2017.09.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ422日目

 

 

 

おはようございます!

今日は金曜日です。

そして9月も明日で終わりますね。

やり残したことはありませんか?

週末と月末が重なり忙しくなりますが、

そんな時こそ慎重に(^^)

 

 

 

今日は一昨日のキャッシュフロー計算書の続き。

前回の記事はコチラです。down arrow

キャッシュフロー計算書|財務3表ってなに?

 キャッシュフロー計算書(C/S)と、

貸借対照表(B/S),

損益計算書(P/L)の三つをまとめて

財務3表と言います。

 財務3表

 

 

では、どうして貸借対照表と損益計算書は、

税務署の提出用に使われるのに、

キャッシュフロー計算書は要らないのか?

それは、税務署はお金の流れの内容を

知る必要がないからなんですよ。

複式簿記から作成された損益計算書によって、

適正に計算された利益を基準に税金を計算します。

税の計算上、キャッシュフロー計算書を使わないので、

必要ないんですね。

 

 

 

そもそも昔はキャッシュフロー計算書は、

重要視されていませんでした。

しかし、バブルが崩壊してから

企業の倒産が増えてきました。

その中で、

ある疑問が生じてきたのです。

赤字が続いて倒産に追い込まれる企業であれば

分かるのですが、

黒字の企業が倒産することがあったからです。

黒字倒産

 

 

「え!?黒字だったら倒産することないんじゃないの?」

という考えはもっともなんです。

でも倒産することってあるんです。

企業は利益が出ているかどうかではなく、

お金があるか無いかで倒産するのです。

 

 

 

例えば、

過去に長くにわたり利益を上げ、

現金預金をしっかり貯めている会社は、

少しくらいの赤字が続いたところで、

会社の存続には全然影響がないんです。

お金が少しずつ減っていきますが、

資金が枯渇しないからですね。

 

 

でも、会社が利益が上がっても、

お金にならなければ意味がありません。

1億円の売り上げが上がり、

そのお金が売掛金のまま入金されなかったら、

どうなりますか?

仕入れがある事業だったら、

仕入れ代金が払えませんよね。

また、利益が上がっていれば、

税金も払わないといけません。

スタッフの給料も払えません。

もらえるはずのお金が入金してもらえない。

困りますよね。

こんなことが起きると、

黒字でも会社は倒産するのです。

資金繰り

 

 

 

でね、ここからキャッシュフロー計算書の

話しにつながるのです。

実は会社の利益を計算する損益計算書、

これは資金の流れを的確に

表示しているものではないのです。

だから、そのための書類を使って

会社の資金の流れを知る必要が出てきたのです。

黒字でも会社が倒産するのは、

お金の流れが読めなかったからだからです。

 

 

 

キャッシュフロー計算書は、

会社のお金の流れを読むために、

必要とされて重要視されるように

なってきたのですね。

では、次回はその内容について

ご説明しますよ(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ420日目

 

 

 

おはようございます!

今日は午前は決算報告、

午後から事業承継の打合せ、

夕方は打合せのため外出と、

一日出たり入ったりです。

夜はジムで走るっ!予定です。

 

 

さて、タイトルの通り、

ちょっと堅苦しい内容かもしれませんが、

できるだけ分かりやすくお話ししますよ(^^)

キャッシュフロー計算書が分かると、

会社のお金の流れが見えるようになってきます。

重要な書類なので、

見方をお伝えしていきたいと思います!

 

キャッシュフロー

 

まず、

キャッシュフロー計算書とは、

何なのでしょう?

経営者の方でも見たことがないという人も

結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

まず、キャッシュフロー計算書は、

C/Sと略します。

何の略かというと、

Cash Flow Statement

の略になります。

ズバリ「お金の流れを記したもの」です。

 

 

ちなみに、

財務3表と呼ばれる書類があります。

そのうちの一つがC/Sです。

他の二つは何だと思いますか?

