2016.08.31更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

今日でブログを毎日

1か月間更新しました!

やった!

よくやった俺!

 

すみません、

そんなキャラではありませんが、

なかなかの苦行でした。

ということで、

次の目標の3か月に向けて

始動しますよ!

 

継続のコツと言えば、

ブログセミナー仲間で

一緒に取り組んでいることが

励みになってるんですね。

一人だけじゃないってこと。

 

 

税理士試験の時もそうでした。

受験は独りで受けますが、

勉強は仲間がいました。

受験校での仲間や、

ネットで知り合った仲間。

刺激をもらったり、

応援してもらったり、

モチベーションは、

仲間によって維持できました。

 

逆に、中小企業診断士試験は

辛かったです。

通信講座のみで勉強したので、

仲間ができませんでした。

無理かと思いましたからね。

 

 

最近の取り組みでは、

まずはダイエット。

7月20日から始めて、

昨日の朝までに体重が

7キロ減りました。

8月はは筋トレするのに、

パーソナルトレーナーを

頼みました。

誰かが一緒にいるだけで

パフォーマンスが

全く違います。

凄いです。

おかげで、体重が落ちても

筋肉量は落ちませんでした。

 

また、フルマラソン。

初のフルマラソンで

完走するのが目標です。

これも、大学時代の友人や

税理士のマラソン仲間が

いるから、モチベーションが

保てています。

 

 

そして、個人的にコーチを

お願いしてる方がいて、

ビジネス、個人の目標に

強制力を与えていただいてます。

非常に強い強制力です。

 

 継続は力

 

 「継続は力なり」という言葉。

私には、

「継続ができるのは、

仲間や協力者という力なり」

じゃないかと思います。

継続できるのは、

一人の力だけでなく、

誰かがいなければ

そう簡単にできるものではない。

そう思いませんか?

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.30更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

社会人になると、

新入社員研修などで

教わることって色々あります。

その中で、今でも大切に

していることの一つに、

ホウレンソウ

というのがあります。

 

ホウレン草

 

はい、野菜ではありませんね。

 

ご存知の通り、

報告(ホウ)

連絡(レン)

相談(ソウ)

これらの頭の言葉をとって

ホウレンソウと略します。

 

この言葉って、

「ホウレンソウでしょ。

報告連絡相談ですよね。

知ってますよ。」

と、知識レベルで

知ってる人は多いと思うのです。

 

しかし、この内容は

非常に深く、

実際に使えている人は

とても少ない。

私の師匠の一人である、

和仁達也先生のメルマガで

ホウレンソウの重要性について

少し前に紹介されてました。

 

報連相

 

内容について詳しくは

触れませんが、

報告・連絡・相談を

その行為そのものではなく、

その目的で考えると

腑に落ちるんですよ。

 

例えば、

報告は「義務」であること。

連絡は「気配り」であること。

相談は「問題解決」のため。

そして、それぞれ相手があること

なので、どうやって行うかを

具体的に決めることが

重要なんですね。

 

希望があれば、

具体的な内容について

記事にしてもいいですね。

 

あなたの会社では、

ちゃんとできていますか?

 

 

さて、話が変わります。

先日、税務調査の

立会をしたのですが、

交渉の相手側の立場

考えてみます。

 

これは、営業の交渉でも

銀行との交渉でも

いえることですが、

目の前の相手の後ろに

上司がいるということを

思い出してください。

この交渉相手は、

会社に戻ったら上司に

報告するんですよね。

 

その時にどうやって

報告するかは、その担当者も

考えるわけですよ。

相手が報告しやすいように

情報を与えたり、

資料をそろえたりして

交渉をすることができれば、

その結果は良い方向に

進むと思いませんか?

