2017.08.31更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ396日目

 

 

 

 おはようございます!

早いもので8月も最終日ですよ~。

夏はあっという間に過ぎて行ってしまいますね。

今日も税務調査立会、頑張ってきます(^^)/

 

 

 

昨日の朝礼でスタッフの一人が

話してくれたことをお伝えします。

「子供の夏休みの宿題に

 読書感想文があるんです。

 毎年のことですが、

 まず本を読ませるのに一苦労。

 次に感想文を書かせるのも大変。

 文量がまったく足りないから、

 添削したりして文量を増やすのが

 また大変なんです。」

そんな子供の夏休みの宿題の話でした。

でも、今年は違ったそうです。

 

 読書感想文

 

「今年も本を読んで書き始めるときに、

 「文字を書くのが面倒なんだよなぁ」

 と子供が言うので、

 パソコンで書かせてみたんです。

 そしたら、あっという間に書き上げて、

 文字量も内容も問題なかったんです。

 やり方を変えてみたら、

 一気にことが進んだんです!」

こんな体験をされたそうです。

 

 

まぁ、手書きがいいのでしょうが、

その問題は置いておくとします。

とにかく思い込みというものは、

何にでもついて回ります。

創意工夫をしようという意識があるかどうか。

それに気が付くかどうかですね。

 

 

無意識だと人は前と同じことをします。

前にできたことは同じようにできると、

本能に刷り込まれているからです。

人間は生存維持という観点から、

一定であり続けようという本能があります。

 

 

でも、ちょっとした意識を働かせることで、

仕事においても変えられる事って

たくさんあると思うんですよ。

あなたの身の回りで、

ちょっと困ったなぁと感じてることは

何でしょう?

それって変えられるものですか?

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ395日目

 

 

 

おはようございます!

今週は税務調査の立会いが続きます。

実は、秋は税務調査の最盛期なんです。

経営者の方にとっては、

できれば来てほしくない税務調査。

私も気持ちは分かりますが、

この機会は私たち税理士とお客さんとの

関係性を強くできるタイミングなのです。

こんなにしっかりお客さんと向き合えることはありません。

だから、来てほしくないけど、

実はありがたいのが税務調査なのです(^^)

 

 

 

さて、去年も紹介しました、

国税庁レポート

という統計資料が今年も発表されてました。

去年の記事はコチラdown arrow

国税庁レポートとは

 

国税庁レポート2017 

 

毎年国税庁の取り組みについて、

活動報告がされるんです。

それが国税庁レポートです。

今年も気になった文章を紹介します。

『納税者の主張を正確に把握し、

 適正な課税処理を遂行』

こんなタイトルで、

「調査に当たっては、

 納税者の主張を正確に把握し、

 的確な事実認定に基づいて

 十分に法令面の検討を行った上で、

 適正な課税処理を行うよう努めるとともに、

 法令に定められた手続の遵守を

 徹底しています。」

31ページにこう書いてあります。

 

 

本当に納税者の主張を

正確に把握できていますか?

声を大にして言いたいですね。

ちゃんと聞く耳を持ちなさい!と。

納税者目線ではなく、

自分たち税務署目線で物事を見ている調査官が多いです。

自分たちの報告や書類が作りやすいように、

そんな目線での言動が目につきます。

 

 

国税の職員は公務員で、

彼らには上司がいて、

件数などのノルマがあることは分かります。

でも、親方日の丸の看板を背負っている以上、

国民に対してきちんと向き合ってほしいです。

納税者が帳簿をごまかしているのを前提に、

露骨な質問したりすることはやめてほしいですね。

過去に何人もお会いしました、そんな調査官にね。

 

 

今回、担当している調査官は、

まじめな好青年でしたよ。

 

ちなみにね、 

去年の記事を見たら、

その時も同じ文章を紹介してました(^^;

税務調査官の対応は

いつも気になるからでしょうか。

 

 

 

国税庁の活動にご興味あれば、

一度、国税法レポートをご覧ください(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ394日目

 

 

 

おはようございます!

先週の土日はどうお過ごしでしたか?