 

 

一つ目は、

「貸借対照表」

Balance Sheet =B/S

です。

よく「ビーエス」と呼びますね。

貸借対照表という名称が

意味不明で難しく聞こえるそうですね。

確かに簿記を知らないと、

貸借という言葉の意味が分かりません。

でも、深く考えなくていいです。

貸借対照表とは、

会社の財産目録だと考えてください。

つまり、どんな財産を持っているかを

一覧にしてあるんですね。

また、財産だけでなく、

借入などの負債も書かれているんです。

 

 

二つ目は、

「損益計算書」

Profit & Loss Statement = P/L

です。

「ピーエル」と呼ばれる書類です。

カタカナで書くと変な感じですね(^^;)

プロフィットは利益、

ロスは費用の意味で、

会社の儲けを示す書類です。

売上から原価や費用を引いて、

その会社がどれだけ利益を上げたか、

損失が出たかを表示する書類ですね。

 

 

税金の申告の際、

税務署に提出する書類は、

上記の二つ、

B/SとP/Lなんですね。

だから、これらの書類を見たことがある人は

たくさんいらっしゃいますよね。

しかし、財務3表と呼ばれる三つ目の書類、

キャッシュフロー計算書はあまり知られていません。

これらの書類について、

何回かに分けてお伝えしていきます。

今日は財務3表についてお話ししました(^^)/

 

財務3表

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ419日目

 

 

おはようございます!

日中は暑い日もありますが、

朝晩はずいぶん涼しくなりましたね。

風邪ひかないように気を付けてください(^^)/

 

 

昨日は事務所にてクライアントさんとの面談と、

決算資料のチェック、

セミナー動画のプチ撮影など。

自分で動画を撮りましたが、

緊張していけませんね(^^;

 

 

さて、少し前にお客様と

お会いした時の話をします。

新しいビジネスモデルに挑戦されているのですが、

なかなか利益を出すまでに至らない!

でも、アイデアはどんどん湧いてくるので、

いろいろと投資をしてしまわれるんです。

 

 

 

ポイントは、

設備投資が良いのか悪いのか、

それはどうやって決めたらいいのでしょうか?

その場合の判断基準は何なのでしょう?

設備投資

 

今回のケースでは、

その投資をすれば、

その部分では売り上げが上がるんです。

でもね、そこに充てていた人が

新しいほうに向けられるので、

売上はプラスマイナスゼロよりはいいくらい(^^;

結局どうなるかというと、

設備投資した分だけ資金繰りが苦しくなる。

 

 

苦しくなるからどうするかというと、

また違う設備投資をする。

でも大きく売り上げは変わらない。

また設備投資分の資金繰りが苦しくなる。

だから、また投資・・・

 資金繰り

 

 

 

そう、悪循環にはまってしまうんです。

そんな時にどうすればいいでしょう?

悪循環に入ると、

次の展開への選択肢が少なくなってしまいます。

そんな中での選択肢として、

思い切って、縮小する!

もったいないと思って、

過去の設備や資産を持ち続ける人が結構います。

事業が成り立っていれば大した問題ではありませんが、

赤字が続いているということは、

使わない資産が費用を

垂れ流しているんですよ。

それこそもったいないですよね。

 

 

 

私個人的には、

設備投資の際の判断基準を

お金のブロックパズルを使って

判断してほしいのです。

ただ、なかなか実際に活用できない人が多いので、

せめて事前に相談いただけるといいんですよね(^^;

 

 

設備投資の際には、

しっかり利益計画を立ててから

投資の決定をしてくださいね。

金額が大きいものが多いですから

買ってしまった後で

やっぱりやめたとはいきません。

後で後悔しないために、

しっかり計画的に行きましょう!

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ418日目

 

 

 

おはようございます!

今週で9月も終わります。

やり残しがないよう、

しっかり過ごしたいですね。

 

 

 

さて、週末はいかが過ごされましたか?

