2017.10.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ456日目

 

 

 

おはようございます!

新しい週の始まりですね。

しかも今週は11月が始まります!!

今年も残すところあと2か月!

あー、今年もこのまま終わってしまう・・・

なんて思ってる人いませんか!?

まだ2か月あるんです。

この2か月のうちに

できることをお伝えするセミナーを開催します。

未来会計セミナーです。

今回は、経営者以外の方が多数参加されるので、

貯金を増やすためのお金の考え方を

お話しする予定です。

ご興味がありましたら、

こちらをご覧ください!down arrow

未来会計セミナー

未来会計セミナー 

 

 

 

さて、いきなり宣伝から始まって

スミマセン(^^;

本題に入りますよ!

今日は自分のことは見えないからこそ、

気をつけないと恥ずかしい思いをします。

そんな体験談をお伝えします。

 

 

ある団体にお付き合いから入会することになり、

今年の初めころに手続きをしたんですね。

女性が多いコミュニティで、

それぞれが入会の案内係だったり、

入会後の個人情報の登録係だったりと、

役割分担をして組織運営しているようでした。

 

 

そのコミュニティからは

定期的にメルマガが届くようで、

数日後に最初のメルマガが届きました。

よーく見ると、

宛名が、

「藤垣寿道」となっています。

しょっちゅうあることで慣れているのですが、

名前の漢字が間違っていました。

「道」ではなくて「通」なんです。

間違えられることは慣れっこですが、

メルマガのような定期的に送られてくるものに

間違えられて届くのはさすがに嫌だなぁと思い、

名前の漢字が間違ってるので

訂正しておいてくださいと返信しました。

 

 

すると、

とても丁寧に謝罪のメールが届いたんですね。

で、宛名もちゃんと治っていました(^^)

しかし、

ここからがガッカリでした。

その直後にこんなメールが届いたんです。

「あなたたちね、

 名前の登録はミスがないように

 入力後にダブルチェックをしたと

 言ってたじゃないですか!

 それなのに入力ミスがあるというのは

 どういうことなのでしょう!?

 今後の改善点をしっかり考えて、

 対処策を返事くださいね!!」

という内容です(^^;

 

 

リーダー的な存在の人が

入力担当の人たちにメールを送ったんでしょうが、

その中に私のメールアドレスが含まれていたようです。

改善点とか対処策などの仕組化について、

厳しく指摘されていましたが、

そんな内容のメールを誤って送ってしまう

あなたが一番まずいでしょ!

と言いたくなります(^^;

これについては返事もしませんでしたが、

なんだかガッカリなスタートでした。

 

人の振り見て 

 

人のミスには厳しく指導していても、

当の本人が気が付かないところでミスしていたら、

それって見本としてどうなの?

と思いませんか?

「人のふり見て

 我がふり直せ」

ではありませんが、

しっかり自分を見つめることも

忘れないでくださいね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

【岐阜】未来会計セミナー

11月13日(月)13時30分開始

OKBふれあい会館にて

ご参加ください(^^)/

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ454日目

 

 

 

おはようございます!

今週は金曜にいろいろ山場がありまして、

出番が多くて気合いが入りました。

私がやるべきことは何か?

妥協してまで仕事を取るのか?

納得のいく決断をしたのか?

など、自分を問い詰めることが多かったです。

 

 

 

ちょうど水曜の大阪での研修後の懇親会でのこと。

参加者同士でいろいろな話をしてました。

そんな中でとても共感できる話をされる方が

いらっしゃいました。

 

 

その方は、

お客様とは恋愛関係みたいなものだと

言われました。

恋愛

恋愛って?

と思いながら話を聞き進めました。

話を聞くと、

その方が大切なお客様と

縁を切った話でした。

とても辛かったそうです。

お客様の考え方が変わってしまったため、

そのまま仕事を続けるには

ご自身の信念に反することになる。

自分の信念を曲げてまで

仕事を続けるのか、

その仕事を断るのか。

 

 

 

その方はこう話をされました。

「以前はその方とは両思いだったんです。

 ですが、途中からおかしなコンサルが入り、

 お客様の考え方がおかしくなってしまった。

 どうして分かってくれないのか?

 今まで両思いだったのに、

 最後はこちらの片思いのようになってしまい、

 別れることになってしまった。」

これが恋愛のようなものと言われた理由でした。

 失恋

 

 

なるほど、確かにお客様とはそんな関係かもしれません。

男同士で恋愛というのは

危険ですね(^^;

しかし、

話しをしてくださった方は女性なので、

その話がとても腑に落ちました。

 

 

 

自分の信念と商売としての利益。

どちらを取るのか?

