2017.11.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ486日目

 

 

 

おはようございます!

11月も今日で終わりですね。

やり忘れはありませんか?

大丈夫ですか?

いよいよ明日から12月です。

今年の締めくくりですよ。

やる事は今年のうちに

済ませたいところです。

 

 

 

昨日の朝礼で、

女性スタッフから

こんな話を聞きました。

「身内の結婚式でのこと。

 バスで式場まで移動するときに、

 伯母さんが暖かいコーヒーをポットに入れて

 用意してくれていたんです。」

「そんな気配りができることが

 すごいなぁと感じつつ、

 仕事でもお客様に対して

 そんな気配りができたら

 素晴らしいだろうと思いました。」

という内容でした。

相手の立場に立たないと

分からないことがありますよね。

その状況を経験しないと

想像もできないことも

沢山あります。

でも、

相手が喜ぶことって何だろうと

意識することで

今まで気がつかなかったことに

目が行くかもしれませんね。

想いつき 

 

 

それと、

大事なことを伝えました。

その相手が喜ぶことを、

どうやって探すの?

具体的な行動をイメージできていないと、

結局何もできず、

その時に思っただけになってしまいます。

 

 

思ったら行動を起こすために

何ができるか考えましょう。

そして、実際にできることを

まずやってみる!

ここが大切なんですね。

 

 

 

あなたは、

思ってはいるけれど、

やってない事はありませんか?

今年ももうすぐ終わってしまいます。

まだ1ヶ月ありますので

必ず行動につなげてください!

細かいアクションに分解していくと

行動しやすくなりますよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ484日目

 

 

おはようございます!

昨日は朝から東京へ行ってきました。

私が所属する日本キャッシュフローコーチ協会の

MVPイベントが後楽園ホールで開催されたからです。

今年はスタッフ二人も一緒に行ってくれました。

 

 

このMVPイベントは、

6人のキャッシュフローコーチが

それぞれの活躍をプレゼンして、

投票によってチャンピオンを決めるんです。

そしてチャンピオンには、

チャンピオンベルトが預けられます。

 

 

6人が6人とも熱戦でした。

前年のMVP受賞者が今年も連覇するのか、

他の人が優勝するのか!

最後の発表の瞬間は、

会場全体が緊張しました。

その結果、

去年のMVPの生岡さんが

今年も優勝されました!

 

MVP 

 

想いを言語化することにかけて

右に出るものがいないほどの

上手さがあり、

プレゼンの中にも

随所に観客の心を惹きつけるものでした。

さすがだなぁと感心でした。

 

 

これらのプレゼンの中で、

登壇者の方々が伝えたかったこととは?

協会理事長の和仁先生の講演のなかで

語られたことでもあり、

登壇者がみな話していましたが、

凄い成果に圧倒されてしまわないこと。

誰もが小さな一歩から

踏み出したんだということを

伝えたかったのかなと感じました。

 

 

 

キャッシュフローコーチとは、

数字と理念を使った、

パートナー型のコンサルタントです。

このコンサル契約ですが、

凄い人だと月額30万、40万で

やってるんですよ。

また、MVPの生岡さんは

プロバスケットボールチームのコンサルまで

こなしてるという話しでした。

 

 

そんな話を聞けば、

それは○○さんだから

できることでしょ。

と思ってしまいます。

でも、

そうではない。

誰もが最初の一歩は小さなものからでした。

その一歩を愚直に実践してきたから、

現在の自分があるんだと。

こんな勇気をもらって

帰ってきました。

 

 

自分サイズでアウトプット。

無理しなくていいんです。

まずは自分なりの第一歩を。

私も愚直にやっていきます。

一つずつの行動を

実践するだけです。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ484日目

 

 

 

おはようございます!

昨日は仲間のキャッシュフローコーチの応援で

名古屋に行ってきました!