土曜は午前中だけ仕事をしましたが、

昨日は一日オフを取りました。

ゆったりした時間の中で

本を読んだり、

ランチ食べに行ったり。

ランチしてたら葉加瀬太郎さんがお店に入ってきました。

岐阜で仕事されてらしたんですね~。

午後はランニング。

マラソンの練習はなかなか進まず、

ハーフを走る脚も出来上がっていません。

なんとか10月に頑張って走りたいですね。

 

 

 

昨日読んだ

「決める」

という本の紹介をしますね。down arrow

決める

そもそも人は毎日決断をし続けています。

何を食べるか、何時に起きるか、

細かいことから、重要なことまで、

全ては決断ですよね。

この「決める」では、

人の動機は2つしかないと言っています。

「何かを得る」

「痛みの回避」

全てはこのどちらかのために

決断を繰り返しているのです。

 

 

この二つの動機から、

二種類のタスクを人は処理しています。

何かを得るために目標を立てたり、

今より良くなるためにするタスク。

それに対して、

これをやらないと自分にマイナスが発生するという

痛みを回避するタスク。

 

この二種類のタスクのうち、

ほとんどは後者のタスクで

日常が埋められているそうです。

 

 

誰かから依頼された仕事で、

期限までに処理しないと

その相手から催促を受けますよね。

もしかしたら、

遅い!と言って怒られるかもしれません。

それを回避するためには仕事をするしかありません。

この類の仕事が痛みを回避するタスクなんです。

 

 

何かを得るタスク、

つまりゲインタスクとは、

自分をより高めるためのタスクです。

ある資格を取るための勉強だったり、

新しい仕事に取り組むための準備だったり、

それらは自ら積極的に行うものであり、

誰かから催促されるものではありません。

つまり、

やらなくても問題にならないタスクなんです。

だから、しっかりやる意味を持たせて、

モチベーションを上げる必要があるかもしれないし、

それを行うための行動管理や

スケジュール管理をする必要があるのだそうです。

 

 

痛みを回避するタスクばかりやっていると、

仕事にやる気もなくなるし、

人生楽しくないですよね。

あえて、やりたい事を明確にして、

それを目標設定し行動につなげていくことが、

少しずつでもできていれば、

日々にも張りが出るし、

仕事だけでなく

人生のバランスも取れてくるそうです。

 

 

 

そろそろ年末に向かっていく時期、

来年の目標設定を考える時期になります。

成り行きで周りに流されるのではなく、

自分のやりたい事から

日々の行動につなげた生活をしたいものです。

 

 

やりたいことリストってのを

書き始めました。

去年も100個書きましたが、

今年はもっと書き出してみようと思っています。

目標とかいうと堅く考えがちですが、

とりあえず自分がやりたいことを

リストアップするだけでも

行動は変わっていくんですよ(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ417日目

 

 

 

おはようございます!

秋らしくなり、

外に出ると気持ちよくなってきましたね!

今日は予定がポッカリ空いたので、

マラソンのトレーニングでもしようと思います(^^)/

 

 

さて、今日は海外ドラマの話しです。

たまに気に入った海外ドラマがあると、

結構ハマってしまうんですよね~。

私は、少し古いですが、

スターゲイトシリーズ、

24シリーズを観てましたね!

 

 

 

24シリーズは、

シーズン5辺りの頃に見始めました。

一気に観ずにはいられなくなる、

あの中毒のような惹きつけ感は

他のドラマでは経験したことがありません。

キーファーサザーランドが演じる、

主役ジャックバウアーの演技力が

凄いのかと思っていました。

ジャックバウアー

 

 

はい、思っていましたという

過去形でお伝えしたのは、

実は新しい「24」が始まっていたからです。

ツタヤに行ったら、

24レガシーという新シリーズが

レンタル開始してるではありませんか!!

そしてなんと、ジャックバウアーは出てきません。

それに代わる全く別のキャラが主役なのです。

なんか微妙な印象でしたが、

早速借りてみました♬

 

 

今回の主役はエリックカーターという元レンジャー。down arrow

エリックカーター

ジャックバウアーとは雰囲気が違うように見えます?