どちらを優先するのか?

これは経営者の判断です。

私は自分に嘘をついてまで

仕事はしたくありません。

信念を貫き、

それを伝えていくことで

組織としてのあり方も

定まっていくのかなぁと

感じています。

 

 

とは言え、

なかなか別れは辛いです。

しかし、

必要な別れもあるものですね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ451日目

 

 

おはようございます!

今月も終盤ですね。

25日はお給料日です。

スタッフたちに感謝を込めて、

明細書を手渡します。

昔と違って今は銀行振り込みなので、

手渡すのは紙切れだけですけど

感謝の気持ちは変わりません(^^)

 

 

 

昨日のことをお話しします。

先月のセミナー受講者の方に

個別相談をさせていただきました。

個別相談

その方はこれから起業を考えていて、

今はその準備をされているとのこと。

まだ具体的な日時は未定ながらも、

やりたいイメージはかなり鮮明でした。

 

 

私はいつもイメージを描く時、

お金のブロックパズルを使います。

セミナーでもお伝えしているのですが、

やはりここでもバッチリ役に立ちますね!

 

 

先のビジョンを

ブロックパズルを使って描くとき、

そのイメージを数値化

していくことになります。

数字が先ではありません。

イメージが先なんです。

 

ビジョン

 

イメージとは例えば、

どんなお店をつくるのか。

どんな商品を提供するのか。

どんな広さで、

どれくらいお客さんは入れるのか。

人はどれくらい雇ってる?

お店は建てるのか、

それとも借りるのか。

いくらくらいの料金で、

どんなメニュー?

営業日数は?

そもそもコンセプトは?

なぜやりたいのか?

何を届けたいのか?

などなど、

実際に営業していると仮定して、

その時の状況を聞き出していきます。

 

 

そしたら、

もうその状況を数値化するだけですよね。

ブロックパズルに、

話を聞きながら数字を入れこんでいきます。

先に決まってる数字から入れていくと、

「売上はこれくらいないと困るね」

とか、

「利益率はこれくらいだといいね」

とか。

いろいろな質問と答えが交錯します。

 

 

でね、終わったころに

相談者の方が

こう仰いました。

「実際に営業を始めたみたいで、

 ワクワクしてきました♬」

そうなんです。

ビジョンというものは、

その場面が動画で描けるほど

詳細で鮮明に描けば描くほど、

そのビジョンは叶うと言います。

まさにこんな感じですね。

 

 

 

実際に着手されるのは

まだ先かもしれませんが、

しっかりしたビジョンが描けているので、

あとは次に何をやるかを決めることです。

アクションプランが建てられれば、

行動が加速するでしょうね(^^)

次回お会いする機会があれば、

そんな話をしてみたいと思います(^^♪

 

 

私のセミナーにご参加いただけた方には、

こんな個別相談をしています。

ご興味がおありでしたら、

ぜひセミナーにお越しくださいませ(^^)/

来月は11月13日13時30分開始で

予定しています。

あらためて告知ができるようになったら、

ご案内させていただきますね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ444日目

 

 

 

おはようございます!

週半ばの水曜日です。

今日は来客と外出予定です。

午後からはお楽しみです。

 

 

昨日のスタッフの日報を見ていて、

私の師匠の遠藤晃先生が、

以前、こんなことを言われていたなと、

思い出しました。

「みんなね、

 活躍している人を見て、

 あの人は成功しているって言うんだよ。」

「でもね、

 そうじゃないんだよね。

 その本人からしたら、

 失敗ばかりしていると思ってるわけ。」

「どうしてかっていうと、

 ほんとに失敗続きだから。

 ただ、試行錯誤の回数が凄いから、

 少しずつ上手くいくように

 なってきてるんだよね。」

「その結果だけを見て、

 周りの人は成功してるって言ってるんだ。

 だけど、実際にはそうじゃないんだよ。」

こんな話しを聞いたことを思い出しました。

 

行動力

 

実際にセミナーや講演、

派手に活躍しているように見える人でも、

何度も失敗してきたのかもしれませんよね。

今でも、試行錯誤の連続かもしれません。

これが事実なのかもしれませんが、

行動できていない人は、

「あの人はいいよなぁ、成功してて。」

なんて言うんですよね。

そう、だいたい行動できてない人の言い訳です。

 