歯科向けソフトウェア開発のプラネットという会社との

ジョイントで行っているセミナー企画でした。

プラネットさんは岐阜県の多治見に本社があって、

全国展開されている凄い会社なんですよ。

昨日のセミナーも次につながる展開があると

嬉しいです♬

 

 

そのセミナーの中で

講師のキャッシュフローコーチ佐野さんの

説明の中に合ったこのフレーズが

とても分かりやすかったので

ご紹介します。

 

 

「複雑になった今の社会環境で

 何もしないのは、

 下りのエスカレーターに

 乗っているようなもの」

つまり、

ぼーっとしてると、

ただそれだけで時代に置いてけぼりに

なってしまうということです。

 

ちなみに、佐野さんも私と同じ毎日ブロガーです!

是非一度ブログを読んでみてください(^^)down arrow

佐野マネジメントコンサルティング

CFC佐野さん

 

 

 

先日の週刊エコノミストの記事でも書きました。

時代は変化し続けます。

周辺環境もどんどん変わります。

良いほうへ変わるならいいのですが、

悪いほうに変わっていく傾向です。

だから私たち中小企業の経営者は

勉強し続けなければならないんです。

そして学ぶだけでなく、

その知識を行動につなげるのです。

 

 

経営者の仕事は大変です。

一人で何役もの仕事をこなすからです。

時間がないのです。

だから必要に応じて、

私たちコンサルができる人を

ご自身の会社の№2として

入れればいいんですよ。

それが私たちの役割です。

キャッシュフローコーチとしてのね。

 

 

税理士業務でも

必要に応じてお客様に寄り添い、

お役に立てるように

お手伝いしています。

しかし、

毎月一定時間をお客様のところで

今の悩みを聞いたり解決するための案を

一緒に考える時間は

税理士業務の中ではなかなかできません。

別メニューで対応せざるを得ないことは

ご了承いただくしかありません。

 

 

しかし、

一緒に考えてビジョンを掲げ、

それにスタッフさんたちが賛同して

会社や医院がどんどん良くなっていくような、

そんなお手伝いをぜひしていきたいのです。

 

 

 

今日は私が登録している、

キャッシュフローコーチのMVPイベントです。

なんと会場は後楽園ホールです!

300人を超えるキャッシュフローコーチの中で

この一年で一番活躍した人を決めるというものです。

リングに登壇して6人がプレゼンをして

投票でMVPを決めます。

誰がチャンピオンベルトを獲るのか、

とても楽しみです。

会場はとても刺激の強い場ができているので、

よい勢いを持ち帰りたいと思います♬

キャッシュフローコーチMVP

去年のMVPイベントはこんな感じでしたup arrow 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ483日目

 

 

 

おはようございます!

今日は日曜日!

最近は土日に仕事していたり、

平日にお休みをいただいたり、

ある意味自由で不規則なので、

曜日感覚がおかしくなりつつあります。(^^;

ちなみに今日は、

名古屋で仲間がセミナーをするので、

応援に行ってきます!!

 

 

今年のうちには

このブログ連続更新が

500日を越えそうです!

いつまで続けるのでしょうか。

というか、やめる理由が・・・

見つからない(-_-)

 

 

さて、

今日は経営理念の話しです。

私は経営理念など一式をまとめて

ビジョナリープランと呼んでいます。

コンサルの師匠、和仁達也先生から

教わりましたよ。

ビジョナリープラン

 

 

 

お客様にもこう伝えていますし、

セミナーや講演でも、

いつもお話しします。

「お金とビジョンは両輪です!」

とね。

お金をいくら稼いでも、

そのビジョンが

「お金を稼ぐこと」

ではありません。

「お金」は手段であって、

何か別に目的があって

必要となるものです。

 

 

だから、

ビジョンがあるはずなんです。

独立して事業や医院経営をする人は、

何か想いがあって開業しているはずですよね。

そのビジョンの実現のために

お金が必要となるのです。

だから、

お金とビジョン、

どちらが欠けてもいけないわけです。

ビジョン 

 

 

ところが、

例外があるんですよ。

ビジョンなんて後回し!

