2017.09.18更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ413日目

 

 

 

おはようございます!

昨日の晩は台風の風が吹き荒れてました!!

皆さまの地域ではいかがだったでしょうか。

九州では河川が溢れて被害が出てましたし、

最近は局地的に大雨が降るので怖いですね。

 

 

 

さて、数週間前にも取り上げた手帳ネタです。

そろそろ手帳選びの季節です♬  8月26日

その時に取り上げたのがyPad proでした。down arrow

yPad pro

片面がB4サイズで拡げるとB3サイズになるもの。

とにかく大きいのが特徴です。

メリットは4週間の予定を見渡せること。

使ってみた感想は、

「1か月とはこんなに短いのか!」でした。

ひと月を俯瞰して見ることができると、

できることが少なすぎることに気づきました。

時間の使い方をもっと工夫しなければいけないことを

教えてくれました(^^)

デメリットはとにかく大きいこと。

カバンに入れて持ち歩けますが、

外でこれを開く勇気はありません(^^;

 

 

約1か月たちましたが、

結構使っていますよ!

スケジュールページはこんな感じdown arrow

 yPadproスケジュール

タスクページはこんな感じdown arrow

 yPad8タスク

※詳細は読めないくらいに荒くしてあります。 

 

 

 

でね、実はyPadの本命があるんですが、

来年版が発売され昨日届きました!

これがyPad8ですdown arrow

yPad8

 

 

 

大きさは、あのiPadとほぼ同じ?でした。

yPad8の方が若干大きいですね。

yPad8とiPad

 

 

 背表紙には大まかな解説が書かれています。down arrow

 yPad8背表紙

 

 

もちろん表紙をめくったところに、

もう少し詳しいガイドが掲載されています。

イラストで分かりやすいです。down arrow

yPad8ガイド

 

スケジュールページのイメージがコチラdown arrow

スケジュールページ

 

タスクページのイメージがコチラですdown arrow

タスクページ

 

 

 

そして実際のページは

こんな感じです。down arrow

yPad8中身

 

 

 

この手帳の最大の特徴は、

スケジュールとタスクやプロジェクトが

同時に一覧できることなんですね。

その長所を最大に生かそうとすれば1か月を俯瞰できるのがいいのですが、

いかんせん大きすぎる。

そこで、丁度いいサイズなのがこのyPad8です。

あえてiPadにサイズを合わせたのは、

iPadのサイズはappleが研究しつくしたサイズ。

ここに合わせておけば大抵の人には

丁度いいと考えたのかもしれませんね。

 

 

スケジュールのアナログ管理には、

しばらくは、このyPadたちを使ってみようと思っています。

他のアイテムもありますので、

おいおいご紹介しますね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030