 

 

スタッフの日報には、

こんなことが書いてありました。

「経験豊富な人たちの話を聞いてきます」

ある講座卒業生の勉強会に行ってきますという内容の

日報だったんですが、

経験豊富だと思ってるのは

行動できていないからではないかと

思ったわけです。

ちなみに、

そのスタッフは前向きに頑張っているので、

その子が悪いわけではありませんよ。

謙虚だからこそ自分のことを

控えめに言うこともありますし。

 

 

でね、話しを戻すと、

経験豊富だと思っていても、

実はその人たちはその経験を積むためには

失敗を積み重ねてきたわけです。

一朝一夕に経験は得られません。

まさに失敗を繰り返してきた経験が貴重なわけです。

自分が実践せずにいて

その経験だけ聞こうというのは

対等ではありませんよね(^^;

やはり、自分が実践者であり、

そこを見本として見せて

いかなければいけないなぁと

感じた日報でした。

 

 

行動ができていないと、

周りの人が凄い人に見えてくるんですよ。

自分が出遅れてるというか、

焦りのような感覚に陥ります。

自分のペースは大事ですが、

常に負荷をかけて行動していきたいですね!

行動なくして成長なし!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

無料で最新情報をゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ435日目

 

 

 

おはようございます!

連休も終わり、

日常が帰ってきました!

今週末までは税理士会の会議や税務調査で

予定がパンパンですが、

やるべきことをしっかりこなしたいです。

 

 

 

さて、

先日ある方から

一本の映画を勧められました。

それは、

「シンドラーのリスト」

という少し古い映画です。

シンドラーのリスト

 

実は昔見たことがありました。

ストーリーは、

「第二次世界大戦時にナチスドイツによる

 ユダヤ人の組織的大量虐殺が

 東欧のドイツ占領地で進む中、

 ドイツ人実業家オスカー・シンドラーが

 1100人以上ものポーランド系ユダヤ人を

 自身が経営する軍需工場に必要な生産力だという

 名目で絶滅収容所送りを阻止し、

 その命を救った実話を描く。」

(Wikipediaより)

という話です。

 

日本人の杉原千畝さんが、

「東洋版シンドラー」として

映画にもなりましたね。

 

 

 

話しがそれましたが、

映画の内容はこの映画を勧められたこととは

全く関係がありません!

この映画の冒頭で、

シンドラーがナチスドイツと

関係を作るために酒場に潜入して

酒をおごり一緒に飲み始めます。

この行為がまさに戦略的な営業スタイル

なんだそうです。

シンドラー 

 

 

成り行きで営業をするのではなく、

誰と懇意になる必要があるか考え、

そのためにどんな手段があるか。

この映画ではナチスの将校たちに

酒をふるまうことだったんですね。

 

 

 

私たち中小企業の営業というのは

決まりきった飲み会や交流会はありますが、

誰かをキーパーソンと決めて

その人と知り合うために

戦略的に近づくということまで

なかなかしませんよね。

でも、

できる社長や営業マンは

やってると思うんです。

 

 

もしも、あなたが、

なかなか成果が上がらないと

嘆くのであれば、

自ら戦略的に営業をすることを

考えてみてはどうでしょうか。

偶然の紹介を待ってたら、

あっという間に何年も経ってしまいます。

戦略的に行動を決めて、

実践し始めましょう。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

無料で最新情報をゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.09更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ434日目

 

 

 

おはようございます!

三連休も最終日ですね(^^)

久しぶりに暑い日になってますが、

今日は来月のフルマラソンに備えて

20キロ以上走る予定です。

何キロ走れるかな??

 

 

 

はい、今日は逆算手帳のご紹介です。

今年も使ってます。

去年書いた記事はコチラですね!down arrow

ビジョンから逆算する

何気なく過ごさない!

 

来年版が届きました!

表紙のデザインはほとんど変更ありません。

中身は少しずつバージョンアップしてます(^^♪

逆算手帳2018

 

 

 

最初に行う儀式として

あることをご紹介しますよ。

それはね、

やりたいことをリストアップするんですよ!

それを書き出してから、

自分のライフビジョンを描いていくんです。

 

 

でね、

やりたいことを

片っ端から書いていきます。

手帳にはこの

My Wish List

が100個書けるページが最初にありますよ。down arrow

マイウィッシュリスト

 

今年は122個書き出しました(^^♪

多分まだまだありますが、

とりあえず思いついた分が

それだけありました。

 

やりたいことリスト

 

 

このリストがなかなか書き出せない人に、

逆算手帳の作者のコボリジュンコさんは、

1.実現可能かどうかは気にしない!

