2017.12.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ515日目

 

 

 

おはようございます!

今日からうちの事務所は休暇に入りますが、

あなたは年末年始の休暇に入りましたか?

私は山梨の方へお出かけ♬

 

 

昨日のブログの続きです。

譲渡において、

問題となるケースは4つあります。

昨日は最初の一つをご紹介しました。

「みなす」譲渡、贈与は要注意です。

1、個人から個人

2、個人から法人

3、法人から個人

4、法人から法人

3と4はまた後日お話ししましょう。

 

譲渡所得がかかります

 

2.個人から法人への低額譲渡

財産を時価よりも低い価額で買う

買い手である法人は、

法人税がかかります。

財産の取得価額は時価となり、

時価と売買価格との差額は、

受贈益として収入になるからです。

 

 

また、売り手である個人も、

財産を所得税法上の時価の

2分の1未満で売った場合、

みなし譲渡所得がかかります。

このみなし譲渡とは、

時価で譲渡したものとみなして

譲渡所得税がかかるということです。

 

 

さらに見落としがちなのは、

同族会社に低額譲渡した場合、

株式等の価額が増加したならば、

増加した部分に相当する金額を

他の株主に贈与したものとみなします。

 

 

さらにさらに、

同族会社の役員などの個人が

法人に譲渡した場合には、

2分の1を超えていたとしても、

認められない場合もあります。

「同族会社の行為計算の否認」という

税務署の伝家の宝刀があるため、

あまりに経済合理性がないときは

否認されるリスクがあることを

おぼえておいてください。

 

 

専門的すぎたかもしれませんが、

要するに、

個人から法人へ時価より低い価額で

モノを売ったときは、

注意が必要だということです。

今日のブログはここまでです。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.28更新

過去の数値から仕事をす税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ514日目

 

 

おはようございます。

今日は仕事納めです!

今年最後のミーティングで仕事を終えます♬

ペーパータワーでチームビルディング研修を

予定しています。

どんな気付きが得られるか、

楽しみです。

 

 

 

今日のブログでは、

みなし譲渡、みなし贈与について

お話しします。

昨日のことですが、

うちの事務所顧問の資産税プロ税理士、

小川裕通先生に事務所で

研修をしていただきました。

その内容から整理してお届けします。

 

 

といっても、

普通の人に「みなし譲渡」って

知ってますか?

と聞いても分からないですよね。

 みなし譲渡

 

では、譲渡って何ですか?

譲り渡すと書いて譲渡(ジョウト)です。

税法としては、

売買、交換、収用、公売、

現物出資、財産分与、代物弁済、

そのほか贈与等を含め、

資産を引き渡すすべての行為が

譲渡に含まれます。

譲渡の範囲はかなり広いんです。

贈与まで入っているって知ってました?

 

 

ちなみに、

贈与税が課税されるときには、

二重課税の観点から

原則として所得税は非課税とされています。

だから所得税で贈与の課税はされませんね。

そして譲渡の行為のうち、

譲渡所得、つまり儲けが出るもの

について課税されます。

 

 

 

 ここで、

「みなす」ということの

話しをします。

「みなす」とは、

非常に強い法律上の言葉なんです。

普通では「白」のものを、

法律をもって無理やり「黒」とする。

これを「みなす」といいます。

「白」を「黒」と「みなす」

というのです。

 

 

 

譲渡において、

問題となるケースは4つあります。

今日は最初に一つをご紹介します。

1、個人から個人

2、個人から法人

3、法人から個人

4、法人から法人

3と4はまた後日お話ししましょう。

 

 

1、個人から個人への低額譲渡

個人間の低額の譲渡について、

問題があるのかどうか?

基本的に個人間の譲渡において、

著しく低い価額の対価で

財産の譲渡を受けた買い手には、

時価と売買価額との差額について

贈与税がかかります。

 

 

この場合の時価とは、

第三者との間で取り引きされる

売買価格(取引価額)が

基本となるというのがポイントです。

時価とは、売買の対象が不動産等の場合には、

第三者との間で取引される売買価額(取引価格)

のことを言います。

相続税評価額とは違うということですね。

 

 

時価より安く取引すると、

その差額について贈与税が

課税されるということなんです。

時価での取引について、

勘違いしないよう

意識しましょうね。

 

 

続きは後日(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ511日目

 

 

おはようございます!

クリスマスですよ。

クリスマスプレゼントは貰いましたか?

25日なので給料日でもありますね♬

うちでは年末調整分は

現金でお返ししますので、

クリスマスプレゼントになるかな?

