2017.10.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ456日目

 

 

 

おはようございます!

新しい週の始まりですね。

しかも今週は11月が始まります!!

今年も残すところあと2か月!

あー、今年もこのまま終わってしまう・・・

なんて思ってる人いませんか!?

まだ2か月あるんです。

この2か月のうちに

できることをお伝えするセミナーを開催します。

未来会計セミナーです。

今回は、経営者以外の方が多数参加されるので、

貯金を増やすためのお金の考え方を

お話しする予定です。

ご興味がありましたら、

こちらをご覧ください!down arrow

未来会計セミナー

未来会計セミナー 

 

 

 

さて、いきなり宣伝から始まって

スミマセン(^^;

本題に入りますよ!

今日は自分のことは見えないからこそ、

気をつけないと恥ずかしい思いをします。

そんな体験談をお伝えします。

 

 

ある団体にお付き合いから入会することになり、

今年の初めころに手続きをしたんですね。

女性が多いコミュニティで、

それぞれが入会の案内係だったり、

入会後の個人情報の登録係だったりと、

役割分担をして組織運営しているようでした。

 

 

そのコミュニティからは

定期的にメルマガが届くようで、

数日後に最初のメルマガが届きました。

よーく見ると、

宛名が、

「藤垣寿道」となっています。

しょっちゅうあることで慣れているのですが、

名前の漢字が間違っていました。

「道」ではなくて「通」なんです。

間違えられることは慣れっこですが、

メルマガのような定期的に送られてくるものに

間違えられて届くのはさすがに嫌だなぁと思い、

名前の漢字が間違ってるので

訂正しておいてくださいと返信しました。

 

 

すると、

とても丁寧に謝罪のメールが届いたんですね。

で、宛名もちゃんと治っていました(^^)

しかし、

ここからがガッカリでした。

その直後にこんなメールが届いたんです。

「あなたたちね、

 名前の登録はミスがないように

 入力後にダブルチェックをしたと

 言ってたじゃないですか!

 それなのに入力ミスがあるというのは

 どういうことなのでしょう!?

 今後の改善点をしっかり考えて、

 対処策を返事くださいね!!」

という内容です(^^;

 

 

リーダー的な存在の人が

入力担当の人たちにメールを送ったんでしょうが、

その中に私のメールアドレスが含まれていたようです。

改善点とか対処策などの仕組化について、

厳しく指摘されていましたが、

そんな内容のメールを誤って送ってしまう

あなたが一番まずいでしょ!

と言いたくなります(^^;

これについては返事もしませんでしたが、

なんだかガッカリなスタートでした。

 

人の振り見て 

 

人のミスには厳しく指導していても、

当の本人が気が付かないところでミスしていたら、

それって見本としてどうなの?

と思いませんか?

「人のふり見て

 我がふり直せ」

ではありませんが、

しっかり自分を見つめることも

忘れないでくださいね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

【岐阜】未来会計セミナー

11月13日(月)13時30分開始

OKBふれあい会館にて

ご参加ください(^^)/

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ455日目

 

 

 

おはようございます!

毎週土日になると雨。

せっかくの週末ですから

気持ちの良い晴れ間を見たいですね。

昨日はフルマラソンに向けて

最後の長距離練習の予定でしたが、

ジムで走りました。

25キロもジムで走ったのは初めて。

汗ダラダラでしたが気持ちよかった。

でも、もう限界!

 

 

さて、今日は2週間ほど前に受講した、

福島正伸先生のお話の中から

気になったところをご紹介しますね。

 

 

福島先生は「メンタリングマネジメント」という著書の中で、

人に影響を及ぼすためには、

見本、信頼、支援だと言われています。

特に重要なのが見本のところ。

ここが8割だといわれます。

 

 

見本というのは、

人の見本であること。

何のひねりもありませんが、

人を変えることはできません。

だけど、

自分は変えることができます。

人を変えたければ、

相手が見ているものを変えればいい。

つまり、

自分を変えるということです。

 

 変わる

 

