2018.04.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ632日目

 

 

おはようございます!

昨日は久しぶりに脚が筋肉痛でした。

今朝になると随分収まってきました。

この筋肉痛も、

初めてハーフを完走したときは

すさまじく足を引きずっていたのを

思い出します。

それと比べると、

成長の跡が見られるのかなぁと

感じますね。

 

 

さて、

昨日の続きです。

昨日は初めてハーフマラソンに挑戦した

二人のスタッフのうち、

完走したKくんの話でした。

今日は残念ながら途中で

タイムアップしたTくんの話しです。

 

 

まず始めにお伝えしたいのは、

完走できたか・できなかったか、

それは大きな境目のように見えますが、

実はたいしたことではありません。

重要なのは、

このハーフマラソンに挑戦しようとしたこと、

レースまでに試行錯誤の努力をしたこと、

そしてレース中に諦めなかったこと。

この三つがとても重要だと思っています。

完走したかどうかは、

結果としてどうだったかということ。

これは仕事ではありません。

結果がすべてではないんですね。

楽しまなければ意味がありません(^^)

 

 

でね、

Tくんは結果的には完走できませんでした。

17.3キロの最終関門で

時間切れになり、

バスに回収されました。

いわゆるドナドナと呼ばれるものです。

 

 

TくんとKくん(完走できた)との

大きな違いは故障でした。

初めてのマラソンでは、

大きな障害があるのです。

私も苦しみましたが、

フォームなんです。

マラソンの走りと短距離は違います。 

バタバタと走るフォームのTくんは、

すぐにふくらはぎを痛めました。

軽い肉離れだったと思います。

 

 

でね、

合同練習の時に、

「無理をするな」

と言っておいたのに、

一緒に走って付いてきてたんですよ。

で、痛めたところを完全に痛めてしまったんです。

私のミスでした。

てっきり歩いて付いてきてると思っていたら、

走ってたんですね。

走るのを我慢することも

治療としては必要なんですが、

走ってしまったんですね。

うまく伝わっていなかったのです。

怪我したときの合同練習

 

 

それからは、

ずっと違和感が残っていたようで

本気で走ることができません。

ほとんどマラソンの練習は

できていませんでした。

でも周りはコツコツ練習してるので、

Tくんはジムでバイクを使っての

トレーニングで追込んでいました。

私が初めてフルマラソンに走ったときに、

その直前に怪我をしたとき、

バイクで心肺トレーニングをしていました。

その話をしてあげたら、

真面目にジムに通っていたようです。

 

 

ハーフとは言え

甘くはありませんでしたが、

17.3キロまで来れていたというのは、

走る練習をしていないのを考慮したら、

大健闘だったのではないかと思います!

 

 

初めてということでの

ハンディもいろいろありました。

エントリー時のスタート地点も、

一番後ろスタートでした。

これは完走できるかどうか微妙な人には

とても厳しい結果をもたらします。

最初の人がスタートしてから

15分くらい後でしか

スタートできないからです。

そのせいで関門にも引っ掛かりやすくなります。

来年はもっと上手くエントリーしてると思います。

ほかにも、

シューズ選び、

ウェア選びにも

しっかり知識を生かす

必要がありそうでした。

 

 

これらは勉強です。

失敗して学ぶことのほうが

上手くいくより多いのではないでしょうか。

 

 

 

来年はTくんも完走組に

入ること間違いないなと、

勝手に想像して

嬉しくなってます(^^♪

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ631日目

 

 

おはようございます!

今日のブログは、

昨日のマラソンの話しをします。

 

 

昨日は地元開催の

ぎふ清流ハーフマラソンが

開催されました。

私は毎年参加してる大会です。

 

 

去年はうちのスタッフの中から、

もう一名のスタッフY君が参加してくれ、

見事完走を果たしました。

今年はY君に加え、

二人のスタッフがエントリーしてくれました。

この二人はマラソン自体初めての経験。

今までまったく走っていません。

12月にエントリーして、

4月の本番まで5か月。

マラソンと言うか、

ジョギングさえ初体験の彼らが、

ハーフマラソンをどう迎え、

結果どうだったか。

清流マラソン

 up arrowスタート直前の画像です。(これ以外写真を撮り忘れました(^^;))

 

 

今日はKくんの話しをします。

結論から言うと

なんと初ハーフマラソンを

見事完走できました(^^)/

すごいんですよ。

この短い期間で、

練習を重ねて、

こんなに暑くてコンディションが悪いなか、

完走ですよ!