いや、これがですね、

性格はまさにジャックバウアーでした(笑

いい意味で期待を外してくれていて、

今までの24と同じ感覚で楽しめました(^^♪

 

 

 

この24の面白さは、

ストーリー、スピード感、

テンポの良さが秀逸なのです。

1話終わるごとに、

「あー、なんでこんな良いところで

 終わるんだよ!!」

となってしまい、

次から次へ観てしまうんです。

 

 

どうしてこんな気持ちに

させることができるのか。

それは、先が読めない展開で

ハラハラさせられる感覚が止まらないこと。

そして、こちらの感情を

うまく掴んでいることです。

感情というのは、

例えば、

24では家族や身内を

人質にされるパターンが多いんです。

そんなシーンは観ているこちらが

感情移入してしまいますよね。

だから、続きを観ずにはいられなくなるんですね。

 

 

 

仕事でも同じです。

相手の考えていることを

いい意味で裏切る、

相手の期待を少し上回ること。

こんな伝え方ができれば、

相手はコチラの話を聞きたくなりますよね。

特に、何か提案をするときには

そんな話し方ができることが理想ではないでしょうか。

 

 

 

私にそれができるのか?

と聞かれれば、

「いいえ、できてません!」

とお答えします。

でも、そうできるよう意識はしていますよ。

 

 

相手を引き込むためには

しっかり相手に聞く姿勢を作ってもらう必要があります。

そのためには自分事になってもらわないといけません。

その話が自分にとって、どんな影響があるのか。

どう役に立つのかが見えていると、

一気に乗り気になりますよ(^^♪

 

 

ちなみに、一昨日の私と妻の会話ですが、

妻が一方的に話し始めたんです。

なんだかネットで見た心理学の話しとか。

その話しに全く興味が湧かなかったんです(^^;

でもね、そんな時に、

「その話って、何か仕事に役に立つの?」

って聞いてみたんです。

私の方から自分事にしようと試みたわけです。

すると、

「そうだよ、採用の面接で使える話なんだから」

と意外な返答が返ってきました。

そんな話ならこちらから聞いてみたいんですよね。

「なになに?」

って、話が盛り上がりました。

やはり先に興味を持てているかどうかで、

話しの聞き方は大きく変わるんですね。

話しの先が見えない時は、

自分からどんな役に立つのかを

聞いてみることをお勧めします!

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ414日目

 

 

 

おはようございます!

昨日は事務所セミナーを開催しました!

毎月一度開催していますが、

今月もご好評いただきました(^^♪

 

 

私のセミナーでは、

師匠の和仁達也先生から学んだ

「お金のブロックパズル」を使って、

経営判断にどう役立てるのかをお話しします。

その具体的な内容はセミナーに参加いただければ

分かるので是非参加してください!

 

 

でも、予定が合わなくて参加できない人へ朗報です(^^)/

先週、和仁達也先生の新刊が出版されました!!

そのタイトルは、

「コンサルタントの経営数字の教科書」です。down arrow

コンサルタントの経営数字の教科書

この本はコンサルタント向けのシリーズ第3弾であり、

コンサルで使う数字の話しがダイレクトに解説してあります。

こんなに公開してしまって大丈夫なんでしょうか??

と心配してしまうほどの内容で書かれています。

もし、数字が強い人でセミナーに参加する時間がない人には

自習のために読んでいただけると嬉しいです。

 

 

また、経営者ではなく、

コンサルをしようと思う税理士や中小企業診断士には、

ストライクど真ん中の内容です。

昔の私でしたら、

ライバルが増えるので読んでほしくないって

感じてたでしょう。

でもね、今の私は違います。

ライバルではなく、仲間を増やしたいのです。

だから、こうやって書籍をお勧めするわけです。

仲間の力のおかげで、

一人では踏み出せなかった一歩が踏み出せたり、

仲間の成果や失敗事例が励みになったりするんですよね。

だから、同業の人にもぜひ読んでいただきたいです(^^♪

 

 

 

 

さて、今日のタイトルは、

どういうことだと思われますか?