テレビでは24時間テレビがやってましたね。

あまりこの番組は見ないのですが、

マラソンのところは気になるんですよね~。

 

 

 

今年のランナーはブルゾンちえみさんがランナーでした。

いつもと違い、ランナーの発表が当日という異例な演出でした。

それなのにその後90キロを走り切りましたね~(^^)

練習もままならぬ中で完走ですから、

相当身体に負担がかかっただろうと思います。

お疲れさまでした!

 

 ブルゾンちえみ

 

でもね、

これって見せ方がすごい絶妙なんですよね。

 

1.毎年のゴールが番組の終了時間ギリギリということ。

どうして毎年、エンディングとマラソンのゴールが重なるのか?

毎年お決まりですよね。

あり得ないでしょ、毎年なんてね。

だって、ランナーは早く解放されたいから、

速くゴールして楽になりたいんですよ。

それで午後4時とかにゴールしちゃったらどうなるんでしょうか?

おそらく周りにチームが時間と距離を計算して、

休憩を上手く取らせてるんでしょう。

すごい見せ方ですよね~。

 

 

 

2.ハッキリ言います。

歩いてでもゴールできます。

言っちゃいました(^^;

実は100キロでも24時間もあれば、

余裕で歩きだけでゴールできます。

走ったらもっと早く行けます。

私は40キロを6時間で歩けます。

ゆっくり歩いても40キロ7時間です。

確かに足への負担がきついので

90キロともなればさらに遅くはなります。

最後は痛みとの闘いかもしれませんね。

でも、冷静に計算すると歩いてでも可能だということ。

あたかも死ぬほどキツイよう表現されてます。

見せ方が上手いなぁといつも思います。

 

 

見せ方が違うだけで、

人に与える影響力は全く変わります。

嘘はいけません。

でも、どう表現するかで相手へ与えるイメージが変わります。

 

 

だから、ホームページでは最高の状態が

表現されてないといけないわけです。

極端な話しですが、

ホームページを見た見込み客が、

本人と会ったときにガッカリしたのなら、

そのホームページは最高の出来だということです。

 

 

まぁ、ガッカリはされたくないですから、

そうならないように努力しますが、

ホームページや広告など、

あなたの見せ方は上手くできていますか?

あらためて、見直してみるのもいいですよ(^^)

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ393日目

 

 

 

おはようございます!

今日から新しい週が始まります。

そして今週の後半には9月に入りますね!

月末と月初が重なる週は慌ただしいですが、

やり忘れのないよう、

しっかり仕事に取り組みましょう(^^)/

 

 

 

さて、今日は一昨日のチームビルディング研修について、

振り返りをさせていただきます!

私のコンサルのクライアント様で、

スタッフの皆さんを集めた集合研修を

させていただきました。

 

チームビルディング研修

 

とにかく皆さん明るくて、

素晴らしいスタッフ様たちでした!

こういうところから

普段の仕事場での明るい雰囲気が伝わってきますね♬

研修をさせていただくのにも

「場づくり」という観点では、

とても良い環境で、

ありがたかったです(^^)

 

 

 

場の雰囲気が良いので、

はじめのワークから

素晴らしい意見が沢山出ましたね。

この意見だけでも

研修の成果になるんじゃないかと思いました。

達人ワーク

 

 

スタッフの皆さんの効き脳診断を配り、

皆でそれぞれの違いについて見合ってもらいました。

それぞれの思考スタイルが違うこと。

それをベースに自分の特性、相手の特性を考える。

仕事の上でどう生かされているのかを考える。

このプロセスがグループをチームに作り上げていくのです。

 

 

研修では効き脳診断の講義やチーム分析のワーク、

そして今回は「チームビルディング中学校」という

カードゲームをしました。

このゲームを通して、

チームで協力しないと解決しないことを

体感してもらいました。

 

 

 

事前にチームごとに効き脳診断のデータを見ていたので、

分析型のチーム、コミュニケーション型のチームなど、

それぞれの特性がありました。

ゲームの解き方や、ゴールまで行けるのかを、

事前情報から結果を想定して皆さんの進め方を見ていました。

しかし、まったく想定とは違い、

めちゃくちゃ早くゴールされるチームがあったり、

速くゴールできると思っていたチームが苦戦したりと。

もともとコミュニケーションが取れていたのが良かったのか、

結果的には全体的に良い反応となりました(^^)