見本というのは本当に難しいもの。

普段の何気ないこと、

不意に話す一言、

何でもない行動の中に、

見本として行動できているかが

問われているんです。

人は意識していないと、

必ずマイナスに向かいます。

楽な方に進みます。

暗くなります。

「明るい会社なんて自然にはできない」

と言われました。

何も意識しなければ、

会社は暗い会社になります。

意識するから明るい会社になっているんです。

勝手になってるんじゃありませんよ。

 

 

経営者は勘違いしてます。

社員を見てるのは経営者だと。

社員を評価するのは経営者だと。

確かに能力や成果を客観的に

評価する必要はあります。

しかし、

それだけではないんです。

実は経営者が見られているんです。

社員全員から見られてるんです。

経営者が本気なのか、

信じられる存在なのか、

経営者は見られてるんです。

経営者が本気でビジョンの達成を

考えていることが分かれば、

社員も本気で取り組みます。

要するに、

見本として生きているかを

見られているのは、

経営者の方だということなんですね。

 

人事評価

 

 

成功する人の条件というのは、

1、感謝の気持ちがあるか

 やってもらって当たり前と思っていないか。

2、相手の立場に立っているか

とアチーブメントの青木社長が話されていました。

これらも見本としてどうあるべきか、

考えれば分かりますよね。

 

 

なかなか普段から人の見本として

行動できているかと言われると、

まだまだ未熟なことばかりですが、

少しでも向上していきたいですね。

普段からどう生きるか決める。

やらないことを決める。

まず、ここから始めていきます。

 

 

来年の手帳を選ぶシーズンに入りましたね。

手帳には来年の目標を管理できるものもあります。

せっかくなので、

今年のうちに来年の目標を

決めておきましょう!

会社の目標の作り方は、

11月13日の「未来会計セミナー」に

ご参加ください!

根拠のある売上目標の決め方を

お伝えします。

興味があればご参加ください!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ454日目

 

 

 

おはようございます!

今週は金曜にいろいろ山場がありまして、

出番が多くて気合いが入りました。

私がやるべきことは何か?

妥協してまで仕事を取るのか?

納得のいく決断をしたのか?

など、自分を問い詰めることが多かったです。

 

 

 

ちょうど水曜の大阪での研修後の懇親会でのこと。

参加者同士でいろいろな話をしてました。

そんな中でとても共感できる話をされる方が

いらっしゃいました。

 

 

その方は、

お客様とは恋愛関係みたいなものだと

言われました。

恋愛

恋愛って?

と思いながら話を聞き進めました。

話を聞くと、

その方が大切なお客様と

縁を切った話でした。

とても辛かったそうです。

お客様の考え方が変わってしまったため、

そのまま仕事を続けるには

ご自身の信念に反することになる。

自分の信念を曲げてまで

仕事を続けるのか、

その仕事を断るのか。

 

 

 

その方はこう話をされました。

「以前はその方とは両思いだったんです。

 ですが、途中からおかしなコンサルが入り、

 お客様の考え方がおかしくなってしまった。

 どうして分かってくれないのか?

 今まで両思いだったのに、

 最後はこちらの片思いのようになってしまい、

 別れることになってしまった。」

これが恋愛のようなものと言われた理由でした。

 失恋

 

 

なるほど、確かにお客様とはそんな関係かもしれません。

男同士で恋愛というのは

危険ですね(^^;

しかし、

話しをしてくださった方は女性なので、

その話がとても腑に落ちました。

 

 

 

自分の信念と商売としての利益。

どちらを取るのか?

どちらを優先するのか?

これは経営者の判断です。

私は自分に嘘をついてまで

仕事はしたくありません。

信念を貫き、

それを伝えていくことで

組織としてのあり方も

定まっていくのかなぁと

感じています。

 

 

とは言え、

なかなか別れは辛いです。

しかし、

必要な別れもあるものですね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ453日目

 

 

おはようございます!

10月最終の土日がやってきますね!

来週の火曜が月末なので、

10月が締めの仕事は、

なんとか今日中に出来上がるといいですね!