 

相手の立場に立って、

その背景を考えると、

違う結果が手に入るかも

しれませんね。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.29更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

今日はあなたに

遺言書

についてお話しします。

 

「相続」という言葉が、

最近では、

争うという文字を当てて

「争続」

なんて言われます。

 

争族

 

税理士業界に20年以上いると、

数えきれないほどの

相続案件を見てきました。

残された遺族で、

なかよく話し合えるケースは

確かにありましたが、

何かしら問題があるケース

の方が多いのではないかと

感じています。

 

「うちはそんな財産無いから

心配ないわ。」

なんて言ってる人が、

危険なんです。

確かに相続税は

かからないかもしれません。

 

しかし、遺産の分割は

しなければなりません。

無くなられた人の財産を、

誰がどれを相続するか、

遺族で相談して決めるんです。

 

遺産が不動産しかなくて、

上手く分けられなくて

もめごとになってしまうとか、

生前に長男だけ財産を

贈与でもらってたことが

発覚してけんかになったり、

言い出すときりがないくらい、

相続案件の数だけ

問題があります。

 

ちなみに、

相続税がかかる案件は、

死亡した人の5~6%程度

だと思います。

平成27年に増税されて、

課税される件数が増えました。

以前は4%程度でした。

 

これらのもめごとは、

ある事をちゃんとしていれば、

避けられたかもしれません。

それが、遺言書なんです。

 

遺言書

 

亡くなる前に、

配偶者やお子さんたちに、

どの財産は誰に渡すと

書いておくのが遺言書です。

遺言書があれば、

皆で分割協議をせず、

遺言書の内容に従って財産の

相続手続きが行われます。

だから当然に、分けることでの

もめることは少なくなります。

 

でも、これだけの遺言書だと

だめなんです。

大事なポイントが

完全に抜けています。

だから、遺言書の内容によっては、

納得いかずに喧嘩になってしまう

こともあり得ますね。

 

何が抜けているかというと、

それは、

付言事項

(ふげんじこう)と読みます。

・亡くなられた人の気持ち

・相続人への感謝の気持ち

・どうして、このような分け方に

したのかの説明。

などなど。

 

「兄弟仲良くしてほしい」

「弟の○○は、兄の○○を

支えてやってくれよ」

「○○には苦労を掛けたから

△△を相続させるよ」

「長年介護をしてくれて

ありがとう」

こんなメッセージが

添えられていたら、

もめたりできないですよね。

 

 

今私が登録している

相続診断協会では、

こんな遺言書を活用して、

笑顔相続

を拡げていきたいと

活動しています。

 

遺言書活用は、

一つの例ですが、

争続にならないよう、

生前から関わりを

持っていきたいと

思っています。

 

笑顔相続!

いい言葉でしょ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

藤垣会計相続ページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.28更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

毎朝犬の散歩に出かけると、

季節を感じることがあるのですが、

まだ朝顔が咲いてるんですね。

 

朝顔

 

夏の花、「朝顔」のことについて

興味深い話を聞いたので

あなたにご紹介します。

 

朝顔は、朝に咲くから

朝顔と名付けられてますが、

どうやって朝が来たことが

分かるのでしょう?

実は開花するときに

朝日は関係ないそうです。

 

え!?

では、どうやって朝に咲かせてるの?

 

朝顔は、日の出ではなく、

日の入りを感知してるんです。

日没を感知すると、

それから約10時間後に

開花するという習性が

あるそうです。

 

夏場は19時ころが日没なので、

朝の5時ころに開花する

というわけです。

 

「朝のはじまり」ではなくて

「夜のはじまり」が合図という

意外な事実を知りました。

 

 

花が咲くのには、

一定の時間が

必要なんです。

 

これは、私たちにも

言えることです。

一生懸命努力して、

その成果が表れるのは

すぐではありません。

誰にも気づかれず、

人知れず努力して、

その結果が、

時を経て開花する。

 

その夜の闇の時間

あることで、

朝の光を浴びて

開花するんです。

 

朝日

 

今努力していて

心が折れそうな

状態が続いていても、

それは、

朝を迎えるための

準備なんです。

 

あと少し、

もう少しで

朝を迎えるのかも

しれませんよ。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.27更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

私事をブログ記事には

しないつもりでしたが、

ちょっとだけ報告を。

 

 

すみません、風邪ひきました。

予定をキャンセルいただいたり、

ご迷惑おかけしました!

