2017.11.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ477日目

 

 

 

おはようございます!

今日から月曜ですね。

今週は祝日もありますが、

計画たてて、

しっかり乗り越えましょうね(^^)/

 

 

 

さて、

サービスや技術の進歩とともに

いろいろな変化がやってきてます。

先日も中小企業診断士会の勉強会にて、

ライフシフトの読書会から

いろいろな話しが出ました。

 

 

 

まずはじめに出た話が

銀行の話しでした。

超低金利が長期間にわたって続き、

銀行の本業である金貸しでは

利益をとれなくなっています。

だから銀行は手数料収入などに

力を入れてきました。

手数料以外にも、

投資信託や生命保険など、

本業以外の販売手数料に

頼らざるを得ない状況になっているのです。

 

 

ここにきて、

都銀の動きが変化を見せてきています。

1万数千人の行員を減らす計画とか、

固定費削減に取り掛かっているわけです。

行員の数だけではありません。

店舗の数も当然減らす方向になるでしょう。

だって、昔のことを思うと、

銀行の店舗に行く人の数って

かなり減っていますよね。

ネットで振り込みができるようになり、

手間もかからないので

店舗に行く手間がいらなくなっています。

銀行側でも、

コンビニで振り込んでもらえば

ものの一分で手続きが終わるのに、

銀行窓口で振り込み依頼をすると、

何人もの行員のチェックを経て完了します。

銀行的には、

高い人件費を払っている行員に、

コンビニの店員が一分でできることを

何人もかけて行うわけで、

完全に赤字部門ですよ。

 

銀行受付

 

そう考えると、

店舗はどんどん減りますし、

銀行の合併は避けられません。

これから10年後にはかなり変わっているでしょう。

 

 

 

さて、変化が問われるのはそれだけではありません。

次は自動車産業。

ガソリン車から電気自動車にシフトしているので、

ガソリンスタンドが年々減少しています。

また、自動車の生産において

電気自動車は部品数が少なく済むため、

現在の自動車メーカー以外からの

参入もありえますよね。

電化製品メーカーでもエンジンを作れるわけで、

自動車メーカーも安泰ではありません。

 

工場工員 

 

また、最近では自動運転技術

目覚ましく進化しています。

この技術によって道路事情も変わっていきますよね。

ちなみに、ブレーキアシスト機能のために、

追突事故は大幅に減少しました。

自動車修理工場の仕事は

毎年確実に減少しています。

事故が減るのはありがたいですが、

その仕事の需要が大きく減少しているのです。

 

 

将来の仕事の変化は、

会計業界も他人事ではありませんから、

作業をするだけではなく、

経営のサポートをする業務に

力を入れるべきでしょう。

いや、あえて記帳代行業務を効率化して

業務として成り立つようシステム化している

会計事務所も多くあります。

それぞれ得意分野を伸ばしていくことで、

結果として差別化に

つながるのだと思っています。

 

 

どんな業種であっても、

他人事ではなく、

自分事として

アンテナを立てていきたいですね。

10年後にもしっかり仕事を

楽しんでいたいですからね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ474日目

 

 

 

おはようございます!

今週ももう金曜日ですよ!

毎週毎週があっという間に

過ぎていきますね(^^;)

とにかく、

今日の一日を一生懸命

過ごしましょうね!!

 

 

さて、

以前にもご紹介したことがある書籍、

LIFE SHIFT

です。

この本を詳しく読み直す機会を

いただきましたので、

あらためて気が付いたことを

お話ししたいと思います。

 

ライフシフト

 

かなりのボリュームのこの本ですが、

「人生のステージの変化」

というテーマが語られています。

これから増々長寿になると言っています。

特に日本人については、

現在の10歳の子供の平均寿命は、

なんと107歳!

人口学者たちが推定したものだそうです。

 

 

ちなみに今年7月に発表された

日本の2016年の平均寿命は、

男性80.98歳

女性87.14歳

でした。

いずれも世界2位です。

男性は5年連続更新、

女性は4年連続更新とのこと。

実際にこうやって平均寿命が伸びていると、

107歳というのも結構現実的なのかもしれません。

 

元気な老人

 

そう考えれば、

人生の設計を過去の60歳定年の頃からは

大きく変化させていかないと

いけないことが分かりますよね。

 

 

そして3ステージの話しになるのです。

これまでは、

1、教育を受けるステージ

 生まれてから大学に行くまでの期間

2、卒業して就職し、退職するまでの期間

3、引退して老後の期間

この3ステージの時代は終わりを告げます。

 

 

どんな風に変わるのでしょうか?