 

 

 

はい、今日は会社の社員さんの話しです。

ここ数年、

採用が難しくなっていますが、

そんなことお構いなしで退職する人は

辞めていかれるでしょ。

幸い私の事務所では退職される人はいません。

実は、ある一定の場合には、

きまって社員さんが辞めていかれます。

ここは経営者は押さえておきたいところ!

 

辞表

 

 

私がコンサルティングをするとき、

事前にお話しするときがあります。

それは社長が本気で自分の在り方を

変化させようというときです。

どんな話をするのかというと、

「もしかしたら、

 長年勤められている社員さんが

 辞めたいと言ってくるかもしれませんよ。」

と伝えます。

 

 退職

 

どうして社長が変わろうとすると

社員さんが辞めようとするのでしょうか?

それは、社長の在り方が変わると、

会社の経営理念やビジョンが明確になるからです。

それまでは特に理念など形だけで、

意識する必要もなく

なんとなく仕事をこなしてきたとします。

しかし、

社長が経営理念を作り直して、

わが社はここに向かっていくんだ!と、

ビジョンを掲げるとします。

すると、今までは適当に流していた社員さんは、

むりやりそのビジョンに従わざるを得ません。

そうすると、その考え方に合わなくなった人は

その会社に居づらくなり、

結果的に辞表を提出してくるんですよ。

 

 

 

だから、

社長が本気になる時は

先にそんな話をしておくんです。

それでも自分や会社を変えたい!と

思われた時だけ本気のビジョンを作るんです。

先に分かっていると心構えができますからね。

そうならなければいいのですが、

結構そうなるパターンは多いです。

 

 

 

昨日も少し違うケースでしたが、

問題社員さんが現れて、

退職することになるとの話を聞きました。

そこはM&Aで経営者が変わるという極端な例でした。

当然、旧経営陣のぬるま湯のような環境に

なじんでしまっているため、

長く在籍していた社員さんには

とても辛い変化になるわけです。

それが嫌で問題行動を起こしてしまったというわけ。

 

 

 

M&Aというのは

とても分かりやすい例ですよね。

社長が新しい理念を作り出すというのも、

M&A並みにパワーがあるということなんでしょうね。

だから社員さんが辞める時があるわけです。

 

 

本気で会社を変えようとしている社長さんは、

変化が起き始めたときに

今周りにいるスタッフさんが

どんな行動に出るか、

注意しておいた方がいいですよ(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ452日目

 

 

おはようございます!

今日は岐阜県でも飛騨地方側の

クライアント様のところに行ってきます!

岐阜県は広く、

私が住む美濃地方と、

高山のある飛騨地方とでは、

他県かと思うほど距離感があります。

実際にうちから名古屋に行く方が

速いし近いですからね。

季節感も異なるので、

早く秋が深まっていると思います。

紅葉はまだ早いのかなぁ。

 

 

さて、昨日は午後から大阪で

研修講師の勉強に行ってきました!

去年からこの講座に興味があり、

ようやく学ぶことができます。

講師の野原先生は凄いんです。

パッと見は一見普通なんです。

でもね、

自身でも高額で長期間にわたる

コンサルティングを行いながら、

ご自身が生み出した質問中心の研修を

再現性を高くして講座をしておられます。

講座は9期目になるんですよ。

 

研修

 

この講座の中で、

私は研修の在り方を

あらためて考えさせられました。

研修や講師を依頼されると、

何を話そうかと、

いつも悩みます。

話す内容を詰め込みすぎて、

時間内に話すのが大変になったり、

一方的に話しまくるだけになったりと、

それが私のやり方でした。

 

 

 

というか、

研修のやり方を教えていただけることって

ないんですよね。

だいたい、こんなもんかな?

なんて思いながらやってました。

 

 

でもね、

そもそも間違っていたんです。

何が間違っていたかというと、

私は自分が話したいことを

伝えるということを重要視していたんです。

しかし、

研修をするということは、

何にコミットしなければならないかというと、

受講生の成果を挙げることなんです。

受講生がどうしたら行動を起こしてくれるのか!