最近の台風報道を見ていて気が付いたんです。

台風と利益って似ているなって。

台風進路

台風は自分の意志で動いている訳ではないんです。

台風そのものは、ただ単に高気圧や低気圧の隙間を

流れているだけなんですよね。

台風の進路は、周りの気圧配置が

影響して決まるということなんです。

 

 

では、利益はどうでしょうか?

お金のブロックパズルを見てみましょう。down arrow

 お金のブロックパズル

右下に利益のブロックがありますが、

実はこの利益そのものはコントロールできないんですよ!

だから、その周りにある売上や変動費、固定費、人件費を

どうするか考えるのです。

周りの数字が変われば、

その結果、利益が増えたり減ったりするのです!

 

 

 

私は企業の財務状況を見て、

利益を増やすために、

どの数字をどうしたいかを経営者と一緒に考えます。

経営者が一人で自問自答してじっくり考える時間は

実際にはなかなか取れないのが現実です。

現場の仕事に流されてしまうからです。

だから、私たち税理士やコンサルタントが

その時間を確保するんですよ。

 

 

もし、そんな経営相談に興味がありましたら、

セミナーに参加されるのもいいし、

書籍を読まれるのもいい。

また、個別に相談に乗ることもできますよ。

まずは、本屋さんに行って、

「コンサルタントの経営数字の教科書」を

パラパラと本をめくってみてください(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ414日目

 

 

 

おはようございます。

三連休も終わりましたね~

気を引き締めて、

お仕事頑張りましょう(^^)/

 

 

 

さて、一昨日の記事では

ヒーローってどんな人かって話をしましたね。

あなたにとって、ヒーローって?

そうです、映画「アルマゲドン」に出てきた主人公ハリーのように、

自己犠牲を払える人がヒーローだと言いましたね。

アルマゲドン 

 

 

 

でもね、もう一つ私が遠藤晃先生から学んだ定義があるんです。

二つ目の要件は、

「成長」

です。

どんな映画でもヒーローは成長するんです。

ジャッキーチェンの映画は数十本は見てますが、

基本的に主人公が成長しますよね!

例えば「酔拳」

できの悪い道場の跡取りだった主人公が、

父親の仇の相手に酔拳を習得して

闘うという話しでしたね。

めちゃくちゃ分かりやすい「成長」が

そこにはありますよね。

酔拳 

 

 

 

ヒーローが誰でもなり得るものだと

人は希望が湧くじゃないですか。

はじめは普通の人だった主人公が、

物語が終わるころには凄い成長を遂げて

立派になっているというストーリー。

これは、誰もが共感できるものですよね。

 

 

ただ、ヒーローでもちょっと違うタイプもあります。

「スーパーマン」を思い出してください。

彼の活躍を見ると、

スカッとしますよね(^^)

でもね、スーパーマンって最初から強いんですよ(^^;

生まれからして人間ではないからです。

成長という観念はないので、

ちょっと卑怯ですよね~

スーパーマン

 

 

人が惹きつけられるヒーローに話は、

人をやる気にします。

「成長」というキーワードを映画に例えて語るだけで、

ストーリーテリングになるんですよ。

人がやる気にする話をするのに、

映画の話をしてみてはどうでしょうか!

会う人を元気にする話しをすれば、

みんな、あなたの話しに惹きつけられるようになりますよ。

ぜひ、どこかでやる気の出る話をしてみてください。

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ412日目

 

 

 

おはようございます!

今日は台風が上陸しています。

十分お気を付けください!

 

 

 

さて、

あなたにとって、

ヒーローとはどんな人でしょう?

いろいろなご意見がいただけそうですね。

正義の味方、

助けてくれる人、

救世主、

期待を背負ってくれる人

などなど他にもあるでしょうね。

 

ヒーロー

 

人はどんな人に惹きつけられるのか。

そういう観点でいえば、

ヒーローは人々の心を惹きつけますよね!

その魅力は何かって考えてみましょう。

 

 

私の師匠の一人、

遠藤晃先生から学んだ話をご紹介します。

ヒーローとはいろいろな定義があるかもしれませんが、

「自己犠牲を払う人」

という定義があるんじゃないかと。

自分を犠牲にして何かを成し遂げる人のことを言います。

 

 

分かりやすい例を挙げると、

映画「アルマゲドン」ですね!

