2017.07.31更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

今日は7月31日です。

去年の8月1日から毎日このブログを書き始めました。

そして、ようやくこの日が来ました!!

ちょうど1年なんですよー!!!

 

 

 

ブログ開始の時の目標は、

ブログ師匠の板坂ゆうじろう先生の言うNJE理論を使って、

毎日欠かさず1年ブログを書き続けることでした。

板坂師匠のブログはコチラ

板坂裕治郎氏

NJE理論で書けたかどうかは置いておいて、

とりあえず1年継続は達成できました(^^♪

 

 

苦しかったことや、

書き続けた成果など、

1年間続けてどうだったか。

その振り返りをしたいと思うのですが、

8月2日にその表彰式があるんです。

だから、その後に振り返りをしますね!

 

 

今日は、続けることについてお話ししますね。

続けるという行為は「習慣化」できるかどうかがポイントです。

だれもが21日間続けられたら習慣化すると言いますが、

実は66日だという書籍に出会いました。

21日という説はある教授の研究から広がったそうで、

別の研究だと66日かかるそうなんです。

 

 

だけど、66日続いたからといって、

翌日にやめてしまうこともあるでしょう。

要するに3週間というのも66日というのも単なる目安であって、

習慣化するためには多くの日数が必要になると言えるのです。

 

習慣化

 

私がブログを書くことが少し楽になったのは、

3か月くらい経った頃でしょうか。

ゆうじろう師匠もそれを分かっているので、

100日を目安にブログの補講をするんですね。

「そろそろ辛くなってきたり、飽きてくるころじゃろ!」

そんなタイミングでフォローセミナーをしてもらえたのは、

とてもありがたかったです。

 

 

 

習慣化に3か月もかかると言われても、

「だから、そこまで続かないんですよ!」

と聞こえてきそうです。

3か月続けるためのポイントを二つご紹介します。

 

 

 

1.強制力を利用する

強制力とは、やらざるを得ない力です。

私の場合は仲間の存在でした。

一緒に始めた仲間と毎日更新した記事をFBのグループ内に投稿します。

だから、毎日投稿しないと、

「あ、あいつ脱落した!」

となるんです。

周囲の力を利用した強制力は、

継続の一番大きな力になりました。

自分のモチベーションなんて大してありません。

気が乗らないだけで簡単に挫折しますよ。

だからモチベーションに頼らない仕組みづくりがポイントになるんです。

継続するためには、強制力の仕組みがあるかどうか。

これで決まりです。

 

 

2.応援は力に変わる

応援とはコメントのことです。

書き始めたころは、書くのも下手だし、

とにかく時間がかかりました。

どんどん辛くなっていたのを思い出します。

しかし、Facebookにコメントをいただいたり、

「見てます」と言っていただけたりすると、

気持ちが一気に戻るんですね。

毎日じっくり読んでくださる方はそうそういませんが、

それでも声をかけていただけるのは、

ありがたかったです。

 

 

 

結局のところ二つのポイントは、

どちらも周りの力を自分の書く力に変えることでした。

まずは強制力を使ってみることですね。

周りに公表したり、宣言することからスタートなんです。

自分でコソコソやってても、それは続かないということです。

 

 

 

受験勉強でも同じです。

特に長期にわたる税理士試験なんて、

周りに助けてもらわないで合格できません。

相当迷惑かけますからね。

だからこそ、絶対合格するって宣言してくださいよ。

実際に合格かどうかは運もあります。

もし不合格でも十分勉強していたら、

責める人は誰もいませんよ。

勉強を習慣化するために、

合格するために、

まずは周りに伝えてみましょう。

 

 

※ちなみに、今年の試験はもう目前ですね。

受験生、あとちょっと頑張れば終わるから、

あとちょっとだけ、頑張れ!!

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.30更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

昨日の岐阜市内は花火大会で大賑わいでした!