 

風邪

 

普段エアコンをつけたまま

寝てるのですが、それだと

湿度が下がりすぎて、

喉をやられてしまったようです。

 

話したいのに、

話すとむせて咳が止まらなくなる。

体調管理はしっかりしなさいと

スタッフには言ってるのに、

これではいけませんね。

反省です。

 

 

薬をもらおうと、昨日の朝は、

近所のクリニックにいきました。

そこは、5年ほど前に診療所を

建てなおしてとても綺麗な外観!

待合室も静かで、きれい!

 

でも、何か違和感が・・・

 

あれ、何も音がしないぞ・・・

静かすぎるんです。

無音です。

テレビはついてますが、

字幕放送になっていました。

 

私の待合室のイメージは、

気持ちを落ち着かせるために、

優しい癒し系のBGMが

流れている感じです。

 

待合室

 

でも、ここは無音です。

あえて無音なのか

知りませんが、

どんな効果があるのか

考えてみました。

 

 

個人的には、

 

1、考えるのに適している

待っている時間が長いと

その時間がもったいないと

感じますが、携帯使って

仕事が進みました。

 

2、子供が静かに遊ぶ

待合室の一部のスペースでは、

子供がおもちゃで遊んでました。

音を立てて遊んでいるのですが、

静かに遊んでるんですよ。

周りが静かだからでしょうか?

 

3、コスト削減

有線やCDなどコストが

かかるので、何もしていない。

重大な病名を告げられることは

ありえない?とすると、

(耳鼻咽喉科に行きました)

リラックスはそんなに

必要とされないのかも。

 

 

個人的には、

その違和感が心地よく感じました。

当たり前を少し変えてみる

面白い発見がありそうですね。

 

 

 

話は変わりますが、

コーチングという

コミュニケーションスキル

があるのですが、

その中に

「沈黙」

というスキルがあります。

 

その名の通り、

だまることが

スキルなんです。

 

相手との理解を深めるために

とても重要なスキルです。

どんなシーンで

活用できるかというと、

相手が考えている時間を

作ってあげるとき。

 

普通の人は、

会話の途中で沈黙の

時間ができると、

その沈黙が怖くて、

それを埋めようとして

話してしまいます。

 

そうすると、

相手が考えているから

だまっている場合に、

その時間を奪ってしまいます。

私は仕事がら、

クライアントさんの選択を

待つ場面に出会います。

それを待たずに、

自分が言いたいことだけ

話していったら、

クライアントさんは

消化不良になってしまいますね。

 

いつも心がけているスキル、

それが沈黙でした。

 

 

待合室の無音と、

スキルの沈黙を

絡めてみました。

クリニックの先生が

コーチだったら、

待ってる私たちの

考える時間を作って

くれているということに

なりますね。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.26更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

唐突ですが、みなさんは、

昨年の朝の連続テレビ小説

「あさが来た」

観てましたか?

 

私は、生まれて初めて

最初から最後まで

NHKの朝ドラを見ました!

 

きっかけは、

うちの事務所での取引先、

大同生命からのおすすめが

あったんですね。

主人公のモデルが、

大同生命の創始者だったからです。

 

当初はあまり興味なく

見始めたのですが、

続けて観ていくうちに

ハマってしまいました。gya

 

 

 

話の中で面白い逸話が

紹介されていました。

この話は、

私の師匠の一人である、

遠藤晃先生

からも、ストーリーで

聞いたことがあります。

 

その話はペンギンの話。

 ペンギン

ペンギンって群れで

生息しています。

野生で生きてますから、

食べ物を確保することは

 生死を分けます。

 

氷の隙間にクレバスがあり、

その水の中に飛び込めば、

その下は食料の宝庫

かもしれません。

でも、天敵のアザラシ

いるかもしれません。

 