それは3ステージではなく、

変化を続けるということ。

例えば50代や60代の人が、

あらためて大学に通う。

40代の人が仕事を休止して

あらたなスキルを学ぶこと。

こんな風に、

いったん就職をしても

途中で学業やスキルを学ぶことで

違う仕事に変化をするということです。

変化が多いこれからの時代を、

最初のステージで学んだ知識だけでは

乗り切れないということですね。

 

 

 

そういう意味では、

私たち税理士事務所では

常に危機感を感じています。

AIに取って代わられると言われている

私たちの記帳業務や税務業務。

しかし、私の持つもう一つの資格である、

中小企業診断士の仕事は、

AIでは代われないとされているのです。

二つの仕事で何が違うのでしょう? 

 

 

企業をサポートする仕事でも、

その内容によっては生き残れるわけで、

それができるスタッフを教育していくことが

私の役割だと感じています。

 

 

今の時代に安定を求めているのなら、

あえて変化が激しい業界で働いて、

変化についていくスキルを

身に着けるのが良いでしょう。 

ぬるま湯のような変化のない仕事場に

慣れてしまってからでは

時代に付いていけなくなってしまうでしょう。

ライフシフト。

寿命が延びることで、

社会の枠組みから、

生き方に至るまで

大きな変化がやってきます。

あなたは付いていけますか?

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.16更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ473日目

 

 

 

おはようございます!

今日の話題はスケジュールについてです。

これから年末にかけて、

どんどん予定が入りますよね。

そんなときの考え方です。

 

予定

 

一昨日の顧問先様の祝賀会でのこと。

ある大先輩と会話をしていて、

「○○先生もお忙しいですよね」

「そうなんだよ、

 今日なんて4つもスケジュールが

 重なっちゃって。」

「4つもですか!?

 それは困りますね。」

と質問したところ、

「いやぁ、

 おかげで助かったよ。」

という返事でした。

「重なって良かったんですか?」

と再度お聞きしたら、

「だってさ、

 全部の予定をこなしていたら

 自分が仕事する時間無くなっちゃうじゃない。」

「重なってくれると、

 お断りする理由ができて助かるよ。」

と言われたんです。

その先生は優先順位から考えて、

この祝賀会に来られたとのことでした。

 

 

 

私には、その発想がありませんでした。

確かに事前に決まっている予定には全部行きたい。

それは自然にわいてくる感情です。

しかし、

仕事が多岐にわたり、

役職が増えてこれば、

当然重なることもあるわけで、

重なって出席できないからと言って

それをガッカリしてても仕方ないわけです。

 

スケジュール帳

 

スケジュールが埋まってくると、

急な予定や相談が入ったときに

どうしようかと、

追い詰められてるような感覚がありました。

息苦しいようなね。

でも、考えてみれば、

緊急の予定が入れば、

他の予定を先延ばしにするか

キャンセルすればいいことですよね。

 

 

今月はもう予定に隙間がない状態になってしまい、

何となく心理的に圧迫される印象がありましたが、

その時々で調整すればいいんだと思うと

気が楽になりますね。

予定は未定。

確定ではないから、

必要に応じて変更していく。

どんどん予定を入れていきます!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.15更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ472日目

 

 

 

おはようございます!

今週から来週の金曜まで

毎晩何かしらの予定が詰まっていて、

なかなか嬉しい悲鳴をあげたくなります。

昨日は顧問させていただいている協会の

50周年記念式典と祝賀会に参加してきました。

およそ300人もの参加者の祝賀会も

盛大に開催されました。

役員の方々、事務局の方々、

ご苦労様でした。

 

50周年祝賀会

 

50年という大きな節目、

まだ私が生まれる前から

今まで続いてくるというのは

ひとえに先人の方々の貢献に尽きます。

これまでに幾度も大変な山や谷を

乗り越えてきたのだと思うんですよね。

そんな貴重な経験を

しっかり今後の世代に

伝えていく必要があると思います。

 