岐阜市内を横切る長良川河畔で3万発の花火です。

ちなみに来週も同じ場所で3万発の花火大会です(*^^*)

来週末も天気が晴れるといいですね♬

 

 

 

さて、私は昨日は終日名古屋でセミナーを受講していました。

ここ数年来、本をもっと読みたいという悩み?を解決すべく、

ホラノコウスケさんの「マインドマップによるリーディングセミナー」を受けてきました。

コンサル仲間と読書時間が取れないことについて、

「だったら、どこかのセミナーで読む技術を身に着けた方が速いよね。」

と話していたところでした。

読書については、速読という技術があり、

それなりの時間を使って右脳開発をするものがあったり、

早く目を動かす練習をするものがありました。

また、フォトリーディングという技術もあり、

何が最適なのかなぁと考えていたところに、

ホラノコウスケさんのセミナーの案内を見つけたのです。

 

 

ホラノコウスケさんは書評ブログで有名な人で、

どこで知ったのか何年も前からブログは拝見していました。down arrow

ホラノコウスケ、語る

よくこんなに本が読めるなぁと感心しながら本のレビューを見てたんですね。

その方から直接その読書法が学べると知って、

速攻で申し込みしました。

 

ホラノコウスケさん

 

この一日セミナーの特徴は、

なんといってもセミナー中に本を2冊読むことです。

「読む」技術はホラノさんがこれまで1500冊読んできた方法です。

これを直接教えてもらい、実践するというものでした。

ちなみに、1冊読むのに50分かけます。

本によっては、さらに時間を追加していってもいいし、

じっくり時間をかけて読んでもよいのですが、

とりあえず時間を区切って50分で読むための手法が学べたのは大きかったです。

 

 

 

私が持って行った本は、

「フィードバック入門」

「小さな習慣」

でした。

前者はコンサルとして相手に成果を出させるためには

とても重要なフィードバックという技術があります。

このフィードバックに焦点を当てた良書だと紹介を受けたので

この機会に読んでみました。

後者はたまたま書店で見つけたのですが、

オーソドックスながら独特の理論もあり、

理解しやすかったです。

とても読みやすい本でしたよ。

 

フィードバック入門

 

ホラノさんのリーディング技術は、

ぜひセミナーで学んでいただきたいです。

マインドマップを活用するところが面白く、

ホラノさん流のマインドマップの考え方を聴くことができました。

紙で書くのとPCで描くのと、どっちがいい?とか、

書くための考え方など。

8月6日には、マインドマップの入門講座を開催されるとのこと。

ご興味がある方はぜひ参加してみてください!

(こちらのセミナーでは読書法は含まれてませんのでご注意ください。)

 

 

マインドマップを書くための道具一式も揃いましたので、

明日にでも3冊目をトライしてみます。

右脳が弱い私なりに、

弱点を鍛えるのに役に立つのかな。

そんな効果も期待しています(*^^*)

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.29更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

おはようございます!

毎日ブログ363日目!

ついにファイナルカウントダウンです!!

もちろんテーマ曲は、ヨーロッパのファイナルカウントダウンです♬

今日は土曜ですね。

名古屋で一日セミナーに参加予定です。

内容は明日にでもご紹介しようかな~

 

 

 

今日のテーマは、タイトルにあるように、

二人でコンビを組むことの理由です。

営業と書きましたが営業だけに限りません。

営業に単独で行く人の方が圧倒的に多いでしょう。

私が税理士業界に入る前の会社員時代にも、

一人で担当をもって営業してました。

 

 

先日ですがお客様の会社の営業のことで

社長と話をしました。

その会社では二人で営業に出かけるそうです。

その理由を考えてみました。

 

 

1.先輩と後輩

後輩の教育目的で二人で出かけるということ。

お客様のところでも、この理由でした。

言葉で伝えるよりも、

実際にやってるところを見せた方が早いですから。

百聞は一見に如かずとは、よく言ったものです。

 