ペンギンとアザラシ

 

だから、ペンギンたちは、

そのクレバスの周りを

取り囲んで、

「おい、お前とびこめよ!」

「押すなよ、お前が行けばいいだろ!」

って、やってるかどうか分かりませんが、

クレバスを前にモジモジするんですよ。

 

そんなことやってるうちに、

誰かに押されたのか、

自分から飛び込んだのか

分かりませんが、

一匹のペンギンが水の中に

飛び込んだんです。

 

周りで見ているペンギンは、

そのペンギンが血まみれになって

浮いてくるのか、

食べ物をくわえて戻ってくるか、

かたずを飲んで待っています。

 

そこに、食べ物の魚をくわえて

ピョーンと戻ってきました!

すると、周りのペンギンたちは、

一斉に水の中に飛び込み始めます。

その数、数百、数千にもなると言われます。

 

ペンギンの群れ

 

このエピソードでは、

最初に飛び込んだ一匹のペンギンは、

その先に何が待ち構えているか、

分からないが、勇気を持って

水の中に飛び込んで、

生きて帰ってきたわけです。

 

つまりこれは、

知らない世界に

勇気を持って飛び込む

という姿勢を表現した

ストーリーなんですね。

 

この勇気あるペンギンを、

ファーストペンギン

といいます。

 

「あさが来た」で、

五代友厚が、あさに

ペンギンの絵が描かれた

ハンカチを渡すシーンで、

このファーストペンギン

の話をします。

 

まさに、主人公のあさは

ファーストペンギンでした。

明治に入ったばかりの時代に

女性の実業家はいない。

その中で女性の活躍の場を

作るため女学校を作りました。

事業もたくさん立ち上げました。

 

 

何かの世界で

ファーストペンギンで

ありたい。

自分の在り方は、

自分で決めていいんです。

 

仕事の「やり方」ではなく、

自分の「在り方」を決めるのが

先なんですよ。

 

 

藤垣会計では、

ビジョンの策定や

在り方を考える

サポートも

行っています。

お気軽にお声がけください。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.25更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

全国的に天候が不安定で、

私の住み岐阜では

昨日は雨が降り、

比較的涼しく過ごせました!rain

 

しかし、一昨日やその前など、

台風の影響で異常な暑さで

外出中は汗だくで仕事しましたよ。burn

みなさんも、体調にはお気をつけください!

 

うちの事務所の玄関脇には、

プランターを並べてあり、

スタッフが花を植えてくれてます。

しかし、こう暑い日が続くと

水をやるのも大変です。

水やり

土日や盆休みなどの連休には、

私が出社して水をあげてます。

もちろん、スタッフに頼ることもありますよ。

 

 

こんな水をあげた後の感じが好きです。

花 みずみずしい

花びらに水滴がついて、

生き生きしてる感じ

分かりますか?

 

 

逆に、せっかく植えても

根がつかないため、

枯れていく花もあります。

枯れた花

 

 

ちなみに、事務所内には

観葉植物があって、

入口あたりには

パキラ

があるんですね。

 

このパキラが水の加減が

難しくて、以前枯れてしまい、

新しいものに入れ替わっています。

しかし、なんだか元気がないんです。

パキラ

葉がしおれてる感じがします。

水も定期的に上げてるようですし、

何が問題なのか原因が分かりません。

 

 

開業するまで植物のことは

全く興味ありませんでした。

目をかけるようになってから、

とても気になるようになりました。

 

育てるという視点に立つと、

植物も人財も似ています。

人財育成もこう考えられます。

水をあげる=手をかける

水をあげすぎる=世話を焼きすぎる

パキラのように、

なんだか元気がないのも、

人に当てはめると、

私が知らない何か原因

あるのかもしれません。

 

人が育たないという前に、

目をかけているのか

振り返ってみましょう。

社員のことを見ているつもりで

意外と見えていないものです。

 