 

 

これは事業承継でもいえることです。

先代社長や創業社長が

どれだけ苦しい思いをして

会社をここまで続けてきたのか。

その想いを次世代の後継者に

伝えることが大事なんですね。

 

事業承継

 

どころが、

簡単にはいかない。

だって親子なんですよ。

あらためて親子でそんな話、

しないし、

聞かない。

そこが親族内承継の

上手くいかないところ。

 

 

それを解消するために

コンサル仲間といろいろ

来年の策を練っているところです。

次世代経営者を育てていく計画を

実践していきたいです。

ただでさえ後継者不足な中小企業、

せっかく承継できる環境にある会社は、

もっと上手く承継できるよう

お手伝いさせていただきたいのです。

あるツールを使うことで、

先代から後継者へその想いを

伝えることができます。

企画がまとまってきたら

ご案内しますね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.13更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ470日目

 

 

 

おはようございます!

私は身体中が筋肉痛で

ちゃんと歩けません。

今朝のワンコの散歩は

家内に変わってもらいました(^^;

 

 

 

どうして筋肉痛かって、

昨日の日曜に

いびがわマラソンで

フルマラソンを走ってきたからです!

 

いびがわマラソン

 

なんとか去年に続き完走したものの、

去年とは違った苦しいものでした。

結果的には2分ほどベストタイムを

更新しました。

だけど、

1年かけて今年のこのマラソンを目標に

走ってきたわけです。

その成果がたった2分って・・・

だって去年は初めて走った記録です。

何度もレースを走っている人の

自己記録とは違うんですよね。

私の場合は更新できて当たり前。

とても納得いきませんよね。

 

 

昨日のマラソンの内容を

振り返ってみますね。

走り出した当初から20キロ近く走るまで、

左足のひざ内側に軽い痛みと違和感は

残っていましたが、

走るごとに薄れていきました。

25キロのところで

左すね、前の外側が

攣りそうになってきます。

とりあえず歩いたり止まったり、

擦って様子を見ました。

この脛が何度も攣りそうになりました。

 

 

次に脚の一番大きな筋肉の一つ、

左足の大腿四頭筋というももの前側が

攣りそうになります。

30キロあたりでしょうかね。

その後ふくらはぎも同様に

何度も攣りそうになりました。

いびがわマラソン30キロ 

 

 

結果的に痙攣や攣るということがなかったのが

幸運でした。

一度攣ってしまうと、

もう激痛はもちろん、

何度も癖のように痙攣するんですよ。

過去にハーフマラソンで痛いほど経験しましたので、

その恐怖が付いて回りましたが、

途中、歩き歩きごまかして

なんとかゴールまでたどり着きました。

 完走記録証

 

 

印象としては、

最初からペースを落として走って、

後半からは走るのと歩きを繰り返しました。

途中はもう少し良いタイムが出るかと思いましたが、

そうは甘くなかったですね。

 

 

この攣るという現象は、

おそらく筋トレ不足。

単純に練習も足りませんでしたし、

筋トレ始めたけれど、

途中で故障してそれっきりになってしまいました。

自分でも自覚していたのですが、

何度か長距離を走ったのと、

膝の調子を言い訳に

結構サボっていたわけです(^^;

あ、そうそう、

体重も去年より5キロオーバーでした。

その割によく記録が更新できたと思いますね(^^;

要するに、

昨日の結果は、

私の行動が不足していただけ。

行動することで結果がでます。

そんなに甘くないということでした。

 

 

 

昨日のマラソンを走る前は、

フルマラソンは練習に時間がかかるし、

とてもサブ4目指すほどストイックに走り続けられないと

思っていました。

だから、マラソンはハーフを走ることにして、

筋トレ中心に運動していこうかと考えてたんです。

でもね、

ダメですね。

フルを走ってしまうと、

来年こそは!!!

