2018.05.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ667日目

 

 

おはようございます!

今月もあとわずか。

今日は社外取締役の会社の会議と

市役所の監査のお仕事、

帰ってきたら相談が2件あります。

月末は何かとバタバタしてます(^^;

 

 

さて、

売上が伸びている若い会社で

ずっと伸び続けるための条件って

何だと思いますか?

 

 

実は会社の成長には

あるタイミングで会社を

変化させていく必要があるんです。

その大きな変わり目は、

社員数が10人を超えた辺りで

やってきます。

これまで社長が会社の動きを

見渡せていたのに、

10人を超えていくと、 

全体が見えなくなってくるんです。

そのためミスが多くなります。

情報が伝わらなくなってきます。

人がすぐに辞めていくようになります。

そして売上の伸びは止まってしまうんです。

 

 

先日出版された私のブログの師匠、

板坂裕治郎さんの著書のオビにも

書かれています!down arrow

 社長の鬼原則

「社長がエースで4番の会社に

未来はない」と。

この本は、

「2000人の崖っぷち経営者を

 再生させた社長の鬼原則」

という書籍です。

 

 

結局、社長一人のマンパワーなんて

限界があるんですよ。

組織で立ち向かっていくための

仕組みづくりをしなければ、

いつまで経っても

売上はある金額から

伸びなくなってしまうんです。

 

 

組織の人数によって、

10人の壁、

30人の壁、

50人の壁、

100人の壁というように、

組織が成長するときに、

大きくデザインし直す必要があるのです。

簡単に言うと、

組織図の形を

変化させないと、

それ以上に成長しないということなんです。

 

 

私のクライアント様にも

これからこの壁に挑む会社があるんです。

どんな形に変化させながら

成長していくのか、

一緒に成長を見守っていきたいです。

組織が変化するときは、

大きなリスクも伴います。

有能な経営幹部が退職したり、

一斉に数人が団結して

退職することがあるんです。

 

 

社長が退職者が出るという情報を

知っているか?

知らないか?

で、社長の覚悟も違ってきます。

大切な幹部が辞めるときくと

弱腰になってしまいます。

では、なぜ幹部が辞めていくのでしょう?

それは、今までは何となく付いてきただけ。

社長が方向を定めた途端に、

会社に居づらくなるんです。

そう考えると、

会社の成長に

その幹部の退職は必然ということ。

この考え方を先に知っていれば、

社長も会社を大きく変化させる

覚悟が決まります。

こうやって、

組織をデザインし直すことができると、

会社の伸びしろが大きくなるんです。

自分一人ではなく、

組織で一緒に経営に取り組んでいく。

そんな経営を理念経営というんです。

詳しくはまたの機会に(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ666日目

 

 

おはようございます!

今日のブログはキリ番の666日目!

1000投稿まであと334日です。

来年の4月27日で1000日達成みたいなので、

とにかくあと11か月書き続けます(^^ゞ

 

 

今日のブログは、

この書籍の中に書かれている

本領発揮という言葉の

本領についてお伝えします。

「殻を破れば生まれ変われるかもしれない」

殻を破れば生まれ変われるかもしれない

アチーブメントの取締役で、

主席トレーナーでもある佐藤英郎先生の

著書なんです。

まさにアチーブメントで学ぶことが

満遍なく散りばめられた内容で、

とても読みやすく面白く、

一気に読み終えることができました。 

 

 

 

佐藤先生の研修の中で、

本領発揮の本領、

つまり、

あなたの真価とは何ですか?

と聞かれたことを思い出しました。

 

 

スポーツ新聞の見出しで

ある選手が活躍したときに

本領発揮って書かれたりしますが、

その本領というのは、

その人ごとにそれぞれ違いますよね。

だから、自分の本領というもの、

自分の真価とは何なのだろうと

考えてみるんです。

 

 

このブログでよくお伝えしている

効き脳診断のことを例えに出すと、

誰もが思考スタイルは違っています。

良い悪いではなく、

それぞれが持つ個性なんですね。

真価というのも、

それぞれ個性があります。

あなたの真価は

あなたにしかありません。

 

 

ただ、

自分ではその強み、真価、本領が

何なのかを気づいていないかもしれませんね。

自分の強みが何なのか、

自分で考えていることと、

周りの人が見ているものとは

違うかもしれません。

 

 

佐藤先生は、

周りに聞いてみたらいいと

言われました。

自分で気づかなかった自分の強みが

聞けるかもしれませんね。

 

 

本領を見つけたら、

発揮するだけです。

勇気を出して発揮しましょう。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ665日目

 

 

おはようございます!