 

 

振り返りのなかで、

「思い込みは良くない」

「分からないことを素直に発言した」

「一人で結果を出そうとした」

「人によって書き方が違った」

「仕切る人がいないとダメ」

などなど、それぞれが素晴らしい気づきを得られたようでしたよ。

 

 

 

人は、他人から言われたことって、

なかなか心に響きません。

よほど尊敬していた憧れの人から言われたとか、

衝撃がなければ変わろうと思いません。

ですが、自分が考えたこと、自分で決めたこと、

自分で気づいたことは、

今後の行動に変化をもたらすのです。

 

 

 

とは言え、

人は簡単には変われません。

なぜかというと、

忘れる生き物だからです。

こう言った取り組みもそうですが、

経営理念を朝礼で読むことなど、

忘れがちなものは繰り返す仕組みを作ることで、

それぞれに定着するのですね。

 

 

スタッフの皆さんにも、

研修での気づきを意識していただき、

ぜひ関係性の強化につなげてほしいと思います!

長時間の研修、お疲れさまでした(^^)/

 

 

 

 

チームビルディング研修は、

テーマを決めれば、

単発でも、

2~3回でも、

半年間全12回の連続研修など、

オーダーメイドで組むことができます。

ご興味があれば、

メールかメッセージをお送りください(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ392日目

 

 

 

おはようございます!

今日は日曜日ですね!(^^)!

いかがお過ごしでしょうか。

私は約二週間ぶりのオフです。

買い物でも行こうかしら♬

 

 

 

実は昨日から腰が痛むんですよ~。

朝起きてから鈍痛がするんですね。

原因は何かというと、

その前日の筋トレです!

自宅で筋トレしたんですが、

太ももの裏側を鍛える運動を、

ちょっと多めに行いました。

 

 

すると、どうでしょう。

朝起きるとなんだか腰に違和感が。

要するに、

太ももとお尻の筋肉が硬直してしまってるんです。

足の裏側全体の筋肉に柔軟性がなく縮まっているから、

それにつられて背骨のS字カーブが

ズレてしまうんですね。

 

 

だから、

朝から凄い時間をかけて

ストレッチをしました。

柔軟性が失われているからです。

普段は前屈をするとすぐに手の指先は地面に着くのですが、

昨日の朝は全く着きませんでした。

前屈やお尻のストレッチをしたら

幾分か腰は楽になりました。

昨日の午後は研修のため立ち仕事でしたが、

何とか痛みも出ずに乗り越えられて良かったです(^^)

 ストレッチ

 

 

柔軟性という言葉は、

身体だけではなく、

考え方にも使う言葉ですよね。

 

 

昨日のチームビルディング研修で、

ゲームをしながら関係性の勉強をしました。

その感想の中でも、

「思い込みがあった」

「目的を見失ってしまった」

などの意見が出ました。

 

 

どうしても自分のことは自分で見えないので、

そうすると物事を、

「コレは、こうなんだ!」

と勝手に決めつけてしまってます。

前提条件がないと先に進めませんから、

人は過去の経験から物事を推測するんです。

その推測の範囲が広い人だと、

周りからは勝手に決めつける人だと

思われるかもしれませんね。

 

 

頭の片隅に、

「他の選択肢もあるかもしれない」と

思っておくだけで、

人の行動のレスポンスはとてもよくなります。

心に準備しておくことで、

すぐに違う行動をとることができます。

 

 

 

「思い込み」や「決めつけ」をしていませんか?

これは人から言われても、

なかなか気が付けないのが危険なところなのです。

何かの出来事で上手くいかなかったときに、

「その原因は、他のことでも同じじゃないか?」

と気が付くかどうか。

心に柔軟性をもって生活してみましょう!

今日はここまでです。

お休みにお読みいただき、ありがとうございました(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ391日目

 

 

 

おはようございます!

今日は土曜日ですが、

午後からクライアント様への

チームビルディング研修をしますよ!