と燃えてきます。

ちゃんと足を治して

しっかり走り込みと筋トレで

来年リベンジします。

 

 

 

余談ですが、

お客様が結構エントリーされていたのですが、

走ってる途中に電話がかかってきたり、

救護ステーションのお医者さんとお会いできたり、

そういう出会いは走る力になりました。

道中の子供たちのハイタッチにも元気づけられました(^^)/

ぜひ、あなたもランニング始めてみませんか。

今まで体験したことがない

素晴らしい感覚に出会えますよ(^^)/

 

 

今年はいびがわマラソン30周年で、

完走者には記念メダルがもらえました(^^)down arrow

いびがわマラソン記念メダル

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.12更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ469日目

 

 

おはようございます!

今日はいびがわマラソンの本番です!!

気合い入れて走ってきますね(^^♪

 

いびがわマラソン 

 

今日は目的と目標の話しをします。

半年前にエントリーした時点で

この日が一つの目標になりました。 

私がマラソンを走る目的は、

健康な身体作りです。

仕事が忙しくて大変でも、

多少のことではへこたれない、

強い身体とメンタルを作る。

これが目的です。

 

 

 

目的をはたすために、

目標を決めます。

漠然と強い身体を作ると言っても、

何からやればいいか

ハッキリしませんよね。

よく口では良い事を言うけど、

中身が伴わない人は

大きな目的はあるけれど、

目標がない人かもしれません。

だからいつまで経っても

目的に近づかないんです。

そのままでは永久に達成できません。

 

 

目的を決めたら、

具体的な目標が必要になるんですよ。

私の場合だと、

今回のいびがわマラソンがそれです。

半年前にエントリーした時点で

ゴールは明確になります。

その通過点でもあるゴールを

ちゃんと通ることで、

また次の目標が与えられるんです。

私は明日のレースは厳しい結果が

予想されるので、

次の目標をどうしようか

考え中です。(^^;

 

 

 

今回は膝の違和感が

最後までとれなかったため、

週に1回程度しか走れませんでした。

しかし、

そうであったとしてもやり方はあります。

20キロ以上の長距離を4回走りました。

とりあえずは、

フルマラソンの折り返し地点までは

ちゃんと走れる自信はついてます。

それから先が辛い距離だと思いますね(^^;

完走できるといいのですが。

 

 

 

さて、

実は一昨日の11月10日は、

来年4月に開催される

ぎふ清流ハーフマラソンのエントリーでした。

今年はうちの事務所からは

ハーフは私ともう一人のスタッフが

参加しました。

来年は参加者が増えるといいなぁと

思っていたら、

なんと倍の4名参加となりました!

 

ぎふ清流ハーフマラソン 

 

来年はじめてハーフを走る2名には、

このエントリーした時点で

明確な目標ができたわけです。

まだ半年もあるわけですから、

大きな怪我でもしない限り

ちゃんと準備すれば

ハーフを完走できない人はいません。

自己管理と計画というのを

身をもって体験できる機会を得たことは

彼らにとってチャンスだと思っています。

ぜひ、気持ちよく完走してもらいたいものです。

 

 

 

経営計画も同じ計画です。

その年に入ってしまえば

ズルズルと時間が経ってしまいます。

年末の12月に入れば

何かと忙しくなります。

だから11月の今が経営計画を立てるのに

一番いい時期なんですよ。

いや、ホントに11月なんですよ!

私も現在取り組んでいるところですから(^^♪

 

 

経営計画は、

理念や方針の部分と、

数値目標の部分の

両者がそろってないと

いけません。

片方だけでは経営計画ではありません。

なぜかというと、

片方だけでは達成できないからです。

理念だけでは結果がどうなっても

達成したかどうか分かりません。

数値目標だけでは、

どんな手段で達成するのかが分かりません。

両者が揃っていて経営計画というのですね。

 

 

ぜひ、今の時期に時間を作って

計画を立てましょう!

計画を立てることは、

仕事をする上で一番最初にすべきこと。

普段の仕事が忙しくて

計画を立てられないなんて

本末転倒です。

そうならないよう、

先に時間を確保しましょう。

そういうクオリティタイムを

定期的にとることが

成功の第一歩なんですよ。

日常業務に追われている人は

一度振り返ってみてくださいね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ468日目

 

 

 

おはようございます!

週末は何をして過ごしますか?