 

 

さて、

売上を上げるための考え方を

お伝えしますよ。

いわゆるマーケティングの話しです。

売上を作る

 

そう簡単に作れるなら

誰も苦労しないよ!

とお考えでしょうが、

そうです。

そう簡単ではありません。

考えに考えて売上をつくるのですから。

でもね、

その考え方が間違っていたら

いつまで経っても

売上は上がりませんよね。

 

 

 

ここで重要な質問をします。

「あなたがドリル(機械工具)を

 売ろうとしたとき、

 何を見ますか?」

さぁ、考えてください。

 

 

 

どの視点で見るかですよね。

どんなドリルでしょうか?

誰に売るのでしょうか?

どこで売るのでしょうか?

 

 

 

いろいろ疑問はあるでしょうが、

答えはこうです。

「穴」

ドリルと穴

 

穴です。

分かりますか?

お客さんは、

ドリルが欲しくて買うのではありません。

穴を空けたくてドリルを買うんです。

穴が欲しいんですよ!

ドリルではありません。

だから、

どんな穴を望んでいるのかを見るのです。

大きな穴か、

小さな穴か、

硬い場所に穴をあけたいのか、

いくつも同時に穴をあけたいのか、

などなど。

 

 

 

その穴が分かれば、

ドリルは売れるんですよ。

だって、

「このドリルで解決しますよ」

とお伝えすればいいだけでしょ。

 

 

 

自分が売りたいものではなくて、

相手の求めているものを

ちゃんと見ているのか。

それが見えてないのであれば、

売上は上がっていきませんよね。

 

 

 

相手目線で考えれば、

なにか見えてくるものです。

よーく穴を探してください!

今日はマーケティングの話しでした(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ510日目

 

 

 

おはようございます!

今日はクリスマスイブですね。

何かプレゼントは貰いますか?

羨ましいです♬

良いクリスマスをお過ごしください。

 

 

さて、

「ノウハウを出し惜しみしてはいけない!」

と書きました。

基本的に私は自分の持っている知識やノウハウは

出し惜しみしません。

 

 

でね、

あなたがメルマガやブログで

どこまで情報を出したらいいのか

迷っていたら、

参考にしてください。

 

ノウハウ 

 

基本的に私は出し惜しみしません。

それは、

そのノウハウを使って自身でできることと

できないことがあるからです。

例えば税務調査の情報について。

その情報を聞いて、

読まれた方はなるほどと思ったかもしれません。

でも、そのノウハウを使って税務署と交渉できるのは

税理士だけです。

読んだ人が自分の顧問税理士に

伝えてくれてもいいのですが、

税理士が聞いたとしても

おそらく知ってることなんです。

その税理士にも考え方があるので、

別にその情報が伝わったからといって

何も問題はありません。

 

 

でも、

その情報を聞いて

読んだ人は満足してくれれば

それでよいわけです。

そして、

もし、本当にそのやり方をしてほしければ、

私に依頼してくれればいいわけです。

 

 

 

コンサルティングの話しでも同様です。

どれだけコンサルの知識をお伝えしても、

自分でできる人は自分で乗り越えますし、

コンサルタントを必要とされれば

興味を持っていただけます。

誰もが一人ではなかなかできないから、

私たちコンサルタントがいるのです。

だから知識やノウハウをお伝えしても

何も問題ないのですね。

 

 

 

これは商品を扱う人でも

同じことが言えます。

コーヒーメーカーを販売する人が、

美味しいコーヒーの淹れ方

お伝えしたとすると、

その内容に満足されることでしょう。

でも、そのコーヒーメーカーがないと

美味しいコーヒーは淹れられないのです。

だから、そのノウハウはお伝えしてもよいのです。

 美味しいコーヒー

 

 

 

ただし、

そのノウハウを切り売りしている

人たちもいます。

そんな人たちは制限しながら

販売していく必要はありますね。

ノウハウそのものが商品なのですから。

 

 

と言いつつ、

そんなに有用なノウハウを

このブログでお伝えしていたかな?と、

ちょっと心配になってきました。

今日は日曜なのでこの辺りで・・・(^^;)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.19更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ506日目

 

 

 

おはようございます!