スタッフさんたちの関係性強化に

お役立ちいただけるよう頑張ります(^^)/

 

 

 

さて、週末ですからゆるめの内容ですよ。

毎年9月に入るとある商品が発売され始めます。

それは、何でしょうか?

はい、タイトルの通り、

来年の手帳なんですね♬

 

 

人気の手帳は多くが8月終わりころから9月にかけて、

発売されます。

この時期は来年用の改良点などがネットで公開し始めます。

手帳好きにはたまらない時期がやってきました♬

 

 

私は毎年手帳を買い替えますが、

一つの手帳をなかなかずっと使い続けられません。

デジタルと併用することが

上手くできずにいます。

Googleカレンダーでスタッフ達と予定を共有しています。

デジタルは瞬時に反映され、

スマホさえあれば、

いつでも、どこでも確認ができます。

凄い便利な時代になりましたね。

 

 

だから紙の手帳の使用頻度が、

昔と比べると相対的に減ってきてます。

しかし、紙の手帳の良さはハッキリしてます。

それは、自由度があること。

メモができるから。

他にも良さはありますが、

一番良いところは、

一覧性に優れていること。

この辺りが上手く使いこなせると、

手帳を続けられるんですよね。

 

 

 

一覧性とは、

パッと見て全体が見渡せることです。

デジタルでも月表示ができますが、

予定が小さく表示されていて、

そこをクリックしないと内容は見えませんよね。

 

 

私はこの一覧性が悪いと、

とてもストレスを感じます。

自分の抱えている仕事の全体像が見えないと、

次から次へ入ってくる予定に

振り回されている印象を受けるんです。

成り行きまかせに予定を入れていると、

本当にやりたいことが後回しになってしまいます。

そのコントロールができているかどうか、

パッと見てわかると安心じゃないですか?

 

 

来年の実際に持ち歩く手帳をどうするか、

まだ決めていませんが、

面白い手帳を買いました(笑down arrow

ypadpro

 

 

 

この手帳は、

ypad pro

といいます。

ypad7というのが基本サイズのものです。

おそらく9月には来年版のypad8が発売されると思います。

このサイズはipadとほぼ同じ大きさなんですね。

 

 

で、私の買ったproの方はというと、

B4サイズなんです(笑

さらに、手帳を開くと倍の大きさになります。

つまり、B3サイズですよ。

こんなの持ち歩けないよ!と思われるでしょうが、

はい!持ち歩けませんよ(^^)

私は会社に置きっぱなしにして使う予定です。

 

 

そして、なぜこんなに大きいのか?

理由は簡単です。

1か月の予定とタスクが、

見開きで見渡せるのです。

だから先に話をした一覧性という意味では、

これに勝るものはないでしょう。

 

 

 

子の手帳をめくると、

作者の寄藤文平さんのイラストで

使い方が描かれています。

イメージとしてはこんな感じです。down arrow

ypadpro使い方

手帳がデカすぎて、

スケッチブックみたいになってますね。

 

 

スケジュール欄の使い方はこんな感じdown arrow

ypadproスケジュール使い方

見開きの左側のページです。

1か月分というか、

4週間分が記入できます。

時間は流れているものと考えれば、

月ごとで区分することは、

不自然なのかもしれませんね。

 

 

次はタスク欄の使い方です。down arrow

ypadproタスク欄使い方

見開き右側のページです。

21個のタスクを書き込むことができます。

このタスクの流れと右側のスケジュールとを同時に確認できるところが、

この手帳の最大の特徴でしょう。

pro版はサイズが大きすぎるのですが、

通常版は2週間が見渡せますし、

harf版は更にサイズが半分で1週間分の手帳なんです。

 

 

 

実際に持ち歩く手帳をどうするか決めていませんが、

大きな予定を立てる月初に、

このデカい手帳であれこれ考えてみたいと思います。

とりあえず、日付を1年分書き込み、

最初のページの外出予定だけ書きこんでみました。down arrow

スケジュールページ

1か月前からある程度埋まってしまっています(^^;

10月は前半が税務調査や東京出張で埋まってしまってます。

どうりで息苦しいと思っていました。

自由に動ける時間を作る努力をしなければ行けませんね。

来年はやらないことを明確にして、

動ける時間を作ることを目標にしたいと考えています。

意識しないと流されますからね。

 

 

最後にタスクのページです。down arrow

タスクページ

まだどんなタスクを記入していけばいいか、

項目が決められなかったので、

候補に挙げるものを付箋に書き込んでみました。

もう少し項目を考えて整理してから、

実際に手帳に書き込みたいです。

 

 

いつまでこの手帳を活用できるか、

自信ありませんが、

タスク欄の活用を含め、

どこかで一度レビューしてみますね。

 

 

手帳を使ったことがない人も、

ぜひ手帳を使ってみてくださいね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ390日目

 

 

 

おはようございます!