世話を焼きすぎると

依存的になり、自分で

考えない社員になってしまう。

自立型人材を育てることが、

私の目標の一つですが

簡単なことではありません。

 

目線を社員のところまで

自ら降りて行って、

話を聞いてあげないと、

本音はなかなか聞けません。

日頃から意識してみてください。

 

ちょっと普段と違う視点

見方を変えるだけで、

今まで見えなかったことが

見えるかもしれませんよ。

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.24更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

私の近所では、

道路の拡張工事のため、

大規模な工事が

始まろうとしています。

 

道路を広くするためには、

土地が必要となります。

だから、年数をかけて

用地を買収して準備します。

 

2~3m道路を広げるとなると、

その通り沿いの店舗や家は、

軒並み立ち退きとなります。

 

 

数年前の街並みが、

こんな感じ。

以前の街並み

ちょっとゴミゴミしてますが

グーグルマップからとりました。

閉店してる店もありますが、

個人商店が立ち並んでますね。

 

 

 

そして、こちらが現在の様子。

今の街並み

写真が下手ですみません。

でも、分かりますか?

ずっと先まで見えてます。

 

数ブロック先まで、

1軒を残して全部

立ち退きしました。

景観が完全に

変わってしまいましたよ。

 

 

どんなお店があったか、

思い出そうとしますが、

一部のお店しか

思い出せません。

 

みなさんも、経験ありませんか?

依然立っていた建物が、

ある日更地になってました。

あれ、ここって何があったっけ?

という経験。

 

印象的だった建物は

思い出せますが、

今必要でなかったり、

行ったことがない店は、

すっかり忘却の彼方に

なってしまいますよね。

 

 

 

これはビジネスでも同じ。

名刺を交換しても、

印象がないと

その他大勢の中に

まぎれてしまいます。

 

その他大勢の中に

入らないために、

せめて自分の仕事や

その価値、思いを

しっかり伝えましょう。

 

何もしないで

相手が自分のことを

興味持ってくれるわけ

ありませんよね。

 

また、

しばらくお会いしていない

お客様との関係性

どうでしょうか?

毎月お会いしてれば、

忘れられてないでしょうが、

年に1,2回しか会わない人が

何か会った時に

あなたを思い出すでしょうか?

 

思い出してもらうために、

今できること

考えてみましょう。

それだけで、

仕事が舞い込んでくるかも

しれませんよ。star

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.23更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

みなさんは独立開業というと、

どんなイメージを持つのでしょうか?

独立

自由を手に入れる、

好きなことができる、

時間に縛られない、

嫌な上司とかいなくなる

儲けは独り占めだ

など、束縛から解放された

イメージが強いのではないでしょうか。

 

逆に、こんなイメージもあるでしょう。

安定した給料が無くなる、

来月の収入の見込みがない、

だらけてしまいそう、

手続きなどよくわからない、

住宅ローンの返済、大丈夫かな

など、先が見えない分、

不安もいっぱい出てきます。

 

人は思考パターンは二つに

分かれると言います。

ポジティブアプローチ

ネガティブアプローチ

 

例えば独立開業を

イメージした時に、

ワクワクすることが

真っ先に思い浮かぶ人は

ポジティブアプローチ

生活が成り立つかなぁと、

不安が先にイメージする人は

ネガティブアプローチ

なります。

 

ポイントは、

どちらが良いか悪いか

ではありません。

ただ、特性がそうだということ

 

ポジティブアプローチの人

ばかりで会議をすると、

凄い前向きな内容で

結論が出るでしょう。

でも、リスクを考えることなく

そのまま実行すると

おそらく失敗するでしょう。 

 

ネガティブアプローチの人

ばかりで会議をすると、

あれは危険だ、

これは危険だと、

実行できないという

結論が出てしまうでしょう。

 

要するに、これらは

バランスよく議論する

必要があるということ。

 

 

今日のタイトルにある

独立開業の話を家族に

伝えた時に、

多くの奥さんは

家計を任されている場合、

反対します。

間違いなく反対します。

奥さん怒る

 

この反対に対して、

どうしたらいいでしょうか?