という例外がね。

それは、

事業が危機に陥っている場合です。

もしくは、

開業したばかりで

事業が軌道に乗っていない場合です。

 

 

まずは生活できるくらいの稼ぐ力があって、

はじめてビジョンがどうとか、

始められるんです。

ビジョンが大事だからと言って、

誤った指導をして

お客様を危機に向かわせてしまうことは

あってはならないことです。

 

 

仕事が上手くいかなくなった。

スタッフが辞めてしまった。

借入金はまだたくさん残っている。

どうしよう・・・

となったときに、

「今の仕事が嫌なら、

 何かやりたいことを探してみたら?」

なんてやってたら手遅れになるんです。

今あるもので、

どれだけ稼げるのか?

そこをとことんまで追求するしか

打開策なんて出てきません。

だってその人の一番高い能力は、

今までやってきた仕事なんですから。

その仕事で打開策を切り開くしかないでしょ。

 

 

どのレベルに自分の事業がいるのかによって、

じっくりビジョンを考え直す時期か、

今の仕事で何とか稼ぐ方法を考える時期か、

違うんですよね。

コンサルタントがアドバイスを間違えると

取り返しがつかないこともあるんです。

逆に、事業が上手くいって感謝されると

これ以上の喜びはありません(^^)

 

 

税理士も、

経営者の同伴者として

力添えができるような人が

増えてくると、

中小企業がもっと元気になると

思うんですよね。

そう思いませんか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ482日目

 

 

おはようございます!

土曜日はいかがお過ごしですか?

私は土曜は一週間の調整の日にしています。

来週の一週間の段取り、予定の確認、

そして仕事の遅れも取り返しますよ!(笑

 

 

昨日は所属するロータリークラブで

新入会員の卓話でした。

そこでは自己紹介をさせていただきました。

その内容はAIに負けないように

コンサルタントとしての活動を

拡大していきますとお伝えしたところでした。

その帰りに書店で見つけた雑誌がこれです。down arrow

 週刊エコノミスト

 

 

週刊エコノミスト

『AIに負けない凄い税理士会計士』

という刺激的なタイトル。

なんとなく内容は想像できましたが、

これは読んでおかないといけないと思い

購入しました。

 

 

内容は様々なデータを見せながら、

クラウド会計の現況や今後の展開、

その流れにうまく乗っている税理士法人の紹介など、

読み応えありました。

 

 

また、他人事でないなと感じたところは

人手不足のコラムでした。

これは会計業界に限らない話ですね。

都心を中心に人手がなく

今後の事務所の在り方を

考えさせられる内容でした。

 

 

本文中には、

日本税理士連合会の神津会長の

インタビューがありました。

その中の将来の税理士像のところで

「財務諸表を読み解く力。

 昨年と今年の財務諸表を読んで、

 今年の粗利が前年比でどう変わって、

 その原因は何なのかと

 経営者の提案・提言する。」

と仰っていました。

当たり前すぎてちょっとびっくり。(^^;

そんなこと普通にやってますけど?

そんなことができない税理士が

多くいるということが現実なのでしょうか・・・

ちなみに、税理士じゃなくても

そのレベルには簡単にできるようになります。

それを昨日のブログで書いていますので、

ご参考に(^^)down arrow

とりあえず比較しなさい!

決算書は比較! 

 

 

 

『最も強い者が生き残るのではなく、

 最も賢い者が生き延びるのでもない。

 唯一生き残るのは、

 変化できる者である。』

というダーウィンの言葉があるみたいですね。

絶滅した種と生き残った種、

結果的には環境に適応したものが

生き残ったものであるということらしい。

だからどの業界であっても、

時代の変化はあるもの。

会社の核となる

大切なものは残しながら、

どれだけ変化に対応できるか。

簡単ではありませんが、

まずは第一歩の行動から始まる。

行動が全てですね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ481日目

 

 

おはようございます!