私は明日のフルマラソンに向けて

朝一で整骨院で骨盤調整。

会場を見にいって景品を受け取り、

後は軽く汗を流して、

入念にストレッチ。

しっかり食事をとって

しっかり寝ます。

後は当日走るだけです。

 

 

 

最近、アップルウォッチを入手しました。

マラソンの記録をつけるためでもありますが、

今のモデルは携帯電話を時計で受信できます。

だから、

ちょっと席を離れたり出掛ける時に

iphoneを持たなくても

時計をつけているだけでいいんです。

直接時計だけで通話するのは

ちょっと大変ですが、

ワイヤレスのイヤホンがあれば

携帯電話と同様に通話ができます。

携帯を持ち歩かなくていいのは

とても快適です♬

 

 

 

さて、

アップルウォッチの良さは

それ以外にもあります。

心拍計が付いているので

日常の心拍数を記録してくれます。

GPSが付いているので、

いつどこに出かけたか、

記録が取れるんです。

iphoneアプリで

Life Cycle

というものがあります。

これをインストールしていると、

勝手にこんなログを取ってくれます。down arrow

ライフログ

 

一昨日は約7時間睡眠取れてますね♬

パフォーマンスを維持するためには

睡眠時間はできるだけ6時間半以上とるように

心がけてます。

帰りが遅くなる時もよくありますが、

早く帰れた時は

しっかり寝ます!

 

 

iphoneでもこのアプリは使えますが、

四六時中、持ち歩くこともできないし、

寝る時の時間までセットするのは

面倒です。

しかし、

アップルウォッチつけていると

寝る時刻、起きた時刻が

自動で記録されるんです。

とても便利ですよ。

 

 

自分の行動パターンって

案外知らないですよね。

これをしたい、

あれもしたいと、

やりたいことが

思うようにできなくて

ストレス貯まりませんか?

そうなる前に

まずは自分の行動パターンや

生活スタイルを知ることが

必要だと思うんですよ。

 

 

自分の最高のパフォーマンスを

発揮するためには、

まずは自身の管理ができなくてはいけません。

そのために自動でログを集めてくれるのは

とてもありがたいです。

ギチギチに管理するのは嫌いですが、

自動でやってくれてるから

おススメです。

 

 

 

ベルトも豊富にあって、

スポーツするときと

仕事で着けている時で

使い分けています。

仕事用にサードパーティ製の

安いステンレスベルトを

購入しましたが、

なかなか良い感じ。

 applewatch3

 

 

まだ使いこなせてませんが、

最低限の機能は

使えるようになりました。

他にも便利な使い方がありそうなので、

機会を作ってレポートしますね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ467日目

 

 

おはようございます!

今週も金曜ですよ。

あっという間ですね~。

私は今週の日曜にフルマラソンを走るので、

落ち着かないです。

準備も不十分の中で

どれだけ走れるのか。

完走できるか心配です。

結果はまた報告いたします。

 

 

 

11月になると、

来年に向けて経営計画などの

準備を始めている方を

お見かけするようになります。

 

 

経営計画というものがないと、

ダメなのか?

と聞かれることがあります。

結論からいうと、

経営計画は必要です。

「え?そんなの作ったことないけど?」

ご安心ください。

経営計画という形式的なものが

必要なのではありません。

経営者の頭の中に

どうなりたいか。

どうしたいか。

どうありたいか。

などのイメージがあれば、

問題ありません。

 

 

とはいっても、

中小零細の起業が、

先を見通しながら経営をしているか

というと、

なかなか出来ていないのが

正直なところですね。

 

 分かれ道

 

しかし、

事業は趣味や気まぐれで

やってるのではありません!

スタッフがいれば、

その生活の責任もあります。

だから成り行きでは困るんです。

右肩上がりの時代はいいでしょうが、

これから人口減少となり、

労働人口が減り、

お客さまも減り、

海外との競争も激しくなります。

そんな時代に、

先のことをちゃんと考えず、

成り行きで経営していたら、

行き詰ってしまっても

仕方ないですよ。

それほど甘くはありません。

 

 

 

今日お話しするのは、

経営計画の中の経営理念の話です。

私の事務所では、

経営理念をクレドと呼んでいます。

クレドは、

ミッション、

ビジョン、

バリュー、

の三種類から成り立ちます。

言い方はいろいろありますが、

どんな言い方でも大丈夫。

ミッションは経営理念に相当するもの。

会社が使命感を持ってやることです。

ビジョンは目指す将来の状態、目標。

バリューというのは価値観、行動指針です。

この3つがセットになっていますね。

 