 

2.重要感を持たせる

営業の場合、お会いする相手によって対応を変えるべきです。

相手が単なる窓口の場合と、

キーマンとなる役職のある人、

会社の経営者クラスの人。

それぞれ対応は変えるべきでしょう。

特に重要感を持たせる意味では、

キーマンとなる人や決裁権限のある役員クラスであれば、

一人より二人で行った方がよいでしょう。

 

 

3.お互いの強みを生かす

この考え方はチームビルディングからきています。

効き脳診断という自己診断を行うと、

自分が脳のどこを使って考えるのが得意なのかが分かります。

例えば、

私はAの分析脳が強いですがCの人間関係脳は弱い方です。

うちのスタッフはCの人間関係脳が強いです。

効き脳診断

このコンビでお客様のところ出掛けると、

話しの聞き漏れがありません。

私は分析が得意ですが、

経営者の方が矢継ぎ早に新しい事業の話を繰り出してこられると、

頭の中の図式、体系がうまく整わないので、全体像がつかみにくくなります(^^;

分析脳が強い私の頭では、

全体を目次のように整理したり、フローチャートのような図解化しながら理解しています。

だから、一人で相談に乗る時は、話の途中で何度も確認をしながら聞くことにしています。

でも、Cの人間関係脳が強いスタッフは話を聞いていても、

私と違うとらえ方をします。

彼は、そのシーンを映像のように描くそうです。

詳細がつかめなくても、大枠を外さずに聞くことができるみたいです。

だから、私が彼と一緒に出掛けるとスムーズに話を聞いてくれます。

相手によっては私が話に付いていけなくなる時がありますが、

スタッフが補ってくれているので、後で確認できるというわけ。

 

 

自分にないものは誰にもあります。

ないものを伸ばすのは大変です。

ですが、ない部分を他の人に補ってもらえばどうでしょう。

とりあえず、足りない部分を補う効き脳のもの同士で出かければ、

どんな人に対しても問題なく当たることができるんですよ。

これが効き脳的コンビですね。

 

 

 

効き脳診断によって、

自分の得意不得意を知り、

相手の得意不得意を知ることで、

はじめてコンビの組み合わせができるんです。

お互いが違うことを知ることがスタートなんですね。

効き脳にご興味がある人は、

ぜひご連絡くださいね(^^)/

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.28更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

あっという間の金曜日ですね(^^♪

月末で給料日後の週末は、

どんな予定が入っていますか?

週末に向けて今日一日、頑張って乗り越えましょう!

 

 

 

さて、今日は考え方の話しです。

昨日、妻がこんなことを言われたそうです。

「甲斐犬を飼っているAさんから、

 『奥さんのおかげで人生が変わったよ!』

 って言われた♬」

実は今月の始めに妻とワンコとで、

フェリーに乗って九州に旅行に行ってきたんですよ。

犬の散歩仲間の甲斐犬を飼っているAさんは、

有名な柴犬のマルが同じフェリーに乗って九州に行ったのを

テレビで見たそうです。

「テレビでやるくらいだから普通の人はこんなことしないんだろうな。」

そんな風に考えていたそうです。

犬を飼っていると旅行なんて行けないものだと思っていたそうなんですね。

でも、うちの妻が九州行ってきた!って話をしているのを聞いて、

「え!こんな近くにいる人が実際に九州に行っちゃうんだ!」

と衝撃を受けたたそうです。

サンフラワー

 

自分は子供はいないけど、犬を飼っている。

でも、お金は困ってないし、休みも取れるし・・・

テレビでやってるような旅行は普通は行かないと思ってたけど、

行けばいいんじゃん!

そんな風に吹っ切れたそうです♬

 

 

 

そして、昨日の話ではAさんは鳥取方面に泊まりで

ワンコと一緒に旅行に行くことに決めたんですって。

ずっと行きたかったけど、行けないんだと思い込んでいたそうです。

普通は行かないものだと思い込んでいたんですね。

 

 

 

あなたにとって、普通ってなんですか?