今日は祝日明けで、

明日から土日!

一日頑張ればまたお休みですね。

しかも、給料日ではありませんか!

なんだかいいことがありそうですね♬

 

 

 

さて、

今日のタイトルの比較ですが、

私たち税理士が決算書などの

経営数字を見る時に

必ずすること。

それが比較です。

税理士さんに決算書を作ってもらうとき、

その年度の分だけの決算書を

いただいている会社もあるかと思います。

前年対比の決算書に変えてもらってください。

 

比較する

 

別にその年だけでも正しいのですが、

それでは何の分析もできませんからね。

おそらく、その決算書をもらっても

たいした説明はもらってないでしょ。

私が決算書で説明するときは

必ず前年比較しながら説明します。

そうしないと説明できないからです。

利益率がどれくらいが適正かって

正解はありません。

その会社ごとに適正数値があるのですが、

前年までの流れを踏まえて

今年はどうだったかを検討します。

今年の数値だけを

どれだけ見ていても

何の発見もありません。

 

 

 

決算書や試算表といった

経営数字は何を見たらいいか

分かりづらいと思います。

私はお金のブロックパズルにして

図で説明することが多くあります。

図だとビジュアルで見えるので

評判がいいです。

この図でも前年の図と左右で比較すれば、

更に分かりやすくなりますよ。

お金のブロックパズル 

 

 

でね、数字だけの書類で

何を見たらいいのか分からない時は、

とりあえず比較しながら

見ていってください。

その中で前年と大きく変化がある項目について

内容を確認したり質問してくださいね。

それを繰り返していくと、

現場の動きと経営数字が

リンクしていることに

気が付くようになります。

そうなれば、

もう数字が読めるように

なってきた証拠です。

その比較を毎月毎月

続けてください。

自然と経営数字が

読めるようになるはずです。

 

 

 

基本的に決算書などは

普段使わないから

分からないだけです。

難しいことは書いてありません。

単純に集計しているだけですから。

・数字を比較しながら見ること。

・毎月その作業を続けること。

この二つで決算書は難しいものでは

なくなりますからね。

ぜひ、やってみてください!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ477日目

 

 

 

おはようございます!

今日から月曜ですね。

今週は祝日もありますが、

計画たてて、

しっかり乗り越えましょうね(^^)/

 

 

 

さて、

サービスや技術の進歩とともに

いろいろな変化がやってきてます。

先日も中小企業診断士会の勉強会にて、

ライフシフトの読書会から

いろいろな話しが出ました。

 

 

 

まずはじめに出た話が

銀行の話しでした。

超低金利が長期間にわたって続き、

銀行の本業である金貸しでは

利益をとれなくなっています。

だから銀行は手数料収入などに

力を入れてきました。

手数料以外にも、

投資信託や生命保険など、

本業以外の販売手数料に

頼らざるを得ない状況になっているのです。

 

 

ここにきて、

都銀の動きが変化を見せてきています。

1万数千人の行員を減らす計画とか、

固定費削減に取り掛かっているわけです。

行員の数だけではありません。

店舗の数も当然減らす方向になるでしょう。

だって、昔のことを思うと、

銀行の店舗に行く人の数って

かなり減っていますよね。

ネットで振り込みができるようになり、

手間もかからないので

店舗に行く手間がいらなくなっています。

銀行側でも、

コンビニで振り込んでもらえば

ものの一分で手続きが終わるのに、

銀行窓口で振り込み依頼をすると、

何人もの行員のチェックを経て完了します。

銀行的には、

高い人件費を払っている行員に、

コンビニの店員が一分でできることを

何人もかけて行うわけで、

完全に赤字部門ですよ。

 

銀行受付

 