今日は日曜日なので2週間ぶりに休みます!

この先も休みがしばらくないしね。

週末は軽めの投稿をします。

 

 

昨日は日中はロータリークラブの研修でした。

普段は所属するクラブで例会をしますが、

そのクラブが所属する地区という大区分があり、

私の住む岐阜は、岐阜県と三重県で構成されています。

その地区の研修が地元のホテルで開催されました。

 

ロータリー

 

どんな集まりでも必ず力を入れること。

それが会員の増強です。

会社では売り上げ先を増やしたい。

病院では患者さんを増やしたい。

介護施設では利用者さんを増やしたい。

学校では生徒を増やしたい。

自分の価値を提供しようとしたら、

つまり、社会に貢献しようとしたら、

必ずその相手を増やさないといけません。

人口の増減があるように、

今現在のお付き合いしている人も減っていきます。

だから誰もが自分の価値を受け取ってくれる人を

探しているのですね。

 

 

ロータリーは奉仕の精神で成り立っています。

自分の職業を通して社会に貢献するのです。

私はまだまだロータリーに入りたてで、

勉強が足りませんが、

やはり会員を増やして貢献できる範囲を拡げるのは

当然努力しなければならないことなんですね。

 

 

昨日の研修会では、

岐阜のある地域のクラブが

大きく会員数を増加させた事例を

紹介していただけました。

そのためには、

まずはなぜ会員が増えないのかを

リサーチ、アンケートをされました。

その結果、

現在のクラブに価値を感じていただけてないような

いろいろな意見があったそうです。

そして大事なのは、

相手に合わせて自らが

変化したということなんです。

 

 

ロータリーというと、

年配の経営者の団体というイメージを

もたれる人が多いと思います。

そうなると普通は、

今までやってきたことを変えるって

とても勇気がいることだと思うんです。

しかし、その時の会長が先頭に立ち、

おおきく考え方や活動の方針を変えたそうです。

その甲斐あって、

会員数が1.5倍に増えたという事例でした。

 

 

私たち経営者も同じで、

今までの経験の中での成功事例というものが

頭や体に染み込んでいて、

どうしても変化ができない人がいます。

危機感を感じていても、

どうしても変われない。

 

 

人は変化を嫌うように

プログラミングされています。

心臓の鼓動や呼吸のように、

同じ動きをしていることが安全だと

本能に刻まれているから。

だけど、

経験からきている成功体験は、

自分の意志で変えることはできるはず。

生まれた後で憶えた成功体験ですからね。

後で何度でも書き換えられるはず。

 

 

でも、分かっててもできない。

いや、分かってない人の方が多いか。

だから変化できる人は浮かび上がるんです。

周りが変化しないからね。

 

 

毎日毎日変化し続けることは

とても精神的に負担がかかりますが、

この一点だけでも変化すると

大きな影響を与えることを探して、

それだけでも変えてみてください。

 

 

今の時代は、

じっとしているだけでは

下りのエスカレーターに乗っているんです。

知らぬ間にどんどん下がってしまいます。

上りのエスカレーターに乗りかえる行動を

起こしましょうよ。

まずは一歩だけね。

その一歩が大きいんです。

すべてはその一歩の積み重ねだから。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。 

 

 

おはようございます!

昨日は雨でしたが、

名古屋の栄で仕事してきました。

岐阜から電車でしたが、

ほとんど傘を必要とせずに

行って帰って来られるんですね。

街は便利ですな♬

 

 

さて、

最近はセミナーでの講師をする機会を

多くしています。

一度セミナーを開催すると、

集客について、

会場の準備、

実際にしゃべること、

その後のフォロー、

と何かと忙しくなるんです。

でね、

今月は何を考えていたのか、

自主開催セミナーを2回、

生保代理店向けセミナーの個別相談対応、

歯科医の先生向けセミナーと、

4回もやってしまいました。

ちょっとフォローが間に合っていないので、

いっぱいいっぱいです(^^;)

6月以降に順次対応させていただきます。

 

 

 

実は私が開催しているセミナーでは、

特典として無料の個別相談が付いてるんです!