25日といえばお給料日!の人が多いのでは?

うちでも今日はお給料日です。

毎月明細を手渡ししますが、

ありがとうの気持ちを伝えています。heart

 

 

さて、デッドラインという言葉は、

どんな意味でつかわれるのが多いのでしょうか?

私は仕事上で、

締め切り

の意味で使っています。

 

デッドライン

 

 

職場内でのコミュニケーションでは、

このデッドラインを意識しているかどうかで、

大きな影響があるんです。

 

 

 

1.自分の仕事

自分の取り組んでいる仕事に

デッドラインを設けることから始めましょう。

すでにやってる人も多くいると思います。

でも、それって相手視点でのデッドラインではありませんか?

つまり、もともと〇月〇日までに仕上げるよう依頼があれば、

当然そのデッドラインは設定してるはずですよね。

でも、自分が自発的に取り組もうとしている仕事って、

けっこう後回しになっていませんか?

 

 

そんな期限が決められていない仕事こそ、

いついつまでに終わらせる!とデッドラインを設けることが

大事なのではないかと思っています。

 

 

2.依頼した仕事

自分の取り組む仕事については、

自分で管理できるのでデッドラインを作りやすいですよね。

でも、相手にお願いした仕事って、

どうなっていますか?

「〇〇さんにお願いした仕事、

 全然状況を教えてくれないけど、

 ちゃんと進めてくれてるのかな。」

と、イライラしたことはありませんか?

 

 

これは、

仕事を依頼した時点で

デッドラインを決めていないことが原因なのです。

さらに、

「途中で報告してね」

と伝えてあれば、

完了してなくても報告してくれるので、

安心できますよね。

 

 

「この仕事、早めにお願いします。」

この場合の早めって、いつまでが早めでしょう。

こういった個人差がある感覚的な指標は、

だいたい自分の都合によって解釈が違うんです!

だから、後でイライラするんですよ!

 

 

 

3.個人のやりたいこと

デッドラインという言葉が適切かどうか分かりません。

個人の夢や願望を実現するために、

デッドラインを設けることは非常に重要ではないかと思います。

たとえば、

「いつかはフルマラソンを完走したい」

と思っていて、

ジョギングを始めたばかりだとします。

 

 

この夢は実現可能性は高いでしょうか?

それは、実際には分からないです(^^;)

ただ、「いつ」の「どのレース」でフルマラソンを走るのか、

それを決めることが最短で実現できることは間違いないです。

私の去年のマラソンがそうでした。

とにかくレースにエントリーして、

Facebookで完走すると公言してしまいましたからね(^^;)

あなたも、まずは「いつ」それを実現するのかを

決めてみましょう!

 

 

 

ちょうど9月という時期は、

来年の手帳が発売される時期なんです。gya

新しい年の目標を立ててみるのに最適な時期に入りますよ。

ぜひ、何か目標を決めて、期限まで設定してみてください(^^)/

ypad pro

up arrow来年用の巨大手帳ゲット!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

最新情報を無料でゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

【岐阜】未来会計セミナー

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ389日目

 

 

 

おはようございます!

毎日天候があれています。

一昨日の夕方には

スーパーセルという積乱雲が発生しました。

お隣の一宮市に発生したのですが、

岐阜市でも雷は凄かったです!