大辞林で調べてみると、普通とは、

① いつでもどこにでもあって、めずらしくない・こと(さま)。

② ほかとくらべて特に変わらない・こと(さま)。

この普通かどうかを決める基準はどこにも定義されていませんよね。

 

 

つまり、自分の思い込みだけが基準になっているということ。

自分の周りがあまり冒険しない人ばかりだったら、

それが普通になる。

周りにいる人がどんどん成果をあげて活躍していたら、

それが普通になる。

周りにいる人が成果は出ていなくても、とても活動的だったら、

それが普通になる。

 

 

 

あなたはどんな普通を持ってますか?

その普通のレベルが上がれば、

あなたも自然に行動できるんじゃないですか?

では、質問です。

あなたの普通のレベルを上げるためには、

周りをどんな環境に置いたらいいでしょうか?

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.27更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

昨日は藤垣会計のスタッフ向けに、

久しぶりのチームビルディング研修を行いました。

今回は6月から入社したメンバーも加わって、

どんな展開になるのかとても楽しみでした!

 

 

さて、ここで質問です。

チームビルディングって何?

ビルディングを作る建設業のチームではありませんよ!

チームの関係性を再構築するための組織研修です。

そして、研修は楽しいゲームを行うのです!

 

チームビルディング研修 

 

うちの事務所では、

過去にはヘリウムリングというゲーム研修や、

部長ゲーム研修というものも行いました。

それぞれにとても気付きが多く、

組織内での発見が生まれる研修になりました。

 

 

 

しかし、人というのは忘れる生き物です(笑

2週間もたてば何の話をしていたかも覚えていないのが普通ですよね。

今回は間が随分空いてしまったので、

忘れ止めのために行いました。

 

 

 

ちなみに、チームビルディングで行うゲームの種類はたくさんあります。

そして、それぞれのゲームに意味があります。

何を気付きとするのかが異なるのですね。

お客様先で近々スタッフ向け研修をしますが、

その前に社長が何を求めているのかを

しっかりヒアリングしてからゲームを決めます。

そうしないと、せっかく与えられた研修の時間が無駄になってしまうかもしれません。

 

 

 

あ、大事なことをお伝えし忘れました。

どうしてゲームをするのでしょう?

それは、疑似体験をすることができるからです。

ゲームで起きるコミュニケーションは仕事でも起きています。

全く同じことが仕事でも起きているのです。

ゲームの中でそこに自分が気づくことで、

仕事の人間関係が改善していくのです。

 

 

 

昨日の研修では、

戦国村というゲームを行いました。

効き脳診断の忘れ止めの意味を与えるため、

振り返りの時間を多くとりました。

予想通り暴走するスタッフがいたり、

雰囲気にのまれてしまうスタッフがいたり、

仕事上でのコミュニケーションがそのまま表れていました。

とは言え、2チームともに見事ゴールできました。

仲良くワイワイ言いながらクリアできて、みな満足そうでしたね(*^^*)

 

 

 

このゲームでは、

効き脳診断で自分が得意とする部分や、

メンバーが得意な部分をしっかり役割分担できれば

もっと早くゴールできるんですよ。

Dの想像力が強い部分が高いスタッフが暴走して、

仕切りから取りまとめまでを一手に引き受けてしまいました。

情報を整理してまとめる作業は

Dの高い人が一番苦手とする部分なのです。

結果、情報が右往左往してしまい、

ゲームが大きく進むまでとても時間がかかっていました。

 

 

 

自分が得意な部分と相手が得意な部分を、

ちゃんと理解して役割を分担していれば、

ストレスもないしスムーズに情報が回り始めます。

この体験ができるようになるには、

まだまだ時間がかかりそうですね(^^;

 

 

 

振り返りの中で、

いろいろな反省点がそれぞれに感じることができたようでした。

新メンバーも上手く溶け込んでいたようでしたので安心しました。

他にも、ここは注意しないといけないなぁなど、

大事なことに気づかせられました。

 

 

 

あなたの会社にも、

ぜひ、チームビルディング研修を!