そう考えると、

店舗はどんどん減りますし、

銀行の合併は避けられません。

これから10年後にはかなり変わっているでしょう。

 

 

 

さて、変化が問われるのはそれだけではありません。

次は自動車産業。

ガソリン車から電気自動車にシフトしているので、

ガソリンスタンドが年々減少しています。

また、自動車の生産において

電気自動車は部品数が少なく済むため、

現在の自動車メーカー以外からの

参入もありえますよね。

電化製品メーカーでもエンジンを作れるわけで、

自動車メーカーも安泰ではありません。

 

工場工員 

 

また、最近では自動運転技術

目覚ましく進化しています。

この技術によって道路事情も変わっていきますよね。

ちなみに、ブレーキアシスト機能のために、

追突事故は大幅に減少しました。

自動車修理工場の仕事は

毎年確実に減少しています。

事故が減るのはありがたいですが、

その仕事の需要が大きく減少しているのです。

 

 

将来の仕事の変化は、

会計業界も他人事ではありませんから、

作業をするだけではなく、

経営のサポートをする業務に

力を入れるべきでしょう。

いや、あえて記帳代行業務を効率化して

業務として成り立つようシステム化している

会計事務所も多くあります。

それぞれ得意分野を伸ばしていくことで、

結果として差別化に

つながるのだと思っています。

 

 

どんな業種であっても、

他人事ではなく、

自分事として

アンテナを立てていきたいですね。

10年後にもしっかり仕事を

楽しんでいたいですからね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ474日目

 

 

 

おはようございます!

今週ももう金曜日ですよ!

毎週毎週があっという間に

過ぎていきますね(^^;)

とにかく、

今日の一日を一生懸命

過ごしましょうね!!

 

 

さて、

以前にもご紹介したことがある書籍、

LIFE SHIFT

です。

この本を詳しく読み直す機会を

いただきましたので、

あらためて気が付いたことを

お話ししたいと思います。

 

ライフシフト

 

かなりのボリュームのこの本ですが、

「人生のステージの変化」

というテーマが語られています。

これから増々長寿になると言っています。

特に日本人については、

現在の10歳の子供の平均寿命は、

なんと107歳!

人口学者たちが推定したものだそうです。

 

 

ちなみに今年7月に発表された

日本の2016年の平均寿命は、

男性80.98歳

女性87.14歳

でした。

いずれも世界2位です。

男性は5年連続更新、

女性は4年連続更新とのこと。

実際にこうやって平均寿命が伸びていると、

107歳というのも結構現実的なのかもしれません。

 

元気な老人

 

そう考えれば、

人生の設計を過去の60歳定年の頃からは

大きく変化させていかないと

いけないことが分かりますよね。

 

 

そして3ステージの話しになるのです。

これまでは、

1、教育を受けるステージ

 生まれてから大学に行くまでの期間

2、卒業して就職し、退職するまでの期間

3、引退して老後の期間

この3ステージの時代は終わりを告げます。

 

 

どんな風に変わるのでしょうか?

それは3ステージではなく、

変化を続けるということ。

例えば50代や60代の人が、

あらためて大学に通う。

40代の人が仕事を休止して

あらたなスキルを学ぶこと。

こんな風に、

いったん就職をしても

途中で学業やスキルを学ぶことで

違う仕事に変化をするということです。

変化が多いこれからの時代を、

最初のステージで学んだ知識だけでは

乗り切れないということですね。

 

 

 

そういう意味では、

私たち税理士事務所では

常に危機感を感じています。

AIに取って代わられると言われている

私たちの記帳業務や税務業務。

しかし、私の持つもう一つの資格である、

中小企業診断士の仕事は、

AIでは代われないとされているのです。

二つの仕事で何が違うのでしょう? 