 クレド

 

うちでは、

ビジョンについては私が決めていますが、

ミッションとバリューは

スタッフたちが去年1年かけて

会議を繰り返しながら作ったものです。

もちろん私が監修しながらですが、

スタッフたちの想いが詰まっています♬

 

 

年末の今の時期は、

このバリューについて、

来年版にむけて改良を検討しています。

まず、

バリューに書かれている言葉の定義を

別紙にまとめています。

たった一つの言葉についても、

いろいろな解釈があるものです。

どんなレベルでそれを行うのかということ、

その範囲はどこまでの人が含まれるのか、

などを決めておかないと、

スタッフそれぞれが勝手に解釈してしまいますよね。

そして、

バリューの中身の改編です。

似たものをまとめたり、

あらたな価値観を加えたり。

 

 

来年に向けて、

「時間」の考え方について

バリューを加えてもらおうと思っています。

一度スタッフたちから候補の言葉を集めましたが、

更に深い内容に掘り下げていきます。

私が今年取り組んでいるものに、

『「地上最強の商人」という書籍を読む』

というものがあります。

10巻まであるテーマを、

1か月に1巻ずつ読んでいくというものです。

毎日3回、朝昼晩と読みます。

そうすることで自分の脳のOSを

インストールし直すのです。

 

地上最強の商人

 

でね、

「地上最強の商人」の5巻の内容が、

「今日が人生で最後の日だと思って生きよう」

というものなんです。

「昨日のことを考えても仕方ない。

 明日のことを心配しても仕方ない。

 今できるのは今日のことだけ。

 だから後悔しないように

 一生懸命今日を生きるんです。」

まとめると、

こんな内容です(笑

こういう意識が共感できる

バリューになるといいなぁと考え、

今朝の朝礼でこの5巻を

読み上げました。

少しは皆の意識に届いてると嬉しいです。

 

 

あなたも自分のミッションやビジョン、

そして在り方やセルフイメージを

作り上げてみてはいかがでしょうか。

来年に向けて、

今この時期に作り始めるのが

ちょうどよいと思います。

弊所のセミナーでもその内容をお話しします。

ご興味ある方は、

セミナーにご参加ください!

 

 

11月13日(月)13時30分開始

OKBふれあい会館401

未来会計セミナー申込みはコチラ

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ465日目

 

 

 

おはようございます!

昨日は来年の仕事の打合せでした。

スタッフが受講した講座の同期生の方が

事務所に来られました。

来年立ち上げる仕事について、

コンセプトを話し合いました。

イメージが拡がると

ワクワクしてきますね。

 

 

 

さて、

私たち税理士の仕事は

商品が目に見えません。

もちろん、決算書や申告書というのは

完成しますよ。

しかし、

これらは単に出来上がった書類であって、

その過程にほとんどの時間を費やしています。

決算書を印刷することは

数分でできますからね。

 

 

何が言いたいかというと、

サービス業というのは

仕事そのものが目に見えないということ。

だから、

相手にその内容がイメージできないと

その価値が一切伝わらないということなんです。

だから、

数か月かけて行った相続税の申告業務でも、

出来上がった申告書だけを見ると、

「こんな書類に100万なんて

 そんな価値ないだろ!」

と怒る人が出てくるかもしれません。

でもね、

土地の評価に現地まで行って測量したりするんです。

難しい評価について調べたり、

更に相続の専門家に意見を聴いたりするんです。

分割の仕方で相続税が変わるので、

そのシミュレーションをするんです。

財産の種類が多いと膨大な時間がかかるんです。

こんなこと、

お客様は知らないんですよね。

ちゃんと伝えてないから。

 

 

説明しようとしても、

人は耳を傾けてくれません。

だから伝えるって難しいんですよ。

ただ、

伝える技術はあるんですよ。

どんな技術かというと、

ストーリーテリングです。

物語にして語るんです。

すると聴いてる人は、

登場人物の一人に感情移入して

話を聞いてくれるんです。

ストーリーを疑似体験することで、

見えないサービスを

知ってもらうことができるんですね。

ストーリーテリング 

 

 

 

見えないサービスと言えば、

コンサルの仕事もそうです。

成果が上がった人から

こんな良いサービスを受けてるって

口コミしてもらえると一番いいですよね。

でも、それを期待していても行けません。

では、どうすればいいか。

私はセミナーでその話しをさせていただいています。

でも、

それだけでも伝えきれません。

だからこれから開催するセミナーでは、

プレゼントを用意しました!