本気でチームを変えようと思えば、

6か月で12回の研修を行うことで、

今いるメンバーで3倍の利益を生むチームが出来上がりますよ!

 

 

 

藤垣会計トップページ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.26更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

あれれ、今週ももう水曜ですね!?

気が付くと週末になっていそうなスピード感です('◇')ゞ

週の後半も一気に駆け抜けましょう!

 

 

 

昨日の午後は大阪まで出掛けてきました。

今月は2回目の大阪ですね。

岐阜からだと、とても近い大阪です。

「は!?大阪なんて遠いじゃん!」

以前の私だと大阪はとても遠いところでした。

しかし、時間距離でいえば新幹線で50分なのですよ。

新幹線だと仕事もできるし、

このブログも書けちゃいます。

遠いか近いかは、

考えようです。

 新幹線 岐阜羽島

 

 

で、何しに行ってきたかといえば、

研修のセミナーです。

相手の成果をあげるための研修とは、

どんな手法で行うのか?

これが大テーマでした。

 

 

 

研修というとピンと来ないかもしれませんが、

私も一応研修はするんですよ!

例えば、ある国家資格の法定講習の講師。

ある団体向けの研修講師。

租税教室の中高生向け教室の講師。

そしてコンサル先の企業様や顧問先様の先で行う社員向け研修講師。

年間日数にすると15日以上はしてますが、

そんなに大した数はこなしていません。

これからは企業向けの講師を増やしていきたいと思っています。

研修してることを覚えておいてくださいね(^^♪

 

 

 

でね、昨日のセミナーのワークの中で、

気が付いたことが沢山ありました。

その中の一つが、一人一人に丁寧にフォローするという話です。

どんな講師はリピート続出かなぁと考えた時に、

同じテーブルの人がそんな講師が要るんだと教えてくれました。

 

 

 

実際に研修をしたとしても、

なかなかフォローできないのが現実だと思いますが、

その人はフォローが半端ないので、

何度もお呼びがかかるのだそうです。

そんな話を聞いたときに、

私自身は今まで出会った人のフォローはどうだったか。

現在の顧問先様のフォローはどうだったか。

と考えたとき、ドキッとしました(^^;

 

 

 

新しいことを増やすことも大事なのですが、

現状のものを大切にできなければ意味がありません。

スキルにしてもそうです。

一つ一つ学んだことを、

どれだけ実践できているか?

やるやると言ってて、

できていないことはありませんか?

 

 

 

人は不安になると、

何か助けになるものにすがりたくなります。

目の前に見えたものに飛びついてしまう傾向があります。

しかし、学んでも使わなければ忘れてしまいます。

そして、学ぶ前と変わらない状態になってしまう。

せっかく何かを手に入れたら、

まずは実践してみることが大事なんですよね。

頭でわかってても、忘れてしまいます。

愚直な実践こそが、

成果をあげていくということを。

 

 

 

人のフォローという観点では、

1.既存のお客様、

2.込みのお客様、

3.取引先関連の人、

4.提携先の人、

5.自社のスタッフ達、

これだけの人のフォローをしつつ、

6.自分の家族のフォローをしなければなりません。

 

 

 

あなたは上の観点のなかで、

最近フォローできていないなぁと思ったところは

ありませんでしたか?

あったなら、まずは何か行動してみましょう。

行動しか改善する方法はありませんからね(^^)/

私は、とりあえず、

電話かけてみます!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.25更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

昨日は事務所主催のセミナーでした!

友人の山幡さんの銀行対応の話に、

参加者の方々はくぎ付けでしたよ!(^^)!

