2017.07.10更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

今日は7月10日です。

税務では源泉所得税の納期特例の納付日です。

1月から6月までの給料や報酬から預かった税金を納める日です。

忘れてまうと、延滞税はもちろん、

不納付加算税という罰金まで課せられますので、

ご注意くださいね!

 

 

 

さて、九州旅行の話しです。

先週の大雨の気圧配置があまり変わらず、

天気予報はずっと雨。

確かに雨雲レーダーの予測でも、

豪雨の赤色が近づいてくるのがわかります。

 

 

 

そんな中、阿蘇山に向かって車を走らせました。

当然、雨や霧で景色が全く見えないことが想定できます。

せっかく来たのだからという思いと、

もしかしたら、

万が一、

天候が良くなるかもと思って出掛けました。

 

 

 

朝一で出かけたときは、

ちょうど雨の切れ目でした。

その切れ目とともに途中まで移動しましたが、

やはり途中から雨が降り出し、

やがて土砂降りに(^^;

しかも山ですから、霧まで出てきました。

 

霧の阿蘇

 

まずは阿蘇の草千里といわれる場所を目指します。

山の途中では霧がなかったりしたのですが、

上にのぼるほど霧が出始めました・・・

真っ白で何も見えず。

まぁ仕方ありません。

 

 

 

次は外輪山のほうの大観峰という見晴らしがよい展望スポットへ。

途中で道の駅に寄ったときは、

一番ひどい土砂降りでした。

しかし、スマホで雨雲の動きを見てみると、

15分後には雨雲がなくなり、

しばらく晴れてきそうな予報です。

 

 

結局、その日の午後は天候がよくなり、

綺麗な景観を見ることができました。

独特な地形、噴火の規模の大きさに驚き、

実際に自分の目で見ることができて良かったです(^^♪

 

大観峰

 

実はその日の朝に旅館のスタッフさんから、

当日は大雨が続きそうなので、

「山ではなく、熊本市内でも見てきたら?」と、

朝食の時に言われてました。

結果的には山に出かけて正解でした。

 

 

山の天気は変わりやすいと言いますが、

とくに最近のゲリラ豪雨も同じですね。

一時的のはずの豪雨がいつまでも続くことの異常さ。

そのせいで河川の氾濫や土砂崩れが起きています。

こんなこと、だれも想定できません。

 

 

 

 

ところで、会社の経営についてはどうでしょう。

リスクの想定はしていますか?

そんなこと考えてる余裕がない、

そんな可能性が低いことにかけるお金はない。

多くの経営者に話すを聞くと、

そんな話をされる方が結構いらっしゃいます。

でも、それはご自身の経営のことをちゃんと相談できる人が

いなかっただけなんじゃないかと思うんです。

 

 

 

先のことを考えない経営者はいません。

先が見えないということを含めてもね。

将来のことを考えれば、

いろいろなリスクがあることを見ざるを得ません。

それを見たくないと避けていれば、

いつまでたっても先のことが見えてきません。

一つ一つのリスクをどうやってカバーするのかを

計画していきませんか?

リスクに向かい合えればどれだけ安心感が得られるでしょうか。

将来の計画をってるということは、

リスクに向き合うということ。

先のことは誰も分かりません。

だから、想定しながら経営を行いましょうね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

058-215-1030