めてないものは与えられない。

 

 

でね、

Y君は去年すでに完走してるんです。

だからそれ以上の記録が出せれば

自己新記録更新なわけです。

自分が求めたゴールを達成できれば

凄いことなのです。

 

 

 

でもね、

最近のY君の練習量が凄いんです。

周りの仲間の今月の走る距離を

大きく超えてきているんです!

Y君はオンとオフがはっきりしてるので、

やると決めたら徹底的に

やるタイプなのです。

 

 

こんなペースで練習していたら、

本番での記録は大幅に更新できそうです!

ハーフを2時間前半でいけそうな

そんなペースで練習で走ってるとのこと。

 

 

求めているものは、

練習しているうちに

どんどん変わっていったのかもしれません。

やればやるほど、

本気になってきますからね!

きっかけは分かりませんが、

本人の変化が周りによい影響を

もたらしてくれてます。

Y君の記録がどれだけ伸びるのだろうか。

本番の楽しみが増えました(^^)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030