1時間程度ですが、

セミナーの振り返りと、

今現状の課題を明確にするという目的で

個別相談をさせていただいています。

セミナー

 

 

忙しいと言いながら、

この個別相談がオモシロいんです!

たった1時間ですが、

いろいろな話しができるんです。

私はこの時間がとても好きです。

だからセミナーをしているのかもしれません。

 

 

 

今日も生保代理店さんの個別相談を

させていただきました。

決算書の見方のお話もありましたし、

経営者向けのセミナーの企画の話しもありました。

過去の話しではなく、

これから先の未来の話しをします。

 

 

お金のブロックパズルは万能です。

会社のお金の流れだけではなく、

事業承継の話しにも使えます。

ファイナンシャルプランナーのような

ライフプランからのお金のブロックパズルという

流れも上手く説明ができます。

スタッフさん向けセミナーでも、

スタッフさんの給料の手取り額を

ブロックパズルにして説明をしていきます。

ここに数字を当てはめていくだけで、

未来の世界が見えてきます。

分かり始めるとオモシロいんです。

個別相談に来られ方は

すべての人が笑顔で

帰っていかれます(^^)

 

 

なぜキャッシュフロー経営が必要なのか、

それは個別相談に来られて

はじめて分かるのかもしれません。

そのためにも、

セミナーに参加されるか

是非無料相談に事務所までお越しください。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ661日目

 

 

おはようございます!

5月も後半に入り、

3月決算法人の申告業務が山積みになっています。

今月はセミナーなどを集中して入れたこともあり、

昨日は予定をキャンセルして

事務所での業務をこなしました。

やることが多すぎて

息が詰まりますね(^-^;

 

 

そんなときに

大きな方向性が間違っていないかを

確認する作業が欠かせません。

目先の急ぎの仕事に集中するあまり、

本来やるべきことが

後回しなんてことがないようにね。

 

 

ここ最近では、

アチーブメント社の手帳を使っています。

朝一で出かけたり、

直行するとき以外は、

事務所で一日のプランニングをしてから

仕事を始めるようにしています。

 

 

朝のプランニングでは、

1、習慣チェックリストをチェック

2、月間行動計画表をチェック

3、マンスリープランナーに漏れがないか確認

4、ウィークリープランナーを確認

5、デイリープランナーに昨日の時間割の結果記入

6、デイリープランナーに今日の時間割記入

7、デイリープランナーのタスクを記入、確認

だいたいこんな感じでしょうか。

かかる時間は意外と必要ありません。

と言っても15分くらいあると

しっかりタスクまで書き込んでおけますね。

プランニング 

 

 

週末と直行の日には

使いこなせていないため、

その時間を確保するよう、

そのプランニングも必要ですね。

今日は直行でしたので、

昨日の夜にプランニングを済ませておきました。

 

 

1、やるべきこと、

2、やりたいこと、

3、やったほうがいいこと、

4、やらなくてもいいこと、

これらのうち、

4の「やらなくていいこと」は

即やらないと決める。

1はやり忘れることはありません。

ほっといてもやりますよね。

問題は2と3です。

特に2の「やりたいこと」については、

その価値が優先順位が高いものであれば、

自身のプランの中に入れて

実行できるようにする必要があります。

プランしない限り、

どんどん先送りされてしまいますからね。

3の「やったほうがいいこと」も、

優先順位付けをしながらやるべきでしょうね。

 

 

忙しくても、

ちょっとだけ時間を取ることはできます。

そのちょっとをプランニングするかどうか。

その習慣をつけることが

難しいのですが大切な事なんですよ。

 

 

 

時間というものは見えないので、

プランナーを使って、

自分が何に時間を使っているかを

見えるようにするのがポイントです。

 

ファイロファックス 

 

どんな手帳を使うかは、

はっきり言って何でもいいです。

やるべきことが実行されている環境を作る。

そのために慣れたもので継続してください。

続けることが一番難しいけれど、

その分、効果があります。

ぜひ!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ660日目

 

 

 

おはようございます!