 

 

 

それは私が2年前に半年間学んだ

和仁達也先生の書籍です。

この秋に出版され、

本屋で平積みされているので

見たことがある人は多くいらっしゃると思います。

「コンサルタントの経営数字の教科書」

この書籍を、

なんと和仁先生の直筆サイン入りをプレゼントします。

 コンサルタントの経営数字の教科書

 

なぜプレゼントするのか。

それは書籍の中に、

コンサルティングの事例が

豊富に掲載されているからです。

書籍を読めばどんなコンサルを受けることができるか、

そのイメージができるからお渡しするんです。

もちろん本を読んで

ご自身で経営を改善できれば、

それに越したことはないです。

ぜひ書籍を読んで、

どんなコンサルを受けられるのか、

イメージしてみてください。

ワクワクが止まらなくなりますよ(^^)/

来週のセミナーの申し込みは

まだ間に合います。

是非ご参加ください!!

 

11月13日(月)13時30分開始

OKBふれあい会館にて

未来会計セミナー申し込みはコチラ

未来会計セミナー 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.11.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ464日目

 

 

 

おはようございます!

仕事をする上で

ミスを防ぐというのは

常に重要な課題です。

そのお話をします。

 

 

我ながら思うのですが、

うちのスタッフは

とても勤勉で真面目です。

私が真面目だと言われるので、

そのカラーが出ているのでしょうか。

いや、

すでに20年以上

一緒に仕事をしているスタッフも

何人かいますから、

私の影響ではなくて、

先代の大先生が

よい採用をしてくれたおかげかもしれません。

 

 

 

しかしながら、

まじめに仕事に取り組んでいても、

ミスはなくなりません。

減らす努力はしていても、

ミスは発生します。

お客様に迷惑がかかると

私が謝りに行くわけです。

私が謝って済むことであれば

いくらでも頭を下げます。

しかし、

それでは済まないことが出てくると

怖いですよね。

だから何とか減らせないかと

いろいろ考えるんです。

 

 

 

税理士事務所の仕事は

細かいマニュアルがありません。

言葉で伝えて覚えてもらうしかありません。

マニュアルを作るというサービスがありますが、

大企業でもありませんし、

大規模な税理士法人でもありません。

効率が悪すぎるのでマニュアルを

作るつもりはありません。

 

 

では、

それぞれのスタッフの暗黙知となっているもの、

いわゆる経験というものですが、

これを可視化できないかと考えるわけです。

業務のフローの全体を見渡すことができれば、

それぞれレベルがバラバラなスタッフ達が

自分がやってること、

やっていないこと、

知ってること、

知らなかったことが、

目で見えるということになります。

 

見える化

 

また、

全体のフローが見えることで、

ミスをしたときに

どの部分でミスをしたかが

一発で分かります。

その部分を飛ばしてしまったのか、

その部分の意味が理解できていなかったのか。

次にそのミスが起こらないように

自分自身が理解できることができます。

だから、

業務の見える化に取り組んでいこうと

考えているんですね。

 

 

 

「学習する組織」という書籍の中に、

氷山モデルの説明があります。

これは、

ミスするという事実は

氷山の見える部分。

その原因は見えない大部分にあるのです。

 氷山モデル1

 

 

その原因の中でも、

その構造にメスを入れられれば、

そのミスが根本的に改善することが

考えられます。

表面上の体裁だけの対応だと、

原因となる構造が変わらないので、

何度でも同じミスを繰り返します。

だから、

構造から手を付ける必要があるんですね。

氷山モデル2

 

うちの場合の治すべく構造は、

何なのか。

それを探して治すことができると

ミスは確実に減りますよね。

これをコンサル先でも行っています。

よくある問題を聞いて、

その構造レベルで治していく。

これがチームビルディングコンサルタントの

役割でもあるんですね(^^)/

興味がある人はお気軽にお声がけください! 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030