えぇ、私の話しにも興味持って聞いてもらえましたよ。

このコラボは要望が強いので10月にも開催することにします。

今日の内容をコラボで活きるよう、

私のパートの内容をブラッシュアップしますからね♬

 

 

 

さて、実はちょうど2週間後の今日は、

税理士試験なんですよ!

毎年8月の第2火曜日から3日間かけて行われます。

といっても、3日連続で試験を受けるのではありません。

受験科目が沢山あるので、

一日3科目ずつ3日間かけて行われるのですね。

(一部科目が重なってます)

うちのスタッフも2名が初日に受験に臨みますよ。

後悔しないように頑張ってもらいたいところです。

 

 税理士試験

 

それで、あと2週間というと何ができるでしょうか?

というか、何をしたらいいでしょうか?

と聞かれそうですね。

5科目合格した経験からお伝えすると、

計画に従ってマシーンのように勉強するだけです(笑

 

 

その計画について触れますね。

7月に入ったころに本番までにするべきことを列挙します。

税理士試験では、理論と計算があります。

(簿記論は計算のみ、国税徴収法は理論のみだったりもします)

通常点数配分は各50点です。

どちらを手を抜いても合格はできません。

そんなに甘くはありません。

だから、直前になって山を張って勉強しても、

とうてい合格は無理なんです。

ボリュームがありすぎますからね。

 

 

 

話しがそれましたが、

するべきことを列挙したら、

カレンダーに予定を入れていくんですよ。

やるべきことが全部入るようにね。

どうしても入りきらない時、

いろいろな事情を勘案して省くところを決めます。

経験上、毎年入りきれませんね(爆

 

 

理論については完全に逆算します。

本試験日に最高の状態を作ればいいのです。

だから、前日に全ての理論を回します。

回すというのは、空で暗唱すること。

全理論回すので一日仕事ですよ(^^;

死ぬほど辛いです。

マイナスな言葉を使いたくないので言い直すと、

それが完了すると、生きるほど嬉しい。

日本語は難しいですね・・・

 

 

前日に理論を全部回す。

2日前と3日前の二日間で全理論を回す。

6日前から4日前までで全理論を回す。

こんな具合に逆算していって、1か月の予定を組むのです。

 

 

 

そして、計算については得意不得意があると思うので、

間違えた問題で重要度が高いと思われるところを中心に解きます。

個別の論点は上記の通り。

ただ、総合問題を解く感覚は失ってはいけないので、

毎日1題は総合問題を解きます。

答練の問題が基礎、応用、的中とありますから、

グルグル回して解いていってもいいですよね。

(私が受験したころの記憶でお伝えしています。

つまり、現在の予備校の答練のことは知りません。

現在のものと違っていたら気にせずスルーしてくださいね。)

 

 

 

2週間前が一番中途半端です。

予備校の授業が終わり、

個々の管理に託されます。

自己管理しなければいけないし、

本番まではまだ少し時間がありますからね。

ある意味、これからどんどん追込まれていきますから、

今くらいが最後の休憩できるところかもしれません。

そんな余裕がなければ本番まで一気に駆け抜けてください。

そうでない人は少し気分を変えて休むのも大丈夫。

リラックスできていないと身になりませんからね。

リフレッシュ

 

 

あと2週間、思い残すことないよう、

全力を出し切ってください。

本番が終わったときに、

「あそこも勉強しておけばよかった!」

この後悔が一番したくありませんよね。

だから、頑張ってやり続ける。

これだけです。

辛いのは自分だけではありませんからね。

頑張れ受験生!

応援してます!!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.24更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

今日からまた新しい一週間が始まりますよ!

土日でリフレッシュできましたか?