 

 

企業をサポートする仕事でも、

その内容によっては生き残れるわけで、

それができるスタッフを教育していくことが

私の役割だと感じています。

 

 

今の時代に安定を求めているのなら、

あえて変化が激しい業界で働いて、

変化についていくスキルを

身に着けるのが良いでしょう。 

ぬるま湯のような変化のない仕事場に

慣れてしまってからでは

時代に付いていけなくなってしまうでしょう。

ライフシフト。

寿命が延びることで、

社会の枠組みから、

生き方に至るまで

大きな変化がやってきます。

あなたは付いていけますか?

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.16更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ473日目

 

 

 

おはようございます!

今日の話題はスケジュールについてです。

これから年末にかけて、

どんどん予定が入りますよね。

そんなときの考え方です。

 

予定

 

一昨日の顧問先様の祝賀会でのこと。

ある大先輩と会話をしていて、

「○○先生もお忙しいですよね」

「そうなんだよ、

 今日なんて4つもスケジュールが

 重なっちゃって。」

「4つもですか!?

 それは困りますね。」

と質問したところ、

「いやぁ、

 おかげで助かったよ。」

という返事でした。

「重なって良かったんですか?」

と再度お聞きしたら、

「だってさ、

 全部の予定をこなしていたら

 自分が仕事する時間無くなっちゃうじゃない。」

「重なってくれると、

 お断りする理由ができて助かるよ。」

と言われたんです。

その先生は優先順位から考えて、

この祝賀会に来られたとのことでした。

 

 

 

私には、その発想がありませんでした。

確かに事前に決まっている予定には全部行きたい。

それは自然にわいてくる感情です。

しかし、

仕事が多岐にわたり、

役職が増えてこれば、

当然重なることもあるわけで、

重なって出席できないからと言って

それをガッカリしてても仕方ないわけです。

 

スケジュール帳

 

スケジュールが埋まってくると、

急な予定や相談が入ったときに

どうしようかと、

追い詰められてるような感覚がありました。

息苦しいようなね。

でも、考えてみれば、

緊急の予定が入れば、

他の予定を先延ばしにするか

キャンセルすればいいことですよね。

 

 

今月はもう予定に隙間がない状態になってしまい、

何となく心理的に圧迫される印象がありましたが、

その時々で調整すればいいんだと思うと

気が楽になりますね。

予定は未定。

確定ではないから、

必要に応じて変更していく。

どんどん予定を入れていきます!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.15更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ472日目

 

 

 

おはようございます!

今週から来週の金曜まで

毎晩何かしらの予定が詰まっていて、

なかなか嬉しい悲鳴をあげたくなります。

昨日は顧問させていただいている協会の

50周年記念式典と祝賀会に参加してきました。

およそ300人もの参加者の祝賀会も

盛大に開催されました。

役員の方々、事務局の方々、

ご苦労様でした。

 

50周年祝賀会

 

50年という大きな節目、

まだ私が生まれる前から

今まで続いてくるというのは

ひとえに先人の方々の貢献に尽きます。

これまでに幾度も大変な山や谷を

乗り越えてきたのだと思うんですよね。

そんな貴重な経験を

しっかり今後の世代に

伝えていく必要があると思います。

 

 

 

これは事業承継でもいえることです。

先代社長や創業社長が

どれだけ苦しい思いをして

会社をここまで続けてきたのか。

その想いを次世代の後継者に

伝えることが大事なんですね。

 

事業承継

 

どころが、

簡単にはいかない。

だって親子なんですよ。

あらためて親子でそんな話、

しないし、

聞かない。

そこが親族内承継の

上手くいかないところ。

 

 

それを解消するために

コンサル仲間といろいろ

来年の策を練っているところです。

次世代経営者を育てていく計画を

実践していきたいです。

ただでさえ後継者不足な中小企業、

せっかく承継できる環境にある会社は、

もっと上手く承継できるよう

お手伝いさせていただきたいのです。

あるツールを使うことで、

先代から後継者へその想いを

伝えることができます。

企画がまとまってきたら

ご案内しますね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030