これが全てだと野原さんから教わりました。

 

 

まだ講座は始まったばかりですが、

自分の軸を考え直すことから始まります。

奥が深いですが、

はやくコンサル先様などに社員向け研修を

させていただきたいです。

まずは、

「モチベーションマネジメント研修」

から取り組ませていただきます。

本当にスタッフさんの成果を上げる研修、

興味ある方はご連絡ください!

 

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ451日目

 

 

おはようございます!

今月も終盤ですね。

25日はお給料日です。

スタッフたちに感謝を込めて、

明細書を手渡します。

昔と違って今は銀行振り込みなので、

手渡すのは紙切れだけですけど

感謝の気持ちは変わりません(^^)

 

 

 

昨日のことをお話しします。

先月のセミナー受講者の方に

個別相談をさせていただきました。

個別相談

その方はこれから起業を考えていて、

今はその準備をされているとのこと。

まだ具体的な日時は未定ながらも、

やりたいイメージはかなり鮮明でした。

 

 

私はいつもイメージを描く時、

お金のブロックパズルを使います。

セミナーでもお伝えしているのですが、

やはりここでもバッチリ役に立ちますね!

 

 

先のビジョンを

ブロックパズルを使って描くとき、

そのイメージを数値化

していくことになります。

数字が先ではありません。

イメージが先なんです。

 

ビジョン

 

イメージとは例えば、

どんなお店をつくるのか。

どんな商品を提供するのか。

どんな広さで、

どれくらいお客さんは入れるのか。

人はどれくらい雇ってる?

お店は建てるのか、

それとも借りるのか。

いくらくらいの料金で、

どんなメニュー?

営業日数は?

そもそもコンセプトは?

なぜやりたいのか?

何を届けたいのか?

などなど、

実際に営業していると仮定して、

その時の状況を聞き出していきます。

 

 

そしたら、

もうその状況を数値化するだけですよね。

ブロックパズルに、

話を聞きながら数字を入れこんでいきます。

先に決まってる数字から入れていくと、

「売上はこれくらいないと困るね」

とか、

「利益率はこれくらいだといいね」

とか。

いろいろな質問と答えが交錯します。

 

 

でね、終わったころに

相談者の方が

こう仰いました。

「実際に営業を始めたみたいで、

 ワクワクしてきました♬」

そうなんです。

ビジョンというものは、

その場面が動画で描けるほど

詳細で鮮明に描けば描くほど、

そのビジョンは叶うと言います。

まさにこんな感じですね。

 

 

 

実際に着手されるのは

まだ先かもしれませんが、

しっかりしたビジョンが描けているので、

あとは次に何をやるかを決めることです。

アクションプランが建てられれば、

行動が加速するでしょうね(^^)

次回お会いする機会があれば、

そんな話をしてみたいと思います(^^♪

 

 

私のセミナーにご参加いただけた方には、

こんな個別相談をしています。

ご興味がおありでしたら、

ぜひセミナーにお越しくださいませ(^^)/

来月は11月13日13時30分開始で

予定しています。

あらためて告知ができるようになったら、

ご案内させていただきますね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ449日目

 

 

おはようございます!

岐阜県は台風が通り過ぎたようですが、

まだ関東東北の方面は危険そうです。

十分お気をつけてくださいね!

 

 

 

さて、

この台風のおかげで

マラソンの練習はお休みとなりました。

雨が降ってると何もできないかというと

実はそうでもないんですよ。

 

 

1.雨降りでも走る

2.ジムでマシンに乗って走る

3.ジムでバイクなど有酸素運動をする

4.ジムか自宅で筋トレをする

など、やることはいろいろありますよね。

 

 

単純に休むといっても、

アクティブレストといって、

運動しながら休むという考え方もあります。

具体的には、

ゆっくりとした有酸素運動をすることで、

筋肉を動かして血流を良くしてあげるんです。

そうすると、ただ単に休んでいるよりも

回復が速いとされています。

 

ストレッチ 

 

しかし、

休む理由は休息以外にもあります。

例えば、

痛みやケガの場合です。

大ケガというより

炎症になっていて痛む場合ですね。

ケガが私のいまの状況です。

 

