2018.03.11更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ586日目

 

 

 

おはようございます!

天気は晴れましたが、

外の気温はとても冷えましたね。

今日は一日名古屋で勉強と打合せ。

 

 

確定申告でフラフラなのですが、

あえてこの忙しい時期にも

学びの時間を予約してしました。

無理やり時間を作って

名古屋へ行ってきました。

 

 

1月に東京で三日間学んだ

アチーブメントの「頂点への道」講座。

この理論を実践に移すための

一日研修を受講してきました(^^)

 

自己概念

 

2か月前に初めて受講した内容が濃すぎて

昨日の研修での振り返ることで

そういうことだったんだと

納得できることが多数ありました。

そもそも三日間に300の知識やノウハウが

詰め込まれていたそうです。

頭がパンパンになって、

モチベーションは上がりましたが、

一時的な盛り上がりで終わってしまうことが

一番いけませんよね。

そうならないための

実践に落とし込むセミナーでした。

 

 

その内容はお話しできませんが、

とても共感できる話を聞きました。

アチーブメントで提唱する人生理念では、

価値観、人生理念から目標の一貫性を

とても重要だと考えます。

その一貫性がないと

ブレるからですね。

 

 

昨日の研修講師は

名古屋営業所の針生所長さんでしたが、

彼が最近気を付けている

時間の考え方が

とても面白く、納得でした。

私たちはお客様との約束があれば、

必ず5分前には着くように

出掛けますよね。

時間厳守ですし、

それって当たり前に守るべき事です。

でね、

この時間の決め方はどうですか?

自宅に帰る時間って

どうやって決めてますか?

出社するときに奥さんや子供に、

「今日は7時には帰るよ。」

と言って家を出てきたとしますね。

でも、けっこう簡単にその約束って

破られてませんか?

お客様との約束はしっかり守ってるのに、

家族との約束って、

「ま、仕方ないよね。」

って感じで守られないことが多いですよね。

これって、自分の自己概念、

つまりセルフイメージに一貫性がありませんね。

自分の頭のどこかで

家族との約束が破られても

うやむやにしてしまってるんですよね。

約束を守れてないことを、

「仕事だから仕方ない」って

誤魔化しているわけです。

 

 

 

講師の針生さんは、

毎日はできないとしても、

週に〇日は決めた時間には

家に帰ることを決めて

行動しているそうです。

これによって、

自分の行動に対して

一貫性ができたそうです。

 

 

 

考えてみたら、

お客さんは約束を守るのに、

家族だと守らなくていいなんて

不自然ですよね。

でも、

ついつい甘えてしまうし、

許されるだろうと

思ってしまいます。

 

 

突発的な問題が起きたときや、

繁忙期で時間の予測がつかないこともあります。

それは仕方ないのですが、

自分の計画がずさんだったことが

時間を守れない理由だとしたら、

それは何とかなりそうじゃないですか?

 

 

確定申告が終わったら、

家に帰る時間を決める日を

週に二日は作ることにしました。

とは言っても、

早く帰れるかどうかは

別ですけどね(^^;)

 

 

藤垣会計トップページへ

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030