週末にゆっくり休めた人、

私のように仕事していた人、

それぞれに新しい週のはじまりです。

気合い入れていきましょう(^^)/

 

 

 

さて、先週末も結局二日とも仕事してしまいました(^^;

先々週の三連休も初日は大阪にセミナーに行き、残り二日は仕事でした。

今月の始めに休暇をいただいたので、

その余波が来てるのは仕方ないのですが、

家族サービス的にヤバいんではないか?

ちょっと不安を感じてしまいます。

 

 

ということで、

昨日の晩は外食をすることにしました(^^♪

もちろん妻とですよ。

でね、最近は出かけるところが固定されてきてて、

焼き肉はココ、天ぷらはココ、イタリアンはココ、

って具合に出かける店が固定化しつつあります。

しかもその店に行くと、

毎回同じものを頼んでしまうんですよね。

メニュー見てて、

「今度来たときはこっちを頼もう!」

と思ってても、また同じものを頼んでしまう。

確かに美味しいから行くんだし、

好きだから同じものを注文するんです。

でも、これってどうなんでしょう?

 

 

昨日の投稿では、

長寿の秘訣とは

というタイトルで日野原重明先生のことを書きました。

ここでも書きましたが、

挑戦を続けることが長寿の秘訣だということでした。

同じことを続けることは、

人間の本脳的には自然なことです。

人は同じことが繰り返されている時は安全だからです。

過去に大丈夫なものは、また大丈夫だと認識しています。

安易に生きてると同じことを繰り返してしまいます。

 

 

 

ということで、

「せっかくだから行ったことない店に行こうよ」と、

比較的近所にあるけど行ったことがない串カツ屋に行ってきました。

評判通り、めっちゃ美味しかったです。

 串カツ屋

(写真はチロ的岐阜グルメさんより)

二人で飲んで食べて(運転手の私はウーロン茶)、5,000円以下でおさまりました。

おかげで、また行きたい店が増えました。

 

 

日々、何か新しいことにチャレンジしたり、

今まで体験したことがないことをやってみることは、

自分の発想の幅を拡げてくれます。

年齢を重ねると柔軟性が失われていくといいますが、

意識してチャレンジすることが良いのでしょうね(*^^*)

 

 

 

日々、新しいことを意識してみようと思います!

ちなみに今日から「地上最強の商人」の第3章に入りました。

新しい刺激とともに一週間頑張ります!

ちなみに、今日は月一度の事務所主催のセミナーです。

新しい出会いが楽しみです♬

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.23更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

今日は日曜日。

天気は雨ですが、

どうやって過ごしますか?

たまには静かに読書なんてのもいいですよ(^^♪

 

 

 

さて、先日のことですが日野原重明さんが亡くなられました。

100歳を過ぎてもなお現役の医師として

仕事を続けてこられた方です。

日野原重明

周りの人を見ていても、

100歳で現役なんて人は一人もいません。

平均年齢が高い税理士でも、

実際に現役でやられている人はせいぜい80代ではないかと思います。

比較がしようもないくらい凄いことですよね。

 

 

 

昨日のニュース特集で、

日野原先生の長生きの秘訣を二つ紹介されていました。

1、良い習慣を身に着けること

 食事にとても気を遣っておられたそうです。

 腹7分を心がけ、また、高齢になってからも肉を週に2回食べていたとのこと。

 肉は動物性たんぱく質としてとても重要なのですが、

 高齢になると肉を受付けなくなる人が多いみたいですね。

 内臓まで丈夫でないといけないんですね。

 そして、運動にも気を遣っていたそうです。

 階段を上がる時は一段飛ばしだったとのこと。

 そして、これらが習慣だったということなのです。

 気まぐれでやるのではなく、習慣を身に着けておられたのですね。

 

 

2、挑戦を続けること

 いくつになっても何かに挑戦し続けることで、

 いくつになっても若くいられるそうです。

 精神的に老け込んでしまうのが、老化の一番の大敵なのでしょうか。

 高齢になっても予防医学の普及に力を入れておられたそうです。

 年齢を重ねてもこんな精神でいたいものです。

 

