2016.08.29更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

今日はあなたに

遺言書

についてお話しします。

 

「相続」という言葉が、

最近では、

争うという文字を当てて

「争続」

なんて言われます。

 

争族

 

税理士業界に20年以上いると、

数えきれないほどの

相続案件を見てきました。

残された遺族で、

なかよく話し合えるケースは

確かにありましたが、

何かしら問題があるケース

の方が多いのではないかと

感じています。

 

「うちはそんな財産無いから

心配ないわ。」

なんて言ってる人が、

危険なんです。

確かに相続税は

かからないかもしれません。

 

しかし、遺産の分割は

しなければなりません。

無くなられた人の財産を、

誰がどれを相続するか、

遺族で相談して決めるんです。

 

遺産が不動産しかなくて、

上手く分けられなくて

もめごとになってしまうとか、

生前に長男だけ財産を

贈与でもらってたことが

発覚してけんかになったり、

言い出すときりがないくらい、

相続案件の数だけ

問題があります。

 

ちなみに、

相続税がかかる案件は、

死亡した人の5~6%程度

だと思います。

平成27年に増税されて、

課税される件数が増えました。

以前は4%程度でした。

 

これらのもめごとは、

ある事をちゃんとしていれば、

避けられたかもしれません。

それが、遺言書なんです。

 

遺言書

 

亡くなる前に、

配偶者やお子さんたちに、

どの財産は誰に渡すと

書いておくのが遺言書です。

遺言書があれば、

皆で分割協議をせず、

遺言書の内容に従って財産の

相続手続きが行われます。

だから当然に、分けることでの

もめることは少なくなります。

 

でも、これだけの遺言書だと

だめなんです。

大事なポイントが

完全に抜けています。

だから、遺言書の内容によっては、

納得いかずに喧嘩になってしまう

こともあり得ますね。

 

何が抜けているかというと、

それは、

付言事項

(ふげんじこう)と読みます。

・亡くなられた人の気持ち

・相続人への感謝の気持ち

・どうして、このような分け方に

したのかの説明。

などなど。

 

「兄弟仲良くしてほしい」

「弟の○○は、兄の○○を

支えてやってくれよ」

「○○には苦労を掛けたから

△△を相続させるよ」

「長年介護をしてくれて

ありがとう」

こんなメッセージが

添えられていたら、

もめたりできないですよね。

 

 

今私が登録している

相続診断協会では、

こんな遺言書を活用して、

笑顔相続

を拡げていきたいと

活動しています。

 

遺言書活用は、

一つの例ですが、

争続にならないよう、

生前から関わりを

持っていきたいと

思っています。

 

笑顔相続!

いい言葉でしょ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

藤垣会計相続ページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.21更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

昨日の投稿で少し触れた

死後離婚

について取り上げます。

 

死後離婚

 

そもそも、相手が

亡くなった後に離婚って、

どういうこと??

 

その目的で多いものは、

1.夫側のお墓に入りたくない

2.夫の両親との関係が

上手くいっていない

3.夫の死後、携帯などから

浮気が発覚したから

などだそうですよ。

 

夫が亡くなられると、

夫婦の婚姻関係は消滅します。

ですが、夫の親族との

姻族関係は継続されます。

だから、義理の両親との

関係は続くわけです。

 

まぁ、夫の生前から

家族関係が上手くいっていれば

何の問題もないわけですが、

そもそも仮面夫婦であったり

義理の両親との関係が

悪かったりすれば、

夫の死後にこんな問題が

降りかかってくるんです。

 

 

ところで、

この死後離婚という言葉は、

最近メディアで

話題になることが

あるそうですが、

厳密には、

そんな制度はありません。

 

ですが、

姻族関係終了届

というものがあります。

この手続きについては、

自分の意志だけで提出できます。

 

姻族関係終了届

 

これを提出すれば、

夫の親族との関係は終了します。

義理の両親の扶養義務もなくなります。

 

不安なのは、

夫の遺族年金がもらえるのか?

という事ですが、

問題なく支給されます。

再婚したら、そこまでですが。

 

しかし、この制度を使うまえに、

夫の法要は今後どうするのか?

子供と夫側の親族との関係は?

など、いろいろ考えることがあるのです。

 

ですから、生前から夫と

ちゃんと向き合って、

色々な話をして、

問題を解決しておくことが

とっても大事なんですね。

 

 

私のお客様には、

事業をやっていくには、

「夫婦の関係が非常に大事ですよ!」

とお伝えするときがあります。

家庭が疎かになっていて、

会社の経営なんて、

できるわけないのです。

 

自分の家庭という

コミュニティをしっかり作る。

そのうえで、会社という

コミュニティを形成していく

ことができるのです!

 

会社の組織が上手くいってない

と感じる経営者の方は、

まず、ご自身の家庭を

見直してみましょう。

何か気が付くことが

ないでしょうか?

 

 

藤垣会計トップページへ

 「相続発生 早めに行いたい手続き1」へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.20更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

大切な人が亡くなったとき、

いろいろと手続きを

しなければならないけれど、

何から手を付ければいいの?

と聞かれることがあります。

 

相続発生

 

各種支払方法の変更、

解約手続き

 

期限はありませんが、

早めに手続きしましょう。

○電気・ガス・水道

などの公共料金

○携帯電話、プロバイダー

○BS、CS、NHK受信料

○NTT(電話加入権)

 

 

運転免許の返却

 

亡くなられた方の

運転免許は、警察署へ

返却をします。

 

 

パスポート

 

近くの旅券センターに

届け出てください。

 

 

クレジットカードの解約

 

第三者に悪用される

危険もあります。

確実に解約しましょう。

カードも廃棄してください。

なお、カードローンなどの

未払いがあるときは、

相続人に引き継がれます。

放棄しない限り、

債務は相続人に承継

されます。

 

 

 

旧姓に戻す手続き

 

配偶者が亡くなって、

名字を旧姓に戻すかどうかは、

自由です。

戻したい人は、

市役所で手続きをします。

市役所へ届け出るだけでは、

本人しか旧姓に戻せません。

お子さんがいる場合には、

家庭裁判所で戸籍を

移す手続きが必要になります。

 

 

姻族関係を終了したい

 

配偶者が亡くなっても、

その親族との姻族関係は

そのまま継続されます。

姻族関係終了届を市役所に

提出すれば、その関係を

終了できます。

 

少し前にメディアで

死後離婚

死後離婚

と言われていました。

記憶にある方も

いるかもしれませんね。

 

 

相続発生シリーズは、続きます。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

相続について

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030