昨日はとてもショックなニュースが

飛び込んできました。

登山家の栗城史多さんの

エベレストでの訃報でした。

ニュースを見て

何かの悪い冗談だと思いました。

 

 

 

福島正伸先生のつながりで

お名前を知ることになり、

一度講演をお聞きしたこと、

今年1月のアチーブメントの講座で

ご一緒したときに直接お話しする機会もあって、

今回の登頂ではFacebookの投稿を見て

ずっと応援していました。

 

 

挑戦し続ける姿を

見せ続けてきた栗城さん。

本当に残念ですが、

エベレストで最期を迎えられたのは

幸せだったのかもしれません。

 

 

昨日の朝に見たFacebookの投稿では

体調もよくなってきて、

慎重に登っていくと書かれてました。

私の頭の中では、

彼がとても危険なチャレンジをしている事は

分かってるつもりでしたが、

いざこういう事になって

あらためて危険と隣り合わせだったんだと

気づかされました。

 

 

人は見えているところだけで

自分勝手に思い込みます。

見えていないところは、

自分の想像だけで穴埋めしてしまうからです。

人が大変な思いをしていても、

それを見せない人だと

なかなか気づくことができません。

 

 

言われないと気付かない。

見せられないと思いつかない。

「百聞は一見に如かず」といいますが、

自分の想像力というのは

つくづく身勝手なんだなぁと

思いました。

 

 

 

去年、エベレスト登頂を舞台にした映画を

見る機会がありました。

経験者たちでも命を落としていく

想像を超えた映像でした。

それを見ていても、

栗城さんだけは違うんだと

勝手に思い込んでいる自分がいました。

 

 

自分の命を賭けてまで

挑戦し続けた彼の姿が

心に刻まれました。

栗城さんは挑戦することを通して

否定の壁というものをなくしていこうと

していました。

「お前になんか無理だ」

山登りを始めた時に、

周りからそういわれたそうです。

はじめから否定され、

家族からも否定され、

今では周りから応援される存在になりました。

ご自身が挑戦し続けることで、

そんな否定の壁を乗り越えるための

勇気を周りに与えていきたいと

仰ってました。

 

 

 

昨日の投稿で書いた言葉。

「求よ、さらば与えられん。」

命を賭けてまで求めること、

あなたにはありますか?

私の求めるものに、

そこまでの覚悟があるか?

 

 

栗城史多さんのご冥福を

心からお祈りいたします。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.21更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ659日目

 

 

おはようございます!

今日から新しい一週間が始まります。

先日、古い仲間と飲みに行きました。

ちょっと驚くことがあり、

何とかいい方向に向かうことを

願いながら、

今日の投稿を書きます。

 

 

古い仲間のなかに、

なかなか仕事が長続きしない人が

いるんですね。

上にも書いた驚くこととは、

また仕事をやめたということでした。

彼の場合はいろいろな条件が複雑なこともあり、

難しい立場にあることは

分かってるつもりです。

きつく当たられたりするのか、

我慢することが多いのかもしれません。

 

 

しかし理由を聞くと、

ほとんどが相手の悪いことばかり。

入社時の条件と違っていたとか、

理不尽な指示をされたとか。

詳細は知りませんので、

こんなことを言う資格はありませんが、

「全部自分が選択した結果でしょ。」

と思う。

人の責任ではない。

入社することは自分で決めた。

そして、

「条件に合うようにしてもらうために

 働いているわけではないでしょ。」

とも伝えた。

 

 

仕事をすることで何を求めているのか?

自分の能力や知識を認めてほしくて

就職したわけではないはず。

何を求めているか?

自分に問い続けること。

人生に何を求めるか?

アチーブメントの研修で

一番多く聞かれた言葉かも。

「求よ、さらば与えられん。」

聖書の言葉

まず、自分が何を求めるかです。

友人も外的コントロールからはずれ、

自責の発想で行動できると

大きく人生が好転するのでしょう。

でも、周りが言っても気が付けないんですよね。

自分で気がつく以外、

人が変わるきっかけはないのだ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ658日目

 

 

おはようございます!

気持ちいい季節ですね。

天気もいいし、

遊びに行きたい!

しかし、

今日は大事なセミナー講師の

お仕事があるんです。

参加者の方が満足いただけるように、

事前に準備をしてきました。

今日は、準備のしかたについて

お話ししますね。

 

 

マラソン選手で川内優輝選手を

ご存知ですか?