知らない方がいたら観てくださいね。

念のため言いますが、以下ネタバレしますから(^^;

 

アルマゲドン 

 

 以下、あらすじです。

主人公のハリーをブルースウィルスが演じてます。

このハリーは、地球に迫ってきている彗星を破壊すべく、

スペースシャトルに乗って宇宙へ旅立ちます。

計画通りにいけば、彗星を破壊して、

シャトルに乗って帰ってくるはずだったんです。

しかし、物語はそう簡単にハッピーエンドにしてくれません。

トラブルが発生し、ハリーは彗星に残ることに。

そして、自分の身を犠牲にして彗星を破壊するのです。

そして彗星は粉々になり、

地球は救われたのでした。

これが映画のあらすじです。

アメリカ映画らしくて、アメリカ以外の都市が

結構破壊されていた気がしますが、

アメリカが無事であればハッピーエンドなんですよね(^^;

 

 

この映画では、

ハリーが自分の身を犠牲にして地球を救うという

「自己犠牲」が払われました。

ハリーはヒーローですよね。

こういう姿に人は惹かれるのでしょう。

ハリウッドはこのストーリーを研究し尽くしていますね。

 

 

 

「組織の中で人を引っ張る立場の人」が、

意識をするといいと思うことがあります。

人はヒーローを求めているということ。

だから、自分が自己犠牲を払い、

周りの人たちのヒーローになれればいいでしょう。

しかし自分がヒーローじゃなくても、

ヒーローの話をするだけでも

周りの人の心を動かすことはできるんですよ。

 

 ストーリーテリング

 

ストーリーを語ることで、

相手にある事例を疑似体験してもらうことができます。

これは説明ではないんです。

ストーリーテリングなんです。

疑似体験することは、

私たちのようなサービス業でとても重要なのです。

売るものが目に見えないものだから、

体験してもらうことができないからです。

だから、ストーリーを語るのですよ。

 

 

自身が体験したこと、

誰かが体験したことを

説明ではなくて、

物語として語ってみてください。

相手が引込まれてきたら

それが疑似体験をしてるということです。

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.15更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ412日目

 

 

 

おはようございます!

今日から三連休というのに、

あいにくの台風が直撃。

上陸するとのことなので

くれぐれもご注意くださいね。

 

 

 

どんな運動をするのにも、

軸という観点があります。

テニスをするのも軸があります。

私はゴルフをしませんが、

ゴルフのスイングは軸の意識が

とても重要ですよね。

 

 

走る時にも軸は重要です!!

あの桐生選手、

100mを10秒切るために

走る時に軸がブレないように

かなりトレーニングをしたそうです。

桐生選手

サニブラウン選手もかなり筋トレして

軸が安定してきてますよね。

軸がぶれると左右に余計な動きが生じて、

それがタイムに大きく影響を及ぼすんですね。

 

 

短距離だけではありません。

マラソンでも軸は大切なんです。

フルともなれば4時間5時間を走る続けるわけですよ。

だから当然疲れてきます。

軸がぶれると、左右だと足のバランスが狂います。

前後だと骨盤周りが後継したり前傾したりしますね。

結局、軸がぶれることで身体に余計な負荷がかかり、

それが原因で痛みが出てくるんですよ。

私の場合は、軸どころか全体的に筋力、持久力不足です。

全身が痛みますね(^^;

 

 

 

こんな軸を安定させるために

地味な筋トレが効きますよ。

ポッコリお腹も凹みます。

ぜひトライしてください。

簡単です。

こんな姿勢をキープしてください。down arrow

フロントブリッジ

フロントブリッジといいます。

とりあえず、これを90秒キープを目指してください。

腹筋は一日で回復しますので、

毎日やってください。

毎日やれば、すぐ90秒くらいは

できるようになりますよ。

楽にできるようになれば、

片足をあげてみると一気に負荷が上がります。

お試しあれ。

ちなみに、この動きは楽に終わってはいけません。

腹筋がプルプルしてくるまで我慢できると

筋トレの効果がかなりあるんですよね。

限界まで頑張ってくださいね!