 

ランナーは常にどこかを怪我していると言いますが、

私の場合は

膝の内側を鵞足(がそく)といって、

左側の鵞足部をいつも痛めるんです。

走り方のくせ、

骨盤のねじれ、

原因はこれらだと思ってますが、

長距離を走ると

発症するんですよね。

長時間にわたって筋肉を使い続けると、

どうしても元の癖が出始めます。

私の場合は先週の日曜に23キロ走りました。

走っている最中は痛みもありませんでしたが、

その日の夜に少し痛みが出てました。

週の半ばにそろそろ痛みが無くなったかと思って、

少し走ったんです。

これがまずかった!

まだ治ってなかったため、

すぐに痛みへとつながりました。

 

 

 

今現在はあまり痛みは感じませんが、

おそらく今走れば、

またすぐに痛みが出るでしょう。

だからこの台風は良い休息の理由を作ってくれました。

来週の週末にはレース前の最期の長距離を走るつもりです。

それまでは無理しないように他の部位を筋トレしてます。

 

 ストレッチ2

 

仕事でも同じかもしれません。

私は今現在はめちゃめちゃ無理している

という感覚はありません。

ボチボチ無理してますけど(^^;)

でもね、

本当にキツイと感じるようになったら、

思い切って色々休んでみることを

お勧めするんですよ。

無理しすぎて壊れてしまってからでは

遅いんですよね。

身体も、メンタルも、人間関係も、

一度壊すと同じようには戻りません。

壊れた経験を踏まえて元に戻るしかできないですから、

タイムマシンに乗ったように、

何事もなかったようにはならないんです。

だから、

壊れる前にはちゃんと休みましょうね!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.21更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ447日目

 

 

 

おはようございます!

週末は台風が近づいて

雨模様です。

台風にはくれぐれも

ご注意くださいね。

 

 

 

一昨日のことを

お話ししようと思います。

夕方から名古屋で開催される、

福島正伸先生の

「人を動かすリーダーシップ論」

を受講してきました。

リーダーシップ論

同じフロントセミナーだけで、

3回聞いています。

究極のコンサル養成のフロントセミナーも

2年前から2回聞いてますので、

同様のセミナーにこの2年近くで

合計5回も聞いてるんです。

そして、

「究極のコンサルタント養成講座」

を受講して福島イズムを

叩き込んだつもりでした。

 

 

しかしですね、

人は忘れる生き物です。

痛感しますね。(^^;

忘れかけていることが

いかに多いことか。

そして今回のお話の中では、

自分の置かれている現状と重なるところもあり、

気づきの連続でした。

何度聞いても新たな気づきが得られるのは

この福島先生ならではでしょうか。

 

福島正伸先生

 

私がこのセミナーをお勧めしてきたのは

理由があります。

一般的には、このセミナータイトルから

経営者に役に立つ内容のセミナーだと

思われるでしょうね。

しかし、そうではないんです。

リーダーシップというのは、

経営者に限ったことではないんです。

その証拠にうちのスタッフの新人さんが、

見事に大きな影響を受けてくれました(^^)

 

 

 

一昨日はスタッフの新人Kさんと

一緒に参加しました。

まだまだ会計の世界に入って間もないので、

日商の簿記2級で悩んでいました。

名古屋に向かう前の車の中でも、

勉強の仕方について会話していました。

しかし、思うように勉強が進んでいない様で、

苦しい感じが伝わってきました。

会場に着く前あたりでは、

「とにかく、

 2級は難しいんです!」

と語気を強めて訴えてきました。

 

 

 

かなり自分の中で限界を感じてそうでしたが、

「でもね、

 11月が無理でも

 2月には受かるって先に決めるんだよ。

 そうしないと行動が進まないからね。」

と伝えましたが、

他責の考えが抜けないようでした。

私としては、

これから福島先生の話を聞くので、

Kさんには丁度のタイミングだと思い、

受講後を楽しみに会場に向かったんですよ。

 

 

 

でね、

2時間のセミナーが終わり、

帰りの車の中。

Kさんの発言が大きく変わりました。

「私はマイナス思考で、

 なにかあると誰かのせいにしてました。」

「さっきの福島先生の話を聞いて、

 考え方が間違ってたんだと分かりました。」

と、自ら話してくれました。

そして実際に簿記の勉強で最近工夫していることや、

どうしたらいいかという

前向きな会話に変わったんですね。

 

 

福島先生の魔法にかかったように、

彼女の姿勢が変わったんです。

どうして変わったんでしょうか?