4月のロンドンマラソンで優勝し、

プロに転向したことが

記憶に新しいですね。

川内選手

 

この川内選手、

練習方法が変わっていると有名でした。

埼玉県の県職員として働きながら

マラソンを続けていたので、

練習時間が取れないという悩みがありました。

そこで彼は、

毎週、日本のどこかのレースに参加することで

練習に代えていたそうです。

練習すればどのみち20キロとか

走るわけです。

週の半ばは軽く調整して、

週末にどこかのハーフやフルマラソンを走ることで、

目指すレースに向けて練習していました。

お金もかかりますし、

心底マラソンが好きじゃないと

できないと思います。

そして先月に結果を出して

プロに転向となりました。

 

 

 

今日の講師の仕事をするにあたり、

私も練習が必要だと思いました。

自分で主催する未来経営セミナーは

今年に入ってからお休みしてました。

今日お話しする内容と大きくは違わないけれど、

ある会社さまと私が所属するコンサルの協会との

関係性の中で開催するため、

いつもとは重さが違うんですね。

ちょっとプレッシャーが汗

 

 

ということで、

ちゃんと練習しなければいけないわけです。

で、どうしようかと思い、

「そうだ!、

 本番の前に自分でセミナーをしておこう!」

と思い、

今月は10日に友人とコラボで、

17日は単独でセミナーを開催しました。

自主開催の未来会計セミナーとしては

通算して18回目の開催となりました。

他での講演を合わせると20回を越えます。

 

 

 

セミナーを開催すると、

事前準備やアフターフォローもできるので、

大変ありがたいのですが、

その分負担も大きくなりました。

しかし、

やはり場数があれば、

感覚を体で覚えますので、

似た内容の部分はある程度カバーできるんです。

 

 

今日の午後に本番なので、

ちょっと緊張してますが、

話し始めれば何とかなるかなぁと

勝手に思い込むことにしました(^-^;

 

 

あなたも、

なにか大きな舞台があるとき

どうしようかと思ったら、

本番を兼ねて、

別の本番をしてみるのを

一つのアイデアとして

覚えておいてください(^^)

 

 

大変だけど

その分成果もでるし、

本番が楽しみになりますよ。

要は場数です。

おススメの方法です!

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ656日目

 

 

おはようございます!

昨日は未来会計セミナーを開催させていただきました。

参加者の方には高評価をいただき、

個別相談もやる気がでますね。

 

 

さて、

今日は誰かに何かを依頼するときの

話し方について、

コーチングのスキルを織り交ぜて

お話ししたいと思います。

 

 

例えばですが、

公的機関に何か調べてもらおうかというとき、

どうやって相手を動きやすくするか。

言い方によってレスポンスが違うことがあります。

うちのような税理士事務所では、

税務署にお客様の情報を確認することがあります。

でも、電話口で、

「アレも教えて、

 コレも教えて。」

って言うと、

電話口の職員さんがどう思うか。

「顧問税理士だからいいんだけど、

 俺が勝手に情報開示してるみたいで嫌だなぁ。」

と思ってると想像するんですよ。

では、どう聞けばいい?

相手の立場に立てば

おのずと分かってきます。

 

 

コーチングの世界では、

質問のタイプが二つあると教えています。

オープンクエスチョン、

クローズドクエスチョン、

この二つです。

それぞれどう違うかというと、

クローズドクエスチョンは、

回答が「はい」、「いいえ」で

答えられる質問です。

具体的には、

「あなたはお腹すいてますか?」

「はい」または「いいえ」ですね。

クローズドクエスチョン

これに対して、

オープンクエスチョンはその逆です。

「あなたは何が食べたいですか?」

「寿司!」

「ステーキ!」

「鰻!」

「焼肉!」などなど。

オープンクエスチョンは答えがいくらでもあります。

会話の幅を広げたいときは

このオープンクエスチョンで質問するといいですね。

 

 

 