ちなみに、犬は雷が苦手だそうですが、

うちのワンコは全く気にならないみたいです(´-`)

 

 

 

さてさて、昨日はクライアント様のところに出かけました。

ご家族がいらっしゃるのですが、

夏休みだったので

小学2年生のご長男もいらっしゃいましたよ。

まだ小さいのに賢いことが話しぶりで伝わってきました(^^)

 

 

 

そこで少し驚いたんですよ。

「ね~、○○君は何をしてるの?」

と聞いたら、

「今はね、プログラミングしてるの。」

 

「え!・・・・」

 

小学2年生でプログラミングできるの??

とビックリでした。

 

 

 

私は中学の頃に親に買ってもらったMSXというパソコンに、

雑誌の掲載されてるプログラムを一生懸命打ち込んで

簡単なゲームをしていたのを思い出しました。

MSX

 

 

 

あんなプログラムを打てるのだろうか??

と思っていたら、

今操作している画面を見せてくれました。

 

 

 

 

 スクラッチ

こんな画面を見せてくれたんです。up arrow

なるほど!!

今は命令をパズルのように組み合わせて、

遊びながら学べるんですね(^^)

 

 

 

もうすぐ小学校の授業でプログラミングが

始まるのだと聞きました。

ロジックを考える思考力が身に着けるには

とても効果的じゃないかと思います。

 

 

 

でね、さすがだなぁと思ったのは、

ドクターのお子様だったということです。

あなたは効き脳診断をご存知でしょうか?

ハーマンモデルと聞いて分かる人もいるかもしれません。

以前の記事を参考にしてください。down arrow

頭の使い方にはタイプがあります。

 

 

 

この効き脳では頭の使い方がわかるのですが、

プログラミングというのは、

分析の部分であるA、

順序や工程であるB、

が、強く反応してると思います。

ドクターを効き脳診断すると、

ある特徴が出るそうです。

それは、

必ずAが強く出るそうです。

 

 

お医者さんらしいですよね。

分析力がないと、

診察というのは、

そこから何の病気かを察する行為ですよね。

まさにAの部分が使われます。

だからAが高くて当然なのです。

 

 

でも、小さな息子さんまで、

Aが高そうな雰囲気だったので、

さすがだなぁと感じましたね(*^^*)

 

 

 

私の効き脳は、

ABの二重優勢型です。down arrow

効き脳診断

税理士にはちょうど良い傾向らしいですよ(^^)

 

 

グラフで一つの項目だけが突出している人は

どちらかというと少なくて、

二重優勢、三重優勢が多いんですね。

あなたはどんな思考スタイルでしょうか?

私の事務所では効き脳診断が受診できます!

興味ある人はぜひお声かけくださいね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

無料で最新情報をゲット

藤垣会計無料メルマガ登録へ

 

 

【岐阜】未来会計セミナーはこちら

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ388日目

 

 

 

おはようございます!

昨日は夕方からゲリラ豪雨で

雷も事務所の近くに落ちました。

雷はリアルに怖いですよ。

逃げようがないしね(^^;)

 

 

 

さて、今日は図で描くことの話です。

昨日の朝礼でスタッフのMさんが、

『お客様から、

 「私は数字が苦手だから、

  グラフで説明してくれた方が嬉しいんだよね」

 と言われました。」

という内容の話をしてくれました。

 

図で説明する

 

どんな説明や提案をしようとも、

相手に伝わらなかったら意味がありません。

どんなに上手く話ができても、

相手が分かる話をしなければ、

独りよがりになっているだけです。

 

 

 

私は、決算報告に行ったときに、

うちのスタッフがお客様に説明するのを

チェックします。

お客様目線になっているか、

お客様が迷子になっていないか、

理解しやすい順序で話をしているか、

などなどチェックしながら、

髄所にフォローしています。

 

 

何でもそうですが、

自分がしているところは自分で見えません。

出来ているつもりができていない。

やってるつもりが、やっていない。

自分の姿をビデオでとると面白いですよ。

最近では筋トレのフォームなど見てみるのですが、

自分で思ってるイメージと、

撮影された動画とでは、

まったく違います。

ショックなくらいね(^^;)

 

 

だから、適切なフィードバックが必要なのです。

そのままの状態を伝えることで、

相手が勝手に気が付きます。

だから、そのままをフィードバックするのが

良いと思います。

フィードバック

 

 