フロントブリッジ2

 

 

 

軸の考え方はスポーツだけではありません。

自分の考え方にもいえると思います。

自分の中にちゃんとした軸がないと、

朝令暮改となってしまいます。

言ってることがコロコロ変わると

信用の問題にかかわってきますからね。

 

 

自分のあり方を見つめ直すことで、

軸というものができてくるんです。

これは、お客さんに対する姿勢でもあり、

スタッフに対する姿勢でもあります。

朝礼ではきれいごとを言ってて、

仕事中には全く逆のことを言ってる経営者もいますよ。

日本には中小企業が99.7%なんです。

中小企業の経営者はワンマンが圧倒的に多くて、

社長の一挙手一投足で方針がどうにでもなるんです。

だからと言って、コロコロ変えていい訳ではありません。

大事なことをお伝えします。

「有言実行」であること。

「言行一致」であること。

これが信頼を築く基礎です。

 

 

 

私も事務所内で経営者としての

軸を問われる出来事がありました。

自分の信念を通していければ、

後悔することは少なくなりますよね。

妥協することは簡単です。

妥協はいつでもできますから。

自分の軸から大きくずれてないか、

定期的に考える時間を取ってみましょうね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.09.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ406日目

 

 

 

おはようございます!

今日は日曜ですね。

いかがお過ごしでしょうか?

私は久しぶりに外でランニングを!

と考えていたのですが、

腰回りの調子を整えているため、

走るのはやめて、

ウォーキングにしておきます。

 

 

 

昨日は午後から研修を受講してきました。

その中であらためて

「そうだよなぁ」と思うところがいくつかあり、

一部をご紹介します。

 

「長寿企業に学ぶ企業存続のかぎ」

という内容で、

村橋剛史先生の講義がありました。

村橋先生は、岐阜協会の中小企業診断士の勉強会で

ご一緒させていただいています。

朝日大学の先生でもあられるので、

とても分かりやすく話をしてくれました。

 

 

実は、日本には

世界に誇る長寿企業が数多くあるのです!down arrow

長寿企業

 

 

 

長寿企業における基本は、

「不易流行」だそうです。

 

「不易」とは、

「今まで築いてきた創業の精神や基本理念を

脈々と受け継ぎ、

大切な家訓を守っていく。

起業としての社会的使命をしっかりと

認識したうえで社会に必要な存在となる。」

と説明いただきました。

 

「流行」とは、

「常に時代の流れを察知しながら、

新しい試みにチャレンジしていく姿勢を

忘れない。

商品、お客さん、ビジネスの方法も

以前のものを守るだけでなく、

時代に合わせて変化させていく。」

ということだそうです。

 

 

そして、この「不易流行」を基本とし、

「身の丈経営」を続けていくことで、

起業が永く継続できるのだそうです。

 

 

この「身の丈経営」とは、

長寿企業の特色をまとめたものです。

売上、規模など地に足をつけた経営をすることだと

解釈しました。

適正規模の売上げを守り、

リスクを理解して不要なリスクを取らない。

堅実な経営を心掛けることが

重要なのですね。

堅実で過去の遺産を守っていくというと、

保守的なイメージになりますが、

面白いと思ったのは、

「業務を絶え間なく改善し、

他社にないサービスを提供する。」

ことを言われたことでした。

 

 

 

ダーウィンの進化論の中で、

生き残るためには、

変化し続けられることが条件だそうですね。

それと同じで、

長寿企業にも過去に大きな変化を求められることが

何度となくあったのでしょう。

現在も存在するということは、

「常に変化をしてきたから」

ということなんですね。

 

 

成長する=変化し続けること

私自身も常に変化し続けたいし、

スタッフ、お客様にも成長し続けてほしいです。

まずは自分からですね。

あなたは、変化してますか?

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030