2.大きな夢でも、ささやかな願いでもいい。

3.なるべく具体的に書く。

これが書き出すポイントだそうです。

 

 

また、書き出す際に、

ダブってても気にしなくて

どんどん書き出す方が

楽にかけましたね。

 

 

去年の今頃書いたリストが

どこかに行ってしまったので

探してます(^^;

今年は手帳にリストのページがあるので

なくす心配がなくて安心です(^^♪

 

 

この手帳を持ってる持ってないは関係なく、

ぜひやりたいことリストを

書き出してみてください。

頭の中がスッキリしますよ~。

でも、ぜひ逆算手帳を使って

書き出してみてくださいね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.08更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ434日目

 

 

おはようございます!

連休の中日ですが、

天気はボチボチ晴れてる感じですかね。

運動会も晴れより曇りの方が

過ごしやすくていいかもしれませんね(^^♪

 

 

 

最近の話しですが、

あるおじいさんの投稿が炎上したとのこと。

携帯電話のキャリアのキャンペーンで、

「三太郎の日」というサービスがあるそうです。

そのおじいさんは孫と一緒に

ドーナツ屋さんに行ってきたそうです。

孫に、

「ドーナツが2個ただでもらえるから

 一緒に行こう」

と言われたそうです。

でね、実際に行ってみると、

大行列になっていたそうです。

三太郎の日でドーナツが2個もらえるからです。

 

三太郎の日

 

でね、おじいさんは孫に言いました。

「ドーナツなんか、

 わしが買ってやるから

 並ぶのはやめよう。」と。

でも、

「せっかくもらえるんだから

 もらうの!!」

と言うことを聞かないので、

仕方なく並んだそうです。

 

 

 

その行列に並んで

おじいさんはショックだったそうです。

いい年の大人たちが

一緒に並んでいたからです。

ドーナツ2個をもらうために

1時間とか並ぶわけです。

「おいおい、

 そんなに待つ時間があるなら

 1時間残業すれば

 もっとたくさん買えるくらい

 稼げるじゃないか!」

と感じたそうです。

その姿に日本の将来を憂い、

ネットに投稿したそうなんですね。

 

 

炎上したというのは、

おじいさんに共感した人の意見と、

そんなことほっといてくれという意見。

あなたはどっち?

 

 

 

私は思うんですよね。

暇な人は並べばいいし、

時間の価値を知っている人は

そんなところには並ばないだろうなって。

行列に並んでいる、いい年した大人に

「あなたの時給はドーナツ2個以下ですか?」

って聞いてみたい。

 

時給単価 

 

もっと他にすることあるように思うのですが、

最近の若者の行動や心理は、

働いて稼ぐより、

お金は少なくていいので

休みたいとかって聞きます。

日本の将来を憂うおじいさんの気持ちが

よく分かりますね(^^;

最後にお聞きします。

「あなたの時給はいくらですか?」

 

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.07更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ433日目

 

 

 

おはようございます!

連休に入りました。

私は今週仕事ができなかったので

連休中に取り返します(^ ^)

 

 

 先日、ファスティングコーチを

している友人との会話の中で、

その方が過去にアトピーで

大変だった話を聞きました。

 

 

彼女はたくさんの薬や治療法を

試しても治らず、

18年間苦しんだんだそうです。

最後は田舎に転居して

食べ物から見直したことで、

急激に改善したそうです。

 

 

それまでは、いろいろな薬や食品を

どんどん体に取り入れるやり方で

治療してきたのを、

できるだけ自然のものだけに

変えたわけです。

都会から田舎に行ったことで、

空気、水など、

当たり前にあるものも

変わったんです。

余計なものは

体に入れなくしたんです。

そうすることで、

今まで反応していたものが

なくなったんでしょう。

 

 

人は何かするときに

足すことしか考えません。

食事や治療をしましたが、

例えば、

やりたいことがあったとします。

その時、

時間がかかりますが、

やろうとすれば他のことが苦しくなります。

お金がかかりますが、

無理すると他のことが苦しくなります。

必要なものが増えますが、

保管する場所が苦しくなります。

 

 

そう、

大事なのは足すのではなく、

引くことです。

その友人から教わりました。

 

 

何かをしようとするときは、

何かをやめる。

時間も、

お金も、

モノも、

増やすときは捨てる。

 

捨てる

 

この意識がないと、

楽しいはずのことも

どんどん苦しくなります。

私は捨てることが苦手。

毎日、意識していきたいですね。

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.05更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ428日目

 

 

おはようございます!