話しがそれましたが、

数字の話に戻りますよ。

中小零細企業の経営者の方で、

会計や財務が得意な人はホント少ないです。

だから、数字の羅列である書類を見せられても、

どの数字をどう理解するのかが分からないのです。

 

 

 

昨日も若手の会社経営者の方が

事務所に相談に来られました。

数字が分からないし、

見方も分からない、

という話をされたので、

セミナーで話す内容を要約してお伝えしました。

ちなみにセミナーの案内はコチラです!down arrow

岐阜未来会計実現セミナー

 

 

セミナーではお金の流れを、

ブロックパズルという図を使って説明します。

だから数字が苦手でも、

だれでも理解できるんですよ。down arrow

お金のブロックパズル

 

 

 

その経営者の方が帰るときには、

目の色が違ってました。

今の会社の現状が分かったし、

今後どうしていけばいいかが

よく理解できたそうです。

会計のことが初めて少し理解できたそうで、

とても嬉しそうに帰られました(*^^*)

 

 

あなたもこのセミナーに参加すれば、

数字が分からなくても、

経営判断に使えるポイントが分かり、

明日から全力で仕事に集中できるようになりますよ!

ご興味がおありの方はこちらまでdown arrow

岐阜未来会計実現セミナー

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.08.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

毎日ブログ387日目

 

 

 

おはようございます!

8月も残すところ、

あと10日ですよ!

お盆を過ぎると、

あっという間です。

多分このまま9月に入って、

気が付いたら年末・・・

何てことになりそうですね!

しっかり戦略的に進みましょうね。

そのヒントは 一番下の↓↓↓のセミナーで分かります♬

 

 

 

今日は「才能」の話しです。

昨日は東京でコンサルを受けてきました。

その中でお聞きした話です。

 才能

 

例えば、

プロゴルファーを目指す若者がいたとします。

小さな時からゴルフを教えられ、

今は高校生で、大会などに出場しているとしますよ。

彼は天性の素質があるので、

飛距離、パットなど、

何をさせても上手でした。

練習はもちろんしていますが、

挫折を経験したことはありません。

 

ゴルフ

 

こんな彼は、

飛距離が280ヤードなんだと言えば、

凄いですね!と言われるわけです。

確かに普通の人からすれば凄いのですが、

世界のトップからすると大したことないんです。

世界トップでは350ヤードが標準だったりするそうです。

あ、私はゴルフしませんので、

間違ってたらスミマセン(^^;

だから、当たり前の練習してて、

人より上手くできたって、

それだけなんですよ。

 

 

 

本当にトップを目指したいのなら、

まずは世界トップの練習量にする。

その練習量をこなした中から、

本物のトップが生まれるのです。

逆はありません。

 

 

甲子園に出場する球児たちは、

毎日2000回の素振りは当たり前です。

ちょっと中学で野球が上手かったからといって、

「俺、毎日素振り2000回してるんだぜ!」

と自慢が通じるのは中学まで。

甲子園に出ている球児たちは、

それが普通になっているから、

凄くもなんともないんです。

しっかり準備してきた人の中から、

とびぬけた成果を挙げる人が出ているんです。

だから、

一生懸命やらずに、

成果だけ求めても、

それは無理な話なのです。

 

 

 

また、才能がある人が挫折すると、

立ち直るのに苦労するそうです。

だって、どうして上手くできていたか知らないから。

なんとなくやってみたら上手くいっていただけ。

だから、上手くいかなくなった時に、

どこから直せばいいのかが分からないんです。

才能がある人ほど、

途中で苦しむのかもしれませんね。

 

 

 

残念ながら、

いや幸いにも、

私には特別な才能はありませんでした。

税理士試験合格するのも時間かかりましたし、

スポーツも下手です。

でも、下から少しずつ積み上げていくことで、

自分がどの位置にいるのか分かりますし、

どれだけやってきたかを確認できますよね。

そういう意味でマラソンは好きなんです。

走った分だけ成果が表れるからね。

 

 

 

才能は無いよりあったほうがいいと

言われるかもしれません。

でも、今日のところは、

無くても、

そのほうがいい。

という内容でお話しさせてもらいました(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

岐阜未来会計セミナー

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030