 

 

この一か月からのことですが、

「地上最強の商人」という本を読んでいます。

地上最強の商人

読み方が少し変わっていて、

毎日3回同じところを読むのです。

その一番最初の章にあるのが、このセリフです。

「良い習慣をつくり、自ら、その奴隷となる」

この本においてすべてに優先すべき法が習慣なのです。

つまり、毎日読み返すことで自分の思考意識を塗り替えるんですね。

友人の岩田健一さんに誘われて始めた読書ですが、

今日で2章を終え、明日から3章に入ります。

2章から10章までを各一か月読み続けます。

ようやく明日から2か月目に入るというわけです(^^♪

 

 

ちなみに、2章は「愛」のテーマです。

言葉に出すとちょっと恥ずかしいですね(^^;

明日からの3章は「やり続ける」がテーマです。

これからの1か月は、

おそらく気合い入れて何でも頑張れそうな気がしますよ(^^)/

「私は、成功するまで頑張り続ける。」

そんな1か月になりそうです。

何事も良習慣をつくり、その習慣に従うこと。

それが長生きの秘訣でもあるのですね(*^^*)

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2017.07.22更新

過去の数値から仕事をする税理士

数値を活かして過去と未来をつなげる

岐阜市の未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

 

おはようございます!

今日は土曜日ですね!

先週は月曜が祝日でしたから、

一週間があっという間でした!

あ、でも三連休は休めなかったので、

ずっと仕事してました。

だから、関係なかったです(^^;

 

 

 

土曜日が仕事の人もいるかと思いますが、

平日と週末の時間の過ごし方について、

あなたはどう過ごしたいですか?

 

 

例えば、平日の場合です。

朝5時に起床

 ジョギング~わんこ散歩

6時30分

 シャワー浴びて新聞読み朝食

7時30分

 出勤

8時

 会社到着、掃除など

8時50分

 朝礼~午前仕事

12時

 お客様とランチ

13時~

 仕事

18時

 帰宅

18時30分

 ジム

20時

 夕食、団らん

21時

 読書

23時

 就寝

こんな感じが最近の私の理想でしょうか(笑

まぁ、他にもやりたい事などありますが、

基本の組み立てはこうありたいですね。

 

 

 

でも、実際にはできていません!

まず、朝一のジョギングは今週から始めました。

一日おきで30分程度ですが継続したいです。

つぎに、ランチは抜くことが多いです。

そして、仕事の終わりはかなり遅いですね。

平日のうち2/3くらいは会合など外食です。

予定通り自宅に帰れることはまずありません。

 

 

 

こうやって考えると、

成り行き任せでスケジュールを入れて、

それに流されている感が強いです。

あなたは主体性をもって毎日を過ごせていますか?

 

 

私のメンターの福島正伸先生からは、

「自分の理想の一日を決めなさい!」

こんな宿題をいただいたことがあります。

人は何も決めていないと流される生き物だと。

だから何でも決めることが大事。

細かいことも決めているからできるし続くんです。

 

 

そう考えると、

自分の理想の一日を決めてないのに、

そう過ごすことなんてできるはずありませんね。

たまたま理想に近い日があったとしても、

それはたまたま。

次の日から、またいつもの日常に戻ってしまうという訳です。

 

 

 

今年から使っている「逆算手帳」ですが、

手帳の巻末辺りにこんなページdown arrowがあることを忘れてました!

逆算手帳

デイリービジョンというページで、

まさに理想の一日を描くページでした。

私は効き脳的にはDが弱いので、

イメージを膨らませることが苦手です。

でも、このスケジュール欄だったら書けそうですね。

 

 

 

あなたは自分の理想の一日を決めていますか?

どんな風に過ごせたら最高に幸せな一日に思えるか、

手帳に書き込んでみるといいかもしれませんね。

書いてみたら案外簡単に理想の一日が過ごせるかもしれませんよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030