もちろん、

話を聞いて変わったのですが、

なぜ福島先生の話を聞くと

変われるのでしょうか?

 

 

 

福島先生はいつもこういわれます。

「他人を変えることはできない。

 しかし、自分を変えることはできる。

 相手を変えようと思ったら、

 相手が見ている自分を変えることです。」

そしてセミナーの中では、

福島先生は自身の体験してきた数々のエピソードを

とても分かりやすく語ってくれるんです。

その体験談を通して、

福島先生の示す「見本」に触れ、

自分も変わろうとしたんです。

 

 

人を変えようとしたら、

まず自分自身が変わること。

そして大切なのは、

それを伝える技術でした。

福島先生の語りというのは、

まさにストーリーテリング。

もう一人の師匠である遠藤晃先生は、

同じく福島先生の教え子なんです。

遠藤晃先生の真骨頂はストーリーテリング。

つまり、

ストーリーを語ることで

相手にも疑似体験してもらい、

それが大きく影響力を発揮するんでしょうね。

 

 

私は人に想いや考えを語るのが苦手ですが、

もっともっと話しをして

経験を積まなければならないなぁと

感じさせられました。

あなたも人を変えようとしたら、

まずは自分を変えること。

そして、語ることですね。

 

人を動かすリーダーシップ論

 

 

藤垣会計トップページへ

 

無料で最新情報をゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.20更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ446日目

 

 

 

おはようございます!

グズグズした天候が続きます。

思わぬ時期に台風が近づいていますので、

台風に備える準備に大変だそうですね。

というのは、

秋にはお祭りがありますよね。

神輿やちょうちんなどが

台風が来たら壊れてしまう可能性があるので

進路によっては

外したりする必要があるそうなんですね。

普段の仕事でも、

イレギュラーにも対応できるように

万一の備えをしておくということが

大切だと思いますね!

 

 

 

さて、

涼しくなってくると

ようやくマラソンのシーズンに入ってきます。

走るってだけで

拒否反応が出る人もいるかと思います(^^;)

でも、

実は私も7年前までは

全く走れなかったんですよ。

 

 

 

走れなかった理由は、

頭痛でした。

私は30代の期間の大半を

仕事と受験で過ごしたため、

外でスポーツをするということが

どんどん減りました。

昔はスキーやテニスもしてたんですよ(^O^)

それで、

身体を動かさなくなった代償なのか、

片頭痛持ちになりました。

天気が悪かったりすると、

じわじわと頭痛が始まるんです。

酷いときは吐き気も伴い、

天気が崩れることや

季節の変わり目に頭痛が発症してたんです。

 

 

でね、

片頭痛と直接関係があるか分かりませんが、

血流が激しくなると

脳の血流量が増えて頭痛になるんです。

要するに、

運動すると頭痛になってたんですよ。

だから走るという行為は

私的にはありえないと思ってました。

 

 

ただ、体重が今より10キロ以上あり、

ダイエットしなきゃいけないと

思っていたので散歩程度に運動してました。

 

 

マラソンのきっかけは、

当時お世話になっていた参議院議員の先生の

ランニングクラブへのお誘いでした。

当時の勤務先での大先生から、

「このランニングクラブに

 お客さんと一緒に行ってこい」

との指示を受けたのがきっかけでした。

今思えば、ありがたいことです。

 

 