私がハーフマラソンを完走したときは、

1年近く準備期間があったと記憶してます。

半年前くらいから10キロのレースに

3回ほど出て、

レース感覚を身に着けてから

完走しましたよ。

その完走の要因を、

本人に聞かずに勝手に分析しちゃいます(笑

 

 

Kくんは昔はどちらかというと

見た目重視で、

中身を磨くという意識は

あまりなかったように思います。

でもね、

ここ1,2年ほどで

行動が変わってきたんです。

例えば、

長年続けていた喫煙習慣を

バッサリやめました。

もう1年以上続いてますね。

そして体を鍛えようと、

自宅でコツコツ筋トレを

続けてました。

 

 

効き脳診断をしても、

DAという形のタイプ。

独創性、分析が強くて

コツコツ計画的に何かをすることは

苦手なはずなんですよね。

それでもマラソンの練習は、

コツコツと時間を見つけて

走る距離を伸ばしていきました。

練習では13キロ?ほどは走れたけれど、

それ以上の距離は走った経験がない状態で

本番に臨みました。

 

 

本番前の数日は、

「あー不安だぁ」

とこぼしてましたが、

この不安は練習してきた証しです。

 

 

準備も万端で、

道具もしっかり揃え、

本番で使う便利アイテムなども

自分でいろいろ考えてましたね。

 

 

私がアチーブメント社の講座で

青木社長から何度も何度も聞いた言葉。

「求めよ、さらば与えられん。」

まさにその通りでした。

苦手なコツコツ練習も、

完走したいという強い想いから

継続できたのだと思います。

 

 

本番では時間制限もあるため、

なんとか間に合ってくれて

本当に嬉しかったです。

そして私は

マラソン仲間が増えたことが

一番うれしい(^^♪

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

投稿者: 藤垣寿通

2018.04.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ619日目

 

 

おはようございます!

今日は日中に講師のお仕事が

入っております。

ちゃんと予習して臨みます!

どんな話をしようかな~と

楽しみです。

 

 

最近よく話題に出している

マラソンネタです。

今月の22日に、

岐阜ではメジャーな大会の

ぎふ清流ハーフマラソンが

開催されます。

ぎふ清流ハーフマラソン

高橋尚子さん(Qちゃん)が岐阜市出身ということで、

高橋尚子杯というもう一つのタイトルが

ついているのが特徴です。

Qちゃんが著名なランナーを

連れてくることでも有名です。

野口みずきさんも何度も

参加いただいてますよ(^^)

 

 

 

毎年エントリーしてるのですが、

今年の目標は今までとは

ちょっと違うんです。

それは、

チーム全員が完走!

 

 

 

今年は私のほかに

3名のスタッフがハーフマラソンに

エントリーしてくれました。

そのうち2名は初のマラソン参加です。

エントリーしたのが

去年の12月でした。

そこから半年もない中で、

ずいぶんと成長の跡が

見られるんですよね。

今日はその中のY君の

話しをしましょう。

 

 

3名のうち、

Y君は去年も走りました。

ぎりぎり3時間での完走でしたが、

なんとゴールではたまたま横にいた

高橋尚子さんと手をつないでのゴールという

一生の思い出になるような

経験をしたんですよ。

もちろん新聞にも

大きく写真が載ってました。

タイムは遅いけど、

羨ましかったです(^^;

 

 

Y君は普段は走ってません。

今年の1月からチームで合同練習会を

月一度開催してきましたが、

その練習会を練習の場にしてました。

でも、その練習会にしか走らないので、

走力アップはあまり期待できません。

だって月に一度の練習会ですから。down arrow(1月練習会)

練習会

 

でね、

3月辺りにこんな話を聞きました。

「あまり練習をすると、

 ゴールまでに出来上がってしまって、

 本番前にだれてしまうので、

 もっと後から練習ペースを

 上げていきます。」

要するに、

本番にピークを持ってくるため

事前の練習はもったいないという

計算のもとで練習をするようでした。

 

 

ずっとマラソンをしている立場からすると、

走れば走っただけ記録は伸びるので、

本番より前に身体が出来上がってしまうから

走ることを抑えているなんて発想は

まったくありませんでした。

つまりは、

Y君の求めているものは、

その程度の練習で得られる記録だ

ってことだと思いました。

 

 

 

以前の私であれば、

「そんな考え方は意識が低いからダメだ」

って考えていたでしょう。

でも、

選択理論を学んでから

少し変わりました。

アチーブメントの青木社長は

「もとめよ、さらば与えられん」

という聖書の言葉を教えてくれました。

自分が求めたものが

そのまま与えられるのです。

求めてないものは与えられない。

 

 

でね、

Y君は去年すでに完走してるんです。

だからそれ以上の記録が出せれば

自己新記録更新なわけです。

自分が求めたゴールを達成できれば

凄いことなのです。

 

 

 

でもね、

最近のY君の練習量が凄いんです。

周りの仲間の今月の走る距離を

大きく超えてきているんです!

Y君はオンとオフがはっきりしてるので、

やると決めたら徹底的に

やるタイプなのです。

 

 

こんなペースで練習していたら、

本番での記録は大幅に更新できそうです!

ハーフを2時間前半でいけそうな

そんなペースで練習で走ってるとのこと。

 

 

求めているものは、

練習しているうちに

どんどん変わっていったのかもしれません。

やればやるほど、

本気になってきますからね!

きっかけは分かりませんが、

本人の変化が周りによい影響を

もたらしてくれてます。

Y君の記録がどれだけ伸びるのだろうか。

本番の楽しみが増えました(^^)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030