毎日外食が続きますが、

ボタンのベルトがきつくなってきたので

今週から一週間、

食事見直し習慣に決めました。

と言いつつも、

食べ物を我慢するのはつらいです(^^;)

 

 

 

今日の話は会社の理念の浸透において、

幹部社員がいかに重要かを

考えてみます。

理念の浸透だけでなく、

あらゆる情報伝達において、

経営陣 → 幹部社員 → 社員

社員 → 幹部社員 → 経営陣

という流れがある以上、

常に幹部社員の存在が

ポイントになってくるのです。

上手く伝達するための役割を

担っているわけです。

 

 

 

でね、

組織が大きくなればなるほど

間に入る中間管理職の人数は

多くなっていきます。

それを上手く機能させるのは

大変ですよね。

 

 

先日読んだ「無印良品のPDCA」の中にも

面白い例えがしてありました。

一番左の書籍ですdown arrow

無印良品のPDCA

経営陣は山の山頂にいます。

現場の社員たちは山の麓にいます。

もし天候が崩れる兆しがあれば、

山頂の経営陣は雲の動きで分かります。

麓にいる現場の社員たちは

蛙の声で天候が崩れるのが分かります。

しかし、

中間管理層の社員たちは、

上からも下からも

霧に包まれていて

雲の様子も見えない。

蛙の声も聞こえません。

結局、中間管理層の社員たちが

先行きを見えずに動いていることになります。

 

 

書籍の中では、

「この中間層のことを、

 ある会社では「粘土層」と

 呼ぶそうです。

 トップがいくら水(方針)を

 浸透させようとしても、

 すべて部長や課長あたりで

 遮断されてしまう。

 したがって、

 トップダウンにしろ

 ボトムアップにしろ、

 上下の情報を確実に

 流通させたいなら、

 そこに自動的にコミュニケーションが

 生まれるしかけを入れて、

 伝えたことが確実に実行(D)されているか、

 CとAを繰り返していくほかに

 方法はありません。」

 p153より

 と書かれています。

以前からご紹介している、

氷山モデルの話に

似ていますね。down arrow

目に見えるものだけを見ない

氷山モデル

 

この幹部社員たちを

上手く導けるかどうかが

組織全体に大きく影響を

及ぼしますよね。

そんな状態を解消するための

しかけづくりに

社員研修のプログラムを

ご提案させていただいています。

ご興味のある方は

ぜひお声掛けください!

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.12.06更新

過去の数値から仕事をする税理士

を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ492日目

 

 

 

おはようございます!

連日の飲み会だというのに、

月曜に飲みすぎてしまい、

出鼻をくじかれた感じの一週間です(^^;)

昨日は事務所の忘年会でした。

例年通りお客様のところで

会食させていただきましたよ。

美味しい食事、ごちそうさまでした(*^^*)

 

 

さて、

昨日は租税教室の講師を

務めてきました。

昼から2コマ続けてということで、

喉が疲労気味です。

ストーブを近くに置いていただいたのは

ありがたかったのですが、

空気が乾燥してしまい、

喉を痛めてしまいました(^^;)

風邪に注意ですね。

 

 

だいたい100人の3クラス合同授業を

2コマさせていただきました。

高校1年生ということで、

高3の講義をした時と比較すると、

生徒たちはかわいらしさを感じました。

租税教室

 

高校生くらいになると、

備品などを仕込んでいっても、

想像以上に反応が薄かったりするものです。

そのため色々と考えて臨むわけです。

まずは興味を持ってもらう必要があります。

自分に関係ない話だと思うと、

一気に眠たくなりますからね。

案の定、昼過ぎということもあって、

ウトウト夢の中に言っちゃっている

子供たちもいました。

 

 

できるだけ話を聞いてもらうためには、

相手に聞く姿勢を

作ってもらう必要があります。

一方的に話すのではなく、

質問をしたりして、

双方での関係性も必要になりますね。

 

 

昨日の授業の中では、

消費税の話しや、

備品の1億円見本で

なんとか興味を引いてみました。

1億円見本を見てもらい、

クイズを出しました。

「国家予算が約100兆円。

 一万円札を重ねていったら、

 100兆円だとどれくらいの高さに

 なると思いますか?」

「富士山より高いと思う人!」

「富士山より低いと思う人!」

この時に結構みんな起きてくれましたね。

 1億円レプリカ

 

授業が終わって、

支部から同行していただいた税理士先生から

アドバイスをいただきました。

その高校の近くに自衛隊の航空基地があります。

「その飛行機1台いくらすると思いますか?」

なんて質問は身近で自分ごとの質問で

次に使ってみてくださいとのことでした。

たしかに、自分の身近に感じるものの話は

興味が湧きますからね。

 

 

もちろん、

専門用語をひかえるとか、

動き回るとか、

色々アイデアはあります。

そういった工夫を組み合わせながら、

生徒たちに国の将来を考えるきっかけを

伝えられたらうれしく思います。

 

 

ちなみに、先ほどのクイズの答えは、

「富士山より高い」

です。

実は富士山を255個積み重ねたくらいの

高さになるんですね!

ビックリでしょ?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030