そのクラブでは月に一度集まって、

5キロ程度を走るというものでした。

ゲストのスポーツ選手もいらっしゃって、

ストレッチの仕方を教わったりもできましたね。

初めてのときに、

いきなり5キロ走ることになりました。

もうバテバテで限界を超えていましたが、

お客様とご一緒していることもあり、

なんとか最後まで走り切れたんです。

これが成功体験というか、

頭痛がなくて5キロ走れたんですね。

頭が痛くなるのはたまにありましたが、

実際にはそれは

思い込みのようなものだったんです。

 

 

5キロは走れる!というのが自信になり、

その年の秋には10キロのレースにエントリーして、

初めてのレースも無事に完走できました。

 

フルマラソン

 

また、

全く運動してなくても5キロくらいは

走れるんですよ。

ドタドタ走ってて

ペースも遅かったと思いますが、

走れるんです。

ちなみに、

ランニングするときは、 

必ずランニングシューズを履くこと。

安くてもいいので必ずそうしてください。

普通の靴で走ると

脚を痛めます。

着地の回数だけ脚に負担がかかります。

体重の3倍の負荷がかかると言われています。

体重が70キロだと、

走るたびに片足に210キロが載っかかるわけですよ。

そりゃ、膝も痛めるというものです。

ランニングシューズは初心者はクッションが

しっかりしているものを購入してください。

 

 

長々と書きましたが、

要するに、

5キロくらいは

誰でも走れるということ。

その前提に立てば、

まずは週に1回から始めて、

週2、週3と走る回数を増やしていけば

すぐに10キロや15キロは

走れるようになりますね。

 

 

次に、

レースにエントリーしてみること。

長距離を走ったことがなくても、

まずは10キロレースをエントリーしてください。

練習で5キロ走れれば、

本番で10キロ走れます。

 

 

あとは、

道具を揃えてください。

やる気が出ますから(^^)

 

 

 

ダイエット効果もありますし、

興味があるという方は

ぜひマラソンにチャレンジ

してみてくださいね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.10.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ445日目

 

 

 

おはようございます!

昨日までは何とか晴れ間がありましたが、

また雨が続きそうですね~。

個人的には

マラソンの練習ができないのが辛いです。

 

 

 

さて、

永く仕事を続けていると、

出会いがあれば

別れがあります。

私の事務所でも

新たな出会いは色々なケースであるわけで、

出会いには感謝しかありません。

今は私が外とのパイプになってますが、

やがてはスタッフでも、

どんどん外に繋がってくれるようになると、

さらに事務所も発展するのだろうと

楽しみにしていますよ。

 

 

昨日もFacebookを通じて

新たな出会いがありました。

来月もご一緒させていただくことになり、

楽しみでしかありません!

 

 

ところが、

一方では別れもあるんですよね。

これも様々な理由があって

私の事務所との関与が終わることもあるんです。

私の努力不足の感が否めなくて、

素直にお客様には申し訳ないと感じてます。

反省すべき点はきっちりと

修正していかなければなりません。

 

 

 

しかしお陰様で、

新しい出会いの数と別れる数を比べると、

新たな出会いが多くて

そこは本当にありがたいなぁという想い、

そして、

しっかりご期待にお応えしないといけない

という責任を感じています。

 

 

でもね、

自分の気持ちに正直になればなるほど、

失ったものに意識が行ってしまいます。

つまり、お別れしたお客様のことに

気持ちが引きずられるんですよね。

当然、反省すべきことがあるので、

仕方ないのですが。


 

私のメンターの福島正伸先生は

「何事も意識していないと

 どんどん悪くなっていく。

 意識しないと人は落ちていきます。

 だから、常に意識し続ける必要があるのです。」

何度も例えを変えてこの話を聞きました。

感情も同じで、

ニュートラルのつもりが、

自然とネガティブに向かっていくんです。

いい事があっても、

自然とマイナス方面ばかり見てしまう。

だから意識してポジティブに

考える必要があるんだと思うんですよ。

 

ポジティブ

 

ちなみに今日の夜は

名古屋にて福島正伸先生の講演会です。

半年ぶりくらいに、

福島先生の声に癒されてきます(^^)

いつも、ありがとうございます!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030