でね、

話を戻すと、

固い職場の税務署に調べてもらおうとすると、

「○○さんの消費税の届出、

 どうなってるか教えてください。」

というオープンクエスチョンより、

「○○さんの過去の申告から○○課税の状態だと思うので、

 それで申告するつもりですが、間違ってませんか?」

こうやって聞けば、

税務署的には正しく申告してほしいので、

確実に調べて対応してくれますよね。

しかも情報を開示せず、

「はい」か「いいえ」と答えただけという

安心が得られます。

でも、単純にオープンで聞いてしまうと、

職員さんが調べたことを

外の人に開示することになりますよね。

正式に請求すれば当然やってくれますが、

さっと教えてもらおうとすると、

聞き方ってとても重要なんですよ。

 

 

あなたも質問の型を身に着けると、

もっと欲しい情報が楽に手に入りますよ。

相手の立場にたって考えてみることが

一番のポイントですね。

意識して質問の仕方を変えてみてください(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.05.17更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ655日目

 

 

おはようございます!

昨日も暑かったですね(^^)

今日は午後から未来会計セミナーです!

先週は銀行対応のコンサルの方との

コラボセミナーを開催しました。

少し私のパートの持ち時間が短かったので、

いつもより言いたいことが

言い切れなかった感が残りました。

明日はマルっと2時間、

いや、ちょっと超えちゃうかな?

全部出し切ります(^^)/

 

 

今日は自分の人脈を使うときの

注意点についてお話しします。

以前、ちょっと失敗したことを

また繰り返してしまい反省・・・

 

 

どんな事かというと、

クライアントさんが士業の先生を探していて、

私のお世話になっている先生をご紹介しようとして、

その先生に事前に連絡をしておいたのですが、

結果的にクライアントさんが

「やっぱり他の人に頼みました。」

という連絡が入るという残念な出来事がありました。

 

 

この結果には私がやらかした事があって、

以前にも同じパターンで

士業の先生に迷惑をかけてしまいました。

何をやらかしたかというと、

私自身がクライアントと

直接話してなかったということ。

忙しくて出掛けていたこともあり、

担当者から連絡をもらい、

私が気を回して

先に士業の先生のところに

「〇〇さんという方が、

 こんな相談があると思うので、

 お話を聞いてあげていただけますか」

と連絡したんですね。

でも、その後クライアントさんからは

何も連絡がなく、

士業の先生からも

気を遣っていただいたにもかかわらず、

何も動きがない。

担当者に聞いてもらうと

「やっぱり相談するのやめたわ」

と言ってたとのこと。

この時に、

私が直接クライアントさんの話を聞いてあげて、

それから士業の先生にバトンをつなげば

スレ違いはなかったかなぁと反省しました。

自分の人脈を安売りしてはダメだと、

肝に銘じたはずでした。

電話で担当者が対応 

 

 

しかし!

またやらかしました。

今回はタイミングが悪く、

担当の女性スタッフが電話で相談を受け、

『「専門家に書類を書いてもらうつもりだ」

 と言われてます』

とのこと。

電話を私が変わろうとしましたが、

うまく担当スタッフに伝わらず、

結局私が直接話をしてませんでした。

でね、今回も士業の先生に先回りして連絡してあげたんです。

「〇〇さんという人から電話があると思うので、

 相談に乗っていただけますか?」

と電話をしておいたんです。

でね、今日担当スタッフに電話があり、

「会社のパートさんの知り合いの〇〇士に

 依頼しました。」

とのこと。

私が依頼した先生には電話もしていないそうでした・・・

 

 

普段はほとんどのこういった相談は

しっかり士業の先生におつなぎしているのですが、

たまたま半年くらいの間隔で

似たような出来事があったので、

気になりました。

かなりショックです。

私がお願いした先生にも申し訳なく、

後味が悪いてんまつでした。

 

 

しかし、

相手のクライアントさんが悪いとは言い切れず、

結局は私が責任もって対応していることを

相手に伝えられていなかったということなんですね。

担当スタッフ自身も、

クライアント様から軽視されているというか、

人脈を軽く見られたということで、

ちょっと悲しい結果となってしまったでしょう。

 

 

そうならないためにも、

スタッフのため、

クライアント様のため、

仲間の士業の先生のためにも、

ちゃんと直接あいだに入って

相談を受けないとこうなるんだという

教訓をいただきました。

信頼にも関わることなので、

しっかり対応していきますよ。

 

 

ということで、

法律関係など税務以外のことも

専門家におつなぎしますので、

ご相談くださいね、私に(笑

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030