今週も後半に入りましたね。

今週末は三連休になります。

安心してお休みが取れるよう

残りの二日間、

頑張って乗り切りましょう!

 

 

火曜に参加させていただいた

皇居の勤労奉仕活動のお話です。

その日は脱穀作業をさせていただきました。

皇居の中に田んぼがあり、

天皇陛下が稲刈りされていることは

毎年ニュースで報道されてますね。

 

 

その収穫後の稲穂から

来年の田植えのための種もみに

するための脱穀でした。

機械を使わず手で行います。

なんとなく、

勤労奉仕の人向けに

作業を残してもらってる感は

ありましたが、

楽しく作業させて頂きました。

 

稲穂から種もみを取った後、

藁が残りますが、

その藁も捨てずに

何かに使われるとの事でした。

 

 

誰かが

「この藁は何に使うのですか?」

と聞きました。

すると意外な返答が返ってきました。

「岐阜の鵜飼の鵜匠さんの

 腰に巻いているに使われています。」

 なんと、地元の鵜飼で使われてたんですよ。

鵜匠さんが腰に巻く腰蓑はこんな感じです。down arrow

岐阜の鵜匠

(岐阜長良川鵜飼いのHPより) 

 

 

 皇居内をいろいろ見学させていただき、

それぞれに何か意味があるものばかりなんだと

感じる事が多かったですよ。

藁でさえ、

わざわざ岐阜の鵜飼で使用する腰蓑のために

保管してありました。

 

 

最近では、

効率化、標準化と言われ

無駄を排除という考えが定着してきました。

確かにこれらは大事なことです。

私の事務所でも取り組んでいます。

しかしながら、

その無駄だと言われることでも

もし考え方を変えたときに

その行為に意味を持たせることが

できるかもしれません。

何をどう解釈するかで、

その行為が活きるのか無駄になるのかが

きまってくるのです。

あらためて、

仕事の内容について

考え直してみるのも

いいのではないでしょうか?

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.04更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ427日目

 

 

おはようございます!

昨日から皇居内の清掃活動の

ボランティアに参加しています!

貴重な体験をさせていただいてます(*^^*)

 

 

さて、昨日の投稿では

銀行が最初に確認するポイントを

お伝えしました。

しかし、見るべきところは実は

他にも沢山あります。

その中でも大事なポイントを

お伝えします!

 

 

貸借対照表には

資産と負債が計上されています。

資産の方が負債より多ければ

その差額が純資産と言って、

その会社の株価総額みたいな感じになります。

 

 

でもね、

「みたいな」と言ったのには

理由があります。

その根拠となる数字が

正確かどうかが問題となるんですね!

というのも、

会社の会計上の資産の数字は

取得した時の金額で表示されています。

株を買っても買った時の金額が計上され、

時価とは違うわけです。

 

過去の数値から仕事をする税理士

 

数値を活かして過去と未来をつなげる

 

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

毎日ブログ427日目

 

 

 

例えば、

社歴が古い会社だと、

資産の中に土地があったら、

その数字と時価とは

大きく違うと考えた方がいいですね。

バブル期よりもっと前に買った土地であれば、

今の時価よりかなり安く計上されています。

だから、含み益があると思っていい訳です。

しかし、バブル期に買った土地であれば、

その頃から時価は大きく下がっています。

この場合は含み損があるということになります。

この差は土地を売らない限り、

帳簿には反映されないんです。

土地の評価損益

 

 

株価評価するときは、

帳簿の資産について内容を

時価に換算します。

本当のその会社の姿を

確認するためです。

銀行が対象の会社の評価をする際にも、

同じことを考えるわけですね。

 

 

資産の時価評価で注意するところは、

他にもあります。

例えば、

役員に対する貸付金。

会社から役員が借りたことになっているのが

役員貸付金ですが、

返ってくるかどうか怪しいですよね(^^;;

銀行は、この役員貸付を嫌うのです。

銀行が貸したお金が、

会社を経由して

役員に貸し付けられてると

考えるからですね。

 

 

計上されている資産が

その価値がないとされれば

資産から差し引きして

会社の評価をされるんです。

帳簿だけが全てではありません。

パッと見だけではなく、

中身についても

ちゃんとしていきたいですね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030