奥さんは不安なんです。

その不安な感情を取り除くために

こんな計画で事業を始めて、

こんな資金計画で、

どんなお客さんが見込み客で、

すでにお客さんの見込みもあって、

毎月の収支と半年後、1年後の収支。

などなど、一つ一つ不安を解消

してあげると反対の理由が

なくなってきます。

 

ここで困ったことに、

奥さんに対して、

なんで反対するんだ!と

感情的にぶつかっていく

人がいます。

玉砕するつもりですか?

 

奥さんの不安を解消せずに

勢いで独立してしまっても、

うまくいかなくなったら、

必ず家庭で問題になります。

毎日夫婦喧嘩とか、

すれ違い夫婦とか。

しっかり話し合いましょう。

 

つまり、こういうことです。

奥さんさえ説得できない人は

事業が上手くいくわけがない。

ということ。

 

独立するだけなら

誰でもできます。

その後、事業を継続することは

とても大変なこと。

しっかり計画を立てて

じっくり独立の夢を

膨らませましょう!

それしかありません。

 

独立の相談があれば、

藤垣会計までご連絡くださいませ。

 

 

藤垣会計トップページへ

 

 

 

投稿者: 藤垣寿通

2016.08.22更新

過去の数値から、

仕事をする税理士

その数値を活かして、

未来を創造する

未来会計士 藤垣寿通です。

 

 

またまたオリンピックネタか!

という話は置いておいて、

先日は吉田沙保里選手、

残念!というか痛々しかったです。

銀メダルでも凄いことなんですが、

周囲の期待が高すぎた分、

責任を強く感じてしまったんですね。

吉田沙保里

私は朝起きてテレビをつけた瞬間、

1-2で戦っているところでした。

試合はそのまま負けてしまい、

マットにうつ伏せにしゃがんで、

立ち上がれないでいました。

 

でも、自分を責めないでください。

みんな、吉田選手を目標に

やってきたんです。

相手の選手も、

世界中の選手たちも、

他の日本のチームメンバーも。

これまでの功績は

素晴らしいものですよ。 

 

 

ところで、試合後には

テレビでいろいろな

情報が流れてました。

ロンドンオリンピックのあたりから、

試合に出るのが怖い。

つまり、負けることが怖いと

話していたそうです。

今回のリオの前では、

試合がいくつかあったそうです。

でも、怖くて出場しなかったそうです。

 

亡くなられたお父さんからも、

引き際が肝心だと

声を掛けられていたそうですね。

偉大であるほど、

その引き際、辞め時が

難しくなります。

 

そうそう、今日のタイトルの

潮時という言葉。

よく引退の時に使われる

イメージがありますよね。

でも潮時という言葉自体は

そういう意味ではありません。

潮がちょうど満ちた状態

つまり

ちょうどいい時期

という意味なんです。

だから、

引退の潮時

と使うのが正解なんです。

 

 

 

私は多くの経営者の方の

事業承継に

関与させていただきました。

引退

何歳だと社長引退に

いいのかと言われても、

決まりはありません。

 

これは、経営者の方が

どうしたいのかを

明確にすることで

自然と決まってくるものです。

 

当然、息子さんとか、

娘婿さんとか、

幹部スタッフの方とか、

相手があってのこと。

自分の都合だけでは

できないことです。

 

ですが、

私も経験して分かりましたが、

高齢になりすぎてからは、

判断ができなくなります。

しっかり判断できるうちに、

未来予想図を描いておく。

これが何よりも重要。

 

タイミングを逃すと、

取り返しがつきません。

ご自身の未来予想図は

ちゃんと描けていますか?

 

 

最後に、吉田選手、

最高の銀メダル!cup

おめでとうございます!

そして、感動を

ありがとうございました!

 

 

 

藤垣会計トップページへ

 

投稿者: 藤垣